「東西FXリサーチ」米ドル/カナダドルの今週の動き

2021年4月21日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米ドル/カナダドルの今週の動き

米ドル/ カナダドルは、水曜日の初めに、日中の底値からの最近の跳ね返りにもかかわらず、1.2600近くにとどまっている。これは、引用は、カナダ銀行(BOC)の金融政策会議に先立って、前日の3週間前の下降トレンドラインを超えなかったことを正当化している。

S&P500種株価指数は前日比0.7%安の4134.94。ダウ工業株30種平均は256.33ドル(0.8%)安の33821.30ドル。ナスダック総合指数は0.9%下落。ニューヨーク時間午後4時59分現在の、米10年債利回りは5ベーシスポイント低下の1.56%。CIBCプライベート・ウェルス・マネジメントのデービッド・ドナベディアン最高投資責任者(CIO)がブルームバーグに述べたコメントによると、株式相場は一服しているだけであり、強気を維持する理由はあり、景気回復と企業の業績回復の定着からこれまでに発表された第1四半期の決算からは、圧倒的な四半期になることが示唆されている。

カナダドルのペアが短期的な主要なハードルを超えて売りを覆すことはできなかったが、強気のMACDとプレスタイムまでに約1.2585の50日SMAの突破 からは、情報に向かう 勢いの強さがみられる。したがって、ハト派の驚きがすぐに抵抗線を超え、1.2625近くの1月から3月のマイナス面の50%フィボナッチリトレースメントを超える可能性があるため、BOC(カナダ銀行)の決定が鍵となる。

同様のことが、1.2685の61.8%フィボナッチリトレースメントレベルを強調する前に、1.2650を取り巻く3月下旬のピークに向けて予測を推進する可能性がある。

ただし、明るいBOCの結果に裏打ちされた50日SMAレベルである1.2585を下回る下振れは、月間最低値である1.2471は容赦無くテストする 可能性がある。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。