「東西FXリサーチ」米ドル/ 円の上昇はじり高、日本の消費回復の遅れの可能性

2021年8月25日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米ドル/円の上昇はじり高、日本の消費回復の遅れの可能性

価格行動を推進する米国の金融政策の方向性についての疑問

先週と月曜日の初めに、投資家が米国連邦準備制度理事会によるヨーロッパと日本に先んじてパンデミック時代の刺激策を縮小し始める考えを示したことで米ドル/ 円は支持された。しかし、7月から8月にかけてコロナウイルスの症例が急増し、その状況が月曜日のセッションで市場に影響を与えたことから 、景気が刺激の減少に耐えるのに十分強いかどうか疑問が生じた後、米ドル/円の上昇は短命で終わった。

25日水曜日現在、投資家は日本の最終的な同時指数、新たな取引の米国耐久消費財の注文データなどの推進力となる米国の主要データ による市場のセンチメントを測っている。現在、米ドル /円は109.80前後の範囲を維持しており、じり高で現在 0.20%上昇している。

25日に行われたオンライン形式で開いた宮崎県金融経済懇談会で日本銀行の中村審議委員は新型コロナウイルスの感染再拡大による、サービス消費のペントアップ需要が顕在化する時期の若干の後ずれの可能性を示した。加えて、同委員は、日本の家計の現預金残高は過去最高の1056兆円に達しトレンド対比で37兆円増加しているとの試算から、感染症による影響が緩和していくことで消費支出が促され経済活動が活発化することが期待されるとも述べた。

一方、グリーンバックは主要なライバル通貨に対する パフォーマンスを追跡する米ドル指数によると、投資家がワクチンの楽観主義からにデルタコロナウイルス変異体の拡散を避けたため、93.00に向かってリバウンドし、景気回復を支える可能性がある。7月の米国の新築住宅販売は1%増の708Kで、市場の予想である70万に近かった。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。