FX週間レポート11月4週|EU内でのコロナウイルスの際蔓延により、日本円等の安全通貨への逃避を引き起こした

2021年11月22日



主な点:

  • • 米ドル/円:クリティカル21DMAを上回っている間強気トレーダーは希望を持ち続ける
  • • ユーロ/米ドルは、1,1200 半ばをわずかに超える、数か月ぶりの安値近くで脆弱
  • • 英ポンド/米ドル:弱気トレーダーは主要な1.34サポートを下に落ちることを期待する
  • • 米ドル高の中、豪ドル/米ドルは0.7250に跳ね返る
  • • オープニングセッションで石油が下落
  • • 金は2週間の安値から跳ね返り、FRBの利上げの賭けは利益を制限する可能性あり


米ドル/円:クリティカル21DMAを上回っている間強気トレーダーは希望を持ち続ける

米ドル/円は114.00を超えて取引されており、今週のFRBの議事録に先立って米国債の利回りがイールドカーブを横切ってリバウンドするため、金曜日の売り払うを週間の安値である113.58まで拡大することを目指している。連邦準備制度理事会から利上げのタイミングに関するヒントを得られると言った期待は、利回りの新たな上昇を後押し、ひいては米ドルに利益をもたらした。

米ドル/円は114.00を下回って取引されており、新たなリスク回避の波がユーロ圏でのコロナウィルスの活発な再襲来が市場を掌握した後、過去1時間で60ピップスの急落となった。米ドル/円の4時間足チャートを見ると、売りの勢いが上昇する21単純移動平均(SMA)の114.38をわずかに上回った後、価格は大きな売り圧力にさらされた。

弱気トレーダーが113.87で重要な水平100-SMAに挑戦するため、最新の売りから114.00で強気の50SMAサポートが外れた。後者の下で閉じる4時間ごとのローソク足は、113.64で上向きに傾斜する200-SMAサポートを見せる。

相対力指数(RSI)は正中線を突き抜けており、現在は南を向いていることから、下落の余地がある。任意のリバウンドは50-SMAサポートからレジスタンスに挑戦し、それを超えると21-SMAバリアが再び機能する。ブルズが21-SMAの奪還に成功した場合、114.54での毎日の高値の再テストする可能性がある。

オーストリアは月曜日から全国的な封鎖を発表したが、ドイツは、日本円の安全への逃避を引き起こしたブロック内のコロナウイルスの際蔓延により、国家非常事態にあると述べた。

米ドル高の中でマイナス面は緩和されたままだが、それはセーフヘブンの流れも引き付ける。今後、covidと連邦準備制度理事会の発言が、米ドル/円の新たな取引の推進力になるかどうか注意深く監視する必要がある。


ユーロ/米ドルは、1,1200 半ばをわずかに超える、数か月ぶりの安値近くで脆弱

ユーロ/米ドルは、金曜日に触れた1.1250の16か月の安値をわずかに上回り、1.1300を下回るところとどまっている。連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派の期待は、ヨーロッパにおける新型コロナウイルスの新たな感染拡大のの恐れる中で、米ドルを支え続けた。売られすぎの状態は、弱気のトレーダーが新たな賭けにでることを妨げているが、回復は不明瞭である。

週足チャートは弱気だが、価格は需要領域に移動しており、おそらく修正が必要であり、トレーダーはこれを認識していることから、現時点ではマイナス面へのコミットメントが低い可能性がある。価格行動は確かに弱気であり、バイアスはマイナス面にあるが、弱気は少なくとも38.2%のフィボナッチレベルを待っている可能性がある。価格は、オープンで新鮮な安値に突入し、下落が続くかもしれない。もちろん、最近の価格行動を考えると、これは非常に可能性が高い。ただし、需要地域での販売は、取引戦略の一部として最適な方法ではない場合がある。

売られ過ぎの状況がトレーダーが新しい弱気の賭けにでることを妨げたにもかかわらず、要因の組み合わせが週初日の午前中はユーロ米ドルに重くのしかかった。米ドルは、FRBによる早期の政策引き締めの見通しに引き続き十分に支えられており、新たなCOVID-19拡大への不安定な状態にさらに押し上げられた。

一方、オーストリアは、感染が急増する中、西ヨーロッパで最初に完全な封鎖を課す国であり、ドイツもそれに続く可能性があると述べた。これは、米ドルの比較的安全な避難所の地位にさらに利益をもたらし、ユーロの逆風として機能しました。これは、ECBがより厳格な政策のために市場の賭けを押し戻しているという事実によっても損なわれました。とは言うものの、RSI(14)はすでに30を下回っており、日足チャートで極端に伸びすぎた状態を示している。これは、少なくとも今のところ、それ以上の損失とならなかった唯一の要因と見なされた。月曜日に市場を動かす主要な経済リリースがない場合、ユーロ/米ドルは米ドル価格のダイナミクスに翻弄され続けるだろう。


英ポンド/米ドル:弱気トレーダーは主要な1.34サポートを下に落ちることを期待する

英ポンド/米ドルは、水平方向と動的の両方のサポート構造を考慮すると、この時点で岐路に立っている。強気はここでのコミットを検討している可能性があり、価格は再び1.35 に戻り、潜在的には1.3550になるだろう。

4時間足チャートでは、相対力指数(RSI)指標は70を下回っており、テクニカル的に買われ過ぎになる前に、英ポンド米ドルがより高くエッジする可能性があることを示唆している。上記のように、上昇トレンドラインはそのままで、短期的な強気バイアスを確認している。逆に、1.3550(100周期SMA)は、英ポンド/米ドルが1.3570(静的レベル)に到達する前に次のターゲットとして並ぶ。

サポートレベルは、13500(フィボナッチ61.8%リトレースメント、心理的レベル)、1.3470(フィボナッチ50%リトレースメント、50期間SMA)、1.3440(フィボナッチ38.2%リトレースメント)にあります。

英ポンド/米ドルは木曜日に1.3500近くで強気の勢いを失ったが、11月12日からの上昇トレンドラインを超えて取引が続けられている。技術的な見通しは、英ポンド/米ドルが引き続き上昇する可能性があることを示唆していますが、買い手は、英国のEU離脱(ブレグジット)の新たな展開を待つ間、躊躇し続ける可能性があります。

英国国家統計局が発表したデータによると、金曜日の小売売上高は10月に月次ベースで0.8%増加した。この測定値は、市場の予想である0.5%を上回り、ヨーロッパ最近のセッションで英ポンドは力をつけることができた。さらに、9月 は-0.2%から0%に上方修正された。

週末の前に米国で取り上げられる影響の大きいデータリリースはなく、市場参加者は金曜日にブリュッセルで継続される予定のブレグジット交渉を取り巻くニュースに注意を払うだろう。

アイルランドのサイモン・コヴェニー外相は木曜日にEUの改訂提案に続いて北アイルランド(NI)議定書に妥協することを望まない英国の意欲は「非常に失望した」と述べた。週の初めに、欧州委員会副委員長のマロシュ・シェフチョビッチは、NI議定書の行き詰まりを打開できると「絶対に確信している」と述べた。

12月のイングランド銀行の利上げに対する期待の高まりと今週の予想よりも強いデータリリースは、短期的にはポンドの強さをさらに示す可能性があるが、強気トレーダーはロングポジションをとる前に英国のEU離脱の前向きな展開を模索するだろう。


米ドル高の中、豪ドル/米ドルは0.7250に跳ね返る

豪ドル/米ドル、幅広いリスク回避の中で、金曜日の急な損失を0.7250未満に統合している。市場は、ヨーロッパでの感染拡大とウイルスを含む潜在的なカーブを懸念して、リスクオフモードのままでいる。


オープニングセッションで石油が下落

WTIとブレント先物の価格は金曜日に約3%下落した。今日、アジアのオープンでのスポットオイル1バレルの価格は、米国西テキサス中間(WTI)原油に関して約0.4%下がっている。現在の70.40ドルに戻る前に、75.80ドルのレベルから74.79ドルの安値まで下降した。


金は2週間の安値から跳ね返り、FRBの利上げの賭けは利益を制限する可能性あり

金はアジアのセッションの落ち込みを2週間近くの安値に戻し、最後に1日の取引範囲の上限近くの水準をわずかに下回っている1,850ドルでホバリングが見られた。これは、ヨーロッパで悪化しているCOVID-19の状況は、従来のセーフヘブンの資産に利益をもたらした重要な要因であることが判明した。

タカ派的なFRBの期待と米ドル高は、金価格のさらなる上昇を制限し続ける可能性がある。実際、FRBの先物は、2022年7月までにFRBの利上げが行われる可能性があり、11月までに再利上げされる可能性が高いことを示している。

米国の中央銀行は金利引き上への余地を広げるために先細りのペースを速めるべきであるとのFRBのクリストファー・ウォーラー総裁のコメントしたことによって、憶測はさらに煽られた。連邦準備制度による早期の政策引き締めの見通しは、米国債の利回りの追い風となった。これは、米ドルを取り巻く一般的な強気の感情とともに、トレーダーによるドル建ての商品に積極的な強気の賭けにでることを妨げるだろう。

しかしながら、金は今のところ、先週設定された数ヶ月のピークからの修正的な引き戻しを失速させ、2日連続で負けた。米国から重要な経済的リリースがない場合、米ドルの価格ダイナミクスと米国の債券利回りは、利回りのない金に影響を与え続けるだろう。トレーダーはさらに、コロナウイルスを取り巻く話題の展開から手がかりを得て、XAU / USD周辺の短期的な機会をつかむだろう。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2021年11月22日
10:30PBoC ローンプライムレートCNY
17:30総合PMI (10月)GBP
20:00CBI製造業受注指数 (11月)GBP
21:30卸売売上高 (前月比)CAD
火曜日 – 2021年11月23日
1日中日本 – 公休日祝日
00:00中古住宅販売 (前月比) (10月)USD
00:00中古住宅販売戸数 (10月)USD
06:45小売売上高 (前期比) (Q3)NZD
07:45コア小売売上高 (前期比)NZD
16:00国内総生産 (前年比) (Q3)EUR
16:00国内総生産 (前期比) (Q3)EUR
17:15製造業購買担当者景気指数 (11月)EUR
17:15サービス業購買担当者景気指数 (11月)EUR
17:30製造業購買部協会景気指数 (10月)GBP
17:30サービス業購買部協会景気指数 (10月)GBP
17:30製造業購買部協会景気指数 (11月)EUR
17:30サービス業購買部協会景気指数 (11月)EUR
18:00製造業購買担当者景気指数 (11月)EUR
18:00マーケット総合PMI (11月)EUR
18:00サービス業購買部協会景気指数 (11月)EUR
20:00MPC ハスケル委員発言GBP
23:45製造業購買管理者指数 (11月)USD
23:45マーケット総合PMI (11月)USD
23:45サービス業購買部協会景気指数 (11月)USD
水曜日 – 2021年11月24日
06:30米国石油協会 週間原油在庫USD
07:15オーストラリア準備銀行 ブロック総裁補発言AUD
09:30建築完了件数 (前期比) (Q3)AUD
09:30Nikkeiサービス業PMI (11月)JPY
09:40オーストラリア準備銀行 ブロック総裁補発言AUD
10:00政策金利発表NZD
10:00RBNZ金融政策発表NZD
10:00RBNZ政策金利声明NZD
11:00RBNZ記者会見NZD
18:00景気予測 (11月)EUR
18:00現況分析 (11月)EUR
18:00IFO景況指数 (11月)EUR
20:00CBI製造業受注指数 (11月)GBP
22:30コア耐久財受注 (前月比) (10月)USD
22:30耐久財受注 (前月比) (10月)USD
22:30国内総生産 (前期比) (Q3)USD
22:30GDP物価指数 (前期比) (Q3)USD
22:30良好な貿易収支 (10月)USD
22:30失業保険申請件数USD
22:30小売業在庫(自動車を除く) (10月)USD
23:30BoE 金融政策委員会テンレイロ委員発言GBP
木曜日 – 2020年11月25日
1日中アメリカ – 感謝祭祝日
00:00コアPCE物価指数 (前月比) (10月)USD
00:00個人消費支出価格指数コア (前年比) (10月)USD
00:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (11月)USD
00:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (11月)USD
00:00新築住宅販売 (前月比) (10月)USD
00:00新築住宅販売戸数 (10月)USD
00:00個人消費支出物価指数 (前年比) (10月)USD
00:00個人消費支出価格指数 (前月比) (10月)USD
00:00個人支出 (前月比) (10月)USD
00:30原油在庫量USD
00:30クッシング原油在庫USD
04:00FOMC議事要旨USD
06:45貿易収支 (前年比) (10月)NZD
06:45貿易収支 (前月比) (10月)NZD
09:30民間新規設備投資 (前期比) (Q3)AUD
16:00国内総生産 (前年比) (Q3)EUR
16:00国内総生産 (前期比) (Q3)EUR
16:00GfK独消費者信頼感指数 (12月)EUR
22:30ラガルドECB総裁 発言EUR
23:05MPC ハスケル委員発言GBP
金曜日 – 2021年11月26日
00:00アメリカ – 感謝祭 – 13:00に早引け祝日
02:00BOEベイリー総裁発言GBP
08:30東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (11月)JPY
08:30東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (11月)JPY
09:30小売売上高 (前月比) (10月)AUD
16:30雇用水準 (Q3)CHF
17:00国内総生産 (前期比) (Q3)CHF
17:00スイス国内総生産 (前年比) (Q3)CHF
17:00ラガルドECB総裁 発言EUR
土曜日 – 2021年11月27日
03:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
03:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。