FX週間レポート10月4週|FRBが先細りを示唆し、中国恒大集団は米ドル債の利息支払い

2021年10月25日



主な点:

  • • 米ドル安の中で米ドル/円は113.50を下回る
  • • ユーロ/米ドルは、堅調なセンチメントが米ドル相場に下落圧力をかかり、1.1655のレジスタンスを超える
  • • 英ポンド/米ドル:買い手は100日SMA未満で1.3750を防御
  • • 豪ドル/米ドルは中国の楽観主義とドルの売りで0.7500に向かって跳ね返る
  • • WTIは、センチメントが低迷しているにもかかわらず、84.00ドル近くで数か月ぶりの高値を付ける
  • • 金は主要なハードルの周りで平らなまま


米ドル安の中で米ドル/円は113.50を下回る

米ドル/円は、米ドルに対する一貫した下落圧力を受けて、月曜日には4日連続で下落した。米ドル/円は水曜日に114.69近くの2018年の最高値から下落した。パウエル氏のコメントの中で、投資家は金利引き上げの期待に値を付けている。

恒大集団(エバーグランデ)からの受託者口座への債券(利付債)に資金の利用を可能にしたといった報告は、中国の不動産セクターにおける信用収縮についての懸念を緩和させた。また、今度は、安全通貨である日本円を弱体化させ、米ドル/円の追い風となった。一方、米ドルはこれまでのところ、前日の3週間の安値からの好調な反発を利用できていない。これは、米ドル/円を押し上げなかったり、114.20エリア付近の初期の上昇を抑えた重要な要因と見なされていた。しかし、日米国債の利回り格差がさらに拡大する中、マイナス面は緩和されたままでいる。

実際、FRBによる早期の政策引き締めが期待される中、ベンチマークである米国10年債の利回りは1.683%に上昇し、5月13日以来の最高水準になった。憶測は、連邦準備制度理事会のクリストファー・ウォーラー総裁からのコメントによって強まった。クリストファー・ウォーラー総裁は、今年の残りにインフレ率が高止まりし続けるならば、米国の中央銀行はより速く行動しなければならないかもしれないと言いました。

逆に、日本銀行のールドカーブ・コントロール(YCC)政策により、日本国債10年の年利回りはほぼゼロのままとなった。これは、積極的な弱気トレーダーにとって、そして今週初めにつけた過去4年の高値からの最近の引き戻しの前に注意が必要である。

トレーダーは現在、北米セッションの初期の後半に新たな推進力となるフラッシュ購買担当者景気指数(PMI)のリリースを待っている。これは、米国の債券利回りとともに、米ドルの価格ダイナミクスに影響を与える。トレーダーはさらに、より広い市場リスク感情から米ドル/円の周りの短期的な機会の手がかりを得るだろう。

米ドル/円は、フォロースルーがなく、114.00前後で取引されているのが最後に見られたものの、ヨーロッパセッションに向けて日中の控えめな上昇を維持した。米ドル/円は1週間の安値から一晩で跳ね返り、金曜日の取引アクションの初期にある程度の牽引力を得た。


ユーロ/米ドルは、堅調なセンチメントが米ドル相場に下落圧力をかかり、1.1655のレジスタンスを超える

ユーロ/米ドルは日中の高値を更新し、金曜日の回復の動きを広げる。控えめな米国債の利回りと混合感情は米ドルを圧迫する。欧州中央銀行(ECB)と米GDPに焦点が当てられているが、中国の見出しと連邦政府の先細りの懸念にも焦点が当てられている。

ユーロ/米ドルは、強気のMACDシグナルの中で、10日および21日EMAを上回って堅調に推移しており、9月22日から1.1655付近で下向きの抵抗線に向かってさらに前進していることを示唆している。ただし、8月の1.1665前後の安値は、1.1755付近の9月下旬の高値に向けた相場の追加の上昇の説明をつける。一方、1.1630-25に近い記載されたEMAは、1.1600のしきい値と1.1570のサポートレベルを上回る短期的なユーロ/米ドルの下落に挑戦する。

米国の10年物国債利回りは1.3ベーシスポイント(bps)低下して1.642%になり、S&P 500先物はプラスに転じ、金曜日に記録的な高値を記録した。この動きの背後には、待望のインフラ支出取引に関する合意に向けた米国の政策立案者の楽観的な見方がある。同時に、中国のエバーグランデから、最新の6つを含む16の都市で建設工事が再開されたというニュースがあった。問題を抱えた不動産業者は、先週、米ドル債に8350万ドルの利息を支払い、市場のストレスを和らげた。さらに、中国人民銀行(PBOC)が金融システムを保護するための取り組みは、最近では正味1,900億元の注入によって、市場のムードを明るくした。

ただし、金曜日のジェローム・パウエル議長からのコメントは、先細りを支持し、ユーロ/米ドルの強気に挑戦する他のFRBの政策立案者とリンクしていることに注意する必要がある。また、中国での不安は、米国債券の利回りを支える手がかりにもなる。ロイター通信によると、国家保健委員会のスポークスマンであるミ・フェン氏は、週末に「季節的要因に助けられて、発生がさらに広がる可能性があるリスクが高まっている」と述べた。

10月のドイツのIFO数は、9月の米国シカゴ連銀全国活動指数に先行し、10月のダラス連銀製造業指数は日中の強気トレーダーの注目を集めるだろう。ただし、木曜日の重要なイベントに先立ち、米国財務省の利回りに大きな注意が払われる。


英ポンド/米ドル:買い手は100日SMA未満で1.3750を防御

英ポンド/米ドルは、アジアの取引時間の早朝に高値をつける。ペアは弱気の傾斜線の下1.3850付近で強いレジスタンスがあります。MACDは、根底にある中立的な感情で横方向の勢いを示している。

英ポンド/米ドルは、期待外れの小売売上高データの発表後に上昇回帰チャネルの下限をテストしたが、このレベルは当分の間変わりそうにない。さらに、4時間足チャートの相対力指数(RSI)指標は、60に向かって高くなっている。これは、売り手によるコントロールが厳しくなっていることを表している。

英ポンド/ 米ドルが1.3780(トレンドサポート)を下回り、そこでクローズした場合、テクニカル的な見通しは弱気になる可能性がある。その場合、1.3760(静的レベル)および1.3700(心理的レベル、200SMA)へのスライドが見られるかもしれない。

一方、チャネルの中央の線は、1.3840/50(静的レベル、チャネルの上部の線)および1.3880(静的レベル)よりも1.3820で最初のレジスタンスを形成している。英国ポンドは、英国の期待外れの小売売上高データによって圧力がかかり、9月に0.2%の縮小を示したのに対し、市場の予想は0.5%増加した。それにもかかわらず、明るい10月のPMIの数字は、英ポンドが米ドルに対して回復力を維持するのに役立っている。

IHS Markitは金曜日に、英国の民間企業の経済活動が9月よりも10月初旬に強いペースで拡大し、製造業PMIとサービス業PMIがそれぞれ57.7と58に改善したと報告した。さらに重要なことに、価格圧力に関する調査の根底にある詳細が、イングランド銀行による利上げ見通しの要素になっている。

IHSMarkitのチーフビジネスエコノミストであるクリス・ウィリアムソン氏は、調査結果について、成長には前例のないインフレ圧力の高まりが伴うと述べた。「PMI調査の価格ゲージの記録的な測定値は、必然的にこれらのインフレ懸念にさらなる燃料を注ぎ込み、より高い金利のケースに加わる。」

英国のEU離脱関連の進展について、英国のボリス・ジョンソン首相は、北アイルランドでのEU法の適用を解釈する上での欧州司法裁判所の役割について妥協する準備ができていると伝えられている。一方、リスクオン市場のトーンは、週末に先立ってドル高になることを妨げている。

木曜日に6日間の連敗を記録した後、投資家はジョー・バイデン米大統領の支出法案に関する合意に期待が寄せられているため、米ドルインデックスは93.60を下回るマイナスの領域にとどまっている。現在の状況では、基本的な見通しは短期的に強気の見方をサポートしている。


豪ドル/米ドルは中国の楽観主義とドルの売りで0.7500に向かって跳ね返る

豪ドル/米ドルは、不動産セクターに関する新たな中国の楽観論の中でリスク感情が回復する中、0.7500に方向に戻ってきている。市場のムードが改善する中、米ドルは再び下落した。投資家は、米国のトップテクノロジー企業からの主要な収益を待っている。今週はオーストラリアのCPIと米国のGDPに引き続き焦点が当てられる。


WTIは、センチメントが低迷しているにもかかわらず、84.00ドル近くで数か月ぶりの高値を付ける

WTIは、月曜日のアジアセッション中、日中0.15%上昇し、約83.85ドルで堅調に推移している。エネルギーベンチマークは、米ドル安とさらなるエネルギー需要への期待の中で、前日の7年ぶりの高値を更新した。しかし、最近の入り混じった懸念は、最近の石油購入者を懸念している。


金は主要なハードルの周りで平らなまま

金は月曜日の初めの取引中に1,795ドルの主要レジスタンス周辺なレジスタンスで5日間の上昇傾向を記録している。金は前日の米ドル安の恩恵を受けて数日間のトップを更新したが、200DMAを超える日間の終値と6月からの下降トレンドラインを提供できなかった。

ビットコインは史上最高値に達し、株価はそれに続いている。金がさらに高くなる時がきたのだろうか?XAU/USDは、少なくとも1,800ドルを上回っている。先週の上向きの動きは決定的ではないことが分かったが、この最新の急上昇はより実質的である。金はすでに1,805ドルの価値があった。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2020年10月25日
1日中ニュージーランド – レイバーデイ祝日
17:00景気予測 (10月)EUR
17:00現況分析 (10月)EUR
17:00IFO景況指数 (10月)EUR
21:30卸売売上高 (前月比)CAD
22:00BoE 金融政策委員会テンレイロ委員発言GBP
火曜日 – 2020年10月26日
22:00S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市)
(前年比) (8月)
USD
23:00消費者信頼感指数 (10月)USD
23:00新築住宅販売戸数 (9月)USD
23:00新築住宅販売 (前月比) (9月)USD
水曜日 – 2020年10月27日
05:30米国石油協会 週間原油在庫USD
06:45貿易収支 (前年比) (9月)NZD
06:45貿易収支 (前月比) (9月)NZD
09:00企業景況感指数 (10月)NZD
09:30消費者物価指数 (前期比) (Q3)AUD
09:30消費者物価指数 (前年比) (Q3)AUD
09:30トリム平均CPI (前期比) (Q3)AUD
15:00GfK独消費者信頼感指数 (11月)EUR
21:30コア耐久財受注 (前月比) (9月)USD
21:30耐久財受注 (前月比) (9月)USD
21:30良好な貿易収支 (9月)USD
21:30小売業在庫(自動車を除く) (9月)USD
23:00BOC金融政策レポートCAD
23:00カナダ銀行政策金利発表CAD
23:00政策金利発表CAD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2020年10月28日
00:00加中銀記者会見CAD
08:50小売業販売額 (前年比) (9月)JPY
未定日銀金融政策発表JPY
未定日銀展望レポート (前年比)JPY
12:00政策金利発表JPY
16:00スペインHICP (前年比) (10月)EUR
16:55失業率 (10月)EUR
16:55独失業率 (10月)EUR
18:4510年物イタリア国債入札EUR
20:45預金ファシリティ率 (10月)EUR
20:45欧州中銀限界常設貸出ファシリティーEUR
20:45政策金利発表 (10月)EUR
21:00消費者物価指数 (前月比) (10月)EUR
21:30国内総生産 (前期比) (Q3)USD
21:30GDP物価指数 (前期比) (Q3)USD
21:30失業保険申請件数USD
21:30欧州中央銀行記者会見EUR
23:00中古住宅販売保留 (前月比) (9月)USD
金曜日 – 2021年10月29日
08:30仕事/求職率 (9月)JPY
08:30東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (10月)JPY
08:30東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI)
(前月比) (10月)
JPY
08:50鉱工業生産 (前月比) (9月)JPY
09:30生産者物価指数 (前期比) (Q3)AUD
09:30生産者物価指数 (前年比) (Q3)AUD
09:30民間部門信用 (前月比) (9月)AUD
09:30小売売上高 (前月比) (9月)AUD
14:30個人消費 (前月比) (9月)EUR
14:30国内総生産 (前期比) (Q3)EUR
15:45消費者物価指数 (前月比)EUR
15:45フランスHICP (前月比)EUR
16:00全国的住宅価格指数 (前年比) (10月)GBP
16:00ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) (10月)GBP
16:00KOF先行指数 (10月)CHF
16:00小売売上高 (前月比) (9月)EUR
16:00国内総生産(GDP) (前期比) (Q3)EUR
17:00国内総生産 (前期比) (Q3)EUR
17:00国内総生産 (前年比) (Q3)EUR
18:00消費者物価指数 (前月比) (10月)EUR
18:00消費者物価指数 (前月比)EUR
18:00消費者物価指数 (前年比) (10月)EUR
18:00国内総生産 (前年比)EUR
18:00国内総生産 (前期比)EUR
21:30コアPCE物価指数 (前月比) (9月)USD
21:30個人消費支出価格指数コア (前年比) (9月)USD
21:30雇用コスト指数 (前期比) (Q3)USD
21:30個人消費支出物価指数 (前年比) (9月)USD
21:30個人消費支出価格指数 (前月比) (9月)USD
21:30個人支出 (前月比) (9月)USD
21:30国内総生産 (前月比) (8月)CAD
21:30原材料価格指数 (前月比) (9月)CAD
22:00S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市)
(前年比)
USD
22:45シカゴ購買部協会景気指数 (10月)USD
23:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (10月)USD
23:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (10月)USD
土曜日 – 2021年10月30日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
21:30原材料価格指数 (前月比)CAD



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。