FX週間レポート1月4週|FRBによるより迅速な政策引き締めの見通し|

2022年1月24日

FRBによるより迅速な政策引き締めの見通し

主な点:

  • 米ドル/円は、114.00近くの3日間の下降トレンドを打破するために、高利回りを追う
  • ユーロ/米ドルの弱気は、リスクオフ・センチメント中でコントロールを取る
  • 英ポンド/米ドル:週足チャートによると弱気は1.3450へ
  • 豪ドル/米ドルの修正は0.7190未満に制限され
  • WTI:200-HMAからの跳ね返りを86.00ドルのハードルに向けて拡張
  • 金はリスクオフ市場の中で高くなりました

米ドル/円は、114.00近くの3日間の下降トレンドを打破するために、高利回りを追う

米ドル/円 は、月曜日の東京取引の最初の時間帯に、買い手を引き付け、113.85近くの日中最高値をつけ 0.20%上昇でしている。水曜日の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合に向けてトレーダーが支持する中、米国債の利回りの上昇を追いながら、米ドル円は4日ぶりに上昇した。

しかし、米ドル/円は、1週間の安値から数ピップスの回復にもかかわらず、ヨーロッパ近世のセッションを通じて売りが続いた。米ドル/円は114.00のすぐ下で取引されているのが最後に見られましたが、まだ約0.20%下落しています。米ドル/円は今週のスライドを主要な115.00心理的マークから延長し、金曜日に3日連続でフォロースルー売りがみられた。下落への軌道は、米ドル/円を月間の押し安値に近づけたことなど、要因の組み合わせによって引き起こされた。借入コストの上昇が、リスクの高い資産に対する投資家の意欲を和らげる企業の収益見通しを低下させる可能性への懸念が高まっている。

これは、投資家が日本円を含む安全な通貨に避難することを余儀なくされた株式市場をめぐる弱いトーンから明らかだった。弱気のトレーダーはさらに、米ドルを下落させた複数年の高値からの米債券利回りの進行中のリトレースメントスライドから手がかりを得また。とはいえども、FRBによるより迅速な政策引き締めの見通しは、米ドルの追い風となり、米ドル/円の下落を制限するのに役立った。

投資家は、FRBの1月25〜26日の会合で頑固な高インフレへの対処策として3月に金利を引き上げ始めると確信しているようで、2022年には合計4回の利上げの可能性に値を付けている。その結果は、FRBが利上げサイクルを開始する可能性のあるタイミングについての新たな手がかりとより明確なシグナルを探すことになる。これは、今度は、短期的な米ドル価格のダイナミクスに影響を与える重要な役割を果たし、米ドル/円の方向性のある動きの次の段階を決定するのに役立つ。その間、米国の債券利回りは米ドルの需要を促進する。これとは別に、トレーダーは、米国からの関連する市場の動きの経済的リリースがない中で、米ドル/円の周辺のいくつかの短期的な機会のためのより広い市場リスク感情から手がかりを得る。

ユーロ/米ドルの弱気は、リスクオフ・センチメント中でコントロールを取る

金曜日のウォール街での弱気な終値を背景にリスクオフが続いているため、ユーロ/米ドルは今週のオープニングセッションでは圧力がかかっている。月曜日にアジア市場は下落しており、FRBが長年株式市場に供給してきた大量の流動性を間もなく枯渇させることを確認すると予想されている。

ユーロ/米ドルは週頭から4時間足チャートで価格がより低い高値を記録しており、回復の試みは本質的にテクニカル的なままであることを示唆している。さらに、20 SMAは100 SMAを下回り、短期的には弱気のシフトを示している。最後に、相対力指数(RSI)は50を下回っており、買い手は当面は関心をみせない可能性を裏付けている。200 SMAは、1.1320で最初のレジスタンスを形成する。もし、ユーロ/米ドルがそのレベルを下回っている場合、1.1300(心理的レベル)は1.1270より前の最初のサポートとして調整される。

逆に、下降トレンドラインは、1.1350(00期間のSMAと最新の上昇トレンドのフィボナッチ61.8%リトレースメント)および1.1380(フィボナッチ50%リトレースメント)よりも1.1340で静的ハードルとなっている。ユーロ/米ドルは金曜日のアジアの取引時間中に1.1300に向かって下落しましたが、その毎日の損失をなんとか消し去った。ペアはその週の範囲の下限近くで取引を続けており、テクニカル的な兆候は、回復の試みが短期的には制限されたままである可能性が高いことを示している。

木曜日に、欧州中央銀行(ECB)の12月の会合では、インフレ見通しに関して政策立案者の間で意見の相違があったことを示した。このデータは、「より高い、より長い」インフレシナリオを排除することはできず、理事会の一部のメンバーは、価格圧力がより持続することが証明された場合に行動する準備があることをECBに明確に伝えることを希望していることを明らかにした。ハト派からは、金融刺激策と資産購入の時期尚早な縮小についても懸念が表明された。

ユーロはECBの声明がプラスには動かず、米ドルはリスク回避的な市場環境でその強さを維持し、木曜日にユーロ/ 米ドルはネガティブな領域で取引が終わった。金曜日のヨーロッパ近世のセッションでは、安全通過の流れが引き続き金融市場を支配しているが、米国国債の利回りが急激に低下しているため、ドルは後れを取っているようにみえた。ユーロは、週末に先立って、豪ドルやニュージーランドドルなどのリスクに敏感なライバルを上回り、ドルに対して弾力性を維持する可能性がある。その日の残りでは注目度が高いデータリリースはなく、投資家はリスクの認識に引き続き集中する必要がある。

英ポンド/米ドル:週足チャートによると弱気は1.3450へ

英ポンド/米ドルは、時間足チャートで重要なサポートをテストしている。リスクオフトーンが市場で定着しているため、毎週間のWフォーメーションは魅力的になっている。弱気のトレーダーは、利益点 から最適なエントリーポイントを測定するために、より低い時間枠に移動することができる。英ポンド/米ドルは、ほぼ1か月ぶりに4時間足チャートで100期間のSMAを下回って取引されている。さらに、同じチャートの相対力指数(RSI)指標はまだ30を上回っており、テクニカル的に売られ過ぎになる前は、マイナス面に余裕があることを示唆している。

マイナス面としては、1.3530(フィボナッチ38.2%の1か月前の上昇トレンドのリトレースメント)が1.3500(心理的レベル)に先立つ次の弱気ターゲットと見なされる可能性がある。レジスタンスは1.3600(心理的レベル、フィボナッチ23.6%リトレースメント、100 SMA)および1.3650(50 SMA、静的レベル)にある。英ポンド/米ドルは金曜日の初めは牽引力を失い、主要な1.3600サポートエリアを下回り、弱気を引き付けた。短期的なテクニカル的見通しは、ペアが週末の前にスライドを伸ばす可能性があり、1.3530が下落の次のターゲットとして調整されることを示している。

セッションの初めに、英国国家統計局は、12月の小売売上高が月次ベースで3.7%減少したと報告されたが、0.6%の大幅な減少という市場の期待を大きく下回った。このデータに対する英ポンド / 米ドルの最初はほぼ反応がみられなかったが、英国のFTSE 100はネガティブな領域の奥深くで開き、ペアを圧迫した。執筆時点で、インデックスは毎日1%以上減少していた。米国の経済ドケットは、その日の残りの時間では注目度が高いマクロ経済データのリリースから影響を受けず、英ポンド / 米ドルは、安全通貨の流れがこのまま市場に影響を及ぼす場合、弱気の圧力を振り払うのが難しい可能性がある。S&P先物は、ヨーロッパの取引時間中に0.3%下落しており、オープニングベルの後のS&P500の弱気なギャップを示している。

一方、ベンチマークの10年物米国債利回りは金曜日の3日連続で低下しており、当面は米ドルの上昇を制限している。しかしながら、投資家は、米国のTボンド利回りの動きに関係なく、少なくとも短期的には、リスク回避的な市場環境で英国ポンドよりもドルを好む可能性がある。

豪ドル/米ドルの修正は0.7190未満に制限され

豪ドル/米ドルは0.7190に向けて修正を試みたが、リスクオフ市場が優勢であり、強気トレーダーは0.72の数字に近い抵抗の壁にぶつかっている。 ロシアへの不安、そしてFRBと米国のデータはリスク食欲と高いベータ通貨に重きを置いている。

WTI:200-HMAからの跳ね返りを86.00ドルのハードルに向けて拡張

WTIは買い手を引き付け、月曜日のアジアの早朝に、価格は85.50ドル近くの日中高値をつける ために動きを見せており、毎次1.0%上昇している。 そのため、石油は前日の回復の動きを200-HMAから延長し、RSIとMACDのシグナルがより堅調になっている。ただし、石油の強気は木曜日から86.00ドル近くで下向きに傾斜したレジスタンスラインからの検証が必要である。

金、リスクオフ市場はいまだ強し

投資家は、連邦準備制度理事会が、何年にもわたる株式市場での大量の流出が始めると予想している一方で、月曜日にアジアの株式市場が下落するリスクオフ環境の中で、金は依然として強い。さらに、週末の見出しによると、ウクライナに対するロシアの攻撃はリスクが高まっている。

金は先週の金曜日にいくらかのディップバイを引き付け、そして今のところ、前日のリトレースメントスライドを2ヶ月の高値から失速させている。投資家は、借入コストの上昇が企業の収益見通しを低下させる可能性への懸念から、リスクを回避するようになっている。これは、株式市場をめぐる取引感情の弱さから明らかであり、それが今度は安全な場所にある貴金属の追い風となった。

市場の賭けは先週のデータによって再確認され、ヘッドラインの米国消費者物価指数は1982年6月以来の最高水準に急上昇し、コア消費者物価指数は1991年以来最大の進歩を記録した。トレーダーがドル建ての商品に積極的な強気の賭けをするのを阻止する必要があるだろう。投資家はまた、1月25日から26日に開催されるFOMC会合に先立って様子見のポジションをとるかもしれない。これは、さらなる評価の動きに備える前に注意を払う必要がある。

結果は、FRBが利上げサイクルを開始する可能性のあるタイミングについてのより明確なシグナルを探すために見られる。これは、短期的な米ドル価格のダイナミクスに影響を与え、XAU/USDに新たな方向性の推進力を与える。その間、米国からの経済的リリースを動かす関連市場がない中で、金はある範囲で統合する可能性が高くなる。とは言うものの、より広範な市場リスクの感情は、金属の周りにいくつかの短期的な取引機会を生み出す可能性があり、2週連続で上昇を記録する軌道に乗っている。

下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!


今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2022年1月24日
1日中アメリカ – マータン・ルーサー・
キングジュニアの日
祝日
09:30Nikkeiサービス業PMI (1月)JPY
57分製造業購買担当者景気指数 (1月)EUR
57分サービス業購買担当者景気指数 (1月)EUR
17:30製造業購買部協会景気指数 (1月)EUR
17:30サービス業購買部協会景気指数 (1月)EUR
18:00製造業購買担当者景気指数 (1月)EUR
18:00マーケット総合PMI (1月)EUR
18:00サービス業購買部協会景気指数 (1月)EUR
18:30総合PMIGBP
18:30製造業購買部協会景気指数GBP
18:30サービス業購買部協会景気指数GBP
22:30製造業売上高 (前月比)CAD
23:45製造業購買管理者指数 (1月)USD
23:45マーケット総合PMI (1月)USD
23:45サービス業購買部協会景気指数 (1月)USD
火曜日 – 2022年1月25日
09:30消費者物価指数 (前年比) (Q4)AUD
09:30消費者物価指数 (前期比) (Q4)AUD
09:30NAB企業信頼感指数 (12月)AUD
09:30トリム平均CPI (前期比) (Q4)AUD
18:00景気予測 (1月)EUR
18:00現況分析 (1月)EUR
18:00IFO景況指数 (1月)EUR
20:00CBI製造業受注指数 (1月)GBP
23:00S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市) (前年比) (11月)USD
水曜日 – 2022年1月26日
1日中オーストラリア – オーストラリアデー祝日
00:00消費者信頼感指数 (1月)USD
06:30米国石油協会 週間原油在庫USD
06:45貿易収支 (前年比) (12月)NZD
06:45貿易収支 (前月比) (12月)NZD
19:3010年物独国債入札EUR
20:00フランス合計求職者数EUR
22:30良好な貿易収支 (12月)USD
22:30小売業在庫(自動車を除く) (12月)USD
22:30卸売売上高 (前月比) (11月)CAD
木曜日 – 2022年1月27日
00:00新築住宅販売 (前月比) (12月)USD
00:00新築住宅販売戸数 (12月)USD
00:00BOC金融政策レポートCAD
00:00カナダ銀行政策金利発表CAD
00:00政策金利発表CAD
00:30原油在庫量USD
00:30クッシング原油在庫USD
00:30加中銀記者会見CAD
04:00FOMC声明USD
04:00政策金利発表USD
04:30FOMC記者会見USD
06:45消費者物価指数 (前年比) (Q4)NZD
06:45消費者物価指数 (前期比) (Q4)NZD
16:00全国的住宅価格指数 (前年比)GBP
16:00ネーションワイド住宅価格指数 (前月比)GBP
16:00GfK独消費者信頼感指数 (2月)EUR
22:30コア耐久財受注 (前月比) (12月)USD
22:30耐久財受注 (前月比) (12月)USD
22:30国内総生産 (前期比) (Q4)USD
22:30GDP物価指数 (前期比) (Q4)USD
22:30失業保険申請件数USD
金曜日 – 2022年1月28日
00:00中古住宅販売保留 (前月比) (12月)USD
08:30東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (1月)JPY
08:30東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (1月)JPY
09:30生産者物価指数 (前期比) (Q4)AUD
09:30生産者物価指数 (前年比) (Q4)AUD
15:30個人消費 (前月比) (12月)EUR
15:30国内総生産 (前年比)EUR
15:30国内総生産 (前期比) (Q4)EUR
17:00KOF先行指数 (1月)CHF
17:00国内総生産(GDP) (前期比) (Q4)EUR
18:00国内総生産 (前期比) (Q4)EUR
18:00国内総生産 (前年比) (Q4)EUR
19:1010年物イタリア国債入札EUR
22:30個人消費支出価格指数コア (前年比) (12月)USD
22:30コアPCE物価指数 (前月比) (12月)USD
22:30雇用コスト指数 (前期比) (Q4)USD
22:30個人消費支出価格指数 (前月比) (12月)USD
22:30個人消費支出物価指数 (前年比) (12月)USD
22:30個人支出 (前月比) (12月)USD
土曜日 – 2022年1月29日
00:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (1月)USD
00:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (1月)USD
03:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
03:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
05:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
05:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。