「東西FXリサーチ」英ポンド/米ドルはドル高、英国のガソリン問題で約1.3450に苦戦

2021年10月01日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

英ポンド/米ドルはドル高、英国のガソリン問題で約1.3450に苦戦

英ポンド/ 米ドルはプレッシャー下で第4四半期に入り、約1.3450で取引された。エネルギー価格が上昇する中、米ドルは全面的に上昇し、市場にリスクオフムードを引き起こしている。英国のガソリン不足は、ポンドを圧迫をかけ続けている。このような状況の中で注目されるのは製造業のPMIである。相対力指数(RSI(4時間足チャート)によると、英ポンド/ドルは売られ過ぎの状態を脱したことがわかる。しかしながら、勢いは依然として下落しており、ペアは50、100、200の単純移動平均(SMA)を下回っている。全体として、弱気にコントロールされている。

一部のサポートは、1日あたりの最低値である1.3430へ。その後に、2021年の1.34 が、 次に1.3310が続く。レジスタンスは1.3480の毎日の最高であり、1.3520、木曜日のスイングの最高が続く。次は、1.3575と1.36が強気トレーダーを待っている。

英ポンド取引はジェットコースターのようだ。この表現は、新興市場通貨市場の急降下より低い刺激という意味である。 四半期末のフローにより、英ポンド/米ドルは深淵から約100ピップス離れているが、これらの利益のほとんどは消えて無くなっており、ドルの利食いは終わった。

英国のガソリン不足はスターリングに重きを置いており、ブレグジットの問題が長引いていることもマイナスに動く。ただし、ケーブルの主な欠点はアメリカが起因している。民主党は激しい戦闘の中で1つのインフラストラクチャ法案に賭けし、10月18日の債務上限期限はまだ迫っている。政治的懸念が安全なドルを押し上げ、世界中でエネルギー価格が高騰している。メディアの報道によると、中国当局は「あらゆる犠牲を払って」でも停電を避けたいと考えており、石炭と天然ガスの価格をさらに引き上げている。消費者の経済を圧迫すると、経済成長は遅くなる。

インフレは、連邦準備制度理事会が債券購入を漸減しようとしていることを示す主な理由であり、 金曜日に発表されたコア個人消費支出(コアPCE)はある程度の緩和を示しているが、FRBの計画を変更するにはおそらく不十分だろう。データ面を見ると、USコアPCEの急激な低下だけが米ドル高を押し下げた。次に、2番目のデータポイントは、9月のISM製造業購買マネージャー指数であり、来週の最も重要な非農業部門雇用者数への最初のヒントとなるだろう。雇用の増加はFRBの漸減を確固たるものにする。全体として、不規則な四半期末の動きは落ち着き、インフレや先細りなどのファンダメンタルズへの扉を残してドルを押し上げた。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。