FX週間レポート 10月1週|高いインフレ予測、米10年債利回り1.46%を主要通貨の影響

2021年10月04日



主な点:

  • • 米ドル安により米ドル/円は111.00を下回る
  • • 米ドルの反発の中でユーロ/米ドルは約1.1600にとどまる
  • • 英ポンド/米ドル:買い手は1.3600に注目
  • • 中国恒大が感情悪化のリスクを恐れているため、豪ドル/米ドルは0.7250に向かって下落
  • • WTIは、OPEC会議に先立ち、75ドルを超える3日間の上昇トレンドが急上昇
  • • XAU/USDは、迅速な回復の後、堅実な基盤を持つ


米ドル安により米ドル/円は111.00を下回る

米ドル/円は、今週の最初の取引日に損失を固めた。木曜日の112.00付近で高値に達した後、米ドル/円は第3回の取引セッションで下落した。米国のベンチマークである10年物国債利回りは、FRBが11月になるとすぐに量的金融緩和政策を段階的に縮小させていくこと(テーパリング)という予想からインフレ懸念が高まったため、6ベーシスポイント低下して1.46%になった。

日次 – 米ドル/円:
テクニカル的に言えば、米ドル/円は9月22日以降上昇しており、年間最高値の112.08でピークに達している。強気トレーダーは勢いが衰えているように見え、111.00-111.20あたりのいくつかの即時サポートを探している。さて、価格がさらに下落した場合、それはより深い修正に終わるだろう。そうは言えども、最初の下落目標は火曜日の安値110.93で即時サポートになる可能性がある。

移動平均収束発散(MACD)指標は、買われ過ぎゾーンで取引されている。MACDが下落すると、110.70水平サポートゾーンに焦点が戻る可能性がある。次に、相対力指数(RSI)が65近くで取引されているため、米ドル/円の弱気トレーダーは9月24日に行われた安値110.25を再テストしようとしている。

月次 – 米ドル/円:
童子ローソク足は、トレーダーの間の優柔不断を示唆している。価格が111.50を上回った場合、昨日の高値である112.08に達する可能性を否定することはできない。さらに、米ドル/円の強気筋は2018年12月の最高値である113.78まで上昇する。

米ドル/円は、前のセッションの下落を週の最後の取引日に拡大する。米ドル/円は、ヨーロッパの取引時間の早い段階でかなり早く消えたものの、111.50マーク近くでオープンした。執筆時点では、米ドル/円は111.12で取引されており、これまでのところ0.14%下落している。


米ドルの反発の中でユーロ/米ドルは約1.1600にとどまる

ユーロ/米ドルは1.1600近くで取引されており、米ドルの需要が復活する中、リスクへの欲求が新たな中国の恒大集団の懸念に打撃を与えているため、上値を伸ばすのに苦労している。200HMAのブレイクアウトを目撃しない限り、弱気トレーダーは希望を持ち続けるだろう。

4時間足チャートの相対力指数は30をわずかに下回っているため、売られ過ぎの領域にある。これは、跳ね返りが差し迫っていることを意味するが、それでも短命である可能性がある。ユーロ/ドルは大幅な下落の勢いに苦しんでおり、50、100、200の単純移動平均をはるかに下回っている。

サポートは1.1560の新しい2021トラフで、1.1510と1.1450がそれに続く。木曜日に回復の試みが阻止された1.1610にレジスタンスがある。さらに、1.1660と1.1680が続く。

新しい四半期、新しい方向性?ユーロ/米ドルは安値から跳ね返ったが、その上昇が制限されると信じる十分な理由がある。わずかな上昇は、ドルロングの利益確定と、ユーロ圏のインフレ率が予想を超えるとの予想に起因する可能性がある。9月の暫定消費者物価指数(CPI)は、8月の3%から年率3.3%の上昇を示す。これにより、欧州中央銀行は債券購入の削減に向けて動き、ユーロ米ドルを押し上げる可能性があります。他のすべては下向きです。

ヨーロッパのインフレ率が上昇する理由の1つは、天然ガスの価格の高騰であり、それがパンデミックからの回復を妨げる可能性がある。コストは冬に先んじて上昇しており、消費者は収入が減少している。同じくエネルギー危機に苦しんでいる中国は、停電を回避を目指しており、州に「あらゆる犠牲を払ってさまざまな燃料を蓄積するよう命じた。

米国では、国会議員は政府閉鎖を回避したが、時は債務上限に達する方向に刻々と進んでいる(潜在的には約2週間以内)。アメリカの債務不履行は考えられないように思われるが、共和党が上限の引き上げに反対している間、市場は依然として神経質になっている。民主党内での争いもまた、感情を圧迫し、安全資産の米ドルを押し上げています。下院議長のナンシー・ペロシは、党の進歩派が約3.5兆ドル相当のより大きな支出法案を保証せずに支持を反対したため、超党派のインフラ法案への投票を取り下げることを余儀なくされた。

2つの重要なデータポイントが今日の後半に発表される。コア個人消費支出(コアPCE)は、連邦準備制度が推奨するインフレ指標であり、ある程度の緩和を示すように設定されている。しかし、連邦準備制度(FED)に今後の先細りを再考させるには、おそらく大幅な急落が必要となる。連邦準備制度の引き締めはドルを押し上げている。

2番目のリリースは、PMI(購買担当者景気指数)。エコノミストは、産業部門のこの指標が高水準にとどまると予想しているため、先細りの決定を支持している。価格支払いコンポーネントは上昇の再開への可能性があり、雇用データは来週の非農業部門雇用者数へのヒントとなる。全体として、ムードがすぐに改善し、FRBが先細りを後退させるのを見るのは難しいだろう。


英ポンド/米ドル:買い手は1.3600に注目

英ポンド/米ドルは、アジアの初期のセッションでより高価格で新しい週を開始した。水曜日に1.3420を下回った後、英ポンド/米ドルは3回連続のセッションで上昇した。売られ過ぎのゾーンのモメンタムオシレーターは強気トレーダーに希望を与えている。

4時間足チャートの相対力指数(RSI)によると、英ポンド/米ドルは売られ過ぎの状態を抜け出した。勢いは依然として下落しており、ペアは50、100、200の単純移動平均(SMA)を下回って取引されている。全体として、弱気トレーダーがコントロールしている。

一部のサポートは、1日あたりの最低値である1.3430へ。その後に、2021年の1.34の谷が 、次に1.3310が続く。レジスタンスは毎日の最高の1.3480で、木曜日のスイングの最高の1.3520が続く。次は、1.3575と1.36が強気トレーダーを待つ。

英ポンド相場が非常に不安定であり、四半期末のフローにより、英ポンド/米ドルは深淵から約100ピップス離れているが、これらの利益のほとんど消失しドルの利食いは終った。

英国のガソリン不足はスターリングに重きを置いており、ブレグジットの問題が長引いていることもマイナスに動く。ただし、ケーブルの主な欠点はアメリカが起因している。民主党は激しい戦闘の中で1つのインフラストラクチャ法案に賭けし、10月18日の債務上限期限はまだ迫っている。

政治的懸念が安全なドルを押し上げ、世界中でエネルギー価格が高騰している。メディアの報道によると、中国当局は「あらゆる犠牲を払って」でも停電を避けたいと考えており、石炭と天然ガスの価格をさらに引き上げている。消費者の経済を圧迫すると、経済成長は遅くなる。

インフレは、連邦準備制度理事会が債券購入を漸減しようとしていることを示す主な理由であり、金曜日に発表されたコア個人消費支出(コアPCE)はある程度の緩和を示しているが、FRBの計画を変更するにはおそらく不十分だろう。データ面を見ると、USコアPCEの急激な低下だけが米ドル高を押し下げた。次に、2番目のデータポイントは、9月のISM製造業購買マネージャー指数であり、来週の最も重要な非農業部門雇用者数への最初のヒントとなるだろう。雇用の増加はFRBの漸減を確固たるものにする。全体として、不規則な四半期末の動きは落ち着き、インフレや先細りなどのファンダメンタルズへの扉を残してドルを押し上げた。


中国恒大が感情悪化のリスクを恐れているため、豪ドル/米ドルは0.7250に向かって下落

豪ドル/米ドルは0.7250に向かって下落し、中国の恒大集団のリスクが再び懸念される中、感情悪化リスクを急激にUターンさせた。恒大集団株は香港での取引が停止された。リスクオフフローは、米ドルの安全通貨の需要を押し上げている。


WTIは、OPEC会議に先立ち、75.00ドルを超える3日間の上昇トレンドが急上昇

石油トレーダーが月曜日の初めにOPECの会合に備えているため、WTIは日中の安値である75.33ドル前後で圧力をかけ続けており、1日で0.12%下落している。石油は、主要なエネルギー生産者の間での産出制限基準の緩和をめぐる対話の中で、最近の価格高を確固たるものにしている。それでも、米ドル安とリスクオンムードにより、商品購入者は希望を持ち続けている。


XAU/USDは、迅速な回復の後、堅実な基盤を持つ

金は$1,700に向かって下落した後、すぐに跳ね返り、執筆時点で$1,750を超えて取引されている。市場ムードの改善によりドルは下落し、ドルの下落が貴金属にプラスにとってなっている。

金の価格は、今週の金曜日に木曜日のリバウンドの拡大に苦労していますが、2021年第4四半期が始まるため、1750ドルの水準で十分に支えられている。金価格は3週間連続の損失に終止符を打つために、金の猛烈な回復によって強気トレーダーは一休したため、金はほとんど変わらずに週を終えようとしている。リスクオフ市場のムードの中での米国債の利回りの後退は、金価格の周りの浮力のトーンをそのまま維持する。エネルギー価格の高騰と世界経済の回復の鈍化を踏まえ、米国の政治的論争の遅れとFRBの先細りのリスクの中で、投資家は引き続き警戒している。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年10月4日
1日中 中国 – 建国記念日 祝日
15:30 小売売上高 (前年比) (8月) CHF
15:30 消費者物価指数 (前月比) (9月) CHF
16:00 スペイン失業変化 EUR
16:00 スペイン失業変化 EUR
19:00 OPEC会議 USD
19:00 ユーロ圏財務相会合 EUR
21:30 建築許可件数 (前月比) (8月) CAD
23:00 製造業新規受注 (前月比) (8月) USD
火曜日 – 2020年10月5日
1日中 中国 – 建国記念日 祝日
06:00 NZIER企業景況感 (Q3) NZD
08:30 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (9月) JPY
08:30 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (9月) JPY
09:30 NAB企業信頼感指数 (9月) AUD
09:30 小売売上高 (前月比) AUD
09:30 貿易収支 (8月) AUD
09:30 Nikkeiサービス業PMI (9月) JPY
12:30 政策金利発表 (10月) AUD
12:30 RBA政策金利声明 AUD
12:45 10年物日本国債入札 JPY
未定 日銀総裁、黒田発言する JPY
16:15 サービス業PMI (9月) EUR
16:45 イタリアサービス業購買管理者指数 (9月) EUR
16:50 サービス業購買担当者景気指数 (9月 EUR
16:55 サービス業購買部協会景気指数 (9月) EUR
17:00 マーケット総合PMI (9月) EUR
17:00 サービス業購買部協会景気指数 (9月) EUR
17:30 総合PMI (9月) GBP
17:30 サービス業購買部協会景気指数 (9月) GBP
21:30 輸出 USD
21:30 輸入 USD
21:30 貿易収支 (8月) USD
21:30 貿易収支 (8月) CAD
22:45 マーケット総合PMI (9月) USD
22:45 サービス業購買部協会景気指数 (9月) USD
23:00 ISM非製造業雇用指数 (9月) USD
23:00 ISM非製造業指数 (9月) USD
23:30 世界乳製品取引価格指数 NZD
水曜日 – 2020年10月6日
1日中 中国 – 建国記念日 祝日
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
10:00 政策金利発表 NZD
15:00 製造業新規受注 (前月比) (8月) EUR
16:30 IHS マークイット 建設業購買部協会景気指数 (9月) EUR
17:30 建設業購買担当者景気指数 (9月) GBP
18:00 小売売上高 (前月比) (8月) EUR
21:15 ADP非農業部門雇用者数 (9月) USD
22:00 FOMCボスティック委員発言 USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年10月7日
1日中 中国 – 建国記念日 祝日
00:30 FOMCボスティック委員発言 USD
14:45 季節調整なし失業率 (9月) CHF
14:45 季節調整済み失業率 (9月) CHF
15:00 Halifax住宅価格指数 (前月比) (9月) GBP
15:00 ハリファックス社価格指数 (前年比) GBP
15:00 鉱工業生産 (前月比) (8月) EUR
17:30 労働生産性 (Q2) GBP
18:00 10年物スペイン国債入札 EUR
18:00 スペイン15年負債オークション EUR
18:00 スペイン50年負債オークション EUR
20:30 ECBは、金融政策の会議のアカウントを発行した。 EUR
21:30 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズ氏の発信 USD
21:30 失業保険申請件数 USD
23:00 Ivey購買部協会指数 (9月) CAD
金曜日 – 2021年10月8日
01:00 カナダ中央銀行マックレム総裁発言 CAD
08:30 家計調査・消費支出 (前年比) (8月) JPY
08:30 消費支出 (前月比) (8月) JPY
08:50 経常収支(季節調整なし) (8月) JPY
10:30 RBA金融安定レビュー AUD
10:45 中国Caixin(財新)サービス業PMI (9月) CNY
15:00 貿易収支 (8月) EUR
21:30 平均時給(前年比) (前年比) (9月) USD
21:30 平均時給 (前月比) (9月) USD
21:30 建築許可 (前月比) (9月) USD
21:30 非農業部門雇用者数 (9月) USD
21:30 行動者率 (9月) USD
21:30 非農業部門民間雇用者数 (9月) USD
21:30 失業率 (9月) USD
21:30 雇用者数 (9月) CAD
21:30 失業率 (9月) CAD
土曜日 – 2021年10月9日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。