スマートフォーンサイトはこちら

FX週間レポート

2021/03/01
FX週間レポート (3月第1週)|米国債の利回りが大幅に低下したにもかかわらず、米ドルは上昇した
FX週間レポート (3月第1週)|米国債の利回りが大幅に低下したにもかかわらず、米ドルは上昇した。一方、株式は弱気のルートを維持し、ナスダックのみが日中の前倒しを発表した。月末のフローは、金曜日の動きが多少の原因となっている。米国は1月の貿易収支の暫定予測を発表….
2021/02/26
「東西FXリサーチ」米ドル需要の流入からボラティリティが加速
木曜日の早い段階で、米ドルは強い売り圧力に直面した。ユーロ / 米ドルの価格行動は、日中の高値で約70ピップス上昇したが、取引が進むにつれて、米ドルの強気筋が主要通貨ペアを急落させた。日中の米ドル需要の流入は、ボラティリティを加速させた。これは、主に債券売却の激化によって引き起こされ….
2021/02/24
「東西FXリサーチ」2013年のテーパータントラムに見る – ユーロ/米ドル
ユーロ/米ドルは1.2150未満の新鮮な日次安値で取引されており、投資家は議会前のパウエル連邦準備制度理事(FRB)会議長の登場に先立って慎重になっている、投資家は 議長がFRBの債券購入計画についてのスピーチを待っており、….
2021/02/22
FX週間レポート (2月第4週)|米ドル /円:リスクオンムードの中で3日間の下降トレンドを打破し、ユーロ/ 米ドル:毎日のRSIは強気相場の逆転をもてあそぶ
米ドル/円:リスクオンムードの中で3日間の下降トレンドを打破し、10-DMAで跳ね返り – 米ドル/円の入札価格は日中の高値に移動し、4日ぶりに上昇した。リスクバロメーターは、S&P500先物と米国債の10年物利回りからの明るいシグナルを追っているようである。毎月のサポートラインは、…..
2021/02/19
「東西FXリサーチ」ユーロは1.2125を上回らない限り、圧力がかかり続ける
ユーロは1.2125を上回らない限り、圧力がかかり続ける – 金曜日の単一通貨をめぐる入札トーンは弱まり、米国株式先物が損失を出している中、ユーロ/米ドルは1.21を上回っている。ドイツのMarkitEconomics(マークイットエコノミクス)のマークイット工業購買担当者景気指数(ManufacturingPurchasing Managers Index(PMI)は、経済活動の拡大ペースがわずかに鈍化した兆候として、….
2021/02/17
「東西FXリサーチ」豪ドル / 米ドルに広範な動きの可能性あり
利回りはさらに外国為替市場では円が対ドルで約4カ月ぶりの安値。いわゆるリフレトレードが活発になり、米国では最大1兆9000億ドル(約201兆円)規模の経済対策が与える素性への刺激の織り込みが始まり、….
2021/02/15
「東西FXリサーチ」ポンド高の中、アメリカでは消費意欲が低下
ポンド高の中、アメリカでは消費意欲が低下 – ポンドは金曜日に2年振りの高値まで急上昇した。英ポンド / 米ドルは0.26%上昇して1.3850ドルへ、2018年4月以来の最高水準となった。金融政策の手がかりを含む重要な週のデータに先立ち、経済における強力なワクチン主導による経済回復への期待の高まりを受けて、5週目の勝利に向けて順調に推移した。….
2021/02/15
FX週間レポート (2月第3週)|日本の第4四半期のGDPが明るい後、買い手は米ドル/円を105.00以上に押し上げ
FX週間レポート (2月第3週)|日本の第4四半期のGDPが明るい後、買い手は米ドル/円を105.00以上に押し上げ – 米ドル/円は、日本の明るいGDPの数値を受けて、引き続き堅調である。日本の第4四半期の暫定GDPは、前四半期比2.3%の予測を上回った。米国の刺激策、世界的なワクチン主導の期待の中で、リスクは引き続き前向きとなっている。米ドル/円の日足チャートは、…..
2021/02/08
FX週間レポート (2月第2週)|景気刺激策の楽観的な見方の中で105.50円前後で反発を試みる
米ドル/円は、米国の景気刺激策の楽観的な見方の中で、105.50前後で反発を試みる – 米ドル/円は安値で跳ね返ったが、金曜日の米国の非農業部門雇用者数(NFP)と次の刺激策の見出しの余波で市場が待ちの状態になっているため、105半ば辺りの狭い範囲にとどまっている。トレーダーは、米国の刺激策と日本のウイルスの最新情報に新たな手がかり….
2021/02/05
「東西FXリサーチ」イングランド銀行によるマイナス金利導入は引くし
イングランド銀行によるマイナス金利導入は引くし – 英ポンド/米ドルは、50日SMAを跳ね返った後、先週から続いて見られた弱気のプレッシャー から回復した。昨日のイングランド銀行の会合では、金利と債券購入プログラムを予想通り0.1%と8,960億ポンドに据え置いたままであると発表し、….
2021/02/03
「東西FXリサーチ」米国の量的緩和縮小からドル買いが進む
米国の量的緩和縮小からドル買いが進む – 量的緩和縮小からドル買い傾向が見られる。月曜日の取引セッションでは、米ドルが日本円に対して反発し、105円台に達した。一方、売りが続く中、200日EMAを見ると、若干の抵抗を引き起こす可能性もある….
2021/02/01
FX週間レポート (2月第1週)|ゲームストップの踏み上げによる株式に注目、楽観的な英国のワクチンのニュースの中で英ポンド /米ドルは買い手を引き付ける
英ポンド /米ドルは買い手を引き付けて金曜日遅くの引き戻しを振り捨てる。英国のジョンソン首相、首相のリシ・スナック財務大臣は、記録的な予防接種がイギリスで楽観的な見方を引き起こしているため、予算前の「回復計画」について話し合ってる。英ポンド /米ドルは買い手を引き付けて….
2021/01/27
「東西FXリサーチ」ワクチン供給減で共通通貨の売りが進む
ワクチン供給減で共通通貨の売りが進む – 共有通貨を中心とした売りが見られ、ユーロ / 英ポンドは、過去1時間の0.8825地域付近で、8か月ぶりの安値をつけた。水曜日の取引アクションの前半の短い統合に続いて、ユーロ / 英ポンドはセッションで3回続けて安くなり、0.8920-25供給ゾーンからの最近の引き戻しを拡大した….
2021/01/25
FX週間レポート (1月第4週)|米ドル / 円は強気のトレーダーが支配し、米国の追加景気刺激策を提供する能力に対する懐疑論があり
ユーロ / 米ドルは、米ドルが大幅に安くなり、1.2200に向かって、より良い入札で取引されている。ドイツのIFO調査が予想を上回った場合、回復ラリーは勢いを増す可能性がある。ジョー・バイデン氏が新型コロナウイルスの感染拡大に対する1兆9000ドル(約200兆円)規模の追加景気刺激策を提供する能力に対する懐疑論は、……
2021/01/22
「東西FXリサーチ」欧州中央銀行の会合前にユーロ上昇、バイデン氏の大統領就任でウォール街は高値に
欧州中央銀行の会合前にユーロ上昇、バイデン氏の大統領就任でウォール街は高値に – 木曜日のECB (欧州中央銀行)の会合の前にユーロは0.2%上昇した。前回のセッションからの同様の低下を逆転し、ECBの政策発表の約4時間前に1.2134ドルで取引された。ECBは予想通りに金融政策を変更せず、デポ率は-0.5%で、現在の量的緩和政策のペースを…..
2021/01/21
「東西FXリサーチ」中国での新たなCOVID感染者数の増加は世界経済へ影響の可能性
中国での新たなCOVID感染者数の増加は世界経済へ影響の可能性、オーストラリアは 今後12ヶ月の経済見通しは暗い。ナスダック総合指数は火曜日に1.53%の上昇し、ウォール街は休日の週末の延長後に取引を再開し…..
2021/01/18
FX週間レポート (1月第3週)|米国大統領選のジョー・バイデンの就任初日の前の緊張したムード、ユーロ/ 米ドルは1.2100未満へ
FX週間レポート (1月第3週)|米国大統領選のジョー・バイデンの就任初日の前の緊張したムード、イタリアの政治、ウイルスの更新が注目される中、ユーロ/米ドルは1.2100未満へ、…
2021/01/13
「東西FXリサーチ」米ドルの反発は短期的、ポンドはユーロより優勢か?
米ドルの反発は短期的、ポンドはユーロより優勢か?米ドルの反発は短命であることが証明され、マイナス金利の軽視が起因となり英ポンドは上昇した。ユーロはイタリアの政治的不確実性の高まりを回避している。前月と同様に、米ドルのリバウンドの期間はかなり限定的であることが分かり、現在、全面的な米ドルの弱さが新たに見られ…..
2021/01/11
FX週間レポート (1月第2週)|米ドル/円は成人の日、リスクへの挑戦の中で104.00以上の利益を維持
FX週間レポート (1月第2週)の主な点:米ドル/円は成人の日、リスクへの挑戦の中で104.00以上の利益を維持、ユーロ/ 米ドル:38.2%フィボナッチ1.2220に焦点、英ポンド/ 米ドルは米ドルの需要の中で1.3500に達して損失を広げる、豪ドル/ 米ドルは顕著な米ドル高の中で は約0.77に下落、金は数日間の安値で跳ね返り、 生後10ヶ月のサポートラインに近づく、WTI:新たな数ヶ月の高値、1週間前のサポートラインを注目…
2021/01/08
「東西FXリサーチ」トランプ支持派の議会乱入もバイデン次期大統領のリフレ取引への期待
昨年末の米国大統領選でのトランプ氏とバイデン氏の激しい闘争から外為市場では米ドルの不信感が高まっていた。首都ワシントンでは、トランプ支持派が議会に乱入し、爆発物も発見された。メディアでは米国民主主義の危機とも言われていた。しかし、やっと米議会はバイデン氏の大統領の選勝利を認定した。これを受けて、トランプ氏は秩序ある政権移行を初めて約束したことで、…..
2021/01/06
「東西FXリサーチ」人民元が豪ドル高をもたらす中、米ドルの回復は短期的
オーストラリアドル:1月5日火曜日のオーストラリアドルは0.77米ドルまで上昇し、12月31日の高値と0.7750のレジスタンスを押し上げた。今年初の取引日である月曜日の取引の後半に0.7650を下回ったため、豪ドルは国内セッションの後半に優勢を取り戻した後、一晩で力強く上昇し、翌日のオープンに向けて上昇した。レジスタンスを0.7740 / 50でテストした後、…
2021/01/04
FX週間レポート (1月第1週)|米ドル/円:新型コロナの懸念の中、103.00付近で円高、英ポンド/米ドルは数ヶ月の高値を更新する
米ドル/円:新型コロナの懸念の中、103.00付近で円高、ユーロ/米ドルは米ドルの反発の中、約1.2250の利益を維持、英ポンド/米ドルは数ヶ月の高値を更新し、1.3700をテストする、豪ドル/米ドルは、中国の財新メディアの低迷の後、0.77を超える上昇を続ける、金は1920ドルを超える新たな毎週の高値にジャンプ、WTIは狭い価格帯からのブレイクアウトを邪魔する…
2020/12/31
「東西FXリサーチ」2021年に通貨にさらなるボラティリティーの可能性!
2021年に通貨にさらなるボラティリティーの可能性! – 今年、外国為替市場はコロナウイルスのパンデミックの影響を大きく受けた。通貨は、個々のファンダメンタルズではなく、よりリスクの高い資産へのエクスポージャーを増減したいというトレーダーの要望に基づいて頻繁に売買された。2021年には、パンデミックが依然として主要な要因であるもののする…..
2020/12/28
「東西FXリサーチ」2021年に動きがある2つの通貨
今年は、売り手が通貨を支配した年となった。新たな大きな動きが起こることを期待しているが、なかなか難しい状況である。2021年の第1四半期に、米ドルを巡る弱気な姿勢が続くと予測される。 弱気傾向の継続はすでに技術的に見ても2020年の取引の最後の8か月で完全に見られてる。おそらく、米ドルをめぐる弱気な姿勢が続く中で最も難しい部分の1つは、…..
2020/12/28
FX週間レポート (12月第4週)|ユーロ / 米ドルは、トランプ大統領が刺激策に署名する中、レジスタンスゾーンに挑戦
米ドル/円は最近のリスク上昇にもかかわらず、103代半ばにとどまる – 米ドル / 円は103.60から日中の安値に向かって引き戻しされている。日本の予備鉱工業生産は前年比で回復し、日銀の12月の意見要約は金融緩和政策の延長を支持している。軽い経済指標カレンダーとホリデーシーズンによって市場の動きが制限される…
2020/12/23
「東西FXリサーチ」新型コロナウイルス変異種の感染拡大がポンド危機を高める
ブレグジットの突破口への期待は、ポンド価格を不安定にしている。今週初め、ポンド/米ドルは安値の1.3188から1.3500レベルの接触距離内に跳ね返ったが、その後1.3400レベルに向かって後退している。いずれにせよ、英国のEU離脱協定が成立したとしても、ポンド/米ドルは1.3500を超えるのが難しいと見られている。市場では、壇場での貿易協定が成立すると信じ続けているが、妥協点に到達する…..
2020/12/21
FX週間レポート (12月第3週)|米ドル/円:米ドル高になるが、自己強度が不足する
米ドル/円:米ドル高になるが、自己強度が不足する – 日本の消費者物価指数は11月に予想以上に縮小した。英国のEU離脱交渉と米国の刺激策についての楽観論は下がったため、米ドルを救った。米ドル / 円は依然として下落のリスクがあり、103.15を下回るとさらに下落する可能性がある…
2020/12/21
「東西FXリサーチ」世界的に金融市場が不安定な中、機関投資家はFX取引へ期待か?
世界金融ハブである英国の感染者数は200万人を超過した。COVID19の感染速度が増す中、感染拡大を阻止するためにクリスマス前の20日からロンドンおよびするためロンドンおよびイングランド南東部の大半で全面的なロックダウン(都市封鎖)の実施を発表した。本日迎える欧州連合(EU)と離脱後の英国との自由貿易協定(FTA)交渉を行っている…..
2020/12/18
「東西FXリサーチ」感染者数がさらに増える一方、豪ドルはさらに高値に
コロナワクチン接種の開始で、市場には安堵感が多少みられる。水曜日に米国で記録的な数のCovidの死亡者が報告されたにもかかわらず、米国株式はダウジョーンズ、S&P 500、ナスダック総合指数でそれぞれ0.49%、0.58%、0.84%と上昇している。アメリカのジョンズ・ホプキンス大学によると、水曜日には米国内で3,600人以上のCOVID19患者が死亡した。現在の入院者数もまた、…..
2020/12/14
FX週間レポート (12月第2週)|米ドル/円は104.00にとどまり、合意なき離脱で英ポンド/米ドルは崩壊するリスクがある
米ドル/円は104.00にとどまり、合意なき離脱で英ポンド/米ドルは崩壊するリスクがある – 強気と弱気のトレーダーが主要な触媒をめぐって争う中、米ドル/円は104.00にとどまる。日本の第4四半期の短観データは回復を示唆しており、10月の鉱工業生産を待つ。英国のEU離脱、米国の刺激策、およびワクチン接種に関する週末のニュースでは、リスクトーンは引き続きポジティブである…
2020/12/11
「東西FXリサーチ」経済活動の開始への期待から円安が進むか?
「東西FXリサーチ」経済活動の開始への期待から円安が進むか? – イギリスでは、12月8日、新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの接種がスタートした。アメリカでも近く新型コロナウィルスワクチン摂取が開始されることから、Vデーが期待され、今週半ばから円相場が反落している。そして、来週の為替市場でも円安が進む可能性があると指摘されている。……
2020/12/07
「東西FXリサーチ」英国のEU離脱問題に伴うポンド安が続け
英国ポンドは、英国のEU離脱の直前の取引の範囲が懸念される中、世界的な取引週で静かなスタートで少し重い取引を開始する。年末の正式なEUと英国の分離の前の時間はあきらかに不足しており、交渉担当者はまだいくつかの重要な問題についてあまりにも離れていることを……
2020/12/07
FX週間レポート (12月第1週)|NFP報告が財政刺激策への期待を高め米ドル/円を支えた
日経225の早期の利益を失ったため、米ドル/円は104.00の維持に苦労する – 米ドル/円は、104.23から下落した後、日中の安値を更新した。米ドル/円は、金曜日の回復の動きから離れる一方で、日本の日経平均株価(日経225)の最近の弱さを正当化している。…
2020/12/02
「東西FXリサーチ」COVID19ワクチンが操る 米ドルとユーロ
水曜日の週半ばの取引セッションで米ドルの価値が下落した。世界最大の経済国である米国が経済刺激交渉を再開し、それによってリスク選好を高めるというバイアスが広まっていることでFXトレーダーが米ドルの流出を増やしている。その結果、米ドルは急落し、過去2年半でドルを最低レベルに……
2020/11/30
FX週間レポート (11月第5週)|米ドル/円104.00を下回り米ドルを追跡し、S&P500先物はさらに下落、ブレグジット交渉が進展しないことは、スターリングの需要を傷つけている
米ドル/円104.00を下回り米ドルを追跡し、S&P500先物はさらに下落、ユーロ/米ドル:1.2000に向けて3か月ぶりの高値を更新し、三角形の抵抗に達する、英ポンド/米ドルの流動性が上方へ拡張中、豪ドル/米ドルは明るい中国のPMIにもかかわらず0.7400、金は1770ドル近くの 数ヶ月の安値を更新、WTI:OPECが産出量の増加への困難から、3月の最高値が強気を誘惑…
2020/11/23
FX週間レポート (11月第4週)|FEDと財務長官の間の緊張の中で、米国財務省の利回りは低下した
米ドル/円:軽い取引の中で、上向きの動きは105.00未満に制限される、ユーロ/米ドル:1.1800年代半ば頃の2週間前の三角形の内側で買い手の需要が増加、英ポンド /米ドル:ブレクジットとワクチンへの楽観視の中で強気トレーダーは1.3300を取り戻す、豪ドル/米ドル:ワクチンへの楽観視の中で0.7300を超え伸び続けている、….
2020/11/19
「東西FXリサーチ」パフォーマンスが好調のオーストラリアドル
調だったオーストラリアドルは、ここ数週間で堅調に回復をみせ、今年の最高値に向かって伸びている。今朝のシドニー外国為替市場の円相場は海外市場の流れを受けて、1米ドル=104円台前半で…..
2020/11/16
FX週間レポート (11月第3週)|米ドル/円は金曜日のウォールストリートでの上昇後の深刻な下落の後、104近くに留まる
米ドル/円は金曜日のウォールストリートでの上昇後の深刻な下落の後、104近くに留まる、ユーロ/米ドル:逆三尊型のブレイクアウトはさらに上向きをサポートする、英ポンド/米ドル:9月の下落の61.8%フィボナッチハードルを超えて終了、混合中国のデータでは、豪ドル/米ドルは0.7300未満のままに、….
2020/11/09
「東西FXリサーチ」2020 米国大統領選:勝者か否か?
アメリカのメディアの大半がジョー・バイデンの米国大統領選挙が呼ばれたが、法的な意味はない。トランプ大統領は、法廷に提出する不正選挙があると述べた。最高裁は、ペンシルベニア州でいくつかの投票用紙を審査まで保留するよう命じた。アリゾナの集計は未完成で、バイデンのマージンは3分の2以上減少してる。2000年の選挙は2000年12月12日の最高裁判所の判決まで未定だった。選挙へのトランプ陣営の挑戦は、法的な長期戦である。トランプがアリゾナに勝った場合、市場は長期にわたる不確実性に直面する…..
2020/11/09
「東西FXリサーチ」バイデン氏の勝利宣言がリスク感を和らげ、アジア市場好調
1900年以降、最高の投票率となった今回の今期の米国大統領選。11月3日に投票開始となった熱戦は、民主党のバイデン前副大統領がトランプ氏をリードしたままほぼ勝利を収めることが確定した。世界の株式、為替市場を揺らがす四年の一度の米国大統領選。投資家の間では、選挙をめぐる不透明感が一時払拭され、安心感が広がったことから、…..
2020/11/09
FX週間レポート (11月第2週)|ジョー・バイデンの米国大統領選挙が呼ばれ、米ドル/円は週の初めに圧力がかかっている
ジョー・バイデンの米国大統領選挙が呼ばれてが、米ドル/円は週の初めに圧力がかかっている。米ドル/円は週の初めに圧力がかかっている。日本の当局者に関しては、不確実性と米ドル安が原動力となっている。米ドル/円は、104の数字の周りの主要なサポート構造を崩す。テクニカル的な観点から、米ドル/円はその下落を拡大する準備ができている。日足チャートは、20 DMAがその低下を加速し、より大きなものを下回り…
2020/11/03
「東西FXリサーチ」2020年アメリカ合衆国大統領選挙が意味することは?
2020年アメリカ合衆国大統領選挙が意味することは?あと24時間足らずで、ホワイトハウスへのレースが盛り上がる!今日(11月3日)とそれ以後は常に、世界のどこにいても取引に大きな影響を与える!大規模な金融機関は市場でのリスクを軽減しており、市場の取引量の減少に加えて、多くの主要な金融商品にはすでに統合パターンが見られる。市場参加者は、勝者が誰かを心配するのではなく、……
2020/11/02
FX週間レポート (11月第1週)|米大統領選挙次第に伴うボラティリティが始まり米ドル/円が市場オープンで急激に下落へ|
米大統領選挙次第に伴うボラティリティが始まり米ドル/円が市場オープンで急激に下落へ|米ドル/円は上下落し、最初の弱気のギャップを埋る。米ドル/円は、米国の投資家が激しいボラタイルの可能性を前にして、不良に終わった月末のウォール街に続き、週が明けると円は安全資産にサポートするために売られた…
2020/10/28
「東西FXリサーチ」コロナウィルスの新規感染者数増加からユーロ米ドルは下落
ユーロ / 米ドルは、ユーロ圏最大の経済国であるフランスとドイツが、コロナウイルス感染者の増加に対抗するために経済的に苦痛となる封鎖制限を課すことを検討しているために引き続き下落している。ユーロ/米ドルは現在1.1778で取引されており、水曜日の初めに1.1769の8日間の安値を記録し、当日の0.13%の下落を表している。 通貨ペアは月曜日の1.1860近くで拒否に直面し、3日連続で赤字で….
2020/10/26
FX週間レポート (10月第4週)|選挙前の緊張が高まる中、米国の景気刺激策の進展にもかかわらず、米ドルは下落した
選挙前の緊張が高まる中、米国の景気刺激策の進展にもかかわらず、米ドルは下落した。米ドル/円の買い手は米ドルの強さと並行して上昇し、105.00に焦点を当てる、ユーロ / 米ドル:61.8%フィブのハードルが再び利益の制限へ、ポンド / 米ドル:強気のトレーダーは1.3220へ、新たな米ドル買いの中で豪ドル/ 米ドルは0.7100に向かって下落、…
2020/10/22
「東西FXリサーチ」リスク回避が強まりから外為市場ではドルが全面高へ
Covid19が米国の経済回復を妨げているなか、2兆ドル規模以上の法案の早期成立に期待がかかっている。しかし、21日にペロシ下院議長は追加の 経済対策を巡る協議が合意に至る可能性にはまだ時間がかかると示唆したために、外国為替市場にはリスク回避の流れが強まり、東京外国為替市場ではドルがほぼ全面高へ。ドル・円相場は1ドル104円台後半と….
2020/10/19
「東西FXリサーチ」ポンドトレーダーにとって11月頭が勝負か?
英国ポンドは、特にブレグジットの貿易交渉に関する基本的な背景が慎重に建設的なままである場合、短期的にさらなる利益を生み出す可能性がある見解を支持するユーロに対するテクニカル的な上昇傾向を維持している。ポンドからユーロへの為替レートは、9月11日の安値1.0762以降、上昇傾向にあり、10月14日水曜日の1.11で数週間ぶりの高値を….
2020/10/19
FX週間レポート (10月第3週)|ユーロ圏全体でのコロナウイルス症例の復活がユーロを圧迫され、ECBのラガルド総裁とFRBのパウエルのスピーチが行われ
ユーロ圏全体でのコロナウイルス症例の復活がユーロを圧迫され、ECBのラガルド総裁とFRBのパウエルのスピーチが行われ。米ドル/円:東京オープンはリスクオンムードを歓迎し、強気のトレーダーは105.50に近づく…
2020/10/14
「東西FXリサーチ」コロナ禍の中でのポンドの動き
コロナ禍の中でのポンドの動き – ポンドには朝早くから圧力がかかっており、英国政府が明日に自主的な期限緩和が発表するまで、当日はドルと円に対して約0.5%の下落、ユーロに対して約0.4%の下落を示していた。ケーブルは1.2900から1.2975に跳ね返り、ユーロ/ポンドは0.9100から0.9045へ、ポンド/円は135.64の安値から136.75に急上昇した。….
2020/10/12
FX週間レポート (10月第2週)|ペロシ米下院議長が約1.8兆ドルの案を拒否し、合意なきブレグジットが勢いを増している
米ドル/円は、金曜日の損失を3週間前のサポートラインの近くで105.50近くに維持する。S&P 500先物は、米国の刺激策に関する楽観的な見方が薄れ、ブレクジット、COVID-19などの課題が市場の注目を再び集めたため、0.15%下落した。月曜日の東京市場のオープンの最初の1時間の間に、米ドル / 円の売り手は105.50で勢いを増し、…
2020/10/07
「東西FXリサーチ」大統領選後まで延期された米国の経済刺激政策
「東西FXリサーチ」今週、トランプ大統領はホワイトハウスに戻り、選挙後までさらなる刺激策に関する交渉を行わないよう助言したため、多くの報道機関のトップストーリーを賑わした。この最新の動向は、….
2020/10/05
FX週間レポート (10月第1週)|米ドル/円:強気トレーダーが米国大統領の健康状況更新によって増加し105.00を超える
米ドル/円:強気トレーダーが米国大統領の健康状況更新によって増加し105.00を超える、ユーロ / 米ドル:週足チャート指標は5月以来最初に弱気へ、ポンド/ 米ドル:月次レジスタンスラインを下回る、トランプの回復ニュース主導の明るいムードの中で豪ドル/ 米ドルは0.7200に近づく、金は金曜日の安値を守る、WTIは重要なサポートを満たし、下降前に修正に注意を払う…
2020/10/03
「東西FXリサーチ」トランプ大統領コロナウィルス感染による米ドルへの影響
「東西FXリサーチ」トランプ大統領コロナウィルス感染による米ドルへの影響 – ドナルド・トランプ大統領がCOVID-19の検査で陽性反応を示した後、金曜日の安全な円とドルは上昇し、11月の米国大統領選挙のわずか1か月前に投資家を動揺させた。ニューヨーク原油先物相場はアジア時間2日午後の取引で、1バレル=38ドルを割り込んだ。午後の取引までに、市場は落ち着きを取り戻し、ドルと円は依然として上昇し、狭い範囲で動きをみせた….
2020/09/30
「東西FXリサーチ」さらに下落の可能性のあるカナダドル:カナダドル/円が主要なサポートを近くに達する
9月には、COVIDによる二次的な封鎖、政治的不確実性、季節性がリスク選好度を食いつぶし、米国株式やカナダドルなどの成長に敏感な市場の衰退につながった。カナダでは新型コロナウイルスの感染者が再び急増しており、カナダ公衆衛生局は21日の声明よると徹底的な予防に 取り組まない場合は、感染者数が第1波の水準を….
2020/09/28
FX週間レポート (9月第4週)|新型コロナウイルスの第2波襲来が世界中の経済を襲い続けているため、リバウンドの範囲と期間は依然として見られず
FX週間レポート (9月第4週)|新型コロナウイルスの第2波襲来が世界中の経済を襲い続けているため、リバウンドの範囲と期間は依然として見られず。米ドル/円の強気トレーダーはレジスタンステストで十分に納得していません – 米ドル/円の強気トレーダーは重要なサポートレベルを超える勢いを得るために苦労している。基本的な観点からこれに影響を与える要因はいくつかあるが、テクニカルアナリストは、その点では競争の場であると主張する。…
2020/09/24
「東西FXリサーチ」スイスの金利が据え置きで支持される米ドル /スイスフラン
米ドル/スイスフランは直近2か月での最高値に近い、0.9200半ばの少し下で安定しており、最新のSNB金融政策の発表したと時、本ペアは動きを見せたが、今は反応がやや落ち着いてきている。ロイターの世論調査では、スイス国立銀行(SNB)は、 金融政策の検討において….
2020/09/21
FX週間レポート (9月第3週)|パウエルFRB議長のスピーチの謎、リスク回避の中で米ドル/円は損失を104.50未満に拡大
FX週間レポート (9月第3週)|パウエルFRB議長のスピーチの謎、リスク回避の中で米ドル/円は損失を104.50未満に拡大、ユーロ/米ドルはより低い逆転の可能性あり、英ポンド/米ドル:短期上昇チャネル内で200HMAで跳ね返る、豪ドル/米ドルはPBOCの現状維持で0.7300を超える利益を維持、主要指標によると、金はブレイクアウトへ、WTI米イランの緊張の中で41.00ドルに下落し、ウイルスの問題を深刻化…
2020/09/18
「東西FXリサーチ」セーフヘブンの米ドルへの需要増加しユーロは下落
セーフヘブンの米ドルへの需要増加しユーロは下落 – 変化か、それとも単なる修正なのか?それはユーロ /米ドルトレーダーにとっての問題である。この答えは後者に近いだろう。世界で最も人気のある通貨ペアは、ドルは選挙前の米連邦準備理事会(FRB)からの….
2020/09/16
「東西FXリサーチ」クロス円での円高進行の可能性
クロス円での円高進行の可能性 – 地政学的な緊張が高まり、世界的な経済の回復が著しく市場のセンチメントを悪化させている場合、セーフヘブンに関連する日本円のボラティリティへの敏感さから今後数週間で 通貨を押し上げる可能性がある。….
2020/09/14
FX週間レポート (9月第2週)|国内市場法案を提出し、英国が撤退協定を変更できるようになった後、ジョンソン首相は先週およそ500ピップを失った
国内市場法案を提出し、英国が撤退協定を変更できるようになった後、ジョンソン首相は先週およそ500ピップを失った。米ドル/円は地政学的な緊張の中で着実に106.00の上で維持、ユーロ/米ドル:週の童子は優柔不断を示唆、英ポンド/米ドル:61.8%フィボナッチリトレースメントを下回る損失を統合、豪ドル/米ドルは0.7300未満の圧力下に、WTIは先週の損失をさかのぼって、穏やかなリスクオンムードの中で$38.00を目指す、リスクがリセットされる中、金は1,950ドル未満で提供される….
2020/09/12
「東西FXリサーチ」米国の良好なGDP予測成長率をどうみるか?
米国の良好なGDP予測成長率をどうみるか?アトランタFRBでは昨日GDPNowの実質GDP成長率の予想を発表した。それは第3四半期で30.8%という驚異的な数値となり、これは、第2四半期の-9.1%から第3四半期には年間7%の成長に相当する。この新予測は先週の雇用レポート、民間投資、政府支出に基づいている。民間投資は29.6%から35.1%に上昇し、政府支出は17.0%から17.9%に上昇した。しかしながら、 先週の雇用報告の重みはあまり好まない。なぜなら、大企業株のアナリストたちは現況をあまり楽観的に捉えていない。….
2020/09/10
「東西FXリサーチ」ユーロの買い入れペースは加速するか?
ユーロの買い入れペースは加速するか?8日から協議が開始されている英国とEU の自由貿易協定(FTA)交渉が膠着している中、ユーロが2年振りの高値をつけている。プットへのコールのゲージであるユーロ /米ドルの1ヶ月のリスク逆転は、過去6取引日の0.47から0.15に後退した。これは、コールオプションに対する需要の低下または共通通貨への強気な賭けの兆候である。先週一時的に対米ドルでユーロが1.20ドルを上回った後、チーフエコノミストのレーン理事はユーロ・ドルの為替レートが金融政策にとって「重要だ」と述べ市場を驚かせた….
2020/09/07
FX週間レポート (9月第1週)|ポンド/米ドル:売り手は約7週間前のサポートラインを1.3250に引き上げる|
米ドル/円は106.00を超える混合手掛かりの中で明確な方向性を欠く – 米ドル/円は金曜日の穏やかな上昇を維持しようとする一方で、回復の動きを弱める。EU離脱の悲観論はリスクオフ感情を増加させ、米中の闘争と日本の首相選挙に先立つ慎重な動きが不確実性を増している。米国のリスクオフ感情は、アジアの軽い経済カレンダーの中で市場の動きを制限する可能性があり、日本の主要経済指標が注目され….
2020/09/04
「東西FXリサーチ」米ドルの弱気傾向が始まる
米ドルの弱気傾向が始まる – 金曜日、ヨーロッパでの市場取引の早い時期にドルはわずかに高く取引された。トレーダーは米国の経済回復の強さをが見える 可能性のある米国の雇用データの発表に先立って慎重になったためとみられる。午前2時50分(グリニッジ標準時0650)には、他の6つの通貨のバスケットに対するグリーンバックを追跡するドル指数は、0.1%上昇して92.838で、過去2か月の中で最高の週となった….
2020/09/02
「東西FXリサーチ」ブレクジット交渉に揺れるユーロ/ポンドの短期的な動き
ユーロ/ポンドは9月をマイナス側でスタートし、破線の上昇トレンドラインを下回る弱さで火曜日には0.8887となり、ほぼ3か月ぶりの安値まで下落した。今後数か月のうちに、英国のファンダメンタルズは、GBPクロスに重要な方向性を示す可能性がある。EUは、EU加盟国がBrexit移行の終了前に合意するための時間を必要とする限り、….
2020/08/31
「東西FXリサーチ」米ドル/円予測: FEDインフレ率政策シフトの影響は何か?
木曜日の連邦準備制度理事会の政策発表は、ドルが急落し回復したため、激しい反応を引き起こしたが、ゼロ金利の長期化の見通しにより、米ドル/ 円は、金曜日の1か月で最も弱い終値になった。FRBが新たなインフレガイドラインに定めている「平均インフレターゲティング」により、必要に応じて価格が2%の目標を上回り、初期の弱いパフォーマンスとのバランスを取ることができ流可能性が….
2020/08/31
FX週間レポート (8月第5週)|米ドル/円は日本のデータ解放の後、106.00の下で金曜日の損失を統合する
米ドル/円は日本のデータ解放の後、106.00の下で金曜日の損失を統合する、ユーロ/米ドル:15分足チャートの新しいブレイクアウト、ポンド/米ドル:年最高を更新し、12週間前のレジスタンスラインに注目、豪ドル/米ドルは予想を上回る中国PMI後の限界損失を維持、金:買い手は毎月の損失を避けるために$1,970でエントリーする、WTI:D1の複数の童子は、トレーダーの43.00ドルを超える優柔不断を示唆している….
2020/08/29
「東西FXリサーチ」安倍氏の辞任後の円の動き
安倍晋三総理大臣が 健康の理由上から 辞意を表明したを 28日の外国為替市場は円はドルに対して上昇した。 政治的な不透明性から一時は対米ドルで1.3%上昇した円。日経225は1週間で1.4%下落し、日本円は対米ドルで106まで急落した。ドル・円の1週間物インプライド・ボラティリティー(IV)は28日に288ベーシスポイント上昇し、4月中旬以来の高水準となる8.92%に達し….
2020/08/27
「東西FXリサーチ」米ドル下落。ゼロ近辺での金利据え置きの可能性大か?
米国連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長の講演を前に、アジアでは木曜日の朝、ドルが週の最安値近くで下落した。投資家はパウエル氏によるジャクソンホールシンポジウムにて9月に実施するCOVID-19からの米国の経済回復に向けて持続的低インフレへの取り組み政策についての講演を待っている。米連邦準備制度は金融政策運営の新たな戦略を採用する….
2020/08/24
FX週間レポート (8月第4週)|米ドル/円:静かな市場の中で106.00を下回る低迷、ユーロ/米ドル:下向きの勢いが強化している
米ドル/円:静かな市場の中で106.00を下回る低迷 – 米ドル/ 円は、日中の安値を更新する中、弱気市場のトレーダーを魅了する小さな兆候を示している。S&P 500先物が過去最高を更新し、リスク感情は堅調に推移した。日本の安倍首相の健康を取り巻く懸念もあり、東京のウイルス問題は日本円を強化することが….
2020/08/17
FX週間レポート (8月第3週)|米ドル/円は日本のGDPを減少させ、106.70に上昇
米ドル/円は日本のGDPを減少させ、106.70に上昇、ユーロ/米ドル:2018年1月以降、週次RSIで初めての買われ過ぎ、英ポンド/米ドル:1.3100に近づくために3日間の勝ちを記録、豪ドル/米ドル:上値は0.7200未満に継続して制限される、金:混合感にもかかわらず、1,950ドルを下回る、WTI:対称的な三角形で約42.50ドルに固執…
2020/08/10
FX週間レポート (8月第2週)|米ドル/ 円:106.25を上回った場合はさらに進む、ユーロ/米ドル:下落の拡大リスクあり
米ドル/ 円:106.25を上回った場合はさらに進む、ユーロ/米ドル:下落の拡大リスクあり、ポンド / 米ドル:弱気相場の可能性は限られ、豪ドル / 米ドル: 0.7200未満のわずかな動きでの週明けが、中国のCPIを注目、金:金曜日の弱点を2,030ドル未満に拡大、WTIの低下を41ドルに拡大し、週間分の利益を記録する予定…
2020/08/03
FX週間レポート (8月第1週)|米ドル/円の買い手は日本の第1四半期GDPに続いて106.00で増加
FX週間レポート (8月第1週)|米ドル/円の買い手は日本の第1四半期GDPに続いて106.00で増加、ユーロ/米ドル価格分析:マクロのトレンドラインのハードルを破りに失敗した後の潜在的な引き戻し、英ポンド/ 米ドル価格分析:金曜日の流れ星ローソク足の後、1.3100を下回る、中国カイシン製造業の明るいPMIにもかかわらず、豪ドル / 米ドルは0.7100を上回る、金:記録的な高値から引き戻し、1Hチャートはブレイクアウトの失敗を示す、WTI: 200日EMAバーが上昇するくさび に挑戦し40.00ドル近くを確認…
2020/07/31
「東西FXリサーチ」経済回復の遅れから売りが進む米ドル
経済回復の遅れから売りが進む米ドル – 世界的に新型肺炎の感染者数が収束を見せず、世界最多の感染者数を記録しているアメリカでは、期待通りに経済回復の先行き不安が投資家の間で高まっている。今月、米ドルは10年間で最も下落し、一方、アメリカよりも経済回復が早くスタートするとみられている英ポンドとユーロが上昇した。昨日ECBから公表された が6月のユーロ圏のマネーサプライからは、手持ち現金と預金を合計した狭義のマネーサプライ(M1)が急増していることがわかり、数ヵ月以内に景気回復の勢いが増す可能性がみられた。…..
2020/07/27
FX週間レポート (7月第5週)|米ドル/円には金が史上最高に近づくにつれ、初期アジアで2つの触媒がある、ユーロ/米ドル:継続的な米ドルの売り出すのため、22か月ぶりの高値である1.1690に達する
FX週間レポート (7月第5週)|米ドル/円には金が史上最高に近づくにつれ、初期アジアで2つの触媒がある、ユーロ/米ドル:継続的な米ドルの売り出すのため、22か月ぶりの高値である1.1690に達する…
2020/07/20
「東西FXリサーチ」コロナウィルスワクチンへの期待長引かず、安全通貨の買いが進む
コロナウィルスワクチンへの期待長引かず、安全通貨の買いが進む – 本日の東京外国為替市場のドル・円は1ドル107円あたりで小動きだった。国内外での新型コロナウイルスの感染拡大があらためて懸念される中、株価下落を背景にリスク回避に伴うドル買いと円買いが進んでいる。…..
2020/07/20
FX週間レポート (7月第4週)|英ポンド / 米ドル:ブレクジットとマイナス金利がポンドに重きを置く、米ドル/ 円:方向性の欠如にもかかわらず、弱気トレーダーは現在支配的
米ドル/ 円:方向性の欠如にもかかわらず、弱気トレーダーは現在支配的 – 米ドル/ 円は、週間が終了した時点で107.00の数値を中心に終わった。 6月の日本商品貿易収支は、前回の-833.4億円から-35.8億円と予想されている。米ドル/ 円はおなじみのレベル内で維持されているが、リスクはマイナス方向に偏っている。…
2020/07/13
FX週間レポート (7月第3週)|米ドル/円の弱気トレーダーは107レベル以下のポジションを保持、ユーロ / 米ドル:200週SMAは堅いレジスタンス
米ドル/円の弱気トレーダーは107レベル以下のポジションを保持 – 貿易戦争とコロナウイルスがリスク意欲に大打撃を与えているため、円は安全通貨として選択されている。投資家はギリアド・サイエンシズが抗ウイルス薬レムデシビルが臨床試験で肯定的な結果を記録したと報告していることで期待を寄せている。…
2020/07/08
「東西FXリサーチ」オフショア人民元が繰り手となる可能性あり
中国株式の異常な反発は、センチメントの主要なドライバーとして引き続き注目されている。中国の株価が今後数日間躍進し、世界的なリスク感情の大きな変動がなければ、投資家は中国人民銀行の人民元高に対する耐性を評価する機会があるだろう。…..
2020/07/06
FX週間レポート (7月第2週)|米ドル/円は107.64へ、1日で0.11%上昇し、ユーロ/米ドル:円が上昇するにつれて、アジアで20ピップス以上が追加され
米ドル/円は107.64へ、1日で0.11%上昇した。月曜日の東京取引セッションの開始はリスクオンムードを歓迎した。S&P 500先物、日経225、および米国の10年物国債利回りは、記録的な穏やかな上昇となった。コロナウイルスの蔓延により、中国は世界的な怒りを買っている。…
2020/07/01
「東西FXリサーチ」高まる外貨準備金としての米ドルの需要
各国の中央銀行によるドル保有率が上昇している。新型コロナウイルスの収束には程遠い米国などの日々の感染者数、そして第二波の到来から市場から不安が消えないことが起因しているとみられている。…..
2020/06/29
FX週間レポート (6月第5週)|米ドル/円は 混合市場のムードの中で 107.00の上で安定、米国の指数は赤字で終わり、それぞれ2.0%以上下落し、国債利回りは急落した。
米ドル/円は混合市場のムードの中で107.00の上で安定 – 米ドル/円は5月の日本の小売貿易データを無視し、107.10-25の範囲を保っている。日本の5月の小売り貿易は予想されていた-11.6%に対して前年比-12.3%へと下落した。米ドル/円は混合市場の感情の中で苦労を続けています。…
2020/06/22
FX週間レポート (6月第4週)|米ドル/円はリスク回復の中で107.00をテストするため跳ね返る、株式はアジアとヨーロッパで上昇したが、アメリカのセッション中に下落し
米ドル/円はリスク回復の中で107.00をテストするため跳ね返る – 強気トレーダーがS&P500先物による堅調な反発のなかで107.00をテストするため、リスク選好度が高まったことで米ドル/円の買い行動が新たに生まれた。北京からのコロナウイルス統計の奨励を受けて、アジア株は損失を回復した。米ドル/円はテクニカルインジケーターが負のレベル内で適度に低下しているため、…
2020/06/17
「東西FXリサーチ」新型コロナウイルス復興基金案のユーロへの影響
欧州委員会が提案している7500億ユーロの新型コロナウイルス復興基金案は、 19日に欧州連合(EU) 首脳のビデオ会議での加盟27カ国の全会一致での承認が目指されている。欧州中央銀行のパネッタ理事は、欧州連合(EU)の復興基金の発足は緊急性が極めて高いとメディアに語り、できるだけ早く、…..
2020/06/15
FX週間レポート (6月第3週)|米ドル/円は悲観的な市場ムードの中で下落が進む、ユーロ/米ドル:アジアセッションで25ピップ上昇する
米ドル/円は下落を107.15近辺で統合する。第二波のコロナウイルスの大感染への懸念のなかでリスクオフのムードは残る。焦点は中国のデータに移り、価格の動きに新たな兆候が見られる。米ドル/円の強気トレーダーは月曜日の初めに107.55で50日単純移動平均(SMA)を…
2020/06/11
「東西FXリサーチ」市場焦点はFRBの金利発表、金とドルの跳ね返り、失業請求、コロナウイルス統計へ
連邦準備理事会(FRB:Federal Reserve Board)が失業率をコロナウイルスのパンデミック以前の水準に戻すには数年かかると示唆しているため、FRB当局が少なくとも2022年末まで金利をゼロに近づけると予測した後、市場のムードは悪化した。投資家はドルが最終的に安値から上昇すること、政府支援や景気刺激策ではなく見通しに焦点を当てており、金は恩恵を受けている。市場は当初、「力強く、…..
2020/06/08
FX週間レポート (6月第2週)|広範囲にわたる米ドルの回復が原動力になっているようだ。金曜日の米国の雇用レポートはV字型回復の話を復活させた。
米ドルが回復するにつれて米ドル/円は109.50に跳ね返る – 米ドル/円は損失が調整され、リスクオンフローが増す中、109.50前後で取引されている。広範囲にわたる米ドルの回復が原動力になっているようだ。金曜日の米国の雇用レポートはV字型回復の話を復活させた。日本の第1四半期GDPは高く修正された。米ドル/円は、掲載時に約109.30で取引されており、…
2020/06/05
「東西FXリサーチ」米ドルを置き去りに躍進するユーロ
欧州中央銀行(ECB)による緊急債券購入プログラムの予想よりも大幅な刺激策拡大の発表から金曜日にはユーロ高が進み、0.25%上昇して1.1367ドルになり3か月高値に急上昇した。今週の単一通貨は2.4%上昇し、3週間連続の上昇を果たしている。ECBでは、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模を7,500億ユーロから1兆3,500億ユーロ(1兆5,200億ドル)に増やし、…..
2020/06/04
「東西FXリサーチ」アメリカ全体の社会秩序の乱れから、さらに米ドル安は続く
投資家が景気回復を後押しするにつれて、ドルの下落は拡大し、勢いを増し続けている。今週の2日の火曜日には、日本円に対し米ドルは107円後半から108円半ばへ大きく上昇し海外市場にはまとまったドル買い/円売りが見られた。若干の驚きではあるが、G10コモディティ通貨が3月下旬以来、ドルに対を先導している。このFXの動きは、単なる短期的なものではなく、…..
2020/06/01
FX週間レポート (6月第1週)|米ドル/円は107.50に下落、トランプ米大統領の中国に対して柔軟なスタンスを取った後にリスク欲を高まった|
米ドル/円は高値から下落、広範な米ドル安を追跡 ー 米ドル/円は108.00への別の試みに失敗した後、アジア株式市場でのリスクオンラリーにもかかわらず、107.50に下落した。スポット価格は広範な米ドル安を追跡し、特にトランプ米大統領の中国に対して柔軟なスタンスを取った後にリスク欲を高…..
2020/05/27
「東西FXリサーチ」主要通貨の今週の動き
リスク意欲が再び高まり、ドルと円は他のほとんどの通貨に対して下落した。狭い貿易加重USDIndex(DXY)は、昨日の8日間の高値99.97から修正され、5日間安値である99.60を0.3%以上下落した。ユーロ/米ドル は同時に1.0973で5日の高値へと上昇した。英ポンドは、世界の株式市場との相関が続き、……
2020/05/25
FX週間レポート (5月第4週)|米ドル/円は107.80周辺の日中の最高値から後退し、香港の政治問題は、米国と中国の関係を悪化させ
FX週間レポート (5月第4週)|米ドル/円は107.80周辺の日中の最高値から後退する。香港の政治問題は、米国と中国の関係を悪化させ、ユーロ/米ドルは1.09を上回るが、レンジプレーは継続、豪ドル/米ドルは2連敗で2日連続で回復し、0.6500以上に回復を拡大、金:1,750ドル未満のやや重い、手掛かりを求める米中緊張、WTIは$ 33.00を取り戻したが、レジスタンスレベルに転じた即時のサポートレベルを下回る…
2020/05/22
「東西FXリサーチ」中米関係の緊張の高まりから米ドル高へ
中米関係はコロナウイルスのパンデミック中に悪化していることから、米国は中国中部の武漢市で発生したウイルスの蔓延に対して強く非難している。米国と中国の間の新たな政治的緊張の高まりがセーフヘブン通貨への需要を高め、逆にユーロ、オフショア人民元、および商品通貨を下落させたため、金曜日にドルは上昇し……
2020/05/18
「東西FXリサーチ」パウエル議長が警告する長引く米国経済成長低下
ドル市場は、新型コロナウイルス感染の第2 波を巡る警戒感が投資家の間で高まり始めたことによって低調な米指標からサーフヘブン としてのドルに逃避買いが入った。そのため、主要6通貨に対するドル指数が小幅で上昇し、 ドル指数は0.13%上昇の100.4となり、週足では0.66%上昇となった。米ドルは、スイスフランとユーロを除いて、…..
2020/05/18
FX週間レポート (5月第3週)|予想よりも小さな日本GDP収縮とコロナウイルスの発生をめぐる新たな米中摩擦の中で円が強まり
予想よりも小さな日本GDP収縮とコロナウイルスの発生をめぐる新たな米中摩擦の中で円が強まり、米ドル/ 円は107.00の上でその上昇を回復する。しかし、S&P 500先物での反発は、スポット価格を浮き上がらせ続けている。米ドル/円は現在、107.08に変わらず取引されており、この記事を書いている数分前の107.28で拒否に直面していた。テクニカル分析の観点から、…
2020/05/14
「東西FXリサーチ」感染の第2波の到来のリスクを外国為替への影響
米国の保健当局が経済再開計画に冷水を注ぎ、リスク環境は非常に不安定なまま新たな感染を防ぐために細心の注意が必要となっている。中国武漢で新たなCovid-19ケースが報告されてから、投資家たちは感染の第2波の到来のリスクへの警戒心が高まっている。一方、このような状況は、FRB当局によるマイナス金利の推測への抑えの動きも加わりセーフヘブンの米ドルにとってはプラスに働いていると、….
2020/05/11
FX週間レポート (5月第2週)|米ドル/円は明るい市場のムードの中で107.00の上を期、ユーロ/米ドル:バイヤーは再び1.0865 / 70抵抗合流を目指
米ドル/円は明るい市場のムードの中で107.00の上を期、ユーロ/米ドル:バイヤーは再び1.0865 / 70抵抗合流を目指、英ポンド/米ドルは約1.2400でのシーソーとなっており、英国のジョンソン首相のスピーチで価格は変動していない、オーストラリアドル/米ドル:世界的な悲観感は勢いのあるオーストラリアの数値をも圧倒する可能性があり、金:米中緊張が再び高まるにつれ、1,700ドルを若干下回るプラス、WTIは$ 24.00を下回り、短期的な三角形の中にとどまる…
2020/05/09
「東西FXリサーチ」狭い取引レンジのアジア通貨の一方でレンジ幅の広い通貨は?
4月下旬に見られた通貨レンジトレードの復活。過去13回の取引セッションで、アジア通貨の大半であるユーロと英ポンドを含む、ほとんどの先進国および新興市場(EM)通貨は、米ドルに対して狭い範囲で取引され続ける中、わずかな円高または円安となった。時間に関連するマクロデータ、流動的なcovid-19関連の数値、そして中央政府のロックダウン(都市封鎖)にため国内および世界のGDP成長率の将来の形が全体的に保守的なアプローチを選択しているように…..
2020/05/04
FX週間レポート (5月第1週)|COVID-19に関する米国と中国の米中舌戦からボラティリティが増しているため、米ドル/円は107.00を下回る
COVID-19に関する米国と中国の米中舌戦からボラティリティが増しているため、米ドル/円は107.00を下回る、英ポンド/米ドル SMA 100バーが2週間前のサポートトレンドラインに下落、豪ドル/米ドル:元が下落する中、0.6400を下回る短期的な上昇ウェッジを確認、米中貿易協定への挑戦の中で金価格は約1,700ドルのシーソー、米中貿易緊張への懸念からWTIは6%低下…
2020/05/01
「東西FXリサーチ」中央銀行の金融政策への期待感から米ドル安へ
投資家はポートフォリオを月末のリバランスに焦点を合わせたため、ドルはユーロに対して下落し、木曜日には日本円に対して急上昇した。ロンドンセッションの終わりの月に外国為替レートが設定される直前に、ユーロは跳ね上がり、円は急激に下落した。この動きを、ニューヨークのウェルズファーゴのマクロストラテジスト、エリック・ネルソン氏はフロー駆動型のように見えると話している。…..