「東西FXリサーチ」経済回復のデータにより英ポンドは短期的に上昇

2021年4月28日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

経済回復のデータにより英ポンドは短期的に上昇

Covid-19の症例数は昨年9月以来の最低レベルにまで落ち込み、英国は5月17日のボリスジョンソン首相の4段階再開計画の第3段階に首尾よく移行する方向に進んでいる。英国ポンドは、コロナウイルスワクチンの急速な展開、感染数の減少、および経済的正常性への漸進的な回復を背景に、短期的には上昇し続ける可能性がある。

予想を上回る一連の経済データの発表は、英国の力強い回復を浮き彫りにし、主要国に対して通貨を押し上げる可能性がある。3月の小売売上高は、製造業とサービス業の両方のPMIの強力な拡張暫定推定値とともに、コンセンサス推定値を大幅に上回り、7.2%(推定3.5%)であった。

一方米ドルは、月末のFXヘッジリバランスフローの予備的な予測は、今月必要とされている平均米ドル売りを上回っていることを示していると米国銀行のFXアナリストはメディアに述べている。すべてのUSDクロスの平均信号強度は1.7標準偏差であり、この大きさのシグナルは2004年以降では5%しか発生していないと述べている。テクニカル的な観点からは、英ポンド/米ドルの為替レート予測は依然として強気であり、価格は6つの移動平均すべてを上回っており、1.3800の主要な心理的サポートを上回っている。

IGクライアントセンチメントレポートによると、トレーダーの55.19%がネットロングであり、ロングからショートのトレーダーの比率は1.23対1となっている。ネットロングのトレーダーの数は昨日より8.27%多く、先週から44.87%増加した。トレーダーのネットショートは昨日より4.98%高く、先週から29.57%低下している。

このデータで分かるようにトレーダーがネットロングポジションをとっているということは、英ポンド/米ドルの価格が引き続き下落する可能性があることを示唆している。トレーダーは 先週よりもさらにネットロングであり、現在のセンチメントと最近の変化の組み合わせにより、英ポンド/米ドルは弱気な逆張り取引バイアスが強くなっている。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。