「東西FXリサーチ」ドイツの経済回復の勢いがユーロ / 米ドルに影響

2021年4月30日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ドイツの経済回復の勢いがユーロ / 米ドルに影響

ドイツのGDPが-1.7%となった後、ユーロ/米ドルは1.21を下回った。この発表数値は予測していた-1.5%に対して-1.7となった後、ユーロ / 米ドルは1.21の維持に苦労している。イタリアとフランスのGDP数値は予測上回っている。次はユーロ圏の成長とインフレの数字であるが、米国の利回りの上昇がドルを支えている。

4時間足チャートの勢いは上向きのままであり、通貨ペアは50単純移動平均(SMA)を上回っていり、強気トレーダーには有望だ。最初のレジスタンスは4月の最高の1.2117で、その後、月間ピークの1.2150が続く。さらにその上では、1.2180と1.2250が注目されている。サポートは1.2080で、上昇途中での高いスイングとなり、1.2050までに、心理的に重要な1.20レベルへ。

まず、金曜日は週の最後であり、4月の最終日でもある。つまり、マネーマネージャーがポートフォリオを調整している可能性がある。現在のレベルでは、通貨ペアは月初のレベルから約400ピップスずれており、これは下方修正の余地があることを意味している。

第二に、連邦準備制度理事会のハト派の決定の結果であるドルをめぐる弱気なバイアスは薄れつつある。連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、米国経済は「まだまだ先が長い」と述べたが、米国の国内総生産の数字は力強い勢いを示している。予想通りの年率6.4%のゲインとは別に、投資の飛躍や在庫の減少などの要素は、第2四半期の加速的な拡大を示しており、ドル買いが続く。

米国のGDPクイック分析:現在の力強い成長、さらに後の力強い、ドルが上昇する3つの理由

パウエルはまた、インフレを一時的なものとして説明ている。金曜日発表のデータには、FRBが推奨する物価上昇の指標であるコア個人消費支出(コアPCE)が含まれている。さらに、主に刺激策のチェックにより、個人消費と個人所得は飛躍的に伸びるだろう。

米国の個人消費支出物価指数3月のプレビュー:インフレあり

ヨーロッパの予防接種の追い上げについての楽観的な見方が評価され始めている。一方、ヨーロッパ大陸の景気回復には時間がかかっており経済は第1四半期に1.7%縮小している。ヨーロッパ圏の経済回復の勢いが減速すると、全土が冷え込む。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。