FX週間レポート 9月1週|米ドル/円は広範な米ドル安から、109.70を下回る毎日の安値をつける、ユーロ/米ドルは今週注目すべき主要なペアだが、それはすでに価格変動が始まっていたか?

2021年9月06日



主な点:

  • • 米ドル/円は広範な米ドル安から、109.70を下回る毎日の安値をつける
  • • ユーロ/米ドルは今週注目すべき主要なペアだが、それはすでに価格変動が始まっていたか?
  • • 英国のPMIでは米国債の利回りが上昇する中、英ポンド/ 米ドルは月間高値から後退
  • • 豪ドル/米ドルは、新たなコロナウイルス問題で 約0.7450へ
  • • 50SMAによる短期サポートレベルへの挑戦から、WTIは約68.50ドルと重い


米ドル/円は広範な米ドル安から、109.70を下回る毎日の安値をつける

米ドル/円は、今週の最初の取引日の広範なドル安からさらに下落している。おなじみのトレードバンドに移動した後、米ドル/円は低調な新しい取引週をスタートした。また、NFPデータに失望しため、8月以来初めて109.50を下回った。

米ドル/円は1日の大半が110.00を超えとなり、初期のアメリカのセッションで新たな弱気の圧力にさらされ、109.64の毎日の安値に下落した。執筆時点で、米ドル/円は109.88で小さな毎日の損失を出していた。

悲惨な米国の8月の雇用報告に続く新たな米ドル安により、金曜日に米ドル/円は上方に転じることを余儀なくされた。米国労働統計局は、非農業部門雇用者数(NFP)が8月に235,000増加したと報告し。この測定値は市場の予想である750,000を下回り、米ドルインデックス(DXY)は8月初旬以来初めて92.00を下回った。現在、DXYは92.02で0.2%減少している。

失業率が5.4%から5.2%に低下し、7月のNFPが943,000から105万に上方修正されたことが明らかになったが、米ドルの需要が増えるのは容易ではない。一方、米国債の10年物利回りは当日3%以上上昇しており、当面は米ドル/円の損失を抑えることができる。セッションの後半では、8月のISMのサービスPMIレポートが新たな推進力として注目される。


ユーロ/米ドルは今週注目すべき主要なペアだが、それはすでに価格変動が始まっていたか?

ユーロ/米ドルは、北米の取引セッションが休日のため今週は静かにスタートし横ばいで取引されている。強気は現在の毎日の抵抗のかなり上にあり、弱気は米ドルのために下がっている。

ユーロ/米ドルは、7月30日からの高値である1.1908に達した後も毎週の上昇を維持している。週次チャートは、2週間連続で、ユーロ/米ドルがやや弱気の20 SMAを下回っていることを示しているが、100と200SMAは収束している。約1.1570、短い方は適度な強気の傾斜を維持している。テクニカル指標はマイナスレベルで回復し続けており、長期的な強気の拡大を示唆は見られない。

欧州中央銀行は9月9日に会合を開き、市場参加者は金融政策の保留維持を期待している。欧州の政策立案者は、現在の政策の変更を発表することに慎重になっており、主にパンデミックの進展に焦点を合わせている。中央銀行を超えて、最近発表されたデータは最も落胆した。EU経済センチメント指標は8月に117.5に縮小した、US CB消費者信頼感は同じ月に113.8に縮小した。

また、マーク一途は8月のPMIの最終的な測定値を公開したが、そのほとんどは暫定的な予測から下方修正され、とにかく拡大している。マクロ経済カレンダーは来週はEUデータで埋まる。来週の木曜日のECB会合とは別に、ドイツは7月の工場注文、工業生産、貿易収支の発表予定。同国はまた、9月のZEW調査を発表し、経済情勢は56.7に改善すると見られている。


英国のPMIでは米国債の利回りが上昇する中、英ポンド/米ドルは月間高値から後退

英ポンド/米ドルは、高くなったが利益を維持することができずに週の最初の取引日に損失を出している。米ドルインデックスは以前の安値からリバウンドするが、92.00未満に圧力をかけたままでいる。スターリングは英国での増税の可能性が高いとみられるブレグジットのニュースを追っている。

「デスクロス」パターンは、50日間の単純移動平均(SMA)をトリガーし、200日間のSMAを下回り、さらなる損失を意味していおり、下振れの勢いが加わった。一方、英ポンド/米ドルはこれら2つのSMAは上回っており、安定しているようだ。

さて、これはどういう意味だろうか?チャートは、ケーブルが過去2か月間に1.3570〜1.40の広い範囲で取引されており、端に移動するたびに平均回帰が発生していることを示しているため、ズームアウトするとより明確になる。ドル安はこれまでのところしかありません。NFPからほこりが落ち着くにつれて、英ポンドが下落する余地があります。強力な英国のデータのみがポンド高にするために、そのチャンスは低いだろう。短期的な予測はアップグレードされたが、より長期間での変更はほとんどない。それにもかかわらず、平均目標は現在の取引レベルを超えて、約1.39になっている。


豪ドル/米ドルは、新たなコロナウイルス問題で約0.7450へ

月曜日のアジアセッション中、豪ドル/米ドルは日中安値としれ0.7447に達し、週頭の月曜日に下落した。リスクバロメーターのペアには、国内でのコロナウイルスの恐怖と海外での地政学的な混乱の深刻化の負担がかかっている。


50SMAによる短期サポートレベルへの挑戦から、WTIは約68.50ドルと重い

WTIは、月曜日のアジアセッションの中で、日中0.60%下落し、約68.50ドルの圧力を受け続けている。 そのため、金は、RSIラインの下降の中で、2週間の上昇サポートライン(現在はレジスタンス)の最近の下落を正当化している。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年9月6日
1日中 アメリカ – レイバーデイ 祝日
1日中 カナダ – レイバーデイ 祝日
15:00 製造業新規受注 (前月比) (7月) EUR
16:30 IHS マークイット 建設業購買部協会景気指数 (8月) EUR
17:30 建設業購買担当者景気指数 (8月) GBP
火曜日 – 2020年9月7日
08:01 BRC小売売上高 (前年比) (8月) GBP
08:30 家計調査・消費支出 (前年比) (7月) JPY
08:30 消費支出 (前月比) (7月) JPY
10:30 建築許可件数 (前月比) AUD
10:37 中国輸出 (前年比) (8月) CNY
10:37 中国輸入 (前年比) (8月) CNY
10:38 貿易収支 (米ドル) (8月) CNY
13:30 政策金利発表 (9月) AUD
13:30 RBA政策金利声明 AUD
14:45 季節調整なし失業率 (8月) CHF
14:45 季節調整済み失業率 (8月) CHF
15:00 Halifax住宅価格指数 (前月比) (8月) GBP
15:00 鉱工業生産 (前月比) (7月) EUR
16:30 サンダースBOE金融政策委員発言 GBP
16:30 ハリファックス社価格指数 (前年比) GBP
18:00 現在のドイツZEWの状況 (9月) EUR
18:00 ZEW景気期待指数 (9月) EUR
18:00 国内総生産 (前期比) (Q2) EUR
18:00 国内総生産 (前年比) (Q2) EUR
18:00 ZEW景況感指数 (9月) EUR
水曜日 – 2020年9月8日
00:30 世界乳製品取引価格指数 NZD
08:50 経常収支(季節調整なし) (7月) JPY
08:50 国内総生産 (前期比) (Q2) JPY
08:50 国内総生産 (前年比) (Q2) JPY
10:30 NAB企業信頼感指数 (8月) AUD
14:30 非農業部門雇用者数 (前期比) (Q2) EUR
17:10 オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信 AUD
18:408 10年物独国債入札 EUR
23:00 JOLT求職 (7月) USD
23:00 政策金利発表 CAD
23:00 Ivey購買部協会指数 (8月) CAD
木曜日 – 2020年9月9日
未定 加中銀記者会見 CAD
02:00 10年物中期米国債入札 USD
02:10 連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD
03:00 ベージュブック(米地区連銀経済報告) USD
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
08:01 RICS住宅価格指数 (8月) GBP
10:30 消費者物価指数 (前年比) (8月) CNY
10:30 消費者物価指数 (前月比) (8月) CNY
10:30 生産者物価指数 (前年比) (8月) CNY
15:00 貿易収支 (7月) EUR
未定 中国新規借入 CNY
17:35 オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信 AUD
20:45 預金ファシリティ率 (8月) EUR
20:45 欧州中銀限界常設貸出ファシリティー EUR
20:45 ECB金融政策発表 EUR
20:45 政策金利発表 (8月) EUR
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 欧州中央銀行記者会見 EUR
金曜日 – 2021年9月10日
00:00 原油在庫量 USD
00:00 クッシング原油在庫 USD
00:05 米国 連邦公開市場委員会
メアリー・デイリー委員発言
USD
01:00 カナダ中央銀行マックレム総裁発言 CAD
03:00 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズが語る USD
07:45 電子カード小売り販売数 (前月比) (8月) NZD
15:00 国内総生産 (前月比) GBP
15:00 国内総生産 (前年比) GBP
15:00 鉱工業生産 (前月比) (7月) GBP
15:00 製造業生産 (前月比) (7月) GBP
15:00 月次GDP(対前3ヶ月) GBP
15:00 貿易収支 (7月) GBP
15:00 非欧州連合貿易収支 (7月) GBP
15:00 消費者物価指数 (前月比) (8月) EUR
19:00 ユーロ圏財務相会合 EUR
21:30 コアPPI (前月比) (8月) USD
21:30 生産者物価指数 (前月比) (8月) USD
21:30 雇用者数 (8月) CAD
21:30 失業率 (8月) CAD
22:00 NIESR 月次GDPトラッカー GBP
土曜日 – 2021年9月11日
01:00 WASDEレポート USD
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。