「東西FXリサーチ」カナダドルのボラティリティー上昇

2021年7月11日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

カナダドルのボラティリティー上昇

カナダドルは先週、米ドルや日本円などの主要通貨に対する売り圧力に直面した。米ドル/カナダドルの価格行動は118ピップス上昇したが、カナダドルの対円は165ピップス急落しカナダドル安へ。カナダドル安は、リスク食欲の大幅な減少とリフレ取引のより深い巻き戻しから価格が変動した。

原油価格は、週の半ばに-5.5%も下落した後にほぼ-1.0%の下落となった。これは、カナダドルと石油価格の直接的な関係性が深いために、カナダドルにマイナスの影響を及ぼした。 一方、世界の債券利回りの急激な低下は円高にし、カナダドル/円の価格行動を引き下げるのに一役買った。

今後1週間の予測では、市場はカナダドルのボラティリティが加速すると予想している。これは、米ドル/カナダドルおよびカナダドル / 円が直面する 影響を大き与えるイベントリスクが原因の可能性がある。実際、米ドル/カナダドルの1週間のインプライドボラティリティは7.8%で、過去3年間に行われた測定値の上位84パーセンタイルにランクされ、米ドル / 円の1週間のインプライドボラティリティは8.2%であり、20日間の平均値である6.9%を上回っている。

来たるカナダ銀行の金利決定からカナダ銀行は資産購入プログラムをさらに先細りにする準備がある。現在の30億ドルのペースから10億ドル以上QEを減速させると、カナダドルが強気の反応を見せる可能性がある。一方、資産購入プログラムを10億ドル未満に縮小すると、BoCのタカとカナダドルの強気が弱まる可能性がある。言うまでもなく、進行中のOPEC +の行き詰まりは原油価格の上昇圧力を維持するためだが、予定されている会議の見出しや妥協に向けた進展により、売りが再開する可能性がある。

今週のカナダドルの方向性の推進力には、米ドル/CADの価格行動を強化する可能性があるため、米国のCPIデータの発表が含まれる。米国のヘッドラインインフレに関する予想よりも大幅に高い読みを除けば、トレーダーは最近の米ドル高を弱めるように見えるかもしれない。同様に、日銀の金利決定と利回り、特にカナダと日本の国債の金利差に注意を払うことは、カナダドル/ 円の需要を測定するのにも役立つかもしれない。

先週、米ドル/カナダドルの価格の動きは、下降トレンドラインのレジスタンスを上回ったブレイクアウトを楽しんだが、フォロースルーが欠けていることから信用度を低下させた。これは、上部のボリンジャーバンドが前進を食い止めていることが起因している。もし、今週米ドル/カナダドルが弱気になる場合、最新の強気のレッグの20日単純移動平均と中間点のリトレースメントレベルが注目される可能性がある。

しかし、カナダドルの売り圧力が来週再開した場合、主要通貨ペアは、1.2650の価格水準によってもたらされるレジスタンスとの戦いに苦労する可能性がある。このテクニカル的な障害は、4月の高値と200日単純移動平均によって強調されている。 1.2650の価格レベルでのレジスタンスの無効化は、上値へのブレイクアウトを解き放つ可能性がある。基本的に、これは米国のインフレデータが予測を上回り、カナダ銀行が先細りを遅らせ、原油価格が逆風に直面し続けている場合に検討する価値のあるシナリオだろう。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。