FX週間レポート 7月4週|米ドル/円:強気は110.55を超えて利益を拡大、ムードが悪化する中、ユーロ/米ドルは1.1750を超えて安定している

2021年7月26日



主な点:

  • • 米ドル/円:強気は110.55を超えて利益を拡大
  • • ムードが悪化する中、ユーロ/米ドルは1.1750を超えて安定している
  • • 英ポンド/米ドル:まだ部分的なポンドの需要
  • • 豪ドル/米ドルの下落は今後数日間魅力的
  • • WTIの強気トレーダーは重大な毎日の抵抗に深く入り込む
  • • 債券の利回りが下がる中、金は1800ドルを超えて跳ね返る


米ドル/円:強気は110.55を超えて利益を拡大

米ドル/円は、先週の月曜日の朝のアジア取引時間での目覚ましい上昇をさらに広げる。ペアはより高いレベルの近くで開き、正のバイアスで利益を固めた。モメンタムオシレーターは前向きな軌道を維持し、より上向きにシグナルを出す。

米ドル/円はその前進を延長する可能性がありますが、追加の確認が必要です。日足チャートは、それがフラットな20 SMAを上回って落ち着いたことがわかるが、長いものは現在のレベルより下の強気の傾斜を維持している。モメンタムは100レベルを下回っているが、テクニカル指標は進歩している。4時間足チャートでは、米ドル円はすべての移動平均を上回り、20 SMAはしっかりと上昇しているが、長いものを下回っている。最後に、モメンタム指標は正のレベル内で後退し、RSIは約65で統合されます。先の強気の拡大を確認するために、ペアは7月14日の高値である110.69を超える必要がある。サポートレベル:110.25 109.80 109.40、レジスタンスレベル:110.70 111.10111.50。

米ドル/円は国債の利回りと同時に取引され、10年物米国債の利回りが1.12%に急落したため、109.72で底を打ち、後者が1.30%近くに落ち着いたため回復した。また、ウォール街は堅調な収益を背景に史上最高値で取引を終え、米ドル/円への追加サポートとなった。

日本は月曜日の長い週末から戻り、7月に前月の52.4から52.3で予見されたフラッシュじぶん銀行製造業PMIを発表する。


ムードが悪化する中、ユーロ/米ドルは1.1750を超えて安定している

ユーロ / 米ドルは高値を下回っており、中国株の下落のおかげで、市場のムードが悪化する中、1.1750を上回って安定している。今週はFOMCに注目し、ペアはより高く開き、15ピップスの動きで狭いトレードバンドで動いた。

ユーロ/米ドルは、1週間を通して1.1750で買いが入り、1.1751の数ヶ月ぶりの安値近くで取引されている。日足チャートは、ユーロ/米ドルが子孫チャネル内で成長を続けており、弱気の20SMAが図の上端に収束していることを示している。100SMAが200SMAを下回り、どちらも短い方を上回っている。これは、弱気がコントロールしている兆候である。最後に、テクニカル指標は方向性の強さを欠いているが、負のレベル内にとどまっている。短期的には、4時間足チャートによると、ユーロ/米ドルは中立から弱気で、やや弱気の20 SMAのすぐ下で取引されており、テクニカル指標は正中線付近または下で固まっている。サポートレベル:1.1750 1.1705 1.1670、レジスタンスレベル:1.18001.18401.1885。

金曜日にユーロ/米ドルは非常に狭い範囲で統合され、明るいヨーロッパのデータとより良い市場ムードにもかかわらず、買い手を引き付けることができなかった。世界の指数はグリーンで終了しましたが、国債の利回りは週次範囲の上限近くで安定した。

マークイットは、7月のPMIの暫定的な予測を発表した。欧州では、ほとんどの指数が市場の期待を上回っており、製造業とサービスの生産量はドイツとEUで急増している。一方、米国製造業のPMIは63.1に上昇したが、サービス指数は6月の64.6から59.8に予想外に縮小した。景気拡大は第3四半期の初めに始まる予想である。


英ポンド/米ドル:まだ部分的なポンドの需要

英ポンド/米ドルは金曜日に終了し、火曜日に1.3571で底を打った後、週は1.3750前後で変わらず、5か月で最低となった。英国のEU離脱とパンデミックはポンドの需要を制限し続けている。英ポンド/米ドルは強気の力を失っているが、今後の下落の兆候はみえない。

日足チャートによると、英ポンド/米ドルはスライドを延長する可能性がある。弱気の20SMAキャップが進む一方で、ポジティブグラウンドへの回復の試みが失敗した後、テクニカル指標はわずかに低くなった。4時間足チャートでは、短期的には、英ポンド/米ドルは100 SMAへのアプローチについて売り手が現れているが、20SMAは現在のレベルを下回る強気の傾きを維持している。テクニカル指標は後退するが、正中線を上回ったままであり、売りの関心が限られていることを示している。ペアは、1.3900の価格帯に向けてさらに前進をするには 、1.3800レベルをクリアする必要がある。サポートレベル:1.3730 1.3675 1.3620、レジスタンスレベル:1.3805 1.38501.3900。

混合英国のデータは、元燃料の数字が予想を逃したものの、6月のヘッドライン小売売上高が予想を上回ったため、市場ミードが改善されたがにもかかわらず、さらなる前進を抑えた 。さらに、マークイットは7月のPMIの暫定的な予測を発表し、製造業指数は60.4になったが、サービスPMIは57.8で 、以前の測定値から縮小し、市場の期待を逃している。

一方、英国での新しいコロナウイルスの症例数は減少しているようである。金曜日に、国は2日連続でより少ない症例を報告したが、平均して、症例は前週からおよそ30%減少した。また、北アイルランド議定書のドラマは背景に残っている。英国のボリス・ジョンソン首相は合意の再交渉を目指したが、EUはこの問題に関する新たな交渉への扉を閉ざした。データの面では、英国のマクロ経済カレンダーは今週不足するだろう。


豪ドル/米ドルの下落は今後数日間魅力的

豪ドル/米ドルは、連邦公開市場委員会が直面している危機を考えると、多くの動きをもたらすと予想されるが静かな始まりで一週間を横ばいで始めている。 FOMCと国内CPIデータは、今後1週間の焦点となる。


WTIの強気トレーダーは重大な毎日の抵抗に深く入り込む

オープン時に、米国ウェストテキサスインターミディエイト(WTI)の原油価格は、執筆時点で72.21ドルで+ 0.26%でビッドが入っている。WTIは金曜日に上昇し、わずか0.46%で取引を終え、月曜日の急落と火曜日の安値65.11ドルからの強力な修正回復で、日々の抵抗にさらに深く入り込んだ。


債券の利回りが下がる中、金は1800ドルを超えて跳ね返る

米国債 がFOMC週に向けて下降するために、金価格は今週月曜日のアジア取引でこれまでのところ1800ドルを下回る下落から逆転している。投資家は忙しい週に向けて準備を進めているため、市場感情は慎重になっている。 S&P 500先物は0.25%下落する。

金は低水準を維持しており、即時のサポートは現在1802ドルで、フィボナッチは1日38.2%へ。売り手は、ボリンジャーバンドの1日ミドルとフィボナッチ61.8%の1日の合流点である1799ドル未満の新しいエントリを探す。次の下降傾向のターゲットは、マイナーなサポートレベルの密集したクラスターが約1795ドルに並ぶエリア。そのゾーンは、ピボットポイントの1日S1とボリンジャーバンドの4時間下の収束である。金の弱気トレーダーにとって、先週の低ピボットポイントである1週間のS1と1か月のフィボナッチ23.6%が1791ドルで交差すること難しいだろう。

逆に、リバウンドがペースを上げれば、1808ドルが強力なレジスタンスとして現れる可能性があり、その時点で、前日の高値とフィボナッチ61.8%の1週間の統合となる。1813ドルを超える受け入れ、SMA10日、SMA50 4時間、ピボットポイント1日R1の合流点は、SMA200日に対する強気の勢いを1823ドルで復活させるために重要となる。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年7月26日
19:00 MPC ハスケル委員発言 GBP
07:45 貿易収支 (前年比) (6月) NZD
07:45 貿易収支 (前月比) (6月) NZD
09:30 Nikkeiサービス業PMI JPY
17:00 景気予測 (7月) EUR
17:00 現況分析 (7月) EUR
17:00 IFO景況指数 (7月) EUR
20:00 BoE 金融政策委員会ブリハ委員発言 GBP
23:00 新築住宅販売 (前月比) (6月) USD
23:00 新築住宅販売戸数 (6月) USD
火曜日 – 2020年7月27日
16:30 日銀総裁、黒田発言する JPY
21:30 コア耐久財受注 (前月比) (6月) USD
21:30 耐久財受注 (前月比) (6月) USD
22:00 S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市) (前年比) (5月) USD
23:00 消費者信頼感指数 (7月) USD
水曜日 – 2020年7月28日
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
10:30 消費者物価指数 (前年比) (Q2) AUD
10:30 消費者物価指数 (前期比) (Q2) AUD
10:30 トリム平均CPI (前期比) (Q2) AUD
15:00 GfK独消費者信頼感指数 (8月) EUR
21:30 良好な貿易収支 (6月) USD
21:30 小売業在庫(自動車を除く) (6月) USD
21:30 消費者価格指数コア (前年比) (6月) CAD
21:30 コアCPI (前月比) (6月) CAD
21:30 消費者物価指数 (前月比) (6月) CAD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年7月29日
03:00 FOMC声明 USD
03:00 政策金利発表 USD
03:30 FOMC記者会見 USD
10:00 企業景況感指数 (7月) NZD
16:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (7月) EUR
16:00 スペインHICP (前年比) (7月) EUR
16:55 失業率 (7月) EUR
16:55 独失業率 (7月) EUR
18:45 10年物イタリア国債入札 EUR
21:00 消費者物価指数 (前月比) (7月) EUR
21:30 国内総生産 (前期比) (Q2) USD
21:30 GDP物価指数 (前期比) (Q2) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
23:00 中古住宅販売保留 (前月比) (6月) USD
金曜日 – 2021年7月30日
07:45 建築許可件数 (前月比) (6月) NZD
08:30 仕事/求職率 (6月) JPY
08:50 鉱工業生産 (前月比) (6月) JPY
08:50 小売業販売額 (前年比) (6月) JPY
10:30 生産者物価指数 (前年比) (Q2) AUD
10:30 生産者物価指数 (前期比) (Q2) AUD
10:30 民間部門信用 (前月比) (6月) AUD
14:30 個人消費 (前月比) (6月) EUR
14:30 国内総生産 (前期比) (Q2) EUR
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (7月) GBP
15:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) (7月) GBP
15:00 国内総生産 (前年比) (Q2) EUR
15:00 国内総生産 (前期比) (Q2) EUR
15:45 消費者物価指数 (前月比) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) EUR
16:00 KOF先行指数 (7月) CHF
16:00 国内総生産(GDP) (前期比) (Q2) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) (7月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前年比) (7月) EUR
18:00 国内総生産 (前期比) EUR
18:00 国内総生産 (前年比) EUR
18:00 失業率 (6月) EUR
21:30 コアPCE物価指数 (前月比) (6月) USD
21:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (6月) USD
21:30 雇用コスト指数 (前期比) (Q2) USD
21:30 個人消費支出物価指数 (前年比) (6月) USD
21:30 個人消費支出価格指数 (前月比) (6月) USD
21:30 個人支出 (前月比) (6月) USD
21:30 国内総生産 (前月比) (5月) CAD
21:30 原材料価格指数 (前月比) (6月) CAD
22:45 シカゴ購買部協会景気指数 (7月) USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (7月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (7月) USD
土曜日 – 2021年7月31日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド 投機的ネットポジション GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100 投機的ネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
10:00 中国総合PMI (7月) CNY
10:00 製造業PMI (7月) CNY
10:00 中国非製造業購買管理者指数 (7月) CNY



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。