スマートフォーンサイトはこちら
口座開設

(22) ローソク足の見方(テクニカル分析)
レッスン要約


ローソク足とは何か?

ローソク足チャートとは、金融証券の価格の動きを表すために使用されるバーグラフの一種です。ローソク足は、折れ線グラフと棒グラフ(バーチャート)を組み合わせたものです。それぞれの棒は、所定の期間にわたる価格の動きの範囲を表します。ローソク足は、金融商品の価格がどのように動いているかを正確に表すので、ローソク足を理解することは非常に重要です。以下は、MT4プラットフォームでのローソク足の画像です。

MT4プラットフォームのローソク足チャート



ローソク足チャートは、とても簡単で、多数の役に立つ情報が含まれているので、値動きを表示されるために、非常に人気が高いものです。

ローソク足の見方

ローソク足は、複数の時間枠で利用することができます。例えば、MT4プラットフォームでは、1分、5分、 15分、30分、1時間、4時間、1日、1週間、1ヶ月、1年の間隔で値動きを表示できます。以下でより詳しくローソク足の読み方を見てみましょう。



ローソク足チャートは、選択された時間枠の始値、高値、安値及び終値を用いて形成されます。例えば、5分の期間を選択した場合、5分の期間の始値、高値、安値および終値が表示されます。

  • 終値が始値より高い(値上がり)場合、通常黒色で(中抜き)表示される中空のローソク足(陽線)が表示されます(左側)。
  • 終値が始値より低い(値下がり)場合、通常白色で表示されるローソク足(陰線)が表示されます(右側)。
  • ローソク足の上下の細い線(ひげ)は、特定期間の高値や安値の価格帯を表示します。
  • ひげの最上部は特定期間の最高値を表します。
  • ひげの最下部は特定期間の最安値を表します。

長いローソク足と短いローソク足

取引するときに、様々なサイズのローソク足にお気づきになるでしょう。長いローソク足と短いローソク足があります。長いローソク足は強力な売買を表します。ローソク足が長いほど、売買がより強く、終値が始値からさらに遠くなります。

一方、短いローソク足は非常に少ない売買を表しています。ローソク足が短いほど、売買が弱く、終値が始値により近くなります。



ローソク足で表される価格は、常にビッド(売値)であることを覚えておくことが重要です。

ここまで、チャートやローソク足の読み方を理解したので、市場動向の読み解く方法を学びましょう。