「東西FXリサーチ」ユーロ/ 米ドル、強気のバイアスで数日間の安値を更新か

2021年7月02日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ユーロ/米ドル、強気のバイアスで数日間の安値を更新か

ユーロ/米ドルは、金曜日のヨーロッパセッションに向けて、前日にフラッシュされた1.1837の数日間の安値を守る。それでも、通貨メジャーはプレス時までに日中0.06%下落して1.1845前後となっている。

6月の米国非農業部門雇用者数(NFP)に先立つ市場の不安は、FRBの次のペア売り手を調査する動きに対するさまざまな懸念を大きくしている。しかし、最近国際通貨基金(IMF)のサポートを受けた明るい米国のデータとタカ派の連邦準備理事会の発言が、同ペアの売り手に希望を与え続けている。

また、木曜日のUS ISM ManufacturingPMIと失業保険受給申請からの混合シグナルも市場の慎重なムードに加えています。US ISM Manufacturing PMIは、6月の61.00の予想よりもやわらかく、61.2の以前の読み取り値は60.6になった。これは、49.9に低下した雇用コンポーネントに関連する詳細にも加わるが、価格支払いサブコンポーネントは1979年以来の最高値に跳ね上がった。逆に、先週の最初の請求は364Kに減少し、4週間の平均を392.75Kは、6月に559Kから690Kに上昇すると予想される強力な米国非農業部門雇用者数を裏付けている。

注目に値するのは、 FRBの政策立案者が依然としてタカ派であり、債券購入の漸減を後押ししていることだ。とはいえ、フィラデルフィア連邦準備銀行のパトリック・ハーカー総裁はウォールストリートジャーナルに、今年後半の債券購入の引き戻しの開始を支持すると語った。彼のタカ派の発言は、2021年初頭の債券購入制限による金融政策調整の開始を忘れないように、2021年のGDPと利上げの呼びかけを2022年後半に上方修正することを示唆するIMFのコメントに先行している。

他の場所では、コロナウイルスのデルタ変異体(COVID-19)がアジア太平洋地域に大混乱を引き起こし、最近では英国の経済も調査しているため、世界経済の回復への挑戦が勢いを増している。とはいえ、オーストラリアはCOVID-19感染者数を41増加を41人と記録し、インドネシアは7月20日まで緊急事態に突入する。さらに、ウイルスの発生により、ドイツは英国の旅行者をブロックから阻止するようになり、今日の英国とドイツの会議が鍵となる。

欧州中央銀行(ECB)の理事会メンバーであり、ドイツ連邦銀行の総裁であるイェンス・ヴァイトマン氏は、インフレのオーバーシュートを容認することに懐疑的であると述べた。同じように、ECBのクリスティーヌラガルド総裁による「2020年に何を学んだか」というタイトルの今日のスピーチの重要性が増している。

とりわけ、6月の米国の雇用報告は、5月のネガティブな驚きと最近のインフレ期待の高まり、およびFRBのコメントを受けて重要になっている。データが強気のバイアスを確認した場合、ユーロ/ 米ドルは、1.1800を取り巻く短期サポートラインをテストするために、数日間の安値を更新することができる。

テクニカル分析

弱気の衝動的な上昇は称賛されますが、5月5日からの下降トレンドラインは、ほぼ売られ過ぎのRSI条件の中で、1.1800のしきい値付近でEUR/USDのクマに挑戦します。一方、短期的な買い手の信頼を回復するために、回復の動きは、100-SMA、5月の安値と6月下旬の高値を含む1.1975-90レジスタンス領域を越える必要があります。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。