FX週間レポート 8月4週|米国債がリバウンドしたことで、米ドル/円は110.00に戻ろうと試行

2021年8月23日



主な点:

  • • 米国債がリバウンドしたことで、米ドル/円は110.00に戻ろうと試行
  • • ユーロ/ 米ドルは、PMIに先駆けて、顕著な米ドル供給の中で1.1750に向かって前進
  • • 英ポンド/ 米ドルはPMIデータに先んじて1.3600近くの年次安値から跳ね返る
  • • 米ドル安の中で豪ドル/米ドルは0.7150を超えて跳ね返る
  • • WTI強気が市場で急上昇
  • • 金は米ドルが著しく弱い中、1800ドルに向かって急上昇中


米国債がリバウンドしたことで、米ドル/円は110.00に戻ろうと試行

米ドル/円は月曜日の最初のアジアの取引時間にわずかな上昇し、大きな動きはない。低水準からの米国財務省の利回りの回復は、豪ドル/米ドルのパフォーマンスをサポートした。米国債の利回りが上昇する中、米ドルインデックスは93.50近くにとどまっている。

米ドル/円は、日足チャートで20と100のSMA にとどまっているが、テクニカルインジケーターは正中線の周りに浮かんでおり、ニュートラルからポジティブのスタンスを示しているが、米ドル/円は新しい足を確認するために110.35の抵抗を超える必要がある。4時間足チャートは、ペアが強気の20 SMAを上回っているのに対し、長いものを下回っていることを示している。同時に、モメンタム指標は正中線を越えて負の領域に入り、RSI指標は約50で横ばいである。弱気が広がる可能性は、即時サポートレベルである109.50を下回ると増加する。サポートレベル:109.50 109.05 108.60、レジスタンスレベル:109.95 110.35110.80。

米ドル/円は、一般的な苦いムードの中で110.00のしきい値を回復することができなかったが、毎週の最低値である109.11から回復した。米国債の利回りは週末に上昇しサポートした。10年債の利回りは1.22%から1.25%に落ち着ついた。日本は7月の全国消費者物価指数を発表した。これは前年比-0.3%で 予想を下回ったが、生鮮食品価格を除いたコア値は-0.2%で、予想の-0.4%をわずかに上回った。月曜日に、国は7月の53 が8月では53.4と予測される じぶん銀行製造業PMIの予備的な見積もりを発表予定である。


ユーロ/米ドルは、PMIに先駆けて、顕著な米ドル供給の中で1.1750に向かって前進

ユーロ/米ドルは、リスクを配慮した中、米ドルをめぐる売り圧力が弱まらず、9か月の底値から1.1750に向けて回復を広げている。ユーロ圏の予備製造およびサービスPMIレポートは、ブロックの景気回復への新たな光を期待している。短期的なテクニカル観点から、ユーロ/ 米ドルの日足チャートは、強気トレーダーが回復モードで8月18日の高値1.1742に向かっていることを示している。買いの関心は、1.1781で弱気な21日移動平均(DMA)のテストを求める後者よりも加速する可能性がある。

14日間の相対力指数(RSI)は正中線より下で上方に向いており、回復への道はスムーズではない可能性があることを示唆している。

先週発表されたFOMC7月の会議の議事録によって強化された、FRBのジャクソンホールシンポジウムがバーチャルになることで先細りへの期待が低下する可能性があるため、リスク感情は楽観主義者にとって有利になった。明るい市場ムードは、最近の米ドルのラリーを吹き飛ばした。

さらに、オーストラリアとニュージーランドがコビッド戦略を見直していることと相まって、コビッドワクチンの楽観主義は、デルタコビッドバリアントの懸念が高まる中、アジアのトレーダー全体に希望感を与えている。

一方、注目は現在、ユーロ圏の予備製造およびサービスPMIレポートに移り、ブロックの景気回復に新たな光を当てている。1日の後半に米国のMarkit PMIが公開され、今週後半に予定されている耐久消費財の注文データとFedSymposiumより前に注目されるだろう。


英ポンド/米ドルはPMIデータに先んじて1.3600近くの年次安値から跳ね返る

英ポンド/ 米ドルは1.3650近くで取引されており、月間安値近くから反発している。改善されたリスク感情は、米ドルを犠牲にしてポンドなどの高利回り通貨をサポートしている。 今週のFRBシンポジウムに先立ち、英国/米国の予備的PMIに焦点が当てられている。英ポンド/ 米ドルは、月曜日の始値の1.3606 から上昇した後、最近の取引で1.3634の高値に達する前に、約0.1%高くなっている。金曜日、英ポンド/ 米ドルは15ピップス下落して1.3625になったが、世界的なリスク回避が投資家をその日の早い段階でより安全と見なされる通貨に誘導したため、ドルとユーロは新たな1か月の安値を付けた。トレーダーらは、デルタコロナウイルスの亜種が世界的な回復を妨げ、米ドルのスマイル理論が引き続き展開されている安全通貨であるドルへの需要を押し上げる可能性があることを懸念している。6つの主要なライバル通貨に対する米ドルのパフォーマンスを追跡する米ドルインデックス(DXY)は、FRBの先細りの話と一般的なリスクオフムードの遅延の可能性で0.18%の損失で93.33で取引されている。

一方、スターリングは、低調な経済データにもかかわらず、なんとか牽引力を得ている。 7月の小売売上高は前月と比較して2.5%減少し、市場では緩やかな成長が見込まれていましたが、英国のGKF消費者信頼感指数は前月の-7から8月には-8に低下した。一方、イングランド銀行(BOE)のタカ派のスタンスは、ポンドの下落を抑えた。今のところ、投資家は英国のMarkit / CIPS Manufacturing Purchase Manager Index(PMI)と米国のMarkit Manufacturing PMIに注目して、市場のセンチメントを測っている。


米ドル安の中で豪ドル/米ドルは0.7150を超えて跳ね返る

豪ドル/米ドルは0.7150を超えて取引されており、リスクオン市場プロファイルが安全な米ドルに重きを置いているため、年間安値からの跳ね返りを拡大している。 投資家たちは、今週のFRBジャクソンホールシンポジウムに先立ち、オーストラリアでの再開の可能性について楽観的な見方を示している。


WTI強気が市場で急上昇

WTI原油スポットは1日高値で取引を開始し、執筆時点で0.7%近く上昇しており、金曜日の-2.67%の終値に続いて強い修正で回復している。 WTIは、週の終わりに最高値の64.01ドルから最低値の61.87ドルに溶けた後、古い時間単位のサポートをテストするために早期に前進している。


金は米ドルが著しく弱い中、1800ドルに向かって急上昇中

リスクセンチメントが改善するにつれて、過去1時間に7ドルの急騰が見られた後、金価格は1800ドルに向かって上昇している。これは、米ドルの全面的な下落が起因している。アジアの株式は、デルタコビッド株の懸念を回避し、米国の株式から前向きなリードを取りながら、より堅調に取引されている。

金(XAU / USD)は、ヨーロッパのトレーダーが金曜日の高値を待っているため、日中の高値である1,786ドルまで更新される。金は、米ドルがさまざまな手がかりの中で9か月の高値から後退するため、プレス時間までに4日間で最も上昇する。また、金の買い手を戸惑わせるのは強気のチャート形成である。

米ドルインデックス(DXY)は、アジアの初めに更新された数日間の高値から後退し、遅くとも0.05%下落して93.52なった。グリーンバックゲージは、ウイルス主導のリスクオフ感情と先細りの懸念に支えられて、前日の上昇の動きを延長しながら、最初は2021年の新しい高値に跳ね上がった。しかし、中国に関連するワクチンの楽観主義と最新情報は、明るいカレンダーの中でDXY強気を 探っているようだ。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年8月23日
09:30 Nikkeiサービス業PMI (8月) JPY
16:15 製造業購買担当者景気指数 (8月) EUR
16:15 サービス業購買担当者景気指数 (8月) EUR
16:30 製造業購買部協会景気指数 (8月) EUR
16:30 サービス業購買部協会景気指数 (8月) EUR
17:00 製造業購買担当者景気指数 (8月) EUR
17:00 マーケット総合PMI (8月) EUR
17:00 サービス業購買部協会景気指数 (8月) EUR
17:30 総合PMI (8月) GBP
17:30 製造業購買部協会景気指数 (8月) GBP
17:30 サービス業購買部協会景気指数 (8月) GBP
19:00 CBI製造業受注指数 (8月) GBP
22:45 製造業購買管理者指数 (8月) USD
22:45 マーケット総合PMI (8月) USD
22:45 サービス業購買部協会景気指数 (8月) USD
23:00 中古住宅販売戸数 (7月) USD
23:00 中古住宅販売 (前月比) (7月) USD
火曜日 – 2020年8月24日
07:45 コア小売売上高 (前期比) NZD
07:45 小売売上高 (前期比) (Q2) NZD
15:00 国内総生産 (前年比) (Q2) EUR
15:00 国内総生産 (前期比) (Q2) EUR
21:30 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
23:00 新築住宅販売戸数 (7月) USD
23:00 新築住宅販売 (前月比) (7月) USD
水曜日 – 2020年8月25日
07:45 貿易収支 (前年比) (7月) NZD
07:45 貿易収支 (前月比) (7月) NZD
10:30 建築完了件数 (前期比) (Q2) AUD
17:00 景気予測 (8月) EUR
17:00 現況分析 (8月) EUR
17:00 IFO景況指数 (8月) EUR
17:30 欧州中銀(ECB)ルイス・デギンドス副総裁発言 EUR
21:30 コア耐久財受注 (前月比) (7月) USD
21:30 耐久財受注 (前月比) (7月) USD
21:30 卸売売上高 (前月比) CAD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年8月26日
08:55 オーストラリア準備銀行 エリス総裁補発言 AUD
10:30 民間新規設備投資 (前期比) (Q2) AUD
15:00 GfK独消費者信頼感指数 (9月) EUR
15:30 雇用水準 (Q2) CHF
20:30 ECBは、金融政策の会議のアカウントを発行した。 EUR
21:30 国内総生産 (前期比) (Q2) USD
21:30 GDP物価指数 (前期比) (Q2) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
22:00 アメリカ ジャクソンホール シンポジウム USD
金曜日 – 2021年8月27日
00:00 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
08:30 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (8月) JPY
08:30 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (8月) JPY
10:30 小売売上高 (前月比) (7月) AUD
21:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (7月) USD
21:30 コアPCE物価指数 (前月比) (7月) USD
21:30 良好な貿易収支 (7月) USD
21:30 個人消費支出物価指数 (前年比) (7月) USD
21:30 個人消費支出価格指数 (前月比) (7月) USD
21:30 個人支出 (前月比) (7月) USD
21:30 小売業在庫(自動車を除く) (7月) USD
21:30 原材料価格指数 (前月比) (7月) CAD
22:00 アメリカ ジャクソンホール シンポジウム USD
23:00 FRBパウエル議長発言 USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (8月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (8月) USD
土曜日 – 2021年8月28日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
22:00 アメリカ ジャクソンホール シンポジウム USD



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。