FX週間レポート 10月3週|米国T債利回りの上昇により、米ドル/円は114.50近くで数年ぶりの高値に上昇

2021年10月18日



主な点:

  • • 米国T債利回りの上昇により、米ドル/円は114.50近くで数年ぶりの高値に上昇
  • • ユーロ/米ドルは、USDの反発とハト派のECBの中で、1.1600を下回る圧力が続く
  • • 米ドル安とベイリーのコメントが出される中、英ポンド/米ドルは1.3750以上も見られる
  • • 豪ドル/米ドルは、0.7425-30地域付近で、数週間のトップ近くの上昇を固守する
  • • WTIは供給が圧迫する中、81.50ドル近くで7年ぶりの高値を更新
  • • XAU/USDは、明るい米国のデータと急上昇する米国の債券利回りで1,770ドルのエリアに急落


米国T債利回りの上昇により、米ドル/円は114.50近くで数年ぶりの高値に上昇

米ドル/円は、初期のアメリカセッションで強気が続いている。米国債の10年物利回りは3%以上上昇しており、9月の米国の小売売上高は予想外に増加した。米ドル/円は、アメリカセッションの早い取引時間に毎日の上昇を伸ばし、最後に過去3年間で最強の114.44で取引され、毎日0.68%上昇した。

3日間のスライドに続く米国債の利回りで目撃された決定的なリバウンドは、週末に先立って米ドル/円の上昇を後押ししているようだ。ベンチマークとなる10年物米国T債券利回りは、現在、当日3.37%上昇して1.565%となっている。

一方、米国からの明るいデータは、米ドルが主要なライバルに対して回復力を維持するのに役立っているようだ。現時点では、米ドルインデックスは94.02でわずかな日次上昇を記録している。米国国勢調査局は金曜日に、9月の小売売上高が月次ベースで0.7%増加して9月の6,254億ドルになったことを報告した。この測定値は、0.2%の縮小に対する市場の期待を上回った。

一方、米国の株価指数先物は、オープニングベルの数分前にプラスの領域にとどまり、リスクがプラスの市場環境により、米ドル/円が強気の勢いを維持できる可能性が高いことを示唆している。

セッションの後半では、ミシガン大学の10月の暫定的な消費者心理指数データが米国からの今週の最後のデータリリースになる。


ユーロ/米ドルは、USDの反発とハト派のECBの中で、1.1600を下回る圧力が続く

米ドルの需要を押し上げる債券の利回りが上昇する中、ユーロ/米ドルは1.1600に向けて圧力をかけ続けている。中国経済の減速の中でのリスクオフムードもまた、安全通貨のドルを支えている。連邦準備制度理事会の発表と米国のデータが待たれている。

月曜日の静かなセッションでは、ユーロ/米ドルが下落し、顕著な牽引力のない狭いトレードバンドにとどまる。日足チャートでは、ユーロ/米ドルは、火曜日の1.1524前後の年間安値をテストしながら、1.1600未満の安値で10月のシリーズを開始した。スポットはすでに21日と50日の単純移動平均(SMA)を下回って取引されており、下振れリスクを示している。

欧州中央銀行(ECB)のハト派のスタンスがユーロに重きを置いているのに対し、投資家は11月のFRBの漸減に備えている。失望的な中国のGDPデータに続いて、リスクセンチメントは悪化する。S&P 500先物は4,461で取引されており、当日は0.03%下落していることは注目に値する。

ECBのクリスティーヌ・ラガルド総裁は、パンデミックの影響が長引く中、中央銀行は引き続きユーロ圏経済を支援すると述べ、インフレについての以前のコメントに「大部分は一時的」であると付け加えた。ECB理事会メンバーのクラスノットはインフレ懸念と短期的な利上げシナリオの見通しに肩をすくめた。

経済データの面では、ユーロ圏の産業生産高は、7月に修正された1.4%の成長に続いて、8月に1.6%減少した。今のところ、トレーダーは米国の工業生産データ、米連邦準備制度理事会のクォーレススピーチが新たな貿易の推進力となることが期待されている。


米ドル安とベイリーのコメントが出される中、英ポンド/米ドルは1.3750以上も見られる

英ポンド/米ドルは、今週の最初の取引日に上昇する。米ドルインデックスは、リスクセンチメントの改善により94.00未満で取引されている。タカ派のBOE、ブレクジットの見出し、および一般的なリスクオンムードは、スターリングの見通しに影響を与える。

英ポンド/米ドルは、200 SMAの上の4時間足チャートの最後のローソク足を閉じ、現在、9月下旬から1.3740で来る上昇回帰チャネルの上限をテストしている。短期的なテクニカル的見通しは依然として強気だが、相対力指数(RSI)指標は再び買われ過ぎの領域に近づいている。木曜日に、RSIが70に触れた後、ペアは60ピップの修正を行い、同様の反応が期待された。

1.3750(9月23日高値)は、英ポンド/米ドルが1.3800(心理的レベル)をターゲットにする前の次のレジスタンスとして調整される。欠点としては、1.3700(回帰チャネルの中央線、心理的レベル、200期間のSMA)は、1.3660(回帰チャネルの下部の線、20期間のSMA)および1.3600(心理的レベル/ 100 SMA)の前の最初のサポートと見なすことができる。

木曜日に英ポンド/米ドルは1.3700を超えた毎日の終値とはならなかった。金曜日に英ポンド/米ドルが強気の勢いを取り戻したようで、買い手は落胆していない。プレスの時点で、英ポンド/米ドルは1.3730を超える3週間で最高レベルで取引されていた。

欧州連合が今週、北アイルランド議定書の変更案を発表した後、欧州委員会副委員長のマロシュ・シェフチョビッチと英国のEU離脱協定の実施を担当する英国の大臣であるデビッド・フロストが金曜日にブリュッセルで会合に参加する。

ブレクジットに関しては考えられるシナリオの中で、1つだけが英ポンドの強さの維持に役立つだろう。英国のボリス・ジョンソン首相は、議定書の変更を受け入れ、英ポンド高にすることができる。首相がそれを拒否した場合、投資家は再び状況を評価しなくてはならない。最後に、ジョンソンは取引の再交渉を試みたが、EUが完全に却下したため、このオプションは、GBPの強気を伸ばす可能性は低い。

フィナンシャルタイムズによると、EU加盟国は、英国がNIプロトコルを一時停止した場合に備えて、緊急時対応計画を作成するようEU委員会に要請している。

その間、米ドルは水曜日の落ち込みの後、ライバル通貨に対して比較的回復力を維持しており、ブレクジットの見出しが英ポンド/米ドルの動きに大きな影響を与える可能性があることを示唆している。金曜日のベンチマーク10年米国T債券利回りは1%以上上昇しており、利回りが引き続き上昇した場合、投資家は米ドルを売るのに苦労する可能性がある。

9月の小売売上高とミシガン大学の米国からの暫定的な10月のセンチメントインデックスデータは、週末に先立って新たな推進力を見つけるのに役立つだろう。


豪ドル/米ドルは、0.7425-30地域付近で、数週間のトップ近くの上昇を固守する

豪ドル/米ドルは金曜日にフォロースルーの牽引力を獲得し、最大5週間のトップを記録した。適度な米ドル安であるリスクオンムードは、よりリスクの高いオーストラリアドルに利益をもたらした。米国債利回りのリバウンドは、通貨ペアの米ドルの損失と利益の制限に役立った。


WTIは供給が圧迫する中、81.50ドル近くで7年ぶりの高値を更新

原油は上昇を続けており、1週間で約3%の急増に向けて順調に進んでおり、8月20日以降上昇を続けている。原油価格は、供給サイドの懸念と米国の原油備蓄の減少による燃料需要の増加の中で上昇している。


XAU/USDは、明るい米国のデータと急上昇する米国の債券利回りで1,770ドルのエリアに急落

先週の金曜日に金価格は低下し、米ドルの回復力と米国債券利回りの急上昇に圧力がかかったアメリカセッションの早い取引時間に、その下落を1日あたり最低の1,770ドルまで広げた。フォロースルーの上方バイアスが欠けている中、金は最近の急上昇を強化しており、1798ドル前後のかなりのレジスタンスレベルの密集クラスターが、買い手の打破を難しくしている。

明るい市場ムードの中で米国債の利回りと連動して反発するため、金価格は1800ドルをわずかに上回る月間高値から逆転している。米国の堅調な企業収益は、インフレリスクの高まりに対する懸念を和らげ、安全な金を犠牲にして投資家の感情を高めている。一方、トレーダーは金の決定的な動きについて米国の消費者中心のデータを待っているため、1800ドルを超えるホールドを見つけることができず、金価格は下落した。

下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2020年10月18日
1日中カナダ – 感謝祭祝日
06:45消費者物価指数 (前期比) (Q3)NZD
06:45消費者物価指数 (前年比) (Q3)NZD
11:00固定資産投資 (前年比) (9月)CNY
11:00中国国内総生産 (前期比) (Q3)CNY
11:00国内総生産(GDP) (前年比) (Q3)CNY
11:00中国国内総生産YTD (前年比) (Q3)CNY
11:00鉱工業生産 (前年比) (9月)CNY
11:00中国鉱工業生産 (前年比) (9月)CNY
11:00統計局記者会見CNY
21:15住宅着工件数 (9月)CAD
21:30対外証券投資 (8月)CAD
22:15鉱工業生産 (前月比) (9月)USD
22:15鉱工業生産 (前年比) (9月)USD
23:30カナダ銀行企業景況感調査CAD
火曜日 – 2020年10月19日
03:00月次連邦財政収支USD
05:00ネット長期TICフロー (8月)USD
10:30金融政策委員会議事要旨AUD
21:05BOEベイリー総裁発言GBP
21:30建築許可 (前月比) (9月)USD
21:30建築許可件数 (9月)USD
21:30住宅着工、変化 (前月比) (9月)USD
21:30住宅着工件数 (9月)USD
23:30世界乳製品取引価格指数NZD
水曜日 – 2020年10月20日
00:00米国 連邦公開市場委員会
メアリー・デイリー委員発言
USD
03:50FOMCボスティック委員発言USD
05:30米国石油協会 週間原油在庫USD
08:50輸出 (前年比) (9月)JPY
08:50貿易収支 (9月)JPY
10:30PBoC ローンプライムレートCNY
15:00消費者物価指数 (前年比) (9月)GBP
15:00消費者物価指数 (前月比) (9月)GBP
15:00生産者物価指数(原材料価格) (前月比) (9月)GBP
15:00生産者物価指数 (前月比) (9月)EUR
17:00コアCPI (前月比) (9月)ZAR
17:00消費者物価指数 (前月比) (9月)ZAR
18:00コア指数 (前年比) (9月)EUR
18:00消費者物価指数 (前月比) (9月)vEUR
18:00消費者物価指数 (前年比) (9月)EUR
18:4010年物独国債入札EUR
21:30消費者価格指数コア (前年比) (9月)CAD
21:30コアCPI (前月比) (9月)CAD
21:30消費者物価指数 (前月比) (9月)CAD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2020年10月21日
09:30ナショナル・オーストラリア銀行景況感指数AUD
15:00GfK独消費者信頼感指数 (11月)EUR
18:0010年物スペイン国債入札EUR
18:00スペイン15年負債オークションEUR
18:00スペイン50年負債オークションEUR
19:00CBI製造業受注指数 (10月)GBP
21:30失業保険申請件数USD
21:30フィラデルフィア連銀製造業景気指数 (10月)USD
21:30フィリー連銀雇用 (10月)USD
21:30新築住宅価格指数 (前月比) (9月)CAD
23:00中古住宅販売 (前月比) (9月)USD
23:00中古住宅販売戸数 (9月)USD
金曜日 – 2021年10月22日
04:00ロウRBA総裁発言AUD
08:30全国コアCPI (前年比) (9月)JPY
08:30全国消費者物価指数 (前月比)JPY
09:30Nikkeiサービス業PMIJPY
15:00小売売上高コア(前年比) (前月比) (9月)GBP
15:00小売売上高コア(前月比) (前年比) (9月)GBP
15:00小売売上高(前月比) (前年比) (9月)GBP
15:00小売売上高(前年比) (前月比) (9月)GBP
16:15製造業購買担当者景気指数 (10月)EUR
16:15サービス業購買担当者景気指数 (10月)EUR
16:30製造業購買部協会景気指数 (10月)EUR
16:30サービス業購買部協会景気指数 (10月)EUR
17:00製造業購買担当者景気指数 (10月)EUR
17:00マーケット総合PMI (10月)EUR
17:00サービス業購買部協会景気指数 (10月)EUR
21:30コア小売売上高 (前月比) (8月)CAD
21:30小売売上高 (前月比) (8月)CAD
22:45製造業購買管理者指数 (10月)USD
22:45マーケット総合PMI (10月)USD
22:45サービス業購買部協会景気指数 (10月)USD
23:00米国 連邦公開市場委員会
メアリー・デイリー委員発言
USD
土曜日 – 2021年10月23日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。