「東西FXリサーチ」ニュージーランドドルは 中立またはわずかにマイナスとなる可能性

2021年7月14日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ニュージーランドドルは 中立またはわずかにマイナスとなる可能性

米国のヘッドラインインフレが5月にピークに達した兆候は、コアインフレの上昇によって帳消しとなる可能性があり、市場は現在のFRBの価格設定に 満足している。焦点は、ジェロームパウエルのスピーチに焦点が移る。大部分の為替通貨はレンジバウンドのままである可能性があるが、中央銀行が積極的なタカ派の期待に応えられない可能性があるため、NZDは弱まる可能性がある。

大部分のFXペアは週末以降狭いレンジで取引されており、今週の主要なリスクイベントである 米国の消費者物価指数に向かっている。コンセンサスは、5月(5.0%)から6月のヘッドラインインフレ(前年比4.9%)のごくわずかな減速を中心に見られるが、コアインフレは3.8%から前年比4.0%に上昇すると予想されている。INGのエコノミストの予測では、コア数値のコンセンサスとほぼ一致しており、ヘッドラインのコンセンサスをわずかに下回っている(4.8%)。

米国の消費者物価指数データが公開された過去8回のうち6回では、逆の驚きがあったとしても、リリース後30分でドルインデックス(DXY)が弱まった。しかし、これらの機会は、FRBからタカ派のトーンへの移行を示した6月のFOMC会議の前に発生した。 もしエコノミストの予測が正しかった場合、ヘッドラインインフレの組み合わせはピークに達するが、コアレートは依然として高いため、市場はFRBの漸減の現在の価格設定に満足し、FX市場全体に限定的な影響を与える可能性がある。

ニュージーランド準備銀行は、明日金融政策を発表する。市場は最近の世銀の政策に対するタカ派に賭けており、今後6か月で25bpの利上げでほぼ完全に値を付けている。経済がパンデミック前の成長軌道に戻り、インフレが第2四半期に目標を大幅に下回る可能性があることを考えると、 一般的に言えば、そのような見方に反論の意見はない。先細りが進んでいることを示している可能性があるが(資産の購入はすでに大幅に縮小されている)、RBNZは追加の措置を講じず、明日現在予測されているよりもさらに早い利上げを通知すると予想されている。しかし、タカ派の決定は8月18日の会議まで延期されるとも考えられているため、2021年の利上げに対する積極的な市場価格を考慮すると、明日の発表によるニュージーランドへの影響は中立またはわずかにマイナスになる可能性がある。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。