「東西FXリサーチ」オーストラリアドルを強める中国による外国直接投資

2021年8月13日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

オーストラリアドルを強める中国による外国直接投資

オーストラリアドルは、金曜日のアジア セッション内では主要通貨のほとんどに対して下落した。投資家たちは、オーストラリアの首都キャンベラが急遽に入った後、木曜日にオーストラリアドルを売りだした。米国のトレーダーにニュースが広がり、弱さが一夜で加速した。新たなロックダウンは40万人近くの生活に影響を及ぼす。すでに規制が敷かれ第7週に入るシドニーにさらに追加された封鎖となった。

ウォール街は、8月7日までの週の 、毎週の失業率が387,000から375,000に下落した後に株価は高値で取引された。予想を上回る収益も、ここ数週間で株式を押し上げるのに役立っている。 Walt Disney Co.は、木曜日のクロージングベルの後、最高値と最安値で好調な四半期を報告しました。

今朝のニュージーランドのBusinessNZの発表によると、7月の製造業指数(PMI)のパフォーマンスは6月の60.7から62.6となった。ニュージーランドは今週、ゼロコビッド政策を倍増させました。ニュージーランドの首相は、「私たちはまだ完全に再開する立場にない」と述べた。とはいえ、島国の厳格な国境管理は来年まで続く可能性が高い。それらの対策はビジネスや観光業に悪影響を与える可能性があるが、ニュージーランドがコロナ感染の拡大をコントロールすることによって、 国内経済を回復させる準備ができる。

ブルームバーグによると、中国は7月の外国直接投資(FDI)に関するデータを発表する予定であるが、発表は8月18日まで延期される可能性がある。中国への外国投資の流入は過去3か月間減速しており、6月の前年比の変化は28.7%に低下している。それでも、絶対的には、経済大国が外国投資を誘致するために政策変更を続けているため、中国のFDIは今年の記録よりもはるかに高い。オーストラリアと中国の貿易関係を考えると、7月にFDIが勢いを増すと、オーストラリアドルが強くなる可能性がある。三菱UFJ銀行では、足もとでは、調整していた 資源価格も反発するなど、豪ドル相場を大きく揺るがすリスクは若干低下してきていると為替レポートで述べている。一方で、特に 8 月初の準備銀理事会の決定如 何では、豪ドルが一段と下押しするリスクを考慮する必要があるとも付け加えている。対円相場は、短期的には引き続き 80 円大台絡みの攻防となり、中期的には 4-6 月期のように豪ドル高、円高環境のも と方向感が出にくい環境に回帰すると同レポートで報告している。

AUD/USDテクニカルアウトルック:

オーストラリアドルは、ライジングウェッジパターンから形成された以前のレベルのサポートを上回った後、下落しました。 MACDはまた、弱気の兆候である信号線の下を横切って、下に曲がっています。それはおそらくウェッジパターンが由来した0.7286レベルまでAUD / USDが下がり続けるのを見るかもしれません。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。