FX週間レポート 7月1週|米ドル/円は2週前の上昇チャネル内で111.00を死守するのにもがく、ユーロ/米ドル:強気トレーダーは61.8%のフィボナッチ合流点を目標

2021年7月05日



主な点:

  • • 米ドル/円は2週前の上昇チャネル内で111.00を死守するのにもがく
  • • ユーロ/米ドル:強気トレーダーは61.8%のフィボナッチ合流点を目標
  • • 価格が強気の修正を統合するにつれ、英ポンド/米ドルの強気のトレーダーは後退
  • • 豪ドル/米ドルは、暗い中国のカイシンサービス PMIで0.7500を超えるバウンスを維持
  • • トレーダーがOPEC +交渉の再開を待つ中、WTIは市場で軟調
  • • 金は、S&P500先物を1,800ドル未満で穏やかに売られる


米ドル/円は2週前の上昇チャネル内で111.00を死守するのにもがく

米ドル/円は、ダウンビートの勢いの中で100-HMAからの跳ね返りを弱め、2週間の上昇トレンドチャネル形成の中にとどまる。ダウンビートのモメンタムラインを考えると、予測りは111.00のしきい値を取り巻く主要な移動平均を再テストする可能性がある。

米ドル/円の日足チャートは、金曜日の下落が今後のさらなる下落を示唆するには及ばなかったことを示している。米ドル/円は強気の移動平均を上回り続けており、20SMAは約110.35で動的なサポートを提供している。テクニカル指標は高値から下がり、弱気の傾斜を維持したが、プラスのレベル内にあった。 4時間足チャートは、テクニカル指標が買われ過ぎの測定値から急激に後退し、価格が強気の20 SMAを突破し、主に即時サポートレベルである110.80を下回るブレークで弱気の延長するため、正中線に近づいていることを示している。サポートレベル:110.80 110.35 109.90、レジスタンスレベル:111.20 111.65112.00。

国債利回りの緩和を背景に明るいムードが支配したにもかかわらず、ペアは終値に先立って撤退した。 10年債の利回りは1.5%を下回っただけでなく、1.43%に落ち着き、数か月ぶりの安値となった。ウォール街の史上最高値は、S&Pが7日連続で記録的なレベルで取引を終えたため、下落を制限した。

データ面では、日本は6月のマネタリーベースを発表しましたが、これは予想を下回り、前年比19.1%増加した。失業率は5.9%に上昇したものの、米国は昨年8月以来1か月で最も多くの雇用が増えたため、米国の雇用統計に焦点が当てられた。日本は来週の火曜日までマクロ経済データの公表はない。


ユーロ/米ドル:強気は61.8%のフィボナッチ合流点を目標

ユーロ/米ドルの強気が介入し、Mフォーメーションのネックラインの再テストがターゲットにされている。毎時のヘッドアンドショルダーズもこの強気に関与している可能性がある。目標エリアは達成されたが、途中で価格が停滞するリスクが常にあった。

ユーロ/米ドルは4時間足チャートで下落の勢いに苦しみ続けており、50、100、200の単純移動平均を下回っている。しかし、相対力指数(RSI)は再び30レベルに近づいており、売られ過ぎの状態に近づいている。

一部のサポートは1.1835の毎日の底にあり、これも6月以来最低となっており、4月からのレジスタンスラインである1.1820が続いている。さらに下には、1.1780と1.1740がくる。レジスタンスは1.1880、1.1910、1.1950、1.1950の順で、先週はすべてユーロ/ドルの上限があった。

いったいどこまで低くなるだろうか?ユーロ/米ドルは4月初旬以来すでに最低水準にあり、底を掘っているように見えるが、重要な米国の雇用報告に応じて一時的な猶予ができる可能性がある。

6月の非農業部門雇用者数の数字は、5月の559,000人から690,000人の雇用の増加を示すと予測されており、ブルームバーグの予測では約80万人にとどまっています。しかし、そのような結果を疑う理由がいくつかある。それは米ドルに一息あたえる可能性がある。

第一に、エコノミストは過去2か月の増加を過大評価しており、3回連続のミスを排除することはできない。第2に、6月のISM製造業購買管理者指数は、雇用の縮小を反映して、49.9の低調な雇用要素で構成されていた。

第三に、雇用が主に急速に再開 している場合、それは比較的低い賃金を支払うレジャーおよびホスピタリティ部門での実質的な利益を意味する。その場合、賃金の伸びは下向きの圧力を受ける可能性があり、したがってインフレ上昇の懸念が緩和される。

もう1つの側面はポジショニング。連邦準備制度理事会が金融引き締めへの開放性を発表した6月中旬以来、ドルは上昇し続けている–より少ない債券を購入。修正の時期が来ている可能性があり、NFPがトリガーになる可能性がある。


価格が強気の修正を統合するにつれ、英ポンド/米ドルの強気のトレーダーは後退

トレーダーが手がかりを求めてBoEを注目すると、英ポンド/ 米ドルは統合される。週の初めケーブルはフラットで、価格が厳しい抵抗領域に遭遇したため、過去のセッションで得た利益を統合する。

テクニカル的に言えば、英ポンド/ 米ドルは強気の可能性は限られている。ペアの日足チャートは、テクニカル指標が売られ過ぎの測定値の近くからの適度な跳ね返りを示しているが、英ポンド/ 米ドルは20および100 SMAを下回り、短いものが長いものを下回ろうとしていることも示している。短期的には、4時間足チャートによると、修正アドバンスを延ばす可能性がありますが、モメンタムインジケーターが100ラインを下回ったままであるため、現在の強度は制限されている。ペアは1.3865、即時の抵抗レベルを超えると強気に変わる可能性がある。サポートレベル:1.3810 1.3780 1.3730、レジスタンスレベル:1.3865 1.39051.3950。

ポンドの需要は、コロナウイルスの症例数が増加していることへの 懸念に関連して最近は弱体化している。英国の人口の多くがCOVID-19に対して少なくともワクチンを一回接種しているにもかかわらず、デルタ株は全国に急速に広がっている。ポジティブな点をあげると、入院と死亡者数は依然として抑制されており、7月19日に完全に再開するという政府の決定を裏付けている。

英国は先週、軽いマクロ経済カレンダーがあるが、今後数日では提供されるものはほとんどない。月曜日に、マークイットは6月のサービスPMIの最終版を公開する。これは61.7で変わりないと予測されている。


豪ドル/米ドルは、暗い中国のカイシンサービス PMIで0.7500を超えるバウンスを維持

豪ドル/米ドルは、オーストラリアの小売売上高が5月に0.4%と推定を上回ったため、回復モードを0.7500以上に保ち、毎日の安値を跳ね返した。オーストラリアは 中国の暗い中国のカイシンサービスに落胆する。ここで、RBAの決定とFOMCの議事録に注意が向けられる。


トレーダーがOPEC+交渉の再開を待つ中、WTIは市場で軟調

トレーダーがOPECからのニュースを待っているため、WTIは販売された休日から開始する。OPECの同盟は最近試されている。アラブ首長国連邦が取引を阻止した後、引き延ばされている交渉に関する最新情報には、サウジアラビアのエネルギー大臣のコメントがある。


金は、S&P500先物を1,800ドル未満で穏やかに売られる

金(XAU / USD)は、月曜日のアジアセッションの低迷の中で3日間の上昇トレンドを記録した。しかしながら、金はプレス時間までに日中0.15%下落して1,785ドルに下落している。そうすることで、金価格はS&P 500先物に従い、市場のプレーヤーは、明るいカレンダーとコロナウイルス(COVID-19)の問題の中で、金曜日のリスクオンムードを再評価する。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2020年7月5日
1日中アメリカ – 独立記念日祝日
09:30Nikkeiサービス業PMI (6月)JPY
10:30建築許可件数 (前月比) (5月)AUD
10:30小売売上高 (前月比) (5月)AUD
10:45中国Caixin(財新)サービス業PMI (6月)CNY
10:45中国総合PMICNY
16:15サービス業PMI (6月)EUR
16:45イタリアサービス業購買管理者指数 (6月)EUR
16:50サービス業購買担当者景気指数 (6月)EUR
16:55サービス業購買部協会景気指数 (6月)EUR
17:00マーケット総合PMI (6月)EUR
17:00サービス業購買部協会景気指数 (6月)EUR
17:30総合PMI (6月)GBP
17:30サービス業購買部協会景気指数 (6月)GBP
22:30カナダ銀行企業景況感調査CAD
火曜日 – 2020年7月6日
07:00NZIER企業景況感 (Q2)NZD
08:30消費支出 (前月比) (5月)JPY
08:30家計調査・消費支出 (前年比) (5月)JPY
13:30政策金利発表 (7月)AUD
13:30RBA政策金利声明AUD
15:00製造業新規受注 (前月比) (5月)EUR
15:00ロウRBA総裁発言AUD
16:30IHS マークイット 建設業購買部協会景気指数 (6月)EUR
17:30建設業購買担当者景気指数 (6月)GBP
18:00現在のドイツZEWの状況 (7月)EUR
18:00ZEW景気期待指数 (7月)EUR
18:00小売売上高 (前月比) (5月)EUR
18:00ZEW景況感指数 (7月)EUR
22:45マーケット総合PMI (6月)USD
22:45サービス業購買部協会景気指数 (6月)USD
23:00ISM非製造業雇用指数 (6月)USD
23:00ISM非製造業指数 (6月)USD
水曜日 – 2020年7月7日
00:30世界乳製品取引価格指数NZD
07:00NZIER企業景況感 (Q2)NZD
10:00企業景況感指数NZD
15:00Halifax住宅価格指数 (前月比) (6月)GBP
15:00鉱工業生産 (前月比) (5月)EUR
16:30ハリファックス社価格指数 (前年比)GBP
17:30労働生産性GBP
18:00EU 経済見通しEUR
23:00JOLT求職 (5月)USD
23:00Ivey購買部協会指数 (6月)CAD
木曜日 – 2020年7月8日
03:00FOMC議事要旨USD
05:30米国石油協会 週間原油在庫USD
08:01RICS住宅価格指数 (6月)GBP
08:50経常収支(季節調整なし) (5月)JPY
11:30ロウRBA総裁発言AUD
14:45季節調整なし失業率 (6月)CHF
14:45季節調整済み失業率 (6月)CHF
15:00貿易収支 (5月)EUR
20:30ECB金融政策発表EUR
21:30失業保険申請件数USD
金曜日 – 2021年7月9日
00:00原油在庫量USD
00:00クッシング原油在庫USD
10:30消費者物価指数 (前月比) (6月)CNY
10:30消費者物価指数 (前年比) (6月)CNY
10:30生産者物価指数 (前年比) (6月)CNY
15:00国内総生産 (前月比)GBP
15:00国内総生産 (前年比)GBP
15:00鉱工業生産 (前月比) (5月)GBP
15:00製造業生産 (前月比) (5月)GBP
15:00月次GDP(対前3ヶ月)GBP
15:00貿易収支 (5月)GBP
15:00非欧州連合貿易収支 (5月)GBP
19:00BOEベイリー総裁発言GBP
19:00ラガルドECB総裁 発言EUR
21:30雇用者数 (6月)CAD
21:30失業率 (6月)CAD
22:00NIESR 月次GDPトラッカーGBP
土曜日 – 2021年7月10日
未定FRB金融政策報告書USD
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。