FX週間レポート12月2週|最近の市場回復は、米国財務省の利回り、オミクロン変異株、インフレに対する懸念の中で、不確実性が高く

2021年12月06日



主な点:

  • • 慎重な楽観論の中、利回りが回復するにつれて、米ドル/円は113.00を取り戻す
  • • ユーロ/米ドルは、1.1300前後の低利回り、米国のインフレ、オミクロンを焦点
  • • 英ポンド/米ドル:弱気トレーダーは1.32の数字を注目
  • • リスクが回復している中で豪ドル/米ドルが0.7050へリバウンド、RRR利下げ交渉に焦点が当てられる
  • • WTI:強気トレーダーは68.00ドル以下の週次のレジスタンスを攻撃
  • • 金の強気トレーダーはアジアに踏み入る


慎重な楽観論の中、利回りが回復するにつれて、米ドル / 円は113.00を取り戻す

米ドル/円に買いが入り、月曜日の東京のオープン時間中に日中0.25%上昇し、113.00前後で高値に達する。米ドル円は前日、米国債の利回りを追って下落した。しかし、最近のリバウンドは、南アフリカで、新型コロナウイルスの新たな変異株とFRBの利上げのチャタリングに対する懸念が混ざり合っている中で、依然として不確実性が高いです。

米ドル/円は北米セッションに向けてその買いの勢いを維持し、113.35-40地域周辺で、毎日の高値をわずか数ピップス下回って取引されているのが最後に見られました。米ドル円は金曜日に2日連続でプラスの牽引力を得て、112.00半ば、または10月11日以来の最低レベルの近くからの夜間の跳ね返りに基づいて構築された。

株式市場をめぐる全般的に前向きな姿勢は、安全な日本円を弱体化させ、米ドル/円の追い風となり重要な要因と見なされた。オミクロン変異株からの潜在的な経済のリスクに対する懸念が緩和されたことを背景に、世界的なリスク感情は少し安定した。これに加えて、2月中旬まで米国政府の資金投入法案が可決されたことは、金曜日の明るい市場ムードをさらに上向きにした。

一方、米ドルは、FRBが頑固な高インフレを抑えるために、より積極的な政策対応を採用するという確固たる期待からある程度の支持が得られた。しかし、米国債の利回りを後退させることで、米ドルの強気筋が積極的な賭けを防ぎ、」少なくとも当面の間は米ドル/円のペアのさらなる上昇を抑えた。

投資家はまた、金曜日の米国の月次雇用詳細の発表から新たなきっかけを得ることは避けたようだった。NFPレポートは、米ドルの価格変動に影響を与える上で重要な役割を果たす。これとは別に、ISM非製造業PMIは、米ドル/円に関するいくつかの有意義な取引機会についても検討される。


ユーロ/米ドルは、1.1300前後の低利回り、米国のインフレ、オミクロン変異株を無視

ユーロ/米ドルは、金曜日の跳ね返りが1.1266で消え、月曜日の最初のアジアセッションの最中に1.1300に戻った。主要通貨ペアは2日間の下降トレンドを記録し、予想よりも軟調な米国のNFPの中で、前日は穏やかな上昇となった。4時間足チャートの相対力指数(RSI)指標は、50を下回り、売り手がユーロ/米ドルのコントロールを維持しようとしていることがわかる。

プレスの時点で、ユーロ/米ドルは1.1290をテストしていた(11月の下降トレンドのフィボナッチ23.6%リトレースメント)。50SMAは1.1280で次のサポートとして調整され、そのレベルがレジスタンスに変わった場合、1.1235(火曜日の安値)に向けて損失が広がる見られる可能性がある。強気トレーダーが1.1320(100SMA、20SMA)を取り戻すと、弱気の圧力が弱まる可能性がある。 1.1350/60エリア(静的レベル、フィボナッチ38.2%リトレースメント)は、次のレジスタンスと見なすことができる。

ユーロ/米ドルは火曜日に1.1384に設定された2週間の高値から上方に曲がった後、その牽引力を取り戻すのに苦戦している。米ドルの市場評価が金曜日にユーロ/米ドルの行動に影響を与え続けており、短期的なテクニカル的見通しは、買い手が1.1320を取り戻せなかった場合に追加の損失が出る可能性がある。

6つの主要通貨のバスケットに対する米ドルのパフォーマンスを追跡する米ドルインデックスは、前の2取引日を増加し、金曜日の初めに通貨の新たな強さを反映して上昇を続けている。土曜日のブラックアウト期間が始まる前に、政策立案者が資産の漸減の加速に対する支持を表明することで、FRBのタカ派の政策見通しは変わらない。

一方、投資家は、欧州中央銀行(ECB)が金利見通しを変更を見ていない。特に、オミクロンの変種が経済活動の減速を引き起こしている可能性がある。

ECBのクリスティーヌ・ラガルド総裁は、セッションの後半で「新たな経済的逆風によるCovidの回復への資金提供」と題したスピーチを行い、フォワードガイダンスは2022年の利上げを指していないこと繰り返し表明する可能性がある。欧州の経済ドケットでは、顕著な市場の反応は見られないだろう。

週末に先立ち、米国労働統計局は11月の雇用報告を発表する。これにより、非農業部門雇用者数が55万人増加すると予想されている。NFPの数値が市場のコンセンサスを十分に下回っていない限り、ドルはその強さを維持するだろう。


英ポンド/米ドル:弱気トレーダーは1.32の数字を注目

英ポンド/米ドルは11月通して圧力がかかり、DXY企業が1時間ごとのレジスタンスを取り除いているため、マイナス面が注目されている。英ポンドは38.2%のフィボナッチリトレースメントを行い、時間足チャートにツイーザー・トップをつけた。価格は、執筆時点でトレンドラインのサポートを破り、水平方向のサポートをテストしてる。

4時間足チャートでは、英ポンド/米ドルは20 および50 SMAを下回って取引されている。相対力指数(RSI)指標は50未満にとどまり、売り手が短期的に英ポンド/米ドルの動きをコントロールし始めている。

現在、英ポンド/米ドルは1.3280静的サポートをテストしている。このレベルがレジスタンスに変わる場合、下側の次のターゲットは1.3200/1.3195(心理的レベル/ 11月30日安値)の前に1.3240(静的レベル)に並ぶ。

レジスタンスは1.3300(心理的レベル、20SMA)、1.3320(50SMA)および1.3360(静的レベル)にある。英ポンド/米ドルは木曜日に3日間連敗したが、金曜日の初めに米ドルが力をつけ始めたため、1.3300を超える水準を維持できなかった。テクニカル的な見通しは弱気に転じており、主要なレジスタンスレベルは損なわれていない。

今日の午後、米国労働統計局は11月の雇用報告の発表が予定されている。投資家は、10月の531,000の増加に続いて、非農業部門雇用者数(NFP)が550,000増加すると予測している。

ただし、市場参加者は、見出しのNFPの読みではなく、賃金インフレに細心の注意を払うだろう。11月の平均時給は年間ベースで5%上昇すると予想され、予想よりも強い数値は、FRBの引き締めの見通しを再確認するため、米ドルインデックスの上昇を引き起こす可能性がある。その日の早い段階で、クリーブランド連銀のロレッタ・メスター総裁は、2022年には少なくとも1回の利上げを支持すると述べ、2回の利上げも適切である可能性があると付け加えた。


米国の非農業部門雇用者数11月のプレビュー:労働市場の回復しますか?

失望した雇用報告が米ドルに重きを置いているとしても、連邦政府の政策立案者は土曜日に始まるブラックアウト前のコメント調整には十分な時間がないため、ドルの売りは短命であり続ける可能性がある。


リスクが回復している中で豪ドル/米ドルが0.7050へリバウンド、RRR利下げ交渉に焦点が当てられる

豪ドル/米ドルは、リスクトーンの改善とオーストラリアの良好な求人広告データの中で0.7050に向かって回復している。利回りは向上し、S&P500先物はオミクロンのcovid楽観主義の中で上昇している。中国の首席は、RRRの削減、RBAの現状維持を約束した。


WTI:強気トレーダーは68.00ドル以下の週次のレジスタンスを攻撃

WTIは、月曜日のアジアセッションで日中2.45%上昇し、約67.80ドルに移動します。そのため、米国の石油ベンチマークは、3月23日から上向きに傾斜したサポートラインからの跳ね返りを維持しながら、前日の損失を逆転させている。


金の強気トレーダーはアジアに踏み入る

金は、連邦準備制度が最近のレトリックで明確に強調したインフレリスクのために上昇しており、12月に守りが変わるだろう。アジアでは、XAU/米ドルの価格はこれまでのところ$1,780.88の安値から$1,786.65の高値がついている。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2021年12月6日
16:00製造業新規受注 (前月比) (10月)EUR
17:30IHS マークイット 建設業購買部協会景気指数 (11月)EUR
18:30建設業購買担当者景気指数 (11月)GBP
19:00ユーロ圏財務相会合EUR
20:30MPC委員ブロードベント氏の発信GBP
火曜日 – 2021年12月7日
08:30家計調査・消費支出 (前年比) (10月)JPY
08:30消費支出 (前月比) (10月)JPY
09:01BRC小売売上高 (前年比) (11月)GBP
09:30住宅価格指数 (前期比) (Q3)AUD
12:30政策金利発表 (12月)AUD
12:30RBA政策金利声明AUD
15:45季節調整なし失業率 (11月)CHF
15:45季節調整済み失業率 (11月)CHF
16:00Halifax住宅価格指数 (前月比) (11月)GBP
16:00ハリファックス社価格指数 (前年比)GBP
16:00鉱工業生産 (前月比) (10月)EUR
19:00現在のドイツZEWの状況 (12月)EUR
19:00ZEW景気期待指数 (12月)EUR
19:00国内総生産 (前期比) (Q3)EUR
19:00国内総生産 (前年比) (Q3)EUR
19:00ZEW景況感指数 (12月)EUR
22:30輸出USD
22:30輸入USD
22:30非農業部門生産性 (前期比) (Q3)USD
22:30貿易収支 (10月)USD
22:30単位労働コスト (前期比) (Q3)USD
22:30貿易収支 (10月)CAD
23:30世界乳製品取引価格指数NZD
水曜日 – 2021年12月8日
00:00Ivey購買部協会指数 (11月)CAD
00:13中国輸出 (前年比) (11月)CNY
00:13中国輸入 (前年比) (11月)CNY
00:13貿易収支 (米ドル) (11月)CNY
02:00EIA短期エネルギー見通しUSD
06:30米国石油協会 週間原油在庫USD
08:50季節調節済み経常収支JPY
08:50経常収支(季節調整なし) (10月)JPY
08:50国内総生産 (前年比) (Q3)JPY
08:50国内総生産 (前期比) (Q3)JPY
15:30非農業部門雇用者数 (前期比) (Q3)EUR
17:15ラガルドECB総裁 発言EUR
17:30欧州中銀(ECB)ルイス・デギンドス副総裁発言EUR
未定10年物独国債入札EUR
20:30欧州中銀(ECB)ルイス・デギンドス副総裁発言EUR
22:10ECBのエンリア氏発言EUR
22:10ECBのシュナーベル氏発言EUR
木曜日 – 2020年12月9日
00:00JOLT求職 (10月)USD
00:00加中銀記者会見CAD
00:00カナダ銀行政策金利発表CAD
00:00政策金利発表CAD
00:30原油在庫量USD
00:30クッシング原油在庫USD
03:0010年物中期米国債入札USD
07:00ロウRBA総裁発言AUD
08:50大企業製造業景況判断指数(BSI) (Q4)JPY
09:01RICS住宅価格指数 (11月)GBP
10:30消費者物価指数 (前年比) (11月)CNY
10:30消費者物価指数 (前月比) (11月)CNY
10:30生産者物価指数 (前年比) (11月)CNY
16:00貿易収支 (10月)EUR
未定中国新規借入CNY
22:30失業保険申請件数USD
金曜日 – 2021年12月10日
02:00WASDEレポートUSD
06:30製造業購買担当者景気指数 (11月)NZD
06:45電子カード小売り販売数 (前月比) (11月)NZD
07:00ロウRBA総裁発言AUD
16:00国内総生産 (前月比)GBP
16:00国内総生産 (前年比) (Q3)GBP
16:00鉱工業生産 (前月比) (10月)GBP
16:00製造業生産 (前月比) (10月)GBP
16:00貿易収支 (10月)GBP
16:00非欧州連合貿易収支 (10月)GBP
16:00消費者物価指数 (前月比) (11月)EUR
18:00ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信EUR
18:05ラガルドECB総裁 発言EUR
19:00ECBマッコール氏発言EUR
19:00ECBのパネッタ氏発言EUR
22:00NIESR 月次GDPトラッカーGBP
22:30コア消費者物価指数 (前年比) (11月)USD
22:30コアCPI (前月比) (11月)USD
22:30消費者物価指数 (前月比) (11月)USD
23:40欧州中銀エルダーソン氏発言EUR
土曜日 – 2021年12月11日
00:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (12月)USD
00:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (12月)USD
03:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
03:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:00月次連邦財政収支 (11月)USD
05:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
05:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。