FX週間レポート (4月第4週)|日本で3回目のウイルスによる緊急事態宣言が発令される中、米ドル/円は108.00未満で苦戦

2021年4月26日



主な点:

  • • 日本で3回目のウイルスによる緊急事態宣言が発令される中、米ドル/円は108.00未満で苦戦
  • • ユーロ/米ドル:強気トレーダーは主要なハードルに向かう途中で約1.2100を買う
  • • 英ポンド/米ドルは持続的な米ドルの弱さの中で1.4000を取り戻す可能性あり
  • • 米ドル供給が復活する中、豪ドル/米ドルは0.7750を超える
  • • 金は$1,772-73サポートコンフルエンスより上に移動する
  • • WTI:日中安値より上昇するが、主要SMAは強気トレーダーをテストする


日本で3回目のウイルスによる緊急事態宣言が発令される中、米ドル/円は108.00未満で苦戦

米ドル/円は、3日間の下降トレンドの中で、日中の安値からの跳ね返りをフェードする。日本政府は日曜日に東京、大阪、京都、兵庫の3回目の緊急事態を発表した。ウイルスの苦痛はワクチンの希望と戦い、地政学的および貿易の見出しはさらなる混乱につながる。

米ドル/円は弱気であるが、日足チャートでの売られ過ぎの状態は強気の修正を進める可能性がある。言及された時間枠は、テクニカル指標が売られ過ぎの測定値に近いままである一方で、米ドル円がその20SMAをはるかに下回っていることを示している。100SMAは200SMAを上回り、どちらも現在のレベルをはるかに下回っている。弱気の20SMAが上値を上回っている一方で、長いものをはるかに下回っているため、リスクは4時間足チャートで下落に偏ったままである。テクニカル指標は売られ過ぎの測定値から回復したが、マイナスレベルで強気を失った。サポートレベル:107.45 107.10 106.80、レジスタンスレベル:108.10 108.50108.85。

金曜日の米ドル/円は107.47になり、3月初旬以来の最低値となり、終値に先立って日中の損失のほとんどを削減しましたが、5日連続の赤字で終わった。米ドル円は、10年物国債の利回りが1.56%に落ち着いたため、一般的なドル安と国債利回りの抑制により下落した。その後の跳ね返りは、ウォール街での堅調な上昇に続いて、午後の米国の取引セッションで見られた。

日本は3月の国民インフレを発表したが、これは前年比0.2%減少し、予想よりも悪化した。生鮮食品の価格を除いたコア年次測定値は、以前の-0.4%から-0.1%に改善された。日本国はまた、4月のじぶん銀行製造業PMIの暫定的な予測を53.3と発表し、以前の52.7よりもはるかに良好だった。日本国は今週月曜日に3月の企業サービス価格指数と2月の主要経済指数の最終的な数値を発表する。


ユーロ/米ドル:強気トレーダーは主要なハードルに向かう途中で約1.2100を買う

ユーロ/米ドルの強気トレーダーは、月曜日のアジアセッション中に1.2100までラウンドを取りながら、3月初旬の高値付近で明確な方向性を模索している 100日SMAの成功後の一息から、強気のMACDは、さらに上向きであることを示唆している。1月初旬の下降トレンドラインである3月の高値は、最近の上昇をテストする。

ユーロ/米ドルの日足チャートは、強気トレーダーがコントロールしていることを示している。ユーロ/米ドルは上に落ち着いたが、20SMAはそのはるか下で前進を再開した。テクニカル指標は買われ過ぎの測定値の近くにあり、その進歩を再開する。短期的には、4時間足チャートによると、テクニカル指標は買われ過ぎの測定値の近くで強気の傾斜を維持し、価格はすべての移動平均を上回って落ち着くため、リスクも上向きに偏っている。3月の月間最高値は1.2112に落ち着きました。これは、北の別の足を確認するために超えるレベルです。サポートレベル:1.2080 1.2035 1.1990、レジスタンスレベル:1.2115 1.12501.2190。

ユーロ/米ドルは、毎週の終値に先立ってその前進を加速し、3月初旬以来の最高値である1.2100の数字を数ピップス下回った。リスクへの欲求は、安全な円に対してさえ下落したドル安が背後にあった。先週の金曜日、米国の株価指数は明るい米国のデータのリリースに続いて大幅な上昇を記録した。マークイットは、4月のPMIの暫定的な見積もりを公開しました。公式レポートによると、製造業指数は60.6に達し、サービスは60.4となり、どちらも過去最高を記録し。これは、「COVID-19の制限が緩和され、顧客の強い需要が事業活動を後押しした」ためである。

その日の早い段階で発表されたマークイットヨーロッパ指数も予想を上回り、EUサービスPMIは昨年8月以来初めて拡大レベルに回復し、製造業インデックスは過去最高の63.3に達した。ドイツは月曜日に4月のIFO調査を発表し、ビジネス環境が97.7に改善が予想される。米国は耐久消費財の注文を発表する。前月の1.2%の減少に続き、3月には2.5%の増加が見られるだろう。

英ポンド/米ドルは持続的な米ドルの弱さの中で1.4000を取り戻す可能性あり

英ポンドは最近に強くなり、1.40レベルはテクニカル的にもファンダメンタル的な観点からも焦点が当てられている。予想通り、先週の英国からのデータフローは、米ドルが下落スパイラルを続けている間、再びポンドを支えた。

英ポンド/米ドルは1.3900のしきい値を回復することができず、1.3880での4月の前進の38.2%のリトレースメントのすぐ下に落ち着いた。日足チャートでは、英ポンド/米ドルは中立から強気のスタンスを示している。これは、穏やかに強気の20 SMAの上に落ち着き、長い方はその下をしっかりと上方に向かっているためである。ただし、テクニカル指標は正中線の周りに留まっており、方向性の強さの不足が見られる。4時間足チャートでは、20 SMAが上値を上回り、下方の約1.3900に向かっているが、テクニカル指標は負のレベルにとどまり、強気の強さは限られており、買い意欲がないことを示している。サポートレベル:1.3835 1.3795 1.3750、レジスタンスレベル:1.3880 1.39301.3985。

英ポンドは前向きな市場ムードの恩恵を受け、金曜日と週は1.3870の価格帯で上昇した。週末に発表された英国のデータは、3月の小売売上高が予想1.5%をはるかに上回って前月比で5.4% 上昇したため、概して有望となった。年間ベースで、売上高は7.2%急増。また、4月のマークイットフラッシュ製造業PMIは60.6で、サービス指数は60.1でした。英国の予防接種キャンペーンは迅速で、パンデミックの制限が緩和され、民間部門は2013年後半以来最も速いペースで成長した。

控えめに言って、ブレグジット後の進展がなく、当初は英国通貨に対する需要が厳しく限られていたため、北アイルランド議定書の履行に失敗した中で、EUとの緊張が高まっている。英国は月曜日にマクロ経済データを公開しない。

米ドル供給が復活する中、豪ドル/米ドルは0.7750を超える

豪ドル/米ドルはポジティブに週を開け、より良好な市場ムードの中で米ドルが売っているため、0.7750を超えて上昇している。ワクチンの楽観主義と期待されている刺激が強気トレーダーにサポートする。

金は$1,772-73サポートコンフルエンスより上に移動する

金は日中に1780ドル近くで更新され、2日間の下降トレンドを穏やかな上昇で打ち破る。月次サポートライン、50SMAは、月初の高値に先立って即時のマイナス面を制限する。強気は、コントロールを取り戻すために、1,800ドルを超える明確な休憩が必要である。

WTI:日中安値より上昇するが、主要SMAは強気トレーダーをテストする

短期的な上昇チャネル内でWTIの買い手が上昇された。勢いを和らげ、主要なSMAは是正的な引き戻しに挑戦する。弱気トレーダーは61.50ドル未満のエントリーを探し、買い手は不安定な中のトレードとなる。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2020年4月26日
1日中ニュージーランド – アンザックデー祝日
17:00景気予測 (4月)EUR
17:00現況分析 (4月)EUR
17:00IFO景況指数 (4月)EUR
21:30コア耐久財受注 (前月比) (3月)USD
21:30耐久財受注 (前月比) (3月)USD
火曜日 – 2020年4月27日
10:54政策金利発表JPY
12:00日銀金融政策発表JPY
12:00日銀展望レポート (前年比)JPY
未定日銀記者会見JPY
22:00S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市) (前年比) (2月)USD
23:00消費者信頼感指数 (4月)USD
水曜日 – 2020年4月28日
05:30米国石油協会 週間原油在庫USD
08:50小売業販売額 (前年比) (3月)JPY
10:30消費者物価指数 (前年比) (Q1)AUD
10:30消費者物価指数 (前期比) (Q1)AUD
10:30トリム平均CPI (前期比) (Q1)AUD
15:00GfK独消費者信頼感指数 (5月)EUR
21:30良好な貿易収支 (3月)USD
21:30小売業在庫(自動車を除く) (3月)USD
21:30コア小売売上高 (前月比) (2月)CAD
21:30小売売上高 (前月比) (2月)CAD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2020年4月29日
1日中日本 – 昭和の日祝日
03:00政策金利発表USD
03:30FOMC記者会見USD
03:30FOMC声明USD
07:45貿易収支 (前月比) (3月)NZD
07:45貿易収支 (前年比) (3月)NZD
10:00企業景況感指数 (4月)NZD
16:00スペイン消費者物価指数 (前年比) (4月)EUR
16:00スペインHICP (前年比) (4月)EUR
16:55失業率 (4月)EUR
16:55独失業率 (4月)EUR
18:4510年物イタリア国債入札EUR
21:00消費者物価指数 (前月比) (4月)EUR
21:30国内総生産 (前期比) (Q1)USD
21:30GDP物価指数 (前期比) (Q1)USD
21:30失業保険申請件数USD
23:00中古住宅販売保留 (前月比) (3月)USD
金曜日 – 2021年4月30日
08:30仕事/求職率 (3月)JPY
08:30東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (4月)JPY
08:30東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (4月)JPY
08:50鉱工業生産 (前月比) (3月)JPY
10:00中国総合PMI (4月)CNY
10:00製造業PMI (4月)CNY
10:00中国非製造業購買管理者指数 (4月)CNY
10:30生産者物価指数 (前年比) (Q1)AUD
10:30生産者物価指数 (前期比) (Q1)AUD
10:30民間部門信用 (前月比) (3月)AUD
14:30国内総生産 (前期比) (Q1)EUR
15:00全国的住宅価格指数 (前年比)GBP
15:00ネーションワイド住宅価格指数 (前月比)GBP
15:00国内総生産 (前期比) (Q1)EUR
15:00国内総生産 (前年比) (Q1)EUR
15:30小売売上高 (前年比) (3月)CHF
15:45個人消費 (前月比) (3月)EUR
15:45消費者物価指数 (前月比) (4月)EUR
15:45フランスHICP (前月比) (4月)EUR
16:00KOF先行指数 (4月)CHF
16:00国内総生産(GDP) (前期比) (Q1)EUR
17:00ジョーダンSNB理事発言CHF
18:00消費者物価指数 (前月比) (4月)EUR
18:00消費者物価指数 (前年比) (4月)EUR
18:00国内総生産 (前年比)EUR
18:00失業率 (3月)EUR
21:30個人消費支出価格指数コア (前年比) (3月)USD
21:30コアPCE物価指数 (前月比) (3月)USD
21:30雇用コスト指数 (前期比) (Q1)USD
21:30個人消費支出物価指数 (前年比) (3月)USD
21:30個人消費支出価格指数 (前月比) (3月)USD
21:30個人支出 (前月比) (3月)USD
21:30国内総生産 (前月比) (2月)CAD
21:30原材料価格指数 (前月比) (3月)CAD
22:45シカゴ購買部協会景気指数 (4月)USD
23:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (4月)USD
23:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (4月)USD
土曜日 – 2021年4月31日
1日中イタリア – レイバーデイ祝日
1日中スペイン – レイバーデイ祝日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。