スマートフォーンサイトはこちら
口座開設

(24) 移動平均線(テクニカル分析指標)
レッスン要約


移動平均線とは?

移動平均線とは、一定期間の金融商品または株価の終値平均値が折れ線グラフで表示されたものです。移動平均線は、期間の数(毎日、毎週、毎月)の株価の終値を足してから、その期間の数でこの合計を割ることによって計算されます。テクニカルアナリストは、相場の将来の方向性を予測するために、サポートとレジスタンスレベルを見つけることと組み合わせて、移動平均線等のテクニカル分析指標に使用します。

トレンドの方向性を評価するために移動平均線を使用するのは、テクニカル分析の最も古い形式であり、今日でも依然として最も一般的に使用されているテクニカル指標の一つです。

以下の例では、9日間の移動平均線を詳しく見てみましょう。



移動平均線 = (終値1+終値2+終値3+終値4+終値5+終値6+終値7+終値8+終値9) / 9

上記のチャートでは、青色の線は9日間のそれぞれの日の終値を表します。赤色の線は、その9日間の移動平均です。しかし、自分の戦略に合わせて期間を変更することができます。例えば、市場で長期的な見通しを持っている場合、50日、80日、130日または200日の移動平均を設定することができます。MT4プラットフォームは、これを自動的に計算するので、期間の設定のみ必要となります。

移動平均線の主な利点は、市場のノイズ(揺らぎ)を減少させられることです。市場のボラティリティのため、為替レートのリアルタイムのデータを的確に解釈することが困難になります。移動平均線は、これらの揺らぎを引き伸ばし、通常の為替の動きから潜在的な市場のトレンドを特定かつ認証することを容易にします。



上記の例では、この16日間の期間中、3日間(青色で強調表示)価格が増加したにもかかわらず赤色の移動平均線は下がり続けていることがわかります。これは、16日間のうち3日間、市場でボラティリティがあったことを教えてくれます。しかし、平均で16日間価格が下落していたため、下降トレンドを示しています。

短期移動平均と長期移動平均

トレーダーは、トレンドをより正確に予測するために、少なくとも2つの異なる期間の移動平均をよく利用します。例えば、トレーダーは12日間26日間などの短期移動平均長期移動平均の両方を使用します。下の画像では、短期移動平均線(12日移動平均)が長期移動平均線(26日移動平均)と比べて価格変動により急速に反応していることが分かります。長期移動平均は、より長期にわたって平均値を計算するので長期市場動向を分析する際により信頼性があると考えられています。



移動平均線を使用した売買サイン

ここまで、短期移動平均および長期移動平均について理解したので、売買するのに最適な時期の目安をとらえるために、これらの移動平均線を使用する方法を学びましょう。それでは、ゴールデンクロスデッドクロスの売買サインについて勉強しましょう!

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、ある金融証券の短期移動平均線が長期移動平均線と下から上抜くときに起きます。これは、通常買いサインと考えられ、価格が上昇し、強気市場が形成される可能性が高いことを示します。



デッドクロス

デッドクロスは、ある金融証券の短期移動平均線が長期移動平均線を上から下抜くときに起きます。これは、通常売りサインと見なされ、価格が下落し、弱気市場が形成される可能性が高いことを示します。



注意

テクニカル分析は完璧とは言えないので、投資家として価格の動きを予想するために一つのテクニカル指標のみに依存するべきではありません。ゴールデンクロスデッドクロスが形成された場合でも、常に正しいとは限らず、絶対的な売買する最適な時期を示すものではありません。さらに、主なニュースの発表も大幅に価格の方向性に 影響を与えるため、全体像もしっかりと把握し、ファンダメンタル要因をよく理解していることが非常に重要です。