FX週間レポート1月2週|FRBによる3月の利上げ確率80%、インフレ圧力は長期化する可能性が高い

2022年1月10日



主な点:

  • 日本の成人式の祝日で、米ドル/円は115.50前後で低迷
  • ユーロ/米ドル:50EMAと上向きの三角形が1.1400未満の回復に挑戦
  • 米ドルがブレクジット、コロナウイルスと対照的であるため、英ポンド/米ドルは約1.3600のシーソーへ
  • 入り混じった市場にもかかわらず、豪ドル/米ドルは0.7200に進む
  • WTI:売り手は上昇するウェッジを確認するために$ 78.00を攻撃
  • 金は 1,785ドルの主要なサポートに向かって下落し、米国のインフレに焦点が当てられる

日本の成人式の祝日で、米ドル/円は115.50前後で低迷

日本の成人式の祝日のため、米ドル/円は約115.60に留まり、主要なデータ・イベントがないため、月曜日のアジアセッション中の価格変動は限定的になっている。グローバル債券市場の鍵となる国内の参加者不在も加えて、FRBの次の決定とコロナウイルスに対する懸念が入り混じっており、米ドル/円の最新の動きに関連するリスクも制限されている。

米ドル/円は、116.00を超える動きに苦労しているように見えたものの、欧州セッションに向けて穏やかな前向きなバイアスで取引された。米ドル/円は金曜日にいくらかの買い手を引き付けて、安全通貨である日本円を弱体化させる傾向がある一般的にポジティブなリスクトーンの中で前日の損失の一部を逆転させた。米国債の利回りの低下は、米ドルの強気を保ち、少なくとも当面の間、米ドル/円の上昇を抑えた。

投資家はまた、今週金曜日の後半に予定されている米国の雇用データがFRBにより、迅速な金融引き締めが必要性を強化への方向性を期待している。水曜日に発表された12月14日から15日までのFOMC金融政策会議の議事録は、米国のFEDが予想よりも早く金利が引き上げられることことへの示唆を念頭にいれる必要がある。

市場は2022年3月に25bpsのFRBの利上げの80%の確率で値を付けた。セントルイス連銀のジェームズブラード氏とサンフランシスコ連銀のメアリーデイリー総裁による一夜のコメントによって推測は高まった。政策立案者のトーンの大きな変化は、米国の債券利回りの追い風として機能し続け、米ドルをサポートするだろう。基本的な背景は強気のトレーダーを支持し、米ドルのさらなる短期的な上昇の見通しをサポートする。より強力なNFPデータは前向きな見通しを再確認し、米国債の利回りの後退の最近の上昇を5年ぶりの高値に再開するための準備を整え、今週の初日は116.35地域を中心に取引されている。

これとは別に、トレーダーはコロナウイルスを取り巻く展開から手がかりを得るだろう。これは、より広範な市場リスク感情とともに、安全な円の需要に影響を与え、米ドル/円にいくつかの短期的な機会を生み出すだろう。


ユーロ/米ドル:50EMAと上向きの三角形が1.1400未満の回復に挑戦

ユーロ/米ドルは、前日の6週間で最大の日次上昇を記録した後、約1.1355-60に留まる。21 EMAと強気のMACDシグナルの中断により、買い手は希望を持ち続けるが、50 EMA、トライアングルのレジスタンスは前進を試す。

ユーロ/米ドルの短期的なテクニカル指標によると、相対力指数(RSI)インジケーターが4時間足チャートで50近く横に動いているため、ユーロ/米ドルが方向性を見つけるのに苦労していることを示している。さらに、現在、同チャートの100と200SMAの間の狭いレンジで変動しており、その優柔不断さを反映している。

NFPデータが発表後に米国のTボンド利回りが上昇し始めた場合、下側の最初のターゲットは、1.1240(静的レベル)および1.1200(心理的レベル)よりも1.1270(静的レベル)に並んだ。レジスタンスは1.1320(50 SMA)、1.1340(静的レベル)および1.1360(静的レベル、ECB後高)にある。

ユーロ/米ドルは弱気の圧力をなんとか払拭し、投資家が参照価値の高いデータリリースを待つ間、金曜日の初めに約1.1300で安定した。ユーロスタットは、米国労働統計局がその日の後半に12月の非農業部門雇用者数(NFP)レポートを発表する前に、暫定的な12月の消費者物価指数(CPI)の数値を発表する。

欧州中央銀行(ECB)の政策立案者の何人かは、過去数週間に予想されていたよりも長くインフレが高止まりすることへの懸念を示した。市場の期待は、11月の2.6%から12月の年間ベースのコアCPIの読み取り値が2.5%であることを示している。年間消費者物価指数は4.9%から4.7%に低下すると予測されている。データがユーロ圏の予想よりも強いインフレを明らかにした場合、持続的な価格圧力に直面してECBがより迅速に金融支援を引き出す可能性があるため、EURはライバル通貨に対して弾力性を維持することができるだろう。

しかしながら、米国の12月の雇用報告に対する市場の反応は、EUのインフレデータよりも重要である可能性がある。FOMCの12月の政策会議議事録が、政策立案者が一流の引き上げ後にバランスシートの削減の開始計画があることを示した後、10年物米国債利回りは3月以来の最高レベルに跳ね上がった。さらに重要なことに、CMEグループのFedWatch Toolによると、3月の利上げのオッズは70%を超えた。現在、3月の利上げへの確率は63%。 12月の予想を超える大幅な上昇により、NFPは利上げの可能性を高め、米ドルが同業他社との確固たる立場で1週間を終える可能性がある。


米ドルがブレクジット、コロナウイルスと対照的であるため、英ポンド/米ドルは約1.3600のシーソーへ

月曜日のアジアセッション中にケーブルが1.3590に移動し、1週間以上の1日間の最強上昇に続いて、英ポンド/ 米ドルの買い手は明確な方向性を求めて奮闘している。ケーブルの最新の動きのなさは、主要なリスク触媒による対照的な信号、および一般的にぬるいアジアセッション中の主要なデータ・イベントの欠如に関連している可能性がある。4時間足チャートでは、相対力指数(RSI)指標は50を超えたままであり、売り手が当面関心を示さないことを表している。

NFPレポートが米ドルを押し上げる場合、1.3500(心理的レベル、50 SMA)が主要なサポートとして調整る。そのレベルを下回ると、1.3450(静的レベル)および1.3420(100期間SMA)に向けて追加の損失が発生する可能性がある。一方、暫定的なレジスタンスは、1.3600(心理的レベル)の前に1.3565(静的レベル)で形成されたようだ。

英ポンド/米ドルは、木曜日にネガティブな領域で取引を終えた後、金曜日のこれまでのところ1.3550前後の横ばいで動いています。投資家は、米国労働統計局が12月の雇用報告の発表を待っている。これは、市場が連邦準備制度の政策見通しをどのように評価するかに大きな影響を与える可能性がある。

FOMCの12月の政策会議議事録は、市場参加者が最初の上昇後にバランスシート正常化プロセスを開始することが適切であると考えたことを水曜日に示した。このデータはさらに、現在の経済状況、すなわちインフレ見通しと労働市場の状態が、前回の金融危機よりも迅速なバランスシートの流出を可能にする要因と見なされていることを明らかにした。タカ派の声明は、米国債の利回りを押し上げ、ドルに力を与えた。

ただし、CMEグループのFedWatchツールによると、市場は現在、木曜日の71%に対して、3月の利上げの確率を63%とみている。この展開は、投資家が3月の利上げを継続する前に12月の非農業部門雇用者数(NFP)を待っていることを示唆している。

11月の21万人の失望の増長に続いて、NFPが40万人増加すると市場は予想している。市場のコンセンサスに近い記録は、FRBがそのタカ派の見通しに固執するのに十分なはずである。

トレーダーは賃金インフレの読みに細心の注意を払うだろう。平均時給は、11月の4.8%から12月の年間ベースで4.1%に低下すると予測されている。連邦準備制度理事会は、NFPの1か月の上昇よりも、より持続的な物価圧力への賃金インフレの供給を懸念しており、強い数字はドルの上昇を引き起こす可能性があり、逆もまた同様である。


入り混じった市場にもかかわらず、豪ドル/米ドルは0.7200に進む

豪ドル/米ドルは0.7200に近づき、2022年の第2取引週を前向きに開始する。豪ドルは、オーストラリアのデータが混在しているにもかかわらず、米ドルの反発とアジアの株式のパフォーマンスの低迷にもかかわらず、堅調に取引されている。


WTI:売り手は上昇するウェッジを確認するために$ 78.00を攻撃

WTIは、月曜日のアジアセッション中、日中0.80%下落し、78.00ドルに向けて圧力をかけ続けている。毎月上昇するウェッジ弱気パターンの中でバイヤーの倦怠感から、金曜日の11月中旬以来の最高水準から石油が逆転した。とはいえ、コモディティが80.00ドルのしきい値を超えることができず、ダウンビートのMACDシグナルは、さらにマイナス面を示唆している。


金は 1,785ドルの主要なサポートに向かって下落し、米国のインフレに焦点が当てられる

金は月曜日のアジアセッション中に前日の1,795ドル近くのリバウンドを失いながら、低迷し始める。金価格は、主要なデータ・イベントがない中、および米国の雇用報告と世界的なコロナウイルスの詳細からの最近の混合シグナルによる典型的な市場の不作為を表している。

金曜日に金は3日連続で落ち込み、最後に2週間の安値近くでホバリングしているのが見られた。これは、ヨーロッパ近世のセッション中の1,790ドルの水準をわずかに下回っている。世界的なリスク感情のわずかな改善は、株式市場を取り巻く一般的に前向きな姿勢で示されているように、安全通貨であるXAU/USDの逆風となった。

また、これとは別に、FRBのタカ派の見通しは、金を弱体化させた別の要因と見なされた。水曜日に発表された12月のFOMC会議の議事録は、一部の政策立案者がインフレ高と戦うために金融政策のより早い引き締めを望んでいることを示したことに留意する必要がある。

下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!


今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2022年1月10日
1日中日本 – 成人の日祝日
1日中日本 – 敬老の日祝日
09:30建築許可件数 (前月比) (11月)AUD
19:00失業率 (11月)EUR
火曜日 – 2022年1月11日
09:01BRC小売売上高 (前年比) (12月)GBP
09:30小売売上高 (前月比) (11月)AUD
09:30貿易収支 (11月)AUD
16:00鉱工業生産 (前月比) (11月)GBP
16:00製造業生産 (前月比) (11月)GBP
16:00貿易収支 (11月)GBP
16:00非欧州連合貿易収支 (11月)GBP
19:00ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信EUR
19:20ラガルドECB総裁 発言EUR
23:00FOMCメンバー、メスター談話USD
23:30FOMCメンバー ジョージ 談話USD
水曜日 – 2022年1月12日
00:00FRBパウエル議長証言USD
02:00EIA短期エネルギー見通しUSD
08:50季節調節済み経常収支JPY
08:50経常収支(季節調整なし) (11月)JPY
10:00日銀総裁、黒田発言するJPY
10:30消費者物価指数 (前月比) (12月)CNY
10:30消費者物価指数 (前年比) (12月)CNY
10:30生産者物価指数 (前年比) (12月)CNY
19:00鉱工業生産 (前月比) (11月)EUR
22:30コアCPI (前月比) (12月)USD
22:30コア消費者物価指数 (前年比) (12月)USD
22:30消費者物価指数 (前月比) (12月)USD
22:30消費者物価指数 (前年比) (12月)USD
23:15MPC委員カンリフ氏の発信GBP
木曜日 – 2022年1月13日
00:30原油在庫量USD
00:30クッシング原油在庫USD
00:30ECBのエンリア氏発言EUR
02:00WASDEレポートUSD
03:0010年物中期米国債入札USD
04:00ベージュブック(米地区連銀経済報告)USD
04:00月次連邦財政収支 (12月)USD
06:45建築許可件数 (前月比) (11月)NZD
09:01RICS住宅価格指数 (12月)GBP
18:00欧州中央銀行(ECB)経済報告EUR
18:30イングランド銀行 信用状況調査GBP
19:30欧州中銀(ECB)ルイス・デギンドス副総裁発言EUR
20:30ECBのHakkarainen氏発言EUR
22:30コアPPI (前月比) (12月)USD
22:30失業保険申請件数USD
22:30生産者物価指数 (前月比) (12月)USD
23:30欧州中銀エルダーソン氏発言EUR
金曜日 – 2022年1月14日
12:00中国輸出 (前年比) (12月)CNY
12:00中国輸入 (前年比) (12月)CNY
12:00貿易収支 (米ドル) (12月)CNY
16:00国内総生産 (前月比)GBP
16:00鉱工業生産 (前月比) (11月)GBP
16:00製造業生産 (前月比) (11月)GBP
16:00貿易収支 (11月)GBP
16:00非欧州連合貿易収支 (11月)GBP
16:45消費者物価指数 (前月比) (12月)EUR
16:45フランスHICP (前月比) (12月)EUR
17:00スペイン消費者物価指数 (前年比) (12月)EUR
17:00スペインHICP (前年比) (12月)EUR
18:30労働生産性 (Q3)GBP
19:00貿易収支 (11月)EUR
22:30コア小売売上高 (前月比) (12月)USD
22:30輸出価格 (前月比) (12月)USD
22:30輸入物価指数 (前月比) (12月)USD
22:30小売売上高 (前月比) (12月)USD
22:30ラガルドECB総裁 発言EUR
23:15鉱工業生産 (前月比) (12月)USD
23:15鉱工業生産 (前年比) (12月)USD
土曜日 – 2022年1月15日
00:00企業在庫(前月比) (前月比) (11月)USD
00:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (1月)USD
00:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (1月)USD
00:00小売業在庫(自動車を除く) (11月)USD
01:00連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズ氏の発信USD
05:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
05:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。