「東西FXリサーチ」中国不動産開発大手の即時の債務不履行回避からリスク回避的な円買いは下げる

2021年9月30日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

中国不動産開発大手の即時の債務不履行回避からリスク回避的な円買いは下げる

米ドルの利上げの話題が引き続き市場を牽引している中、株式はやや脆弱な状態にある。月曜日にグリーンバックは月曜日にレジスタンスを超え、2021年の最高値がついたことから米ドルが押し上げられた。この日、強気のブレイクアウトを目的として現れる上昇型の三角形について指摘されていた。そして、その形成は、連邦準備制度理事会からの先週の発表によって、すぐに塗りつぶされた。FRBからは銀行は正式に発表する先細りの発表はなかったものの、金利予測をアップグレードし、2022年に引き上げの可能性があることを示唆した。一方、FRBの以前のドットプロットマトリックスは、最初の引き上げが2023年に示される可能性があることを示していた。

昨日、ドル指数は今年最高水準で取引を終え、今日もドルの上昇が続き、今年は過去最高を記録した。 東部標準時午後4時30分現在、米ドル指数は+ 0.68%上昇し、金先物は-0.68%下落している。これは、ドルインデックスの上昇率が金の下降率に等しいことを意味する。 今日の例は、金とドルの間の本質的な負の相関関係を明確に示している。金の価格はドルに対して価格設定またはリンクしている。金が売られていることは売り圧力によるためではなく、ドル高のために起こったことを示している。

現在の米ドル/円は底堅い値動きの可能性が見られる。中国恒大集団の債務問題、米量的緩和策の早期縮小観測は後退していないこと、予定されているより若干早期利上げの可能性もあることから、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに縮小する可能性は低いとみられる。中国恒大集団がただちに債務不履行に陥る可能性は低いとの見方が広がったことから、リスク回避的な円買いは縮小し、ドル・円は110円台後半まで買われた。2021年09月20日~2021年09月24日の米ドル/円の値動きは109.12円~110.79円。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。