スマートフォーンサイトはこちら

FX週間レポート

2021/05/14
「東西FXリサーチ」ユーロ / 米ドル テクニカルリーディング
ユーロ/米ドルは、米ドルが最近の上昇によって毎週ごとに高値が付いており、1.2100を超える水準を急速に回復している。投資家は、非常に重要な米国の小売売上高と消費者心理のデータの発表前から、既に米ドルで利益を上げることにフォーカスしている…..
2021/05/12
「東西FXリサーチ」英国経済は2022年末までにパンデミック前のレベルに回復
英ポンド/米ドルは欧州セッションの前半を通じて統合価格の動きを拡大し、1.4100マークをわずかに超える範囲に留まった。適度な米ドル高は、スコットランドの選挙の結果に牽引されて、2月25日以来の最高水準となった前日の強力な前向きな動きを構築し通貨ペアを支える…..
2021/05/10
FX週間レポート (5月第2週)|ユーロ/米ドル:EUワクチン契約は、米国のNFP主導の勢いを1.2200に向けて新たな数日間の高値にまで拡大する
東京オープンがリスクオンムードを歓迎する中、米ドル/円は109.00の回復に向けて3日間の下降トレンドを急上昇、ユーロ/米ドル:EUワクチン契約は、米国のNFP主導の勢いを1.2200に向けて新たな数日間の高値にまで拡大する…..
2021/05/07
「東西FXリサーチ」米ドルの見通し:求人データに焦点を当てた米ドル/カナダドルの価格変動
木曜日の取引セッション中に米ドルの弱気が強まり、グリーンバックは毎週の安値まで下落した。より広範なDXYインデックスは、91.40の価格レベルまで届かなかった 翌日に、-0.4%下落となった。今週初めに発表された米ドルの予測では、この大きなテクニカル的レジスタンス の領域を強調した。米ドルの売り圧力は、….
2021/05/06
「東西FXリサーチ」外国為替の季節的パターン
農産物の季節的パターンは、売上高が国際貿易をはるかに上回っている外国為替市場の季節的パターンよりも直感的に理解しやすいが、多くの場合、アナリストやジャーナリストは、ロバスト統計基準を満たしていないドルの季節パターンを主張する。多くの場合、サンプルサイズが小さすぎるか、パターンがないという帰無仮説を否定するのも….
2021/05/03
FX週間レポート (5月第1週)|米ドル/円は、日本の休日の中で、109.00を超える日中の高値を更新
米ドル/円は、日本の休日の中で、109.00を超える日中の高値を更新、ユーロ/米ドル:1.2000を死守するが、弱気のトレーダーは希望を持ち続ける、英ポンド/米ドル:1.3800を超える50ピップスの取引範囲内でスランプに、豪ドル/ 米ドル:新しい日次レジスタンスを探す強気トレーダー、WTI:供給にさまざまな手がかりがあるため、64ドルに向けて上昇の勢いを増している、ドル安の継続を求める金の強気…..
2021/04/30
「東西FXリサーチ」ドイツの経済回復の勢いがユーロ / 米ドルに影響
ドイツのGDPが-1.7%となった後、ユーロ/米ドルは1.21を下回った。この発表数値は予測していた-1.5%に対して-1.7となった後、ユーロ / 米ドルは1.21の維持に苦労している。イタリアとフランスのGDP数値は予測上回っている。次はユーロ圏の成長とインフレの数字であるが、米国の利回りの上昇がドルを支えている….
2021/04/28
「東西FXリサーチ」経済回復のデータにより英ポンドは短期的に上昇
Covid-19の症例数は昨年9月以来の最低レベルにまで落ち込み、英国は5月17日のボリスジョンソン首相の4段階再開計画の第3段階に首尾よく移行する方向に進んでいる。英国ポンドは、コロナウイルスワクチンの急速な展開、感染数の減少、および経済的正常性への漸進的な回復を背景に、短期的には上昇し続ける可能性がある。….
2021/04/26
FX週間レポート (4月第4週)|日本で3回目のウイルスによる緊急事態宣言が発令される中、米ドル/円は108.00未満で苦戦
米ドル/円は、3日間の下降トレンドの中で、日中の安値からの跳ね返りをフェードする。日本政府は日曜日に東京、大阪、京都、兵庫の3回目の緊急事態を発表した。ウイルスの苦痛はワクチンの希望と戦い、地政学的および貿易の見出しはさらなる混乱につながる。米ドル/円は弱気であるが、日足チャートでの売られ過ぎの状態は強気の修正を進める可能性がある。言及された時間枠は、テクニカル指標が売られ過ぎの測定値に近いままである一方で、米ドル円がその20SMAをはるかに下回っていることを示している。……
2021/04/21
「東西FXリサーチ」米ドル/カナダドルの今週の動き
米ドル/カナダドルは、水曜日の初めに、日中の底値からの最近の跳ね返りにもかかわらず、1.2600近くにとどまっている。これは、引用は、カナダ銀行(BOC)の金融政策会議に先立って、前日の3週間前の下降トレンドラインを超えなかったことを正当化している….
2021/04/19
FX週間レポート (4月第3週)|リスクオフの感情は米ドルの下落につながり、米ドルの強化に拍車をかけ、英国では通常の生活へ向かっており、英ポンドと英国の経済的にはプラスへ
米ドル/円:強気トレーダーは現在のサポートレベルからの大幅な修正を待っている、ユーロ/米ドルは米ドルが大幅に回復する中1.1950を下回る、英ポンド/米ドル:200SMA、前レジスタンスラインは1.3800を超えるプルバックをテスト、豪ドル/米ドル:売り手が50日SMAを攻撃するため、軽度の売りへ、WTIは静かなアジアのセッションの中で63.00ドルを取り戻すのに苦労している……
2021/04/18
「東西FXリサーチ」ユーロ/ 米ドルは依然過小評価
ユーロ/ 米ドルは依然過小評価|米ドルはポジティブな価格が設定されている兆候を探している。経済刺激策が開始した今日、米国市場では強い3月の米国の小売販売数を探している。しかし、週頭の3月のインフレ率に対する米ドルの反応が鈍化した後、米国のインフレと成長のプラスのストーリーが現在、主に米ドルの値付け要因となっているようだ。したがって、米ドルへのプラスの影響は限定的であり、….
2021/04/14
「東西FXリサーチ」米ドルの下落に牽引されユーロ価格は引き続き上昇
ユーロ/米ドルに圧力がかかっている。ユーロは米ドルに対して1.19前後の価格帯をうろついている。これには、米国の重要なインフレ率を上回るドル高に圧力をかけられていることが起因している。ユーロ圏をみると、EUを先導する経済国ドイツの経済指標であるZEW景況感指数 70.7ポイントであり、弱いデータとなっている。….
2021/04/12
FX週間レポート (4月第2週)|米ドル/円:米国の利回りが上昇するにつれて強気トレーダーが支配、米ドルが回復を試みると、ユーロ/米ドルは1.1900を下回る
米ドル/円:米国の利回りが上昇するにつれて強気トレーダーが支配 – 米ドル/円は、週の初めに0.1%上昇して安定している。最近、米国の利回りは上昇傾向にあり、ドルを押し上げている。米ドル円は現在フラットな20DMAを超えて落ち着いたが、それでも長いDMAをはるかに……
2021/04/08
「東西FXリサーチ」ポンドの下落は制限的、米ドルの低利回りは米ドル下落となるか?
イースター休暇後、世界的なリスクセンチメントはまちまちで、欧州センチメントの回復の兆しがストックスヨーロッパ600で過去最高を記録し、米国株式は月曜日の強力なセッションの後、昨日失速した。今週の後半には、データ関連からの触媒はほとんどないと予想されるが、今日の焦点はFRBに移り、多数の講演者による3月17日の会議のFOMC議事録が発表される….
2021/04/05
「東西FXリサーチ」株価下落の中でのドル高
株価下落の中でのドル高 – 米国の利回りに変化がない間は、米国大統領バイデンのワクチン接種対策はドル価格を揺るがす。欧米では現在イースター休暇に入っている。予防接種キャンペーンから得られる良好な結果とFRBの議事録がイースター後の週に際立つだろう。….
2021/04/05
FX週間レポート (4月第1週)|ジョー・バイデン米国大統領の2.25兆ドルのインフラストラクチャ支出に対する最近の楽観主義があるが市場の反映されていない
米ドル/円:日本の混合感情の中で111円以下に下落 – 米ドル/円は日中の高値からの引き戻しが拡大し、金曜日の連勝を打ち破ることができなかった。リスクバロメーターでは金曜日の良い米国のデータとジョー・バイデン米国大統領の2.25兆ドルのインフラストラクチャ支出に対する最近の楽観主義があるが市場の反映されていない。….
2021/03/31
「東西FXリサーチ」トルコリラ急落と利下げ期待から小口の買いが進む
トルコではエルドアン大統領が先週末にトルコ中銀総裁を更迭したことが理由でトルコ・リラが急落した。 エルドアン・トルコ大統領は、TCMB(中央銀行)のアーバル総裁を解任。後任にはハト派のカブジュオール氏が指名された。このリーダー交代により、世界の世界の金融市場は本格的な緩和を期待している….
2021/03/29
FX週間レポート (3月第5週)|ユーロ/米ドルは4時間足チャートで下落の勢いに苦戦しており、ジョー・バイデン大統領は、就任後最初の100日間で2億回の投与を約束する
3つの前向きな進展がスターリングを後押しする。第一に、英国はワクチン接種キャンペーンが成功する中、経済を再開する次の段階を推し進めている。政府の動きは、医学界や野党からの反発に直面していない。3つの前向きな進展がスターリングを後押しする。第一に、英国はワクチン接種キャンペーンが成功する中、経済を再開する次の段階を推し進めている。政府の動きは、医学界や野党からの反発に直面していない。ジョー・バイデン大統領は、就任後最初の100日間で2億回の投与を約束し、世界最大の経済がより早く立ち直り、世界全体をより高く引きずり上げることへの期待を高めた….
2021/03/26
「東西FXリサーチ」米国、失業者が若干増加も経済回復早い見通し
マクロデータに先立ち、米ドルは4か月近くの高値を維持し、明るい経済見通しに支えられたままとなった。コロナウイルスワクチン接種プログラムが全国的に加速しているため、投資家は今後数週間から数か月にわたって勢いがさらに高まると楽観視している。より 強い労働市場レポートは、パンデミックからの比較的速い米国の経済回復 にさらにプラス要因となり米国経済を後押しすると….
2021/03/24
「東西FXリサーチ」英ポンド、米ドルと円に対して上昇
英国のコロナウイルスワクチンの急速な流通によりセーフヘブンである通貨ペアの英ポンド/ 米ドルと英ポンド/円の為替レートは年初からそれぞれ4.36%と8.36%上昇している。実際、7日間の移動平均追跡Covid-19感染は、2020年9月以来の最低レベルに低下し、人口の40%が少なくとも1回のワクチン接種を….
2021/03/22
FX週間レポート (3月第4週)|日本銀行が国債利回り目標帯を拡大した後に、金曜日の初めに米ドル/円が上昇して、英国は、来年10月まで国の封鎖法を延長する予定
日本銀行が国債利回り目標帯を拡大し、ETF購入目標を引き下げた後に、金曜日の初めに米ドル/円は前進し、金融政策の柔軟性が高まった。慎重な政策立案者と抑制されたインフレにもかかわらず、経済の復活への期待の高まりが安全な国債を圧迫している。連邦準備制度理事会は一時的な延長を行わないと発表した。一方、英国のボリス・ジョンソン首相は、来年10月まで国の封鎖法を延長する予定でいる。コロナウイルス法の緊急法案は木曜日に下院で議論される。ワクチンの展開が進んでいるにもかかわらず、英国は依然として経済の再開に苦戦している。….
2021/03/19
「東西FXリサーチ」ユーロ / 米ドルの価格予想はユーロ安で引き続き下振れ傾向に
連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は昨日のFOMC会合でややハト派的な見通しを示したが、注意深く見守られている米国国債市場は同氏による長期間の緩和間は説得力に欠けている。木曜日の早い時間に米国10年債 は9bps 増加して1.74% 10年スプレッド(反転)は160ベーシスポイントに急上昇し、2015年以来の最も広いレベルとなった。さらに重要なのはユーロ / 米ドルにとって、….
2021/03/17
「東西FXリサーチ」米ドルと円は短期的には上向きのバイアスで変動
2021年の初め以来、米ドル/円は、リフレ期待により年初に1%を上回って以来、10年物の米国イールドカーブと歩調を合わせて上昇している。日本(日銀)のイールドカーブコントロール(YCC)政策の枠組みの中で、….
2021/03/15
FX週間レポート (3月第3週)|米国債券の利回りの緩和につれて、米ドル/円は109.00前後の最近の上昇を統合|
米ドル/円は、東京の市場が月曜日の取引開始で、109.00に向かって下落する一方で、初期のアジアセッションの上昇を逆転させる。リスクバロメーターは、コロナウイルス(COVID-19)とリフレ懸念に関する混合シグナルの中でリトレースしているようだが、日本からの明るいデータは、….
2021/03/12
「東西FXリサーチ」市場センチメントと資産バブルの分析方法
2020年春、コロナウイルスパンデミックし都市が一時的にロックダウンされ、連邦準備制度と米国財務省による金融市場への新たな資本の注入と相まり、金融市場の新しいクラスの小売業者に油を注いだ。 この新しい 市場参加者の波が従来の金融市場へ流動性の波をもたらしている。ここでは、過去のトレーダーが歴史的な出来事の中での投資感情とそれらの流れを振り返る….
2021/03/11
「東西FXリサーチ」スターリングの今年後半の成長予想
英ポンド/米ドルは水曜日の初めの間に、1.3868の日中安値に下落し、現在1.3865あたり0.15%の下げとなっている。したがって、ケーブルは強気のチャートパターンの上線から後退する。引き戻しは1.3846の200バールのSMAレベルを目指しているが、強気のMACDはペアの今以上の弱さをテストすることもできるが、….
2021/03/08
FX週間レポート (3月第2週)|1.9兆ドル規模の新型コロナ対応追加経済対策があって、米ドル円は2021年の最高値である108.50で取引されている
FX週間レポート (3月第2週)|1.9兆ドル規模の新型コロナ対応追加経済対策があって、米ドル円は2021年の最高値である108.50で取引されている。連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長のコメント後の先週の取引セッションの終わりに米ドルの激しい買い活動があった後、….
2021/03/05
「東西FXリサーチ」米ドル好調、対円とユーロに大きな動き
今日、米ドルはFXの他通貨全体にその力強さ見せつけ価格が高騰している。この米ドルの上昇は、ユーロと円に対して最も顕著となっている。米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長による米国債券の利回りの急上昇を解き放ちが起因している….
2021/03/04
「東西FXリサーチ」 ロシアのFX市場が成長。日本でもFX取引が昨年より増加
ロシアのFX市場が成長。日本でもFX取引が昨年より増加 – 日本の小売仲介のGMOクリック証券は、2021年2月にGMOクリックが管理するさまざまなプラットフォームの取引指標を公開した。月次ベースではわずかな回復であるが、需要は前年比で大幅に増加して….
2021/03/01
FX週間レポート (3月第1週)|米国債の利回りが大幅に低下したにもかかわらず、米ドルは上昇した
FX週間レポート (3月第1週)|米国債の利回りが大幅に低下したにもかかわらず、米ドルは上昇した。一方、株式は弱気のルートを維持し、ナスダックのみが日中の前倒しを発表した。月末のフローは、金曜日の動きが多少の原因となっている。米国は1月の貿易収支の暫定予測を発表….
2021/02/26
「東西FXリサーチ」米ドル需要の流入からボラティリティが加速
木曜日の早い段階で、米ドルは強い売り圧力に直面した。ユーロ / 米ドルの価格行動は、日中の高値で約70ピップス上昇したが、取引が進むにつれて、米ドルの強気筋が主要通貨ペアを急落させた。日中の米ドル需要の流入は、ボラティリティを加速させた。これは、主に債券売却の激化によって引き起こされ….
2021/02/24
「東西FXリサーチ」2013年のテーパータントラムに見る – ユーロ/米ドル
ユーロ/米ドルは1.2150未満の新鮮な日次安値で取引されており、投資家は議会前のパウエル連邦準備制度理事(FRB)会議長の登場に先立って慎重になっている、投資家は 議長がFRBの債券購入計画についてのスピーチを待っており、….
2021/02/22
FX週間レポート (2月第4週)|米ドル /円:リスクオンムードの中で3日間の下降トレンドを打破し、ユーロ/ 米ドル:毎日のRSIは強気相場の逆転をもてあそぶ
米ドル/円:リスクオンムードの中で3日間の下降トレンドを打破し、10-DMAで跳ね返り – 米ドル/円の入札価格は日中の高値に移動し、4日ぶりに上昇した。リスクバロメーターは、S&P500先物と米国債の10年物利回りからの明るいシグナルを追っているようである。毎月のサポートラインは、…..
2021/02/19
「東西FXリサーチ」ユーロは1.2125を上回らない限り、圧力がかかり続ける
ユーロは1.2125を上回らない限り、圧力がかかり続ける – 金曜日の単一通貨をめぐる入札トーンは弱まり、米国株式先物が損失を出している中、ユーロ/米ドルは1.21を上回っている。ドイツのMarkitEconomics(マークイットエコノミクス)のマークイット工業購買担当者景気指数(ManufacturingPurchasing Managers Index(PMI)は、経済活動の拡大ペースがわずかに鈍化した兆候として、….
2021/02/17
「東西FXリサーチ」豪ドル / 米ドルに広範な動きの可能性あり
利回りはさらに外国為替市場では円が対ドルで約4カ月ぶりの安値。いわゆるリフレトレードが活発になり、米国では最大1兆9000億ドル(約201兆円)規模の経済対策が与える素性への刺激の織り込みが始まり、….
2021/02/15
「東西FXリサーチ」ポンド高の中、アメリカでは消費意欲が低下
ポンド高の中、アメリカでは消費意欲が低下 – ポンドは金曜日に2年振りの高値まで急上昇した。英ポンド / 米ドルは0.26%上昇して1.3850ドルへ、2018年4月以来の最高水準となった。金融政策の手がかりを含む重要な週のデータに先立ち、経済における強力なワクチン主導による経済回復への期待の高まりを受けて、5週目の勝利に向けて順調に推移した。….
2021/02/15
FX週間レポート (2月第3週)|日本の第4四半期のGDPが明るい後、買い手は米ドル/円を105.00以上に押し上げ
FX週間レポート (2月第3週)|日本の第4四半期のGDPが明るい後、買い手は米ドル/円を105.00以上に押し上げ – 米ドル/円は、日本の明るいGDPの数値を受けて、引き続き堅調である。日本の第4四半期の暫定GDPは、前四半期比2.3%の予測を上回った。米国の刺激策、世界的なワクチン主導の期待の中で、リスクは引き続き前向きとなっている。米ドル/円の日足チャートは、…..
2021/02/08
FX週間レポート (2月第2週)|景気刺激策の楽観的な見方の中で105.50円前後で反発を試みる
米ドル/円は、米国の景気刺激策の楽観的な見方の中で、105.50前後で反発を試みる – 米ドル/円は安値で跳ね返ったが、金曜日の米国の非農業部門雇用者数(NFP)と次の刺激策の見出しの余波で市場が待ちの状態になっているため、105半ば辺りの狭い範囲にとどまっている。トレーダーは、米国の刺激策と日本のウイルスの最新情報に新たな手がかり….
2021/02/05
「東西FXリサーチ」イングランド銀行によるマイナス金利導入は引くし
イングランド銀行によるマイナス金利導入は引くし – 英ポンド/米ドルは、50日SMAを跳ね返った後、先週から続いて見られた弱気のプレッシャー から回復した。昨日のイングランド銀行の会合では、金利と債券購入プログラムを予想通り0.1%と8,960億ポンドに据え置いたままであると発表し、….
2021/02/03
「東西FXリサーチ」米国の量的緩和縮小からドル買いが進む
米国の量的緩和縮小からドル買いが進む – 量的緩和縮小からドル買い傾向が見られる。月曜日の取引セッションでは、米ドルが日本円に対して反発し、105円台に達した。一方、売りが続く中、200日EMAを見ると、若干の抵抗を引き起こす可能性もある….
2021/02/01
FX週間レポート (2月第1週)|ゲームストップの踏み上げによる株式に注目、楽観的な英国のワクチンのニュースの中で英ポンド /米ドルは買い手を引き付ける
英ポンド /米ドルは買い手を引き付けて金曜日遅くの引き戻しを振り捨てる。英国のジョンソン首相、首相のリシ・スナック財務大臣は、記録的な予防接種がイギリスで楽観的な見方を引き起こしているため、予算前の「回復計画」について話し合ってる。英ポンド /米ドルは買い手を引き付けて….
2021/01/27
「東西FXリサーチ」ワクチン供給減で共通通貨の売りが進む
ワクチン供給減で共通通貨の売りが進む – 共有通貨を中心とした売りが見られ、ユーロ / 英ポンドは、過去1時間の0.8825地域付近で、8か月ぶりの安値をつけた。水曜日の取引アクションの前半の短い統合に続いて、ユーロ / 英ポンドはセッションで3回続けて安くなり、0.8920-25供給ゾーンからの最近の引き戻しを拡大した….
2021/01/25
FX週間レポート (1月第4週)|米ドル / 円は強気のトレーダーが支配し、米国の追加景気刺激策を提供する能力に対する懐疑論があり
ユーロ / 米ドルは、米ドルが大幅に安くなり、1.2200に向かって、より良い入札で取引されている。ドイツのIFO調査が予想を上回った場合、回復ラリーは勢いを増す可能性がある。ジョー・バイデン氏が新型コロナウイルスの感染拡大に対する1兆9000ドル(約200兆円)規模の追加景気刺激策を提供する能力に対する懐疑論は、……
2021/01/22
「東西FXリサーチ」欧州中央銀行の会合前にユーロ上昇、バイデン氏の大統領就任でウォール街は高値に
欧州中央銀行の会合前にユーロ上昇、バイデン氏の大統領就任でウォール街は高値に – 木曜日のECB (欧州中央銀行)の会合の前にユーロは0.2%上昇した。前回のセッションからの同様の低下を逆転し、ECBの政策発表の約4時間前に1.2134ドルで取引された。ECBは予想通りに金融政策を変更せず、デポ率は-0.5%で、現在の量的緩和政策のペースを…..
2021/01/21
「東西FXリサーチ」中国での新たなCOVID感染者数の増加は世界経済へ影響の可能性
中国での新たなCOVID感染者数の増加は世界経済へ影響の可能性、オーストラリアは 今後12ヶ月の経済見通しは暗い。ナスダック総合指数は火曜日に1.53%の上昇し、ウォール街は休日の週末の延長後に取引を再開し…..
2021/01/18
FX週間レポート (1月第3週)|米国大統領選のジョー・バイデンの就任初日の前の緊張したムード、ユーロ/ 米ドルは1.2100未満へ
FX週間レポート (1月第3週)|米国大統領選のジョー・バイデンの就任初日の前の緊張したムード、イタリアの政治、ウイルスの更新が注目される中、ユーロ/米ドルは1.2100未満へ、…
2021/01/13
「東西FXリサーチ」米ドルの反発は短期的、ポンドはユーロより優勢か?
米ドルの反発は短期的、ポンドはユーロより優勢か?米ドルの反発は短命であることが証明され、マイナス金利の軽視が起因となり英ポンドは上昇した。ユーロはイタリアの政治的不確実性の高まりを回避している。前月と同様に、米ドルのリバウンドの期間はかなり限定的であることが分かり、現在、全面的な米ドルの弱さが新たに見られ…..
2021/01/11
FX週間レポート (1月第2週)|米ドル/円は成人の日、リスクへの挑戦の中で104.00以上の利益を維持
FX週間レポート (1月第2週)の主な点:米ドル/円は成人の日、リスクへの挑戦の中で104.00以上の利益を維持、ユーロ/ 米ドル:38.2%フィボナッチ1.2220に焦点、英ポンド/ 米ドルは米ドルの需要の中で1.3500に達して損失を広げる、豪ドル/ 米ドルは顕著な米ドル高の中で は約0.77に下落、金は数日間の安値で跳ね返り、 生後10ヶ月のサポートラインに近づく、WTI:新たな数ヶ月の高値、1週間前のサポートラインを注目…
2021/01/06
「東西FXリサーチ」人民元が豪ドル高をもたらす中、米ドルの回復は短期的
オーストラリアドル:1月5日火曜日のオーストラリアドルは0.77米ドルまで上昇し、12月31日の高値と0.7750のレジスタンスを押し上げた。今年初の取引日である月曜日の取引の後半に0.7650を下回ったため、豪ドルは国内セッションの後半に優勢を取り戻した後、一晩で力強く上昇し、翌日のオープンに向けて上昇した。レジスタンスを0.7740 / 50でテストした後、…
2021/01/04
FX週間レポート (1月第1週)|米ドル/円:新型コロナの懸念の中、103.00付近で円高、英ポンド/米ドルは数ヶ月の高値を更新する
米ドル/円:新型コロナの懸念の中、103.00付近で円高、ユーロ/米ドルは米ドルの反発の中、約1.2250の利益を維持、英ポンド/米ドルは数ヶ月の高値を更新し、1.3700をテストする、豪ドル/米ドルは、中国の財新メディアの低迷の後、0.77を超える上昇を続ける、金は1920ドルを超える新たな毎週の高値にジャンプ、WTIは狭い価格帯からのブレイクアウトを邪魔する…
2020/11/09
「東西FXリサーチ」2020 米国大統領選:勝者か否か?
アメリカのメディアの大半がジョー・バイデンの米国大統領選挙が呼ばれたが、法的な意味はない。トランプ大統領は、法廷に提出する不正選挙があると述べた。最高裁は、ペンシルベニア州でいくつかの投票用紙を審査まで保留するよう命じた。アリゾナの集計は未完成で、バイデンのマージンは3分の2以上減少してる。2000年の選挙は2000年12月12日の最高裁判所の判決まで未定だった。選挙へのトランプ陣営の挑戦は、法的な長期戦である。トランプがアリゾナに勝った場合、市場は長期にわたる不確実性に直面する…..
2020/05/04
FX週間レポート (5月第1週)|COVID-19に関する米国と中国の米中舌戦からボラティリティが増しているため、米ドル/円は107.00を下回る
COVID-19に関する米国と中国の米中舌戦からボラティリティが増しているため、米ドル/円は107.00を下回る、英ポンド/米ドル SMA 100バーが2週間前のサポートトレンドラインに下落、豪ドル/米ドル:元が下落する中、0.6400を下回る短期的な上昇ウェッジを確認、米中貿易協定への挑戦の中で金価格は約1,700ドルのシーソー、米中貿易緊張への懸念からWTIは6%低下…
2020/04/03
「東西FXリサーチ」ユーロ/米ドルは巨大な失業報告によってスランプが拡大
ユーロ/ 米ドルは1.08以下で取引され、今週の金曜日は下落が続いた。 農業以外の給与計算レポートでは、701,000人の雇用の損失が予想を超えて悪化している。ISM非製造業PMIは52.5ポイントも上昇している。ユーロ / 米ドルは1.0640から1.1150への上昇から50%以上を失い、さらに 新しい安値がつく可能性を高めた。…….
2020/03/18
「東西FXリサーチ」コロナウイルスによってボラティリティの上昇とリスク回避が米ドル買いを促進するか?
コロナウイルスのパンデミックが世界各地で深刻化するなか、米ドル価格の動きは激しくなりここ数週間で予想される通貨のボラティリティの測定値は極端な高値に向かった。 実際、主要通貨ペア全体の1週間のボラティリティ測定値は、過去5年間で測定値の上位90番目の百分位数にランクされている。FXトレーダーは、現在の激しいボラティリティーを抜け出すまで、厳しいリスク管理技術と取引戦略を練る可能性がある。…….
2020/03/09
FX週間レポート (3月第2週)|ブラックマンデー、フラッシュクラッシュやWTIはサウジの価格戦争で28ドルを下回り、30%を超える
米ドル/円は、101.59のフラッシュクラッシュローから跳ね返り、米国の利回り曲線全体が1%を下回り、ユーロ/米ドルは14か月ぶりの高値を記録、米ドル安が広範にある中で、英ポンド/米ドルは1.3100以上で5週間ぶりの高値、強気が一息ついたため、金は1,700ドルを超えず、WTIはサウジの価格戦争で28ドルを少し下回り、30%を超える…