スマートフォーンサイトはこちら


FX週間レポート

2017/12/04
FX週間レポート (12月第1週)|今週の注目: RBA、BOCの金融政策と米雇用統計
今週の焦点:オーストラリア準備銀行(RBA)およびカナダ銀行(BoC)の金融政策会合と米国雇用者数です。 豪準備銀行においては、火曜日に賃金インフレ圧力の不足が継続していても、待ちの姿勢を維持すべきだとの見方が強いです。12月第1週 (12月4日~12月9日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/11/27
FX週間レポート (11月第5週)|米ドル安、金融政策の正常化が漸進的に高まる
FOMCの議事録がインフレに注意に対する警戒感を示してから、米ドルは弱くなり12月の利上げを進めているように見えますが、政策の正常化は緩やかなものになるはずです…11月第4週 (11月27日~12月2日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/11/20
FX週間レポート (11月第4週)|米国税制改革へ懸念・緊張高まる英EU離脱交渉
先週は、米国の税制改革懸念や予想を下回る中国のデータ、ロシアの石油引き締めの再考などを受け、世界的なリスク感情の揺れが見られました。USDJPY 112.80円以下で、下落リスクの高まりの警告となります。次のサポートレベルは111.00円および、110.15円です。税制改革は依然として重要なリスクですが、11月27日までは兆候は見られないでしょう。
2017/11/13
FX週間レポート (11月第3週)| 米国CPIはFOMCのドットプロットに影響するか
先週1週間は、米国の税制改革に対する不安感の高まりから、緩やかな変動と米ドル安の進行が見られました。 テクニカル分析では、USDJPY112.80 〜 115.00円のレンジ相場を好みます。11月第3週 (11月13日~17日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/11/06
FX週間レポート (11月第2週)|米法人税制改革案の期待度、ドル円への影響は
最初の米国の法人税改革案の発表と連邦準備制度理事会の次期議長にジェローム・パウエル氏を指名したことは、米ドルを動かす重大な動機とはなりませんでした。米ドルの反発は勢いを失ったようですが、一般的に強い米国の活動データと労働市場の引き締めが続く中、短期的に上昇する見込みはありません。
2017/11/02
米CMEグループ、ビットコイン先物の提供開始!
市場価値の高い世界最大の先物取引所運営のCMEグループは、ビットコインを先物に立ち上げ、暗号化通貨に勢いを与えることで、金融の主流へと押し上げる計画を開始しています。
2017/10/30
FX週間レポート (11月第1週)|中央銀行の金利を引き上げる可能性、世界的な金融政策のコンバージェンス
期待外れのインフレ、失業率の低下、資産価格の変動は、連邦公開市場委員会(FOMC)の緊張を高めています。FOMCが12月に金利を引き上げ、その後2018年には3つの金利引き上げ、11月1日は保留を維持すると予想しています。11月第1週 (10月30日~3日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/23
FX週間レポート (10月第4週)|ECBの量的緩和プログラム – 6-9ヵ月延長の可能性|東西FX
欧州中央銀行(ECB)は、10月26日に、毎月の量的緩和プログラムの6〜9ヵ月の延長を発表するものと見られます。 EURUSD1.1500ユーロを目標とした、戦略的なドルの回復のための範囲維持を保持するため、….。10月第4週 (23日~28日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/19
2012年以来の英国インフレ率3%で、英国金利引き上げの可能性
英国の主要なインフレ率は、英国の輸送と食料価格の上昇により、9月に5年以上ぶりの最高水準を記録しました。 消費者物価指数(CPI)は3%上昇し、これは、2012年4月に達したレベルで、8月の2.9%よりさらに上昇しました。 このインフレの上昇は、来月のイングランド銀行(BOE)の金利上昇の可能性を高めています。
2017/10/16
FX週間レポート (10月第3週)|ハト派的なFOMC議事録、税制改革案に反対票でドルの利益は相殺
米ドルは、8月以来の小幅な上昇が続き、米国の税制改革案に反対票、消費者物価指数(CPI)の予想値やハト派的なFOMC議事録により、米ドルの利益は相殺されました。また、一般的な「リスク・オン」の姿勢で、投資家は米ドルを売り、利回りを求めました。10月第3週 (15日~21日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/09
FX週間レポート (10月第2週)|インフレ率FRB目標から2%下回るも、FOMC議事録はタカ派に
今週の米FOMC議事録は、インフレ率がFRBの目標値である2%以下が続いているにもかかわらず、ほとんどの市場参加者は金融政策見通しに対してタカ派的な見解を示すはずです。10月第2週 (9日~13日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/10/02
FX週間レポート (10月第1週)| 衆院解散・総選挙で米ドル/円108~115円の範囲で不安定な動き?
米ドル円は、10月22日の日本の下院(衆議院)選挙まで、108〜115円の範囲内で不安定な形で取引される可能性が高いです。安倍首相の3期目続投はアベノミクスの継続を示し、円安と強い日経平均株価につながると見られますが、選挙の結果、野党が力を得ることになれば、別の展開も考えられます。10月第1週 (2日~6日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/25
FX週間レポート (9月第4週)| 日本失業率は低いが賃金伸びず、114.50の米ドル円安か
過去の米ドルの上昇傾向がピークに達しているという広範なイメージは残っているものの、米ドルは年末に失地を回復する可能性が高いです。米ドル円は、終値112.90円を越える場合、114.50円のさらなる円安か!? 9月第4週 (25日~ 29日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/18
FX週間レポート (9月第3週)| FRBのバランスシート削減、CPIは予測インフレ率の上昇を支持
9月20日のFRBによるバランスシートの削減の発表において、当初の見込みのような大きな影響は期待されません。インフレが堅調に推移しているFRBの予測を支持している8月CPIデータを受けて、米ドルの弱気の見通しはさらに試される可能性が高いです。9月第3週 (18日~ 22日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/11
FX週間レポート (9月第2週)|米国債急落でコアレートの見通し暗く、米ドル/円の反転の可能性
先月に米国債券の利回りが急落したことが、より高いコア・レートについて見解での合意を巡り、米ドルに対する短期的見通しを挑戦的にしました。米ドル周辺の感情は、非常に悲観的になっていました。米ドルの反転する可能性が高くなりました。9月第2週 (11日~ 15日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/09/04
FX週間レポート (9月第1週)|ECBが急激なユーロ高懸念でユーロ安、量的緩和の縮小ペース減速か
ユーロ高のペースについてECBで不安が報告されたため、今週下半期にユーロ安を支えました。最近のユーロ上昇は、欧州中央銀行(ECB)の疼痛閾値をテストしており、量的緩和の縮小ペースが下がる可能性を高めています。9月第1週 (4日~8日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/08/07
FX週間レポート (8月第2週)|米雇用統計の予想を上回る強気の発表で米ドル高に
米ドルは、米雇用統計が予想よりも強い雇用の伸びや、ホワイトハウスのコーン国家経済会議委員長による本国送還の約束を公約後、この一週間で全面的にさらに強くなりました。米ドル円は、さらに114.50までの値上り期待を検証するために111.70以上に上昇する必要があります。8月第2週(7日~ 11日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/07/31
FX週間レポート (7月第4週)|FOMC声明ハト派の影響からドル円は下げの展開
米ドルは、FOMCの声明の影響を受けて、広く弱くなり、政策金利見通しにおいてハト派のように認識されましたが、貸借対照表(バランスシート)ではよりタカ派と見なされました。データミスや政治的な騒音も米ドルに圧力をかけました。7月第4週 (31日~8月4日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/07/24
FX週間レポート (7月第3週)|ECBがハト派的、ドラギ総裁による抗議の欠如でユーロ高
欧州中央銀行(ECB)は、コミュニケーションの面でハト派的で非常に慎重なアプローチを取りましたが、ユーロ高について、ドラギ総裁による抗議の欠如が、さらなるユーロ高をもたらしました。7月第3週 (24日~ 28日)の経済指標カレンダーの詳細はこちらをご覧下さい。
2017/07/21
G10による金融引締め、新興市場通貨の急落
G10による中央銀行の金融引締めに対する会議の間、扱いやすい新興市場通貨の急落が発生しました。新興市場通貨のキャリーテーマは、まだ実行可能なスペースがありますが、穏やかなリスクレベルを維持しています。
2017/07/20
ECBや日本銀行による政策変更が期待されない、ドラギECB総裁の記者会見に注目
市場はドラギECB総裁の記者会見に続く、今日のECB会議や日本銀行(BOJ)の会議に注目しています。インフレ予測の低下や成長見通しの改善が見込まれているにもかかわらず、日本銀行(BOJ)による政策変更が期待されません。
2017/07/19
米オバマケア改廃法案の廃止、税制改革と財政支出計画が危険にさらされ
議会が医療保険制度改革(オバマケア)の廃止と代替法案に関して、修正案への支持が不十分だったため、税制改革と財政支出計画が危険にさらされています。米ドルは、英ポンドとスウェーデンクローナを除いて、ほとんどのG10通貨に対して下落し、その結果で米ドルインデックスは11ヶ月ぶりの低値に低迷しました。
2017/07/18
ブレグジット交渉、 保守党内で分裂が続き、ポンド安の影響でイギリス経済はどうなったのか?
月曜日に英ポンドは、分裂の兆候のために保守党がブレグジット交渉を苦労して進めることを受けて、1.31ドル安に戻り、10ヶ月ぶりの最高水準まで急上昇した後、英ポンドに圧力をかけました。月曜日にブリュッセルでブレグジット交渉の4日間が始まり、イギリスの論文には、学者、解説者、元上級公務員などにより、プロセスはイギリス政府やビジネスのために大混乱を引き起こすだろうとの警告がありました。
2017/07/17
イギリス銀行の金融引き締め方向が変更、イエレン議長のコメントから円安
イエレン議長のコメントは、連邦準備制度(FED)が9月にバランスシートの正常化プロセスを開始する可能性を高めています。ソフト英国のデータは、先週の堅調な労働市場分析レポートにもかかわらず、イギリス銀行(BOE)の金融引き締め方向を変えさせたようです。
2017/07/14
ECBは9月の会議で刺激を撤回する可能性、イエレン議長の証言から米ドル安
ユーロは、9月の会議で刺激を撤回するという欧州中央銀行(ECB)の(匿名の情報源)見出しに続いて、8月24日にドラギがジャクソンホールで講演するとの発表に伴い、強くなりました。木曜日に米ドルは、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長がFRBの金利が徐々に上昇する可能性があることを示した日の後、投資家が金曜日の経済データに注目したため、主要な通貨バスケットに対して安定していました。
2017/07/13
カナダ銀行が7年ぶりに利上げ、イエレン議長の声明で、米政策金利を徐々に引き上げ
カナダ銀行(BOC)が7年ぶりに利上げ、声明のトーンは予想以上に強かったです。イエレン議長の声明で、米政策金利を徐々に引き上げ、連邦準備制度(FED)の広い範囲に金利を引き上げることはできないと指摘後、対円で弱くなりました。
2017/07/12
FRBのパトリック・ハーカー総裁の発言、イエレン議長の半期的な金融政策報告
投資家は、水曜日にアメリカ合衆国議会の前に提示されるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の半期的な金融政策報告や、金曜日に米国の消費者のインフレのデータを待っています。
2017/07/11
英銀行の金利上げは逆転に脆弱、黒田東彦総裁「ほぼゼロ%程度」
市場によって評価されたイギリス銀行(BOE)の金利上げは、タカ派なメッセージが成長の継続に大きく依存し、英国の購買担当者指数(PMI)データが成長の勢いにおいて緩やかに減速を示しています。月曜日に日本銀行(BOJ)の黒田東彦総裁は、日本国債の利回りをゼロに近づけることを維持する約束を改めて表明しました。
2017/07/10
日本銀行はタカ派的な傾向に逆らい、イエレン議長の証言と中国データが発表
日本銀行は中央銀行におけるタカ派的な傾向に逆らい、先週に固定価格の日本国債10年の量的緩和(QE)プログラムを発表することで、10年物国債のゼロ利回りの目標をさらに厳しく守りました。今週の焦点:カナダ銀行、イエレンの証言と中国のデータ。
2017/07/07
日本国債10年の年利回り、米ドル高の可能性、FRBの過小評価
イールドカーブ・コントロールのトップでの日本国債10年の年利回りは、米ドル円を強化する可能性があります。日本国債の購入に対するイールドカーブ・コントロールは、金曜日の米国の雇用統計が米国の債券利回りを上げる場合は、米ドル円にとって有利です。
2017/07/06
FRB バランスシート縮小の開始、安全保障の需要から円上昇
連邦準備制度理事会(FRB)がバランスシート縮小(ロールオフ)開始を示唆しています。北朝鮮による、大規模な核弾頭を搭載可能な新しい大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施後、安全保障の需要のために円が一時的に上昇しました。
2017/07/05
FOMC議事録が発表、北朝鮮によるミサイル発射実験、英国経済活動の緩やかな下落
明日、6月のFOMC議事録が発表されます。北朝鮮による最新のミサイル発射実験の結果として、金や円などの安全な避難所資産や韓国 ウォン (KRW) などの、わずかなリスクオフが発生し、地政学的な注視が続いています。
2017/07/04
米国債利回り曲線がより高くなり、世界経済成長の勢いが増し続け
米ドルは、米ISM製造業景況感指数の報告書が今週の金曜日に強い民間給与実態統計のための希望を喚起後、米国の金利曲線がより高くなったため、一般的な強化を行いました。世界経済成長の勢いが増し続けており、コモディティー価格が安定していることを考慮すると、新興市場のキャリートレードは脱線させないはずです。
2017/07/03
ドラギ総裁がインフレ見通しに自信、FOMC議事録、米国の雇用統計
今週の注目点:スウェーデン国立銀行とオーストラリア準備銀行(RBA)の政策会議、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、米国の雇用統計、イエレンFRB議長の議会証言テキスト。スウェーデン国立銀行とオーストラリア準備銀行(RBA)の両方は、火曜日に政策会議の開催します。
2017/06/30
G10国の債券利回りが押し上げ、独CPIが予想を上回
米連邦準備理事会(FRB)の後、欧州中央銀行 (ECB)、イギリス銀行 (BoE)、カナダ銀行(BoC)を含む、タカ派的に転じる中央銀行のリストが増えているようです。G10国の債券利回りを押し上げ、市場が相当な金融緩和政策の条件が消えていくことを心配し始めているため、株式や新興国通貨に影響を与え始めています。
2017/06/29
ドラギECB総裁のタカ派発言から中央銀行が金融引き締めに
連邦準備制度は、金融引き締め政策を実施している主要な中央銀行だけではなくなります。金融引き締め政策を実施する連邦準備制度以上のものがあるという思考は、イングランド銀行(BoE)とカナダ銀行(BoC)の比較的にタカ派的な発言によってさらに強化されています。
2017/06/28
ユーロ圏で通貨と国債利回り上昇、景気刺激策を弱める可能性
マリオ・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁がインフレ見通しに対する自信を表明し、緩やかな政策変更の下準備後、ユーロ圏国債利回りやユーロはさらに上昇しました。ECBが量的緩和を縮小するための圧力、米連邦準備制度理事会(FRB)が2017年後半にバランスシートを縮小する可能性が高いため、長期的な米国国債の利回りや米ドル円の回復になるものと見られます。
2017/06/27
原油価格の下落、米国の実質金利の高さ、FRBによる発言
原油価格下落が世界経済の弱さを示唆しているという懸念の中、市場は連邦準備制度理事会(FRB)による発言とは反対に動いているようです。
2017/06/23
FRBバランスシートの縮小する可能性が高い、CADは対G10通貨で強くなり
金融政策の引き締めが継続し、今年後半に開始される可能性があるバランスシートを縮小する政策を行うとするFOMC(米連邦公開市場委員会)声明は、緩やかな米ドルの強さにつながるはずです。カナダドルは、強力な小売販売およびカナダの貸し手のホーム・キャピタルにバークシャー・ハサウェイの投資に続いて、対G10通貨で強くなりました。
2017/06/22
英中銀が金融引き締めが必要と発言、石油関連の通貨は下落
英ポンドは、イングランド銀行(BOE)のチーフエコノミストであるアンディ・ホールデンが現在の市場予想よりはるか先に、金融引き締めが必要となる可能性が高いと発言したため、上昇しました。石油関連の通貨は、石油価格のさらなる下落を受けて、供給過剰が続くとの懸念から、さらに下落しました。
2017/06/21
イギリス銀行総裁のマーク・カーニーの演説と米ドルの伸張した勢い
米ドルは対G10と新興市場通貨で買われたため、米ドルの伸張した勢いは2日目に拡大しました。米ドルインデックス(DXY)は、97.87と、1ヶ月ぶりの高値で取引され、米ドル/アジアの通貨ペアも上昇しました。
2017/06/20
ダドリー総裁はイエレンFRB議長に同調、英中銀が銀行向け資金供給スキームを廃止する可能性
米連邦準備理事会(FRB)のダドリー(Dudley)は、厳しい労働市場が最終的にはインフレデータの回復を引き起こすとの期待を表明することによって、イエレンFRB議長に同調しました。
2017/06/19
英・EU離脱交渉が6月19日に始まる、RBA議事録を火曜日に発表
エレン米連邦準備理事会(FRB)議長は、一時的な要因に起因すると見られる緩やかなインフレを見直し、 バランスシートを縮小する計画を明らかにするとともに、金利を徐々に正常化する政策計画と板挟みの状態になりました。
2017/06/15
FOMCは1.0%〜1.25%の範囲で金利上げ、一時的な要因によって推進
米ドルは、期待を下回る米国データのリリース後、不安定なスタートとなりました。ヘッドラインCPIは、コンセンサスそれぞれ0.0%、2.0%に対して前月比-0.1%、前年比+1.9%となりました。
2017/06/14
イエレン米FRB議長の記者会見、カナダ銀行が金利を引き上げる可能性
イエレン米FRB議長の記者会見を中心としたFOMCに関心が高まり、重要イベントとなるでしょう。カナダドルの高いパフォーマンスは、カナダ銀行のポロズ総裁が月曜日にウィルキンス上級副総裁の建設的評価を確認した後、一晩中続くことになりました。
2017/06/13
英総選挙から英ポンド安、FRBによる金利を25bps引上げ
今週の焦点:連邦公開市場委員会(FOMC)、スイス国立銀行(SNB)、イギリス銀行(BoE)、日本銀行(BoJ)の会議、中国データ、米・消費者物価指数(CPI)です。
2017/06/12
FOMC、スイス国立銀行、英中銀、日本銀行の会議に注目
今週の焦点:連邦公開市場委員会(FOMC)、スイス国立銀行(SNB)、イギリス銀行(BoE)、日本銀行(BoJ)の会議、中国データ、米・消費者物価指数(CPI)です。
2017/06/09
イギリス総選挙、保守党が過半数(ハング・パーラメント)を失う可能性
英ポンドは、イギリスの総選挙の出口調査では保守党が過半数(ハング・パーラメント)を失う可能性すら示された驚きの結果により、落ち込んでいます。この段階で、出口調査が正しい場合、妥当な 英EU離脱(ブレグシット、Brexit)の結果の範囲には秩序があり、ハード・ブレグジット(強硬離脱)以前の成長したコンセンサスと比べて、大きく広がりました。
2017/06/08
OPECの供給過剰減産問題、米石油在庫の急騰から原油価格は5%下落
ユーロは木曜日の会合で、インフレ見通しを下げるとの発表から、一時的に下がりました。これは政策設定を中立の立場に移動する能力を損なう可能性がありましたが、おおむね想定されていた結果として反発しました。
2017/06/07
ECBが直面する暗黒の木曜日、イギリス選挙結果、元FBIのジェイムズ・コーミー長官の証言
米ドルは、中国が適切な状況下で米国債を買う用意があるとの報告に続いて、米国債利回り低下とともに安全資産である金と円が強くなった間に、2016年10月以来の最低水準まで下落しました。米ドル円に対する主要なサポートは108.50円であり、金に対するレジスタンスは1315ドルです。
2017/06/06
強い米雇用統計、米ISM製造業景況指数で供給の問題を示
米国内の強い雇用統計、5月の米・ISM非製造業景況指数の購買担当者指数は、米国の給与計算の減速が、需要ではなく供給の問題を示し、米連邦準備制度理事会(FRB)の漸進的な金利引上げを防げないものとみられます。
2017/06/05
ECB、イギリスの総選挙、コーミー前FBI長官証言に注目
今週の焦点:火曜日のオーストラリアの準備銀行 (RBA) の会議において、欧州中央銀行(ECB)はイギリスの総選挙および、元FBI 長官のジェイムス・コミー氏の上院での証言が重要になるとみられています。オーストラリアの準備銀行 (RBA) による政策の変更は、今週は行われない予定です。
2017/06/02
ADP雇用統計やISM指数から米ドル高、ECBが成長見通しを変える
米ドルは、強いADP給与データとやや強いISM製造によって支えられました。これは、この日の強い米給与計算データへの期待を高めるものと予想しています。
2017/06/01
英国経済の減速、金利上げ見通しの衰退、オフショア人民元(CNH)のリクイディティが強化
英国経済の減速と利上げ見通しの衰退を反映するために、英ポンドの相対的な弱さは遅れていました。テクニカル分析は、0.8875の前に0.8750の目標価格で、最終的な0.8610の下落までは、ユーロ英ポンドの買いの機会を示唆します。
2017/05/31
FRBのブレイナード理事が6月の金利上昇の可能性
米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が6月の金利引き上げの可能性は高いとの見通し発表後には、米ドルに対する支援はほとんどありませんでしたが、インフレの減速は利上げ再考を促す可能性があります。
2017/05/30
コア米個人消費支出(PCE)、アメリカの給与計算のデータ発表
今日のコア米個人消費支出(PCE)と金曜日のアメリカの給与計算のデータ発表は、投資家が米ドルに対するより強い関心を再び示し始めるかどうかの重要な要素です。
2017/05/29
ユーロが過小評価になり、軟調な英国経済指標で英ポンド安
ユーロの過小評価は、中期的に見るとさらなる強みとなる見方がありますが、短期的にみるとユーロ高となる速度によって、ドイツ国債(ブンズ)と米国財務省証券の利回り格差の縮小が行き過ぎる可能性もあります。
2017/05/26
OPEC 9ヶ月間にわたり生産調整合意
OPECと一部の非OPEC諸国は、今後9ヶ月間にわたり生産調整をさらに延長することで合意しました。しかし、市場にとっては「噂を買って、事実を売る」というケースでした。
2017/05/25
FOMC議事録公表は米ドルを支援せず、ユーロはさらなる強さの余地を示
FOMC議事録公表は米ドルを支援しませんでしたが、6月のFOMC会議に先立ち、長期的な米ドル円エクスポージャーを取ることが考えられます。米ドル円の即時のサポートは110.50です。
2017/05/24
FOMC議事録公表の前に米ドル高、FRBのバランスシート縮小計画
米ドルは、米FOMC議事録公表の前に強化し、引き続き米国の利上げ支持とFRBのバランスシートの縮小計画の議論が開始する可能性が高いです。
2017/05/23
ユーロ米ドルは新たな高値に達し、ブラジルの株式と金利は売り続け
今年にユーロ米ドルは、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が「弱すぎる」と言及後、新たな高値に達しました。テクニカル分析は、1.1365の目標価格で、最終的に1.0945米ドルまではどんな下落でも、ユーロ米ドルの買いの機会を示唆します。
2017/05/22
欧州の政治的リスクは軽減、ユーロが再び安全な避難所通貨に
政治的な出来事によって動かされる市場は短命傾向にあり、市場がさらに安定すれば、6月中旬に連邦準備制度理事会(FED)はまだ金利を上げる可能性は高いです。
2017/05/19
6月中旬に連邦準備制度理事会(FED)による追加利上げの可能性
政治的な出来事によって動かされる市場は短命傾向にあり、市場がさらに安定すれば、6月中旬に連邦準備制度理事会(FED)はさらに金利を上げる可能性が高いです。通貨ボラティリティがさらに2〜3ヶ月続く場合には、FXボラティリティを利回り向上のために売却することがますます困難になる可能性があります。
2017/05/18
トランプ行政に関連する不確実性、政策金利の引き上げの可能性
トランプ行政に関連する不確実性が市場に影響を与えるにつれて、セーフ・ヘイブン資産(金・米国財務省証券)と通貨(ユーロと円)の両方に対する「リスクの低い資産への逃避」が続きました。
2017/05/17
6月8日のECB会議での量的緩和バイアス排除の可能性、米国主導のリスク低下から円高
6月8日のECB会議での量的緩和バイアス排除の可能性は、9月の政策会議に先んじて量的緩和のテーパリングに関して何をすべきかについて交渉が強化される一方で、ユーロを支持し続ける見込みです。
2017/05/16
FXボラティリティが着実に低下、サウジとロシアのコメントから石油価格が反発
FXボラティリティの着実な低下は、投資家が主要な市場を動かす要因について探し続けることを強調しています。
2017/05/15
英CPIに注目、米国の原油在庫は過剰供給への懸念を緩和
FXのボラティリティは、株式市場のボラティリティ低下に追いつくようになりました。しかし、市場のボラティリティは低いため、以降数ヶ月間にわたり低迷が予想されています。
2017/05/12
イギリス銀行 (BOE)の投票の失望した結果、FRBによる長期的な金融引き締め政策
イギリス銀行 (BOE)の投票の失望した結果 (7:1投票結果で6:2が政策への期待)とBOEの2019年インフレ率予想に対する積極的な格下げにより、英ポンドが押し下げられました。
2017/05/11
米連邦準備理事会(FOMC)会議に先立つ米国の高金利への期待
6月14日の米連邦準備理事会(FOMC)会議に先立つ米国の高金利への期待は、米ドルの緩やかな上昇に緩和するはずです。
2017/05/09
フランス大統領選挙の結果からユーロ逆転-肯定的である理由
フランス大統領選挙の後のユーロ逆転(ユーロ安)にも関わらず、ユーロに対して肯定的である理由が大きく3つあります。(1)ユーロは安く(2)ユーロの株式がアンダーウェイト(3)早期段階でECBによる量的緩和が減少する可能性がみられた結果、ユーロは上昇しました。
2017/05/08
6月米FOMC声明で利上げ決定、マクロン氏勝利の結果の影響
日曜日のフランス大統領選の決選投票で、マクロン氏勝利の結果は、ユーロ圏のファンダメンタルズの改善の助けになるものとみられます。これは、ユーロの下落傾向が徐々に変化しているという確信を強めます。
2017/05/05
エマニュエル・マクロン氏が大統領選が勝利 – 替への影響は?
欧州と米国の債券利回りは上昇し、石油と工業金属価格は下落しました。ユーロの強さおよびコモディティ通貨や脆弱性が強化されたことにより、一晩中の米ドルの混合業績をもたらしました。
2017/05/04
FRBは第1四半期の成長鈍化の見解を発表後、米ドル安
米連邦準備理事会(FRB)は第1四半期の成長ペース鈍化の見解を正式に発表後、米ドルは対ユーロで安値取引されることになりましたが、これは一時的なものと予想されています。
2017/05/03
欧州連合(EU)が英国に対し厳しい交渉スタンスを示
英国製造業PMIでは記録的な高値を更新し、英ポンドを支持することとなりました。しかし、先日の欧州連合(EU)によるブレクジット(Brexit)会談で、欧州連合が英国に対し厳しい交渉スタンスを示したことにより、今後、英ポンドはユーロに比べ、弱くなる可能性があります。
2017/05/02
フランス大統領選挙の第2回投票 – ユーロ圏のファンダメンタルズの改善
5月7日に行われるフランス大統領選挙の第2回投票により、さらに世論調査の評判が引き上げられることを前提とすると、ユーロ圏のファンダメンタルズ改善に反映され、対ユーロにプラスに働くものとみられます。