FX週間レポート12月5週|般的なリスクオン環境は、安全な日本円を引き続き弱体化させた

2021年12月27日



主な点:

  • • 米ドル/円は114.00を超えて低迷し、日本の小売売上高を無視、日銀の意見の要約が発表される
  • • ユーロ/米ドルは1.1300を守るのに苦戦、主要なSMAは弱気を試す
  • • ブレグジットとオミクロン恐怖による流動性の少なさによって英ポンド/米ドルは約1.3400近辺での揉み合いが続いている
  • • 豪ドル/米ドル:日中の安値で跳ね返るが、0.7250付近で高止まり
  • • WTI:200-SMAは売り手を73.00ドルに押し上げる
  • • オミクロンがセンチメントを圧迫する中、金は1,800ドルに向かって下落


米ドル/円は114.00を超えて低迷し、日本の小売売上高を無視、日銀の意見の要約が発表される

月曜日の最初の東京時間の取引セションでは、米ドル/円は明確な方向性を求めて奮闘している。米ドル円は国内の触媒にも少し注意を払いながら、休日の感情を表わしている。年末年始、オミクロンと軽い経済カレンダーの混合手がかりは市場の動きを制限する。

米ドル/円は、曜日のヨーロッパ近世のセッションを通じて範囲内にとどまり、最後に見られたのは114.00半ばのすぐ下、または先週の金曜日に1か月近くの高値を付けた。

株式市場での最近の反発の続きによって示されるような一般的なリスクオン環境は、安全な日本円を引き続き弱体化させた。これは、米ドルと円の通貨ペアの追い風となり重要な要因と見なされていたが、米ドルの動きが抑制されたことで意味のある上振れは制限された。

最近の楽観的な見方は、現在のワクチンがオミクロン変異体の治療に最初に考えられたよりも効果的である可能性があることを示す報告による。これに加えて、研究は、オミクロン感染による入院の可能性が低くなることを示した。これは、認識されたよりリスクの高い資産に対する投資家の欲求をさらに高めた。

強気のトレーダーは、FRBのタカ派の見通しと木曜日に発表された強力な米国のインフレデータに支えられて、米国財務省の債券利回りの最近の上昇からさらに手がかりを得た。いわゆるドットプロットは、FRBの当局者が来年少なくとも3回フェデラルファンド金利を引き上げることを期待していることを示したことを念頭に置く必要があるだろう。

個人消費支出(PCE)価格指数(FRBの推奨インフレゲージ)は11月に前年比5.7%に加速し、1982年以来最大の年間成長率を記録した。これにより、2022年3月のFRBのリフトオフ(実質ゼロ金利解除)に対する期待が高まり、米ドルのディップバイと米ドル/円のペアのさらなる利益をサポートする。

しかし、投資家は、年末の流動性の低迷と関連する市場の動きのある経済的リリースがない中で、積極的な賭けをすることに消極的であるように見えた。これは、米ドル/円がレンジバウンドの価格行動を延長し、過去3週間ほどで記録された最近の上昇を統合する可能性が高いことを示唆している。


ユーロ/米ドルは1.1300を守るのに苦戦、主要なSMAは弱気を試す

月曜日の休日の薄いアジアの取引セッションの間、ユーロ/米ドルは1.1300に向かって圧力をかけられ続ける。ユーロ/米ドルは前日の1.1305近くの200SMAレベルで跳ね返ったが、ウイルス主導の市場の懸念が価格を圧迫しているようだ。

4時間足チャートでは、相対力指数(RSI)指標が60前後で横ばいに動いており、売り手が当面ペアに関心を示さないことを示唆している。さらに、同チャートの最後の4つのローソク足は、200期間のSMAの上で閉じて、短期的に強気のバイアスが確認される。

的抵抗は、1.1360(12月16日のECB後の高値)および1.1380(11月30日の高値)よりも1.1340で形成されたようだ。欠点として、サポートは1.1310(200期間のSMA)と1.1290(50期間のSMA)にある。

金曜日にユーロ/米ドルは、クリスマスイブに取引行動が抑制されたため、1.1300年代半ば頃に安定した。短期的な強気の見通しはユーロ/米ドルにとって無傷のままだが、薄い取引条件はその日の残りの動きを制限する可能性がある。

米国経済分析局が発表したデータによると、FRBが推奨するインフレ指標である年間コア個人消費支出(PCE)価格指数は、10月の4.2%から11月には4.7%に急上昇しました。この印刷物は市場の予想4.2%を上回り、ドルがその日の後半にライバルに対して回復力を維持するのに役立った。

インフレ報告後、ベンチマークの10年国債利回りは1.5%に向かって上昇し、CMEグループのFedWatch Toolによると、市場は3月に25ベーシスポイントのフェデラル・ファンド(FF)金利引き上げの53.8%の確率で値を付けている。

米国の債券と株式市場は金曜日に閉鎖され、投資家は月曜日のテクニカルレベルに目を光らせる。


ブレグジットとオミクロン恐怖による流動性の少なさによって英ポンド/米ドルは約1.3400近辺での揉み合いが続いている

月曜日に非アクティブなアジアセッション中に、英ポンド / 米ドルは1.3400まで上下する。南アフリカ関連のcovid変異株とブレクジットに対する懸念がエスカレートしたため、前日の月間最高値近くで3日間の上昇傾向を記録した。ただし、英国や西部の他の場所での休日のムードは、最近の市場の動きを制限している。

英ポンド/米ドルの弱気トレーダーは週次のレジスタンスからコントロールを取っている。毎週のWフォーメーションは、説得力のある復帰パターンである。英ポンド/米ドルは長期的な時間枠で統合を開始しており、今後数日間はマイナス面が露呈する。時間足チャートは、週足チャートのWフォーメーションのネックラインに向かう途中の一連のサポート構造を明らかにした。

ブレグジットの主なネガティブ報道には、ロイターが伝えたフランスからのニュースがあった。また、10月の英国商工会議所(BCC)の調査結果がある。ロイターによれば、この結果は、45%の企業がEUとの商品取引が非常にまたは比較的困難であると感じていることを示しているという。これは、貿易協力協定(TCA)が発効した1月の30%から増加している。

他では、英国からの複数の研究、木曜日のメルクのCovid-19錠剤に対する米国食品医薬品局(FDA)の承認が、市場のリスクオンムードを支えている。


豪ドル/米ドル:日中の安値で跳ね返るが、0.7250付近で高止まり

豪ドル/米ドルは0.7235近くの日中高値を更新し、月曜日の初めの週のスタートのギャップを埋める。主要SMAである200と10SMAを超える持続的なブレークを維持しながら、毎月の上昇トレンドラインの抵抗に再び備えている


WTI:200-SMAは売り手を73.00ドルに押し上げる

WTIの原油価格は200-SMAを下回っており、月曜日のアジアセッションでは日中0.50%下落して約73. 30ドルとなっている。そうすることで、石油は11月9日から12月10日までのフィボナッチリトレースメント(Fibo)の50%の減少を焦らす。MACDの強気バイアスの後退とRSIの買われ過ぎを考えると、相場が200SMAを超えなかったことは念頭に置くべきである。石油価格は、前述のフィボナッチレベルを含む73.00ドルのしきい値に向かって圧力をかけ続ける可能性がある。


オミクロンがセンチメントを圧迫する中、金は1,800ドルに向かって下落

金(XAU / USD)は、月曜日のアジアセッションの低迷の中で、1,800ドルのしきい値を守るのに苦戦した。金は、複数の世界市場で売られている中、前日のセッションでは低迷した。

オミクロンの亜種が予想していたほど深刻ではないかもしれないという兆候は、一般的にポジティブなリスクトーンを支持し続け、安全資産のXAU/USDを弱めた。投資家は、現在のワクチンがオミクロン変異体の治療に最初に当初よりも効果的である可能性があることを報告が示した後に楽観的になった。さらに、研究では、デルタ株と比較して、オミクロンに感染した人々の入院と重篤な疾患のリスクが低いことを示唆した。

一方、リスクオンムードは、FRBのタカ派の見通しとともに、ベンチマークの10年物米国国債の利回りを1.50%のしきい値に近づけた。これはさらに、諦めない金の逆風となった。連邦準備制度理事会が月額300億ドルの漸減ペースを2倍にすることを発表したことを念頭に入れるべきだろう。さらに、いわゆるドットプロットは、当局が来年少なくとも3回にフェデラルファンド(FF)レート金利を引き上げることを期待していることを示した。

それにもかかわらず、金価格は最終的に$ 1.800を超えて落ち着き、11月19日以来の最高値を記録し、金曜日のクリスマス休暇に先立って2週連続で上昇を記録した。今後、次の関連するマクロデータである米国の月次ジョブレポート(NFP)は、新年の第1週のリリース予定。それまでは、XAU/USDは年末の静かな市場の中では変動の可能性が高くなる。

下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2021年12月27日
1日中イギリス – クリスマス祝日
1日中オーストラリア – クリスマス祝日
1日中カナダ – クリスマス祝日
1日中ニュージーランド – クリスマス祝日
08:50小売業販売額 (前年比) (11月)JPY
20:00フランス合計求職者数EUR
火曜日 – 2021年12月28日
1日中ニュージーランド – クリスマス祝日
1日中イギリス – ボクシングデー祝日
1日中オーストラリア – ボクシングデー祝日
1日中カナダ – ボクシングデー祝日
08:30仕事/求職率 (11月)JPY
08:50鉱工業生産 (前月比) (11月)JPY
23:00S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市)
(前年比) (10月)
USD
水曜日 – 2021年12月29日
00:00消費者信頼感指数 (12月)USD
06:30米国石油協会 週間原油在庫USD
22:30良好な貿易収支 (11月)USD
22:30小売業在庫(自動車を除く) (11月)USD
木曜日 – 2020年12月30日
00:00中古住宅販売保留 (前月比) (11月)USD
00:30原油在庫量USD
00:30クッシング原油在庫USD
16:00ネーションワイド住宅価格指数 (前月比)GBP
16:00全国的住宅価格指数 (前年比)GBP
17:00KOF先行指数 (12月)CHF
17:00スペイン消費者物価指数 (前年比)EUR
17:00スペインHICP (前年比) (12月)EUR
19:00コア指数 (前年比) (11月)EUR
22:30失業保険申請件数USD
23:45シカゴ購買部協会景気指数 (12月)USD
金曜日 – 2021年12月31日
1日中ドイツ – 元旦祝日
1日中スイス – 元旦祝日
1日中イタリア – 元旦祝日
1日中スペイン – 元旦祝日
1日中日本 – 市場の休日祝日
1日中イギリス – 元旦 – 12:30に早引け祝日
1日中フランス – 元旦 – 14:05に早引け祝日
1日中オーストラリア – 元旦 – 14:30に早引け祝日
03:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
03:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
09:30民間部門信用 (前月比) (11月)AUD
10:00中国総合PMI (12月)CNY
10:00製造業PMI (12月)CNY
10:00中国非製造業購買管理者指数 (12月)CNY
土曜日 – 2022年1月1日
1日中日本 – 元旦祝日



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。