スマートフォーンサイトはこちら
MENUMENU


FX週間レポート

2019/02/18
東西FXリサーチ – ドルとユーロの長期的リスク
先週末、米ドルとユーロはともに下落した。15日の朝方、ニューヨーク連銀の製造業景況指数が予想を上回ったことで米ドルは上昇したが、今年は金利据え置きの可能性が高いとしたデーリー・サンフランシスコ連銀総裁のハト派的な発言が報道されると 売りが進み、ドルは主要10通貨の大半に対し値下げとなった。米国のトランプ大統領は中国との貿易交渉についてかなり近いところで解決すると楽観視していることから投資家心理の緊張も多少のゆるぎを見せているが、マクロ経済の…
2019/02/18
FX週間レポート (2月第3週)|米ドルの中期的な見通しは弱くなり、テレサ・メイ首相の再交渉が失敗しているのでさらに英ポンド安く
FRBが成長の鈍化やインフレ率の上昇を懸念するかといったジレンマに陥る可能性があることから米国のデータが混在しているため、米ドルはリスクオンムードの打撃を受けず、一般的な経済低迷よりは良好だった。当社は米ドルがさらに弱くなるといった中期的な見通しは変わらないが、米ドルは….2月第3週 (18日~22日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2019/02/11
東西FXリサーチ – 米金融危機後以来の経済低迷、ポンドは1.5ドルまで急騰か?
7日に行われたメイ首相とユンケル欧州委員長の会談は平行線に終わり、3月下旬に迫るイギリスの欧州離脱への不安はさらに高まる。本会談では離脱協定案に含まれるアイルランドの国境問題への対応についての提案は拒否され 、来週の13日までには英議会に新たな離脱案を示す意向だったメイ首相は苦境に陥っている。….
2019/02/11
FX週間レポート (2月第2週)|米ドルと円は米国外の経済成長の鈍化に支えられ、リスク資産に対して強気となり他のG10通貨を上回った。
安全資産である米ドルと円は、米国以外の経済成長の鈍化に支えられたリスク資産に対する勝気な雰囲気と相まって、過去1週間では他のG10通貨を上回った….2月第2週 (11日~15日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2019/02/04
FX週間レポート (2月第1週)|米国の非農業部門雇用者数(NFP)の304,000人の拡大により、引き続き円安
アジア太平洋地域の株価が大幅に上昇し、円は引き続き安価、そしてオーストラリアの建築許可の下落を受けて豪ドル円は79.15に30ピップスの下落….2月第1週 (4日~8日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2019/01/28
FX週間レポート (1月第4週)|連邦政府の一時再開が米ドル高を引き起こし、GBPは2週連続で強化している


今週の為替相場の見通し

米国上院が 一時的に政府機関の閉鎖を再開する資金調達法案を可決し、ウォールストリートジャーナルの報道では、連邦準備制度理事会は、貿易協議、ブレクジット、中国の景気刺激策の期待などの短期的なテーマとともにバランスシートの正常化の早期終了を検討する可能性、そしてハト派の中央銀行がより積極的ながらも警戒しているリスク資産への投資環境を拡大する一方で、米ドルが強まった。 英ポンド/ニュージーランドドルはG10通貨の中でも好調だった。

弊社では今後6〜12ヶ月間は米ドルが 弱気であるという見方は変わらないが 、今のところ、米ドルが他の主要通貨と比較して最悪であるということはまだ言い切れない。 米国データの回復は、成長の勢いが鈍化していることを継続して示しているヨーロッパと日本のPMIデータとは対照的だ。 今週のFOMCの会合では、市場がさらなる金利引き上げの価格設定を時期尚早にするかどうかについての重要なテストとなるだろう。

ECBの1月の会合では、政策措置の実行は示唆されなかったが、このハト派的な見方の結果、欧州周辺の国債のスプレッドは縮小した。 1.1350を下回る一時的な下落は、ユーロ/米ドルの下振れリスクを警告する。 次のサポートレベルは1.1200。

1月29日のブレクジットの採決に先立ち、英ボンドは議会が「合意なし」ブレクジットを阻止するとの期待が高まっているためことを受けて2週連続で強まっている。 同時に、英国の労働市場のデータは予想よりも好調だった。 1.3080を超えた終値は、さらなる英ボンド/米ドルの1.3300まで上昇の範囲を実証している。

毎週のマクロ経済のアップデート

水曜日 (2019年1月30日)
中国のPMI – 製造業PMIの50以上の跳ね返りを見るのは難しい。 サービス部門は政策刺激から効果が表れるべきだ。
米国GDP – 2018年末までのさらに好調な四半期 – 年率2.5%前後。 2019年第一四半期は政府の閉鎖のために緩やかになることが予想されている。

木曜日 (2019年1月31日)
FRB会合 – 方針に変更なし。パウエルの記者会見 – 連邦政府の抵抗範囲を測る市場に焦点を当てる。 経済が多少低下するとした見方があるかもしれない。
ユーロ圏GDP – 成長率はおそらく3Q18の0.2%と同じ(年間平均0.8%になる)。ドイツの自動車業界での一時的なトラブルが逆転したため、1Q19ではこれがバウンスになる可能性があります。

金曜日 (2019年2月1日)
欧州CPI – コアインフレ率は依然として約1.0%に留まっている。ECBによる2019年の金利を引き上げの可能性は僅かである
米国の雇用 – 雇用者数の伸びは政府の閉鎖から大きな影響を受けることはないだろうが、失業率の上昇の可能性はある。 12月の異常なパワー(312,000)後の150,000の給与アップの可能性がある

経済見通し

今後1年間の政策決定者にとっての最大の課題点は、世界経済の鈍化への可能性が高まったため、経済成長抑制へと導くことである。 しかしながら、楽観的な要因はいくつかある。 最も重要なことは、このサイクルでは賃金と物価の動きが低迷しているため、連邦準備制度が非常にゆっくりと金利を引き上げることが可能になっていることだ。


資産の種類ごとの要約

外国為替

米国の成長ブームが冷え世界の他の地域で緩やかな拡大ペースで収束するにつれて、2019年は米ドルが弱まり、再び市場に戻るだろう。G10 FX国の安定した外観は後期の景気サイクルリスクに直面する危険がある。

株式

アジア株における過度なポジションがさらに増え、日本株をニュートラルからオーバーウェイトに格上げしたことでリスクが高まる。収益の成長軌道と金利上昇のペースとのバランスが、引き続き株式の主要な原動力となるだろう。

コモディティ

サイクル後期の懸念から、投資家は2019年に金などの安全資産へのシフトを迫られる可能性がある。投資家にとってのリスクオフヘッジとしての金の可能性はより重要になるだろう。供給の柔軟性が最近の価格帯への回復を促し、原油価格の2018年第4四半期の急落から緩やかな回復が予想される。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2019年1月28日
08:50 金融政策決定会合議事録 JPY
23:00 ECBドラギ総裁の発言 EUR
23:30 イングランド銀行総裁、カーニー氏の発信 GBP
火曜日 – 2019年1月29日
6:45 貿易収支 (前年比) (12月) NZD
06:45 貿易収支 (前月比) (12月) NZD
09:30 NAB企業信頼感指数 (12月) AUD
22:30 良好な貿易収支 (11月) USD
23:00 S&P/CS住宅価格総合‐20 (前年比) (11月) USD
水曜日 – 2019年1月30日
00:00 消費者信頼感 (1月) USD
未定 英国議会ブレクジットの投票 GBP
06:30 米国石油協会週次原油株式 USD
08:50 小売売上高 (前年比) (12月) JPY
09:30 消費者物価指数 (前年比) (Q4) AUD
09:30 消費者物価指数 (前期比) (Q4) AUD
09:30 刈り込み平均CPI (前期比) (Q4) AUD
15:30 仏国内総生産 (前年比) EUR
15:30 仏国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
未定 全国住宅価格指数 (前月比) GBP
未定 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
16:00 GfK独消費者信頼感指数 (2月) EUR
16:45 仏個人消費 (前月比) (12月) EUR
19:40 ドイツ10年Bundオークション EUR
19:45 イタリア10年BTPオークション EUR
22:00 独消費者物価指数 (前月比) (1月) EUR
22:15 ADP非農業部門雇用者数増減 (1月) USD
22:30 国内総生産 (前期比) (Q4) USD
22:30 GDP物価指数 (前期比) (Q4) USD
木曜日 – 2019年1月31日
00:00 中古住宅販売保留 (前月比) (12月) USD
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
04:00 FOMC声明 USD
04:00 公定歩合発表 USD
04:30 FOMC記者会見 USD
08:50 鉱工業生産 (前月比) (12月) JPY
09:30 民間向け信用 (前月比) (12月) AUD
10:00 中国製造業PMI (1月) CNY
10:00 中国非製造業購買管理者指数 (1月) CNY
10:30 日銀 雨宮副総裁発言 JPY
16:00 全国住宅価格指数 (前月比) (1月) GBP
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (1月) GBP
16:00 独小売売上高 (前月比) (12月) EUR
16:45 仏消費者物価指数 (前月比) EUR
16:45 フランスHICP (前月比) EUR
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) EUR
17:00 スペイン国内総生産(GDP) (前期比) (Q4) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (1月) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) EUR
17:55 独失業率増減 (1月) EUR
17:55 独失業率 (1月) EUR
19:00 国内総生産 (前年比) EUR
19:00 国内総生産 (前期比) EUR
19:00 失業率 (12月) EUR
19:15 欧州中銀メルシュ専務理事発言 EUR
22:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (12月) USD
22:30 コアPCE物価指数 (前月比) (12月) USD
22:30 労働コスト指数 (前期比) (Q4) USD
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 PCE Deflator (前月比) USD
22:30 PCE Deflator (前年比) USD
22:30 個人支出 (前月比) (12月) USD
22:30 国内総生産 (前年比) CAD
22:30 国内総生産 (前月比) (11月) CAD
22:30 RMPI (前月比) (12月) CAD
23:45 シカゴ地区購買部協会景気指数 (1月) USD
金曜日 – 2019年2月1日
01:00 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
02:45 カナダ中央銀行Wilkins理事発言 CAD
06:30 製造業購買部協会景気指数 (1月) AUD
08:30 仕事/求職率 (12月) JPY
09:30 生産者物価指数 (前期比) (Q4) AUD
09:30 生産者物価指数 (前年比) (Q4) AUD
10:45 中国Caixin製造業部門購買者担当者指数 (1月) CNY
17:15 スペイン製造業PMI (1月) EUR
17:45 イタリア製造業購買管理者指数 (1月) EUR
17:50 仏製造業購買部協会景気指数 (1月) EUR
17:55 独製造業購買部協会景気指数 (1月) EUR
18:00 製造業購買部協会景気指数 (1月) EUR
18:30 製造業購買部協会景気指数 (1月) GBP
19:00 コア指数 (前年比) EUR
未定 消費者物価指数 (前年比) (1月) EUR
22:30 平均時給(対前年比) (前年比) (1月) USD
22:30 平均時給 (前月比) (1月) USD
22:30 非農業部門雇用者数増減 (1月) USD
22:30 行動者率 (1月) USD
22:30 米非農業部門民間雇用者数 (1月) USD
22:30 失業率 (1月) USD
23:45 製造業購買管理者指数 (1月) USD
土曜日 – 2019年2月2日
00:00 ISM製造業雇用指数 (1月) USD
00:00 ISM製造業景況指数 (1月) USD
00:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (1月) USD
00:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (1月) USD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR

2019/01/22
FX週間レポート (1月第3週)|ハト派的なFED、中国貿易緊張の緩和は米ドルの持ち合い相場につながる
リスク市場は回復したが、世界経済は依然として減速している。悪いニュースということは、ハト派的な連邦準備制度、貿易緊張の緩和、そして中国の景気刺激策の見通しに支えられた良いニュースということになる。 FOMCがこの景気での利率の上昇が終ったことを市場は再考し、….1月第3週 (1月21日~1月26日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2019/01/17
東西FXリサーチ – 不信任案投票から逃れた現職政権、英ポンドは好感か?
イギリス政府内の不和がポンド価格を揺るがしている。 結果的に今世紀初頭以来の現職政権への反対票が集まった1月15日のブレクジット協定案。SEBのFXストレテジスト、リチャード・ファルケンホール氏曰く、2018年の11月にEUが英国に離脱条件を承認した時点で、…
2019/01/15
東西FXリサーチ – EU離脱協定採決、GBPへの影響とは?
英政府は1月15日の今晩7時、日本時間で 16日午前4時に英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に関する協定案への採決を開始する。協定案の否決という見方もあった中、英政府は否定している。メイ首相はからメルケル氏の支援の最終的な申し出から、…
2019/01/14
FX週間レポート (1月第2週)|ハト派なFED、英議会による欧州連合(EU)の離脱案採決
FEDのハト派的態度、米中貿易協議の楽観、英議会による欧州連合(EU)離脱案採決、そしてGBPのボラティリティ高まりの可能性。世界的な活動データは依然として弱いが、ハト派的感が見られていた連邦準備制度と米中貿易に対する楽観的見方により、….1月第2週 (1月14日~1月18日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2019/01/07
FX週間レポート (1月第1週)|米国の成長減速と2019年にUSDへの悪影響
ハト派のパウウェルの言葉によりリスク市場は暫定的に安定しているものの、米国の製造業ISMの急激な下落とAppleからの収益予測の下方修正により、米国が世界的な景気減速に加わったことへの懸念に追加した….1月第1週 (1月7日~1月11日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/12/27
東西FXリサーチ – ドル円予想2019年 – 可能な方向
歴史上初の米国大統領による米連邦準備制度理事会(FRB)議長の解任の可能性、マティス国防長官の辞任と米国内政治は穏やかでない。トランプ大統領は、利上げが国内経済成長のネガティブ材料の一つとみなし、2019年も今年に続けて利上げがパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長下で行われる可能性があることに不満を募らせ、解任を周辺関係者に漏らしていることはすでに報道の通り…
2018/12/17
FX週間レポート (12月第3週)|米ドルの見通しの逆転によって、投資家の感情は悪化する
セットマネジャーに関する新たな調査によると、世界経済が来年悪化する可能性が高いと確信されるようになるにつれて、主要投資家間の感情は急速に弱まっている。連邦準備理事会(FRB)は金利引き上げのペースの緩めへの圧力がかかり、最近の経済データはそのようになる余地を与えている。…..12月第3週(17日~21日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/12/10
東西FXリサーチ – 黄色いベスト運動が押し下げるフランス市場
フランスでは就任よりわずか1年強のエマニュエル・マクロン大統領に対する 大規模なデモが4週連続で起こっている。全国レベルでは12万人もの国民が燃料への課税および価格の上昇に怒りを露わにした「黄色いベスト」運動….
2018/12/10
FX週間レポート (12月第2週)|米ドル安の兆しが現れ、欧州連合(EU)と合意した離脱協定案の議会採決からGBPのボラティリティが予想される
市場は米中貿易取引で予想よりも積極的に動かず、そして中国の通信機器メーカー、 華為技術(ファーウェイ ・テクノロジーズ)の上級中国人幹部の逮捕も予想通りに緊張を高めている。弊社では年末に近づくに連れ市場が静かになることから、トレーダーが割安を探す意欲があまりない ことを予想している。…..12月第2週(10日~15日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/12/03
FX週間レポート (12月第1週)|G20首脳会議でのトランプと習近平の会食が、90日間関税引き上げを一時停止した
G20でのドナルド・トランプと習近平の夕食によって90日間の関税引き上げが延期されることになり、交渉が継続され、将来の議論へのコミットメントがないことを考慮して、大抵の人々がポジティブな結果と考えている。オフショア人民元と他のアジアの通貨では、さらに安堵とラリーが見られた。近い将来に米ドル/オフショア人民元が7.0を上回る可能性を減少させる。…..12月第1週(3日~7日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/11/27
東西FXリサーチ – 英ポンド、EUと協定案と政治宣言案の承認から躍進するが、不安材料は残る
欧州連合(EU)が25日にブリュッセル開いた臨時首脳会議で、英国との離脱協定案と政治宣言案を承認し、正式決定したことを受けてポンド価格に一時的な安堵感が生まれた。英ポンド/ドル相場はロンドン時間25日午後6時10分(日本時間26日午前3時10分)時点で0.2%高の1ポンド=1.2839ドルの値を付けている…
2018/11/26
FX週間レポート (11月第4週)|原油価格の下落、英国のEU離脱合意案を承認で円高の可能性
先週の原油価格の下落からリスク資産は依然としてボラティリティーが続けている。世界的なリスク感情の悪化は歴史的に米ドルを支持的しているが、米国の株式や信用市場の最近の不振から米ドルは脆弱に写る。 テクニカル分析は米ドル/円が111.80 / 113.85の間で横向きに取引されている一方で、米ドル/オフショア人民元は0.9860をターゲットに1.0080までのラリーで売ることを好んでいる。…..11月第4週(26日~12月1日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/11/19
FX週間レポート (11月第3週)|米ドルの強さが逆転、豪ドルとNZドルのパフォーマンスが上昇している
連邦公開市場委員会のハト派的スタンス、石油価格の動き、米国のテクノロジー脆弱性、米中間の緊張が 11月30日のG20サミットで緩和するとの期待が高まったことで、G10通貨のパフォーマンスを上回るオーストラリアドルとニュージランドドルと共に米ドル相場の逆転が生じ、ロシアルーブル、トルコリラ、南アフリカランドが牽引してエマージング市場FXは高パフォーマンス だった。…..11月第3週(19日~23日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/11/17
東西FXリサーチ – 英ポンド、他の主要通貨に対する英国のEU離脱の不確実性の影響
欧州連合(EU)離脱問題への先行きの不透明さからポンド売りが進んでいる。15日には1ポンド=1.30ドル前後から一時1.27ドル台まで急落。対ドルでは今年最大の下落率、1日で約2%安とまでになった。しかし、翌日には売りの圧力が収まり 、1.2834ドル になった。ジェットコースターのように上げ下げの激しいイギリスポンドは投資家離れが進み、….
2018/11/12
FX週間レポート (11月第2週)|原油価格の下落は原油関連の通貨に圧力をかけ、中国の株式市場の新たな弱さはアジア通貨を弱めた|
先週の最も重要な市場動向は、外国為替ではなく、石油関連の通貨(カナダドル、ノルウェークローネ、ロシアルーブルなど)に圧力をかける石油の低価格であった。中国の株式市場の弱さが回復したことで、インドネシアルピーを除いてアジア通貨は若干低下した。…..11月第2週(12日~16日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/11/05
FX週間レポート (11月第1週)|米国成長の潜在的なピークは2019年に米国の双子の赤字への融資が難しいかもしれないことを示唆している
10月の大きな変動の後、米国と中国の緊張関係の冷却化によってもたらされる新たな貿易とプラスのリスク感情は、アジア通貨を支し、中国に敏感なオーストラルアドルやニュージーランドドルなどを強くなったに米ドル/オフショア人民元の急低下が伴った。…..11月第1週(5日~9日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/10/29
FX週間レポート (10月第5週)|グローバル成長と米国収益がピークに達しているという懸念が高まっている
グローバル成長と米国収益がピークに達しているという懸念によって、外国為替取引は先週の石油やグローバル株式などのハードアセットの売り上げに比べて少なかった。また、米国の住宅販売が低迷したことも、米国の「例外主義」がピークに達している可能性を示唆した…..10月第5週(29日~11月2日の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/10/22
FX週間レポート (10月第4週)|イタリア政府とEU、連邦準備制度理事会間の摩擦の影響
イタリア政府、EUそして連邦準備制度理事会間での摩擦は、米国の意図がより制限的な政策に移行することを明確にしている。これが最終的には米ドルの強さを保持するが、これは狭いレンジではあり、米ドルの強さがアジア通貨ペアを重視したUSDCNYに圧力をかけている。…..10月第4週(22日~26日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/10/15
FX週間レポート (10月第3週)|リスクオフシナリオと米ドル/円高の相関性がなくなったのか?
リスクオフのシナリオで米ドル高が見られないことで相関性が崩れているように感じる。株式市場が暴落したにもかかわらず、高値のAUD、NZD、SEKを含めて、米ドルは下落している。トランプの貿易政策を変えるためには株式市場の大幅な低迷が予想されるが、…..10月第3週(8日~12日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/10/01
FX週間レポート (10月第1週)|主要通貨に対する米ドルの下落、OPECの低石油生産量に伴う石油価格の急上昇
米ドルは、主要通貨の残り 、特にイタリアの予算懸念に対するユーロに対して、今週は強気で終わった。セーフ・ヘイブンであるスイスフランの大幅な低下は、資金調達圧力(クロス・カレンシー・ベース市場に反映されている)のような技術的要因が強気のドルの裏にあることを示唆している。10月第1週(1日~6日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/09/24
FX週間レポート (9月第4週)|投資家は米中貿易戦争の激化に対処して、噂を売り事実を買う
米国と中国の貿易紛争に関する新しいニュースの多くは中期的に市場が不安定になると見ているにも関わらず、投資コミュニティは市場が米国と中国の貿易激化に対処しているという噂を売って事実を買っているように見える。中国が輸入関税を引き下げようとしているとの報道も、リスクと新興市場FXにプラス要因となっている。最近のリスクオンムードがヘッドラインを支配してる。9月第4週(24日~29日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/09/17
FX週間レポート (9月第3週)|トルコとロシアの驚くべき金利上昇が新興市場の情勢を支持
最近の新興市場の売りは、市場が依然として米国の金融政策の堅調な引き締めにもかかわらず、疲労感が見えた。新興市場の心理は、ドナルド・トランプ大統領がさらに中国輸出へ2000億ドルの関税を課す準備が整っているように見えるにもかかわらず、トルコとロシアの驚くべき金利の上昇、米CPI予測の下落のミス、財務長官のミンチン・リュウ氏のトレード・トークによって救われた。
2018/09/10
FX週間レポート (9月第2週)|米中貿易戦争の拡大、新興国通貨の弱点が広がることでの影響とは?
米国と中国の貿易拡大への脅威の次段階、そして南アフリカランド(南アフリカ共和国の技術不況)とロシアルーブル(RUB)の新興国通貨 FXの弱体化(新たな制裁の恐れ)、米国賃金の成長が、オーストラリアドルやニュージーランドドルなど中国に敏感なG10通貨と新興市場通貨の更なる売りを促した。….9月第2週(10日~14日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/09/07
東西FXリサーチ – 新興国通貨に膨大な下落
米中貿易摩擦は依然収まりを見せず、市場の不透明感が高まり新興国通貨市場を揺るがせている。表面上は貿易リスクへの回避のためにトランプ大統領と習近平国家主席貿易は両国二とってベストな対策を練っているように見られるものの、各国のアナリストの見解は貿易摩擦がエスカレートする可能性も示唆している。
2018/09/03
FX週間レポート (9月第1週)|アルゼンチンペソ(ARS)とトルコリラ(TRY)の弱さによる新興市場の懸念
アルゼンチンペソ(ARS)とトルコの貨幣(TRY)の軒並みの下げによって、米国および中国の貿易懸念の回復と新興市場の懸念が高まり、スイスフラン(CHF)や円などの安全通貨への支援が増加しました。しかし、トルコの揺らぎに対するア資産市場への反応は数週間前よりも小さいことから、投資家がリスクを調整し、トルコ問題がアルゼンチンのように国内に留まる問題として見られていることを示唆している。….9月第1週(3日~7日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/08/27
FX週間レポート (8月第4週)|パウエル議長に対するトランプ氏の不満、金利の上昇は米ドルの支配力を損なう
トランプ大統領が米連邦準備理事会パウエル議長の利上げ方針を気に入らないと批判するが、中期的に米ドル安に戻るためには、 米国外での成長を安定させることが重要だ。….8月第4週(27日~31日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/08/20
FX週間レポート (8月第3週)|米国と中国、貿易紛争を終結させる可能性あり
トルコの市場混乱が貿易戦争(中国)、経済制裁(ロシア)、国内エマージングマーケット政治(ブラジル)の不安に加わり、多くのG10通貨が最近のレンジを破り米ドルが上昇した。….8月第3週(20日~24日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/08/13
FX週間レポート (8月第2週)|トルコリラの急落は引き続き大きな影響を与える
トルコの市場混乱が貿易戦争(中国)、経済制裁(ロシア)、国内エマージングマーケット政治(ブラジル)の不安に加わり、多くのG10通貨が最近のレンジを破り米ドルが上昇した。….8月第2週(13日~17日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/08/10
東西FXリサーチ – 売られる英ポンド、EUとの合意否で10%下落か
英国ポンドの売りが進んでいる。イギリスはEU(欧州連合)と合意なく離脱した場合の金融サービスの規制案の検討も進める態勢をとっていることから、市場の行き不安が強まっている。
2018/08/06
FX週間レポート (8月第1週)|トランプ政権は中国に対する優位性を押し退ける
先週は、(1)米国と中国の貿易紛争を取り巻く新たな緊張、(2)イタリアの予算と成長に対する懸念、(3)日銀の利回り曲線 の調整YCC)と 高い世界的な利回り ( 急な利回り曲線)、(4)政治的要因(トルコリラ、南アフリカランド、ロシアルーブル)に左右される少数の新興市場通貨などが特徴の先週だった。….8月第1週(6日~10日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/07/30
東西FXリサーチ – 依然緊張感が続く米欧経済摩擦と為替
世界経済大国である中国ときわどい駆け引きをするドナルド・トランプ大統領。貿易戦争の勃発による直接影響そして2次影響を考えれば当然のことながら表面的であったとしても二国間の経済緊張を緩和しなければならない。日頃より国際経済を揺るがす程のメッセージをツイッターなどで発言しているトランプ氏。
2018/07/30
FX週間レポート (7月第5週)|BoJ政策、中国における政策緩和、米欧貿易緊張感の低下
この1週間の市場動向は、(1)潜在的なBoJ政策への憶測(2)中国における政策緩和の兆候、(3)米欧貿易緊張の降下の兆候によって支配された。….7月第5週(30日~4日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/07/23
東西FXリサーチ – 日銀の期待に反し続く円高
7月第3週の米ドル/円は今年1月の1ドル112円代近くまで円安が進み、一時期113.14円まで米ドル高・円安が進行した。日銀の期待に沿ってこのまま円安が続くかと期待が寄せられたが、それもつかの間、相場は米ドル安・円高に向かった。米ドル安の背景にはアメリカの実質金利が 、反対に円高には ゼロ金利政策が大きく影響している。
2018/07/23
FX週間レポート (7月第4週)|米国の貿易では話題の中心となる外国為替政策
意図によるものかどうか、米ドル/人民元相場は6.70を超えトランプ大統領がツイッターで連邦準備金利の引き上げとドル高を批判したことも起因となり外国為替政策は今米国の取引で話題の中心になっている。トランプの金利に関するコメントと米ドルはドル高への勢いを止めるように見えた。….7月第4週(23日~27日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/07/16
東西FXリサーチ – 英国EU離脱を控え不安視されるヨーロッパ市場
英国の欧州連合(EU)離脱まであと8ヶ月。世界経済がユーロとポンドの行方を探っている。英政府による欧州連合(EU)からの離脱方針への白書が発表され、2019年3月29日までの短期間で今後の貿易や移民など様々な問題を密接な経済関係を続けることでの解決を期待し協議が加速される。
2018/07/16
FX週間レポート (7月第3週)|世界的成長の上昇は、保護主義の恐れと戦っている
世界的成長の回復の兆し、保護主義の恐れと戦っている。 中国と米国の貿易動向は、市場にとって理解するのが非常に困難であることは周知の通りで、貿易戦争の激化がアジア通貨と鉄や鉛などの卑金属が圧力をかけ続けることが懸念されている。….7月第3週(16日~20日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/07/09
FX週間レポート (7月第2週)|保護貿易主義の上昇リスクは依然あり、新たな成長の兆しを見せる
保護貿易主義の上昇リスクは依然として存在するが、米国以外の成長指標は最近の激しいドル高を背景とした米国の成長が例外的かつ短期的であるといった予測に反し、新たな成長の兆しを見せている….7月第2週(9日~13日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/07/06
東西FXリサーチ – ユーロ市場を揺るがす難民問題
欧州での移民問題はユーロ為替市場に不安感を与えていた。ついには6月29日に開かれたEU首脳会議では10時間以上にも及ぶ議論にまで熱気が帯びた。移民問題の解決策を為替リスクと捉え、一時ユーロの売りが進むと見られたが、欧州連合のドナルド・トゥスク大統領(欧州理事会常任議長) が移民問題で合意に達したと明らかにしたことで、ユーロ買いの勢いが強まった。
2018/07/02
FX週間レポート (7月第1週)|最近のUSDCNY為替レートの設定は、積極的な通貨介入のリスクが高まる
最近のUSDCNY為替レートの設定は、当局が人民元の急速な弱気感の強まりへ不快感を増していることから、積極的な通貨介入のリスクの高まりを明確に示唆している….7月第1週(2日~7日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/06/29
東西FXリサーチ – 先行き不透明な中米貿易摩擦
アメリカは中国から同国への投資制限を間近に控えている。6月24日にトランプ政権は中国資本が25%以上入っている企業を対象に、「産業上重要な技術」を持つ米企業の買収を禁じる規制強化案を検討していると報じられた。 29日には 米財務省による投資制限の発表が予定されている。
2018/06/25
FX週間レポート (6月第4週)|米中貿易戦争が引き起こす中国サプライチェーン混乱の可能性
米国の関税率の現実が、アジア圏、中国における深刻なサプライチェーン混乱の可能性が高まっている。影響は、ウォン安、シンガポール・ドル( SGD)、タイ・バーツ(THB)およびニュー台湾ドル(TWD)。
2018/06/18
FX週間レポート (6月第3週)|ハト派ECBとタカ派FRBで、米ドル強化の可能性大
ハト派な欧州中央銀行(ECB)とタカ派な連邦準備銀行(FRB)は先週の会合において、政策の最終的な収縮への方向を示したが、対峙する政策を主張した。
2018/06/11
FX週間レポート (6月第2週)|FOMC・金利引き上げ、ECB・量的緩和の終了準備
6月13日のFOMC(公開市場委員会)において、利上げがほぼ確実視されており、市場はその影響をすでに受けている。…6月第2週(6月11日~6月16日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/06/04
FX週間レポート (6月第1週)|ユーロ相場の変動と米貿易関税引き締め、主要通貨ペアへの影響とは
ヨーロッパの政治リスクと保護主義の懸念が先週のニュースを支配し、新興市場の圧力が一部下がった。イタリアの政治的リスクにより、短期的にはユーロの激しい変動、また中期的にはユーロ圏のポジティブな見通しの低下につながった。…5月第4週(6月4日~6月8日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/05/28
FX週間レポート (5月第4週)|トルコリラにより、ユーロ圏リスク・新興国通貨への圧力増加
先週はトルコリラの高いボラティリティによって新興市場通貨の対ユーロ圏のリスクと圧力が加速し、外国為替の主要ニュースを支配した。…5月第4週(5月28日~6月02日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/05/21
FX週間レポート (5月第3週)|イタリアと欧州間の対立、短期的なユーロ変動リスクが高まる
新興市場に対する投資家の懸念が高まりイタリアを発端とするユーロ圏の不安定化が懸念されるなか、米ドルは米国の利回りと並行して引き続き新たな高値をつけている。…5月第3週(5月21日~5月25日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/05/14
FX週間レポート (5月第2週)|一貫して高い原油価格、米ドルは上昇の勢いを維持するか
先週の新興市場FXは特に厳しい状況だった。しかし、米国の賃金上昇により米ドルの回復が下振れする可能性があり、中核インフレは連邦準備理事会(FRB)が利上げを加速する恐れを減らすはずである…5月第2週(5月14日~5月18日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/05/07
FX週間レポート (5月第1週)|米FRB、高い目標インフレ率を許容
短期のドル建てポジションは、強制執行のプロセスがますます成熟しつつあり、米連邦準備制度理事会がより高い目標インフレ率を許容し、4月の雇用統計は抑えられ、上方修正が緩やかに続くことを示唆した。…5月第1週(5月7日~5月12日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/04/30
FX週間レポート (4月第5週)|米国10年債券利回り3%を下回り、先週の米ドル高から下降
先週、米ドルは10年債券利回りが3%を下回り反転した。利益の一部がペアになっていたものの、依然として問題にされないままである。 他の主要な中央銀行のレトリック(BoC、BoE、ECB、Riksbank)が少し慎重になり、5月2日のFOMC会合に先んじ、一時的にドル強気相場が引き上げられている。…4月第5週(4月23日~4月27日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/04/23
FX週間レポート (4月第4週)|金融市場は連邦準備制度に再度焦点
貿易戦争への危機が緩和されているにもかかわらず、金融市場は連邦準備制度に再度焦点を当て、リスクと厳しい米国の利回りを引き締めている。10年物米国債の利回りの次の水準は2.97%、その後3.07%。…4月第4週(4月23日~4月27日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/04/16
FX週間レポート (4月第3週)|地政学的緊張で原油価格が上昇
米国と中国の貿易緊張が緩和されるや、地政学的緊張が高まっている。これにより原油価格が上昇、カナダドル(CAD)やノルウェークローネ(NOK)などの石油輸出国の通貨が値上がりした。…4月第3週(4月16日~4月20日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/04/10
FX週間レポート (4月第2週)|米中の貿易緊張緩和で、米ドル円と円クロス好影響に
中国からの輸入関税の脅威、中国の報復と米国による反撃が外為市場を支配した。貿易緊張が高まっているものの、本格的な貿易戦争が根底にあるとはまだ言えない。交渉の余地はまだ十分に残され…4月第1週 (4月9日~4月14日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/03/26
FX週間レポート (3月第4週)|貿易戦争による米ドルへの長期的感情の影響
米国の個人消費支出(PCE)は、インフレ率上昇について1月の発表データのような、急上昇する可能性が低いことを確認できるとみられている。インフレ懸念や米連邦準備理事会(FRB)が上昇要因としての力を欠いたため、一時的な米ドル安値の範囲は狭いが…3月第4週 (3月26日~3月30日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/03/19
FX週間レポート (3月第3週)|FOMC6度目のレート引き上げ確実
3月20日から21日にかけてFOMC総会が行われ、市場の関心が集まっている。連邦準備制度理事会(FRB)による堅調な雇用成長率の発表後、0.25%ほどの利上げが期待されている。….3月第3週 (3月19日~3月24日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/03/12
FX週間レポート (3月第2週)|ボラティリティ上昇で円安範囲は限定的に
先週木曜日、トランプ大統領は鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を課したが、措置の軟化として認められる免除があった。 しかし、現在進行中の中国の知的財産慣行に関する第301条の調査は、2つほどの問題と共に、将来の重要な貿易緊縮の拡大につながる可能性がある….3月第2週 (3月12日~3月17日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/03/05
FX週間レポート (3月第1週)|米の保護主義的な通商政策・市場は難局へ
金融市場は3月に入って新たな課題に直面している。米国のインフレ率が上昇し、世界経済はやや軟調に推移し、貨幣収支が増加、貿易の緊張が高まっている。リスクに敏感な新興成長市場とG10(AUD、NZD、CAD)通貨のリスク感情が悪化したために、 防衛的な金融市場の中でJPYが明確に優勢になるだろう。….3月第1週 (3月5日~3月10日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/02/26
FX週間レポート (2月第4週)|ユーロ・日本円、資金調達通貨から失墜しつつある
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の就任後初となる議会証言を、2月27日に行うことを発表した。米国の強力な成長、インフレの正常化、財政政策の拡大に伴い、パウエル議長の発言は若干のタカ派に傾く場合、 USDに対し短期的に貢献する可能性がある….2月第4週 (2月26日~3月3日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/02/19
FX週間レポート (2月第3週)| FOMC議事録、更にFFレート段階的上昇か
米国の消費者物価指数(CPI)は米国の利回りを押し上げ、主要な株指数は大幅に下落したものの、一部のインフレ率は当初に考えられていたほど悪くないと好感され、その後回復した。2月第3週 (2月19日~2月23日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/02/12
FX週間レポート (2月第2週)|米利回り曲線の上昇でドル安・円高へ
インフレ率を低くかつ、持続的で緩やかな経済成長を望む経済は、経済過熱を懸念する影に隠れている。焦点は、賃金圧力の上昇と財政政策の緩和によってさらに悪化し、米連邦準備制度理事会の政策目的を市場が再考するにつれ、米国の利回り曲線は急騰。2月第1週 (2月12日~2月17日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/02/05
FX週間レポート (2月第1週)|米ドル安は継続、日本国債10年物の利回り上昇
米ドルの下降トレンドはさらに進むが、市場が米国中央銀行(FRB)の政策目標を再考する中で、一時的な上昇が予想される。 2017年第4四半期以来、米国の利回り曲線が平準化され、リスク資産が拡大したことから、米ドルは大幅に下落した。2月第1週 (2月5日~2月10日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/01/29
FX週間レポート (1月第4週)|米財務長官ドル安容認発言、ECBとBoJハト派を維持
ムニューシン米財務長官の発言で、米ドルが貿易政策の一部とみなされていると結論づけてはならないことを固めました。 ドル指数(DXY)の次の重要なサポートレベルは89.0ドルです。1月第4週 (1月29日~2月3日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/01/22
FX週間レポート (1月第3週)|今週の焦点:ECB、日本銀行、米国・英国GDP
今週の焦点:欧州中央銀行(ECB)、日本銀行(BoJ)、ノルウェー中央銀行(Norges Bank)の会合、フラッシュPMI、米国および英国GDP。 今週の早い段階でのEURのパフォーマンスは、独SPDの投票結果に左右される可能性が高いものの、その後の欧州中銀の動きが注目されます。1月第2週 (1月22日~1月27日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/01/15
FX週間レポート (1月第2週)|ユーロ高、独CDU・SPD予備協定締結で加速
ユーロは、ECB議事録がタカ派傾向と解釈後に上昇、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU)と社会民主党(SPD)との大連立政権の予備協定にも支持されました…..1月第2週 (1月15日~1月19日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2018/01/08
アジア株、明確な方向なく週を明ける|
日本市場は祝日のため休み。オーストラリア取引所は金鉱業界の不振にも関わらずインフレ傾向。オーストラリアの株式は上がりましたが、香港の株式は下落しました。東京のトレーダーらは休みを取った影響もあり、アジアでは慎重に週を開始しました….2018年1月第2週 (2018年1月8日~1月13日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/12/18
米国株の急騰によるアジア市場の回復
アジア太平洋の通貨パフォーマンスは、穏やかな米ドルの取引セッションのなか、強弱交錯しました。 他の主要通貨に対し、米ドルを測定するドル指数は横ばい。
2017/12/11
FX週間レポート (12月第2週)|米政策金利引き上げ予測、2018年にインフレリスク増加
12月12・13日の連邦準備制度理事会は今週、12月14日の午前3時に更新される連邦準備制度の予測とその「ドットプロット」のリリースと共に政策発表とともに、ジェネット・イエレン議長の最後の記者会見が続きます。12月第2週 (12月11日~12月16日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/12/04
FX週間レポート (12月第1週)|今週の注目: RBA、BOCの金融政策と米雇用統計
今週の焦点:オーストラリア準備銀行(RBA)およびカナダ銀行(BoC)の金融政策会合と米国雇用者数です。 豪準備銀行においては、火曜日に賃金インフレ圧力の不足が継続していても、待ちの姿勢を維持すべきだとの見方が強いです。12月第1週 (12月4日~12月9日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/11/27
FX週間レポート (11月第5週)|米ドル安、金融政策の正常化が漸進的に高まる
FOMCの議事録がインフレに注意に対する警戒感を示してから、米ドルは弱くなり12月の利上げを進めているように見えますが、政策の正常化は緩やかなものになるはずです…11月第4週 (11月27日~12月2日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/11/20
FX週間レポート (11月第4週)|米国税制改革へ懸念・緊張高まる英EU離脱交渉
先週は、米国の税制改革懸念や予想を下回る中国のデータ、ロシアの石油引き締めの再考などを受け、世界的なリスク感情の揺れが見られました。USDJPY 112.80円以下で、下落リスクの高まりの警告となります。次のサポートレベルは111.00円および、110.15円です。税制改革は依然として重要なリスクですが、11月27日までは兆候は見られないでしょう。
2017/11/13
FX週間レポート (11月第3週)| 米国CPIはFOMCのドットプロットに影響するか
先週1週間は、米国の税制改革に対する不安感の高まりから、緩やかな変動と米ドル安の進行が見られました。 テクニカル分析では、USDJPY112.80 〜 115.00円のレンジ相場を好みます。11月第3週 (11月13日~17日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/11/06
FX週間レポート (11月第2週)|米法人税制改革案の期待度、ドル円への影響は
最初の米国の法人税改革案の発表と連邦準備制度理事会の次期議長にジェローム・パウエル氏を指名したことは、米ドルを動かす重大な動機とはなりませんでした。米ドルの反発は勢いを失ったようですが、一般的に強い米国の活動データと労働市場の引き締めが続く中、短期的に上昇する見込みはありません。
2017/11/02
米CMEグループ、ビットコイン先物の提供開始!
市場価値の高い世界最大の先物取引所運営のCMEグループは、ビットコインを先物に立ち上げ、暗号化通貨に勢いを与えることで、金融の主流へと押し上げる計画を開始しています。
2017/10/30
FX週間レポート (11月第1週)|中央銀行の金利を引き上げる可能性、世界的な金融政策のコンバージェンス
期待外れのインフレ、失業率の低下、資産価格の変動は、連邦公開市場委員会(FOMC)の緊張を高めています。FOMCが12月に金利を引き上げ、その後2018年には3つの金利引き上げ、11月1日は保留を維持すると予想しています。11月第1週 (10月30日~3日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/23
FX週間レポート (10月第4週)|ECBの量的緩和プログラム – 6-9ヵ月延長の可能性|東西FX
欧州中央銀行(ECB)は、10月26日に、毎月の量的緩和プログラムの6〜9ヵ月の延長を発表するものと見られます。 EURUSD1.1500ユーロを目標とした、戦略的なドルの回復のための範囲維持を保持するため、….。10月第4週 (23日~28日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/16
FX週間レポート (10月第3週)|ハト派的なFOMC議事録、税制改革案に反対票でドルの利益は相殺
米ドルは、8月以来の小幅な上昇が続き、米国の税制改革案に反対票、消費者物価指数(CPI)の予想値やハト派的なFOMC議事録により、米ドルの利益は相殺されました。また、一般的な「リスク・オン」の姿勢で、投資家は米ドルを売り、利回りを求めました。10月第3週 (15日~21日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/09
FX週間レポート (10月第2週)|インフレ率FRB目標から2%下回るも、FOMC議事録はタカ派に
今週の米FOMC議事録は、インフレ率がFRBの目標値である2%以下が続いているにもかかわらず、ほとんどの市場参加者は金融政策見通しに対してタカ派的な見解を示すはずです。10月第2週 (9日~13日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/02
FX週間レポート (10月第1週)| 衆院解散・総選挙で米ドル/円108~115円の範囲で不安定な動き?
米ドル円は、10月22日の日本の下院(衆議院)選挙まで、108〜115円の範囲内で不安定な形で取引される可能性が高いです。安倍首相の3期目続投はアベノミクスの継続を示し、円安と強い日経平均株価につながると見られますが、選挙の結果、野党が力を得ることになれば、別の展開も考えられます。10月第1週 (2日~6日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/25
FX週間レポート (9月第4週)| 日本失業率は低いが賃金伸びず、114.50の米ドル円安か
過去の米ドルの上昇傾向がピークに達しているという広範なイメージは残っているものの、米ドルは年末に失地を回復する可能性が高いです。米ドル円は、終値112.90円を越える場合、114.50円のさらなる円安か!? 9月第4週 (25日~ 29日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/18
FX週間レポート (9月第3週)| FRBのバランスシート削減、CPIは予測インフレ率の上昇を支持
9月20日のFRBによるバランスシートの削減の発表において、当初の見込みのような大きな影響は期待されません。インフレが堅調に推移しているFRBの予測を支持している8月CPIデータを受けて、米ドルの弱気の見通しはさらに試される可能性が高いです。9月第3週 (18日~ 22日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/11
FX週間レポート (9月第2週)|米国債急落でコアレートの見通し暗く、米ドル/円の反転の可能性
先月に米国債券の利回りが急落したことが、より高いコア・レートについて見解での合意を巡り、米ドルに対する短期的見通しを挑戦的にしました。米ドル周辺の感情は、非常に悲観的になっていました。米ドルの反転する可能性が高くなりました。9月第2週 (11日~ 15日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/04
FX週間レポート (9月第1週)|ECBが急激なユーロ高懸念でユーロ安、量的緩和の縮小ペース減速か
ユーロ高のペースについてECBで不安が報告されたため、今週下半期にユーロ安を支えました。最近のユーロ上昇は、欧州中央銀行(ECB)の疼痛閾値をテストしており、量的緩和の縮小ペースが下がる可能性を高めています。9月第1週 (4日~8日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/08/07
FX週間レポート (8月第2週)|米雇用統計の予想を上回る強気の発表で米ドル高に
米ドルは、米雇用統計が予想よりも強い雇用の伸びや、ホワイトハウスのコーン国家経済会議委員長による本国送還の約束を公約後、この一週間で全面的にさらに強くなりました。米ドル円は、さらに114.50までの値上り期待を検証するために111.70以上に上昇する必要があります。8月第2週(7日~ 11日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/07/31
FX週間レポート (7月第4週)|FOMC声明ハト派の影響からドル円は下げの展開
米ドルは、FOMCの声明の影響を受けて、広く弱くなり、政策金利見通しにおいてハト派のように認識されましたが、貸借対照表(バランスシート)ではよりタカ派と見なされました。データミスや政治的な騒音も米ドルに圧力をかけました。7月第4週 (31日~8月4日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/07/24
FX週間レポート (7月第3週)|ECBがハト派的、ドラギ総裁による抗議の欠如でユーロ高
欧州中央銀行(ECB)は、コミュニケーションの面でハト派的で非常に慎重なアプローチを取りましたが、ユーロ高について、ドラギ総裁による抗議の欠如が、さらなるユーロ高をもたらしました。7月第3週 (24日~ 28日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/07/21
G10による金融引締め、新興市場通貨の急落
G10による中央銀行の金融引締めに対する会議の間、扱いやすい新興市場通貨の急落が発生しました。新興市場通貨のキャリーテーマは、まだ実行可能なスペースがありますが、穏やかなリスクレベルを維持しています。
2017/07/20
ECBや日本銀行による政策変更が期待されない、ドラギECB総裁の記者会見に注目
市場はドラギECB総裁の記者会見に続く、今日のECB会議や日本銀行(BOJ)の会議に注目しています。インフレ予測の低下や成長見通しの改善が見込まれているにもかかわらず、日本銀行(BOJ)による政策変更が期待されません。
2017/07/19
米オバマケア改廃法案の廃止、税制改革と財政支出計画が危険にさらされ
議会が医療保険制度改革(オバマケア)の廃止と代替法案に関して、修正案への支持が不十分だったため、税制改革と財政支出計画が危険にさらされています。米ドルは、英ポンドとスウェーデンクローナを除いて、ほとんどのG10通貨に対して下落し、その結果で米ドルインデックスは11ヶ月ぶりの低値に低迷しました。
2017/07/18
ブレグジット交渉、 保守党内で分裂が続き、ポンド安の影響でイギリス経済はどうなったのか?
月曜日に英ポンドは、分裂の兆候のために保守党がブレグジット交渉を苦労して進めることを受けて、1.31ドル安に戻り、10ヶ月ぶりの最高水準まで急上昇した後、英ポンドに圧力をかけました。月曜日にブリュッセルでブレグジット交渉の4日間が始まり、イギリスの論文には、学者、解説者、元上級公務員などにより、プロセスはイギリス政府やビジネスのために大混乱を引き起こすだろうとの警告がありました。
2017/07/17
イギリス銀行の金融引き締め方向が変更、イエレン議長のコメントから円安
イエレン議長のコメントは、連邦準備制度(FED)が9月にバランスシートの正常化プロセスを開始する可能性を高めています。ソフト英国のデータは、先週の堅調な労働市場分析レポートにもかかわらず、イギリス銀行(BOE)の金融引き締め方向を変えさせたようです。
2017/07/14
ECBは9月の会議で刺激を撤回する可能性、イエレン議長の証言から米ドル安
ユーロは、9月の会議で刺激を撤回するという欧州中央銀行(ECB)の(匿名の情報源)見出しに続いて、8月24日にドラギがジャクソンホールで講演するとの発表に伴い、強くなりました。木曜日に米ドルは、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長がFRBの金利が徐々に上昇する可能性があることを示した日の後、投資家が金曜日の経済データに注目したため、主要な通貨バスケットに対して安定していました。
2017/07/13
カナダ銀行が7年ぶりに利上げ、イエレン議長の声明で、米政策金利を徐々に引き上げ
カナダ銀行(BOC)が7年ぶりに利上げ、声明のトーンは予想以上に強かったです。イエレン議長の声明で、米政策金利を徐々に引き上げ、連邦準備制度(FED)の広い範囲に金利を引き上げることはできないと指摘後、対円で弱くなりました。
2017/07/12
FRBのパトリック・ハーカー総裁の発言、イエレン議長の半期的な金融政策報告
投資家は、水曜日にアメリカ合衆国議会の前に提示されるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の半期的な金融政策報告や、金曜日に米国の消費者のインフレのデータを待っています。
2017/07/11
英銀行の金利上げは逆転に脆弱、黒田東彦総裁「ほぼゼロ%程度」
市場によって評価されたイギリス銀行(BOE)の金利上げは、タカ派なメッセージが成長の継続に大きく依存し、英国の購買担当者指数(PMI)データが成長の勢いにおいて緩やかに減速を示しています。月曜日に日本銀行(BOJ)の黒田東彦総裁は、日本国債の利回りをゼロに近づけることを維持する約束を改めて表明しました。