スマートフォーンサイトはこちら
MENUMENU

(23)トレンドライン分析(テクニカル分析)
レッスン要約


トレンドライン分析の主な3つの種類

まず、トレンドライン分析とは何でしょうか?トレンドラインは、単に為替レートが一定期間にわたって特定の方向に移動する傾向のことを指します。言い換えれば、トレンドラインは市場全体の流れを表しています。トレンドには、長期、短期、上昇、下降、持ち合いがあります。相場が上がっている場合、上昇トレンドライン、下がっている場合下降トレンドライン、明確な方向性を示していない場合、持ち合いトレンドラインと呼ばれます。

トレンドライン(傾向線)

通常、テクニカル分析を行うトレーダーは、上昇相場、下落相場、持ち合い相場を視覚化できるようにトレンドラインを描きます。トレンドラインは、ローソク足の2つ以上の安値を結び、サポートライン(支持線)もしくはレジスタンスライン(上値抵抗線)としてその線をさらに延長する直線のことを言います。

上昇トレンドライン

上昇トレンド(傾向)は、中が空のローソク足(陽線)がいくつか連続的に形成されている場合に発生する右肩上がりの斜線です。下の画像のように、上昇トレンドラインは、ローソク足の2つ以上の安値を結んで線が描かれます。上昇トレンドになるには、2番目の安値が1番目の安値よりも高い必要があります。

描かれた直線は、サポートライン(支持線)と呼ばれます。相場がこのサポートラインを超えて上昇し続ける場合、上昇トレンドは継続します。しかし、価格がこのラインを下回った場合は、市場が逆の方向に動く可能性があり、上昇トレンドが終了します



下降トレンドライン

下降トレンドは、中が白のローソク足(陰線)がいくつか連続的に形成されている場合に発生する右肩下がりの斜線を指します。下降トレンドラインは、ローソク足の2つ以上の高値を結んで線が描かれます。下降トレンドになるには、2番目の高値が1番目の高値よりも低い必要があります。

描かれた直線は、レジスタンスライン(上値抵抗線)と呼ばれます。相場がこのレジスタンスラインより下に低下し続けた場合、下降トレンドは継続します。しかし、価格がこのレジスタンスラインを超えて上昇した場合は、市場が逆の方向に動き、下降トレンドが終了します。



持ち合いトレンドラインは、明らかな上昇トレンドや下降トレンドが存在しない場合に発生します。この持ち合いトレンドは、価格が狭い範囲内で移動し、サポートラインまたはレジスタンスラインのどちらも形成されていない場合に発生します。



トレンドラインが終了したかどうかはいつ分かるか?

以下のチャートでは、赤い線で示されている下降トレンドがあることがはっきりと分かります。赤線の終わりに、中が空のローソク足(陽線)が赤い線を超えて上がっているのがわかります(黄色で強調しているところを参照)。これが、下降トレンドが終了したポイントです。



サポートレベルやレジスタンスレベルとは?

サポートレベルレジスタンスレベルとは、テクニカル分析で最も広く使用されている概念のひとつです。サポート・レジスタンスレベルは、価格がそれ以上にはならないといった限界を示すラインです。また、サポートやレジスタンスポイントを抜けて、一気に流れが加速するような状態のことをブレイクアウトと呼び、エントリーのタイミングとして重要視されます。

これらのレベルを識別することは、トレーダーが売買するときの決定点となります。サポートレベルは、価格がまだ下落していない領域にあるため、底と考えることができます。一方で、レジスタンスレベルは、価格がまだ上昇していない領域にあるため、天井と考えることができます。それでは、より詳しくサポートレベルやレジスタンスレベルを見てみましょう。

上昇トレンドラインでのサポートレベルやレジスタンスレベル

下のチャートでは、青色で強調表示された領域がサポートレベルであり、赤色で強調表示された領域がレジスタンスレベルであることがはっきりとわかります。上昇トレンドの場合、トレーダーはサポートレベルで為替を買い、次のレジスタンスレベルで利益を確定させることを目指します。上昇トレンドの場合、トレーダーは サポートレベルやその付近で市場へ参入することで、リスクを減らし、取引の機会を向上させることができます。レジスタンスレベルは利益確定やブレイクアウトの機会を知ることができます。



下降トレンドラインでのサポートレベルやレジスタンスレベル

下降トレンドの場合、トレーダーはレジスタンスレベル売り次のサポートレベルで利益を確定することを目指します。下降トレンドの場合、トレーダーは、重要なレジスタンスレベル、またはその近くで市場へ参入することで、取引リスクを減らし取引の機会を向上させることができます。



上記の2つの画像を見ても分かるように、価格がサポートとレジスタンスのレベルの間を上下します。トレーダーは、最初にトレンド方向を認識し、上昇トレンドにてサポートレベルで買う、または下降トレンドにてレジスタンスレベルで売ると決断することが大切です。しかし、価格が上昇トレンドでレジスタンスレベルを超えて上昇した場合、このレジスタンスレベルが新たなサポートレベルになる可能性があることに注意する必要があります。逆に、価格が下降トレンドでサポートレベルを下回る場合、このサポートレベルが新たなレジスタンスレベルになる可能性もあります。

次のレッスンでは、テクニカル指標について学びます!