FX週間レポート (4月第3週)|リスクオフの感情は米ドルの下落につながり、米ドルの強化に拍車をかけ、英国では通常の生活へ向かっており、英ポンドと英国の経済的にはプラスへ

2021年4月19日



主な点:

  • • 米ドル/円:強気トレーダーは現在のサポートレベルからの大幅な修正を待っている
  • • ユーロ/米ドルは米ドルが大幅に回復する中1.1950を下回る
  • • 英ポンド/米ドル:200SMA、前レジスタンスラインは1.3800を超えるプルバックをテスト
  • • 豪ドル/米ドル:売り手が50日SMAを攻撃するため、軽度の売りへ
  • • WTIは静かなアジアのセッションの中で63.00ドルを取り戻すのに苦労している
  • • 金:これまでの主要なサポート保持レベル、1,795ターゲットの軌道に乗る強気のトレーダー


米ドル/円:強気トレーダーは現在のサポートレベルからの大幅な修正を待っている

米ドル/円を含む大部分の外国為替市場では静かなスタートとなっている。執筆時点では、米ドル 円は取引セッションで横ばいで取引されており、東京オープン中はほとんど動きがない。ウォール街でのリスクオン感情を考慮すると、今日はリスクを優先してわずかに傾くと予想される。

日足チャートによると、米ドル/円は弱気で、現在のフラットな20 SMAを下回って下落しているのに対し、期間が長いSMAは現在のレベルを300ピップス下回っている。一方、テクニカル指標は弱気の傾きをマイナスレベルで維持しながら、部分的に下向きの強さを失っている。4時間足チャートでは、20 SMAが日中のレジスタンスとして機能し、期間が長いSMAの下を下方に向かっているため、リスクも下向きに偏っている。テクニカル指標は負のレベルでは方向性がなく、RSIは約37で統合されている。サポートレベル:108.60 108.20 107.90、レジスタンスレベル:109.00 109.45110.90。

米国債の利回りは毎週の安値から跳ね返ったが、最近の数ヶ月の高値をはるかに下回ったままだったため、金曜日に米ドル円は適度な前進を記録した。10年物国債の利回りは、週の半ばに1.52%に低下した後、1.59%に落ち着いた。米国の明るいデータに支えられて世界的な指数が上昇し、円の上昇が制限された。

日本は金曜日にマクロ経済の数値を発表しなかったが、3月の商品貿易収支合計を発表する週を開始し、4900億円の黒字を計上すると予想されている。日本はまた、2月の工業生産(前年比-2.6%で予測)と稼働率(3.2%で予測)を発表する。


ユーロ /米ドルは米ドルが大幅に回復する中1.1950を下回る

ユーロ /米ドルは1.1950を下回り、4月に最も大きな日次損失を記録した。リスクオフの感情は、米ドルの下落につながり、米ドルの強化に拍車をかけた。バイデン米国大統領のインフラストラクチャ計画への挑戦とヨーロッパとアジアでのコロナウイルスの懸念は、落ち着いたムードを後押しする。

ユーロ/米ドルは、20と200SMAを超えて成長し、不均一な強さで進行するため、日足チャートによると強気となる。 100 SMAは、約1.2060の動的レジスタンスがあるが、テクニカル指標は正のレベル内で進む。短期的には、4時間足チャートによると、リスクも上向きに偏っている。強気の20SMAは約1.1970のサポートを提供したが、テクニカル指標は方向性の強さを欠いており、プラスのレベル内にとどまる。サポートレベル:1.1970 1.1920 1.1870、レジスタンスレベル:1.20151.20601.2100。

とにかく週の終わりに先立って適度に跳ね返った国債利回りの低下の中で米ドルは弱まった。一方、米国の堅調なマクロ経済指標がパンデミック崩壊からの大幅な経済回復を示唆していることから、米国の指数は上昇を続け、DJIAとS&P500は過去最高を記録した。

EUは先週の金曜日に2月の貿易収支を発表した。これは季節調整済みの184億ユーロの黒字を計上した。さらに、欧州連合は3月のインフレが前年比1.3%で上昇したことを確認した。米国については、3月に建築許可と住宅着工が増加したが、ミシガン大学消費者感情指数の暫定推定値は、以前の84.9から4月には86.5に達し、市場の期待を下回った。月曜日に EUは2月の当座預金を公開するが、米国からは関連するマクロ経済の数値の公開はない。


英ポンド/米ドル:200SMA、前レジスタンスラインは1.3800を超えるプルバックをテストする

英ポンド/米ドルは、月曜日のアジアセッションの中で、最近の上昇を約1.3825へ。ケーブルの売り手は、1か月のレジスタンスラインを下回ったまま、4月8日からの上昇するサポートライン、以前の抵抗、および200SMAとバトルする。

日足チャートによると、英ポンド/米ドルは強気に転じており、やや強気の100 SMA前後で買いが入った後、急上昇し、20SMAをはるかに上回っている。テクニカル指標は、正中線をテストした後に上昇し、いつものレベル内ではあるが、正の傾きを維持している。4時間足チャートでは、RSIは約63で進んでて、モメンタムインジケーターがほぼ垂直に北に向かっているため、強気の可能性が強くなっている。また、英ポンド/米ドルは200 SMAを超えてクローズしたが、強気のブレイクアウトを確認のために、継続して前進する必要がある。サポートレベル:1.3805 1.3760 1.3715、レジスタンスレベル:1.3845 1.38901.3930。

高利回り資産への需要が復活する中、米ドルは下落した。英国のマクロ経済カレンダーは、来週の火曜日まで提供するものがない。

一方、イギリスでコロナウイルスワクチンの展開が継続されており、過去1週間の新しい毎日の感染数は平均2,000件。しかし、最新の報告によると、新たな死亡者数は急激に減少し、1日あたり34人にまで減少している。英国では通常の生活へ向かっており、経済的にはプラスへ。英国のマクロ経済カレンダーは、英国が雇用関連のデータを公開する次の火曜日まで提供するものは何もない。


豪ドル/米ドル:売り手が50日SMAを攻撃するため、軽度の売りへ

豪ドル/米ドルは、金曜日の引き戻しの動きが続きながら、軽度の損失を出している。2月から4月のマイナス面の38.2%フィボナッチリトレースメントがサポートに追加される。毎月の高値、主要なフィボナッチリトレースメントは、新たな回復の動きの間に強気をテストする。


WTIは静かなアジアのセッションの中で63.00ドルを取り戻すのに苦労している

WTIは低水準を維持し、金曜日の引き戻しを今月の高値から延ばしている。ジョー・バイデン米国大統領の刺激への挑戦、石油に対する新たなポジティブの欠如は、統合の動きを支えている。S&P 500先物は0.20%下落し、ワクチンの希望と地政学的緊張の中で東京は目が覚めた。


金:これまでの主要なサポート保持レベル、強気のトレーダーは1,795ターゲットの軌道に乗る

開場で金の強気トレーダーは支配して、金価格はレジスタンスレベルをテストしている。これまでのところ、主要なサポート、強気トレーダーが1,795のターゲットを目指して順調に進んでいる。以前の毎次の修正 の-61.8%フィボナッチリトレースメントを行った後、価格は日のローソク足チャートで過度に拡張されたWフォーメーションを形成した。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2020年4月19日
8:50輸出 (前年比) (3月)JPY
08:50貿易収支 (3月)JPY
未定HIA新築住宅販売戸数 (前月比)AUD
13:30鉱工業生産 (前月比) (2月)JPY
21:15住宅着工件数 (3月)CAD
火曜日 – 2020年4月20日
10:30金融政策委員会議事要旨AUD
10:30PBoC ローンプライムレートCNY
13:30第三次産業活動指数 (前月比)JPY
15:00平均賃金(含ボーナス) (2月)GBP
15:00失業保険申請件数 (3月)GBP
15:00雇用者数(対前3ヶ月) (前月比) (2月)GBP
15:00失業率 (2月)GBP
15:00生産者物価指数 (前月比) (3月)EUR
水曜日 – 2020年4月21日
00:30世界乳製品取引価格指数NZD
05:30米国石油協会 週間原油在庫USD
07:45消費者物価指数 (前期比) (Q1)NZD
07:45消費者物価指数 (前年比) (Q1)NZD
10:30小売売上高 (前月比)AUD
15:00消費者物価指数 (前月比) (3月)GBP
15:00消費者物価指数 (前年比) (3月)GBP
15:00生産者物価指数(原材料価格)(前月比) (3月)GBP
17:05英国 イングランド銀行 MPCラムスデン委員発言GBP
18:4010年物独国債入札EUR
19:30BOEベイリー総裁発言GBP
21:30消費者価格指数コア (前年比) (3月)CAD
21:30コアCPI (前月比) (3月)CAD
21:30消費者物価指数 (前月比) (3月)CAD
23:00BOC金融政策レポートCAD
23:00カナダ銀行政策金利発表CAD
23:00政策金利発表CAD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2020年4月22日
00:00加中銀記者会見CAD
10:30ナショナル・オーストラリア銀行景況感指数AUD
18:0010年物スペイン国債入札EUR
19:00CBI製造業受注指数 (4月)GBP
20:45預金ファシリティ率 (4月)EUR
20:45欧州中銀限界常設貸出ファシリティーEUR
20:45ECB金融政策発表EUR
20:45政策金利発表 (4月)EUR
21:30失業保険申請件数USD
21:30新築住宅価格指数 (前月比) (3月)CAD
21:30欧州中央銀行記者会見EUR
23:00中古住宅販売戸数 (3月)USD
23:00中古住宅販売 (前月比) (3月)USD
金曜日 – 2021年4月23日
08:30全国コアCPI (前年比) (3月)JPY
09:30Nikkeiサービス業PMIJPY
15:00小売売上高コア(前年比) (前月比) (3月)GBP
15:00小売売上高コア(前月比) (前年比) (3月)GBP
15:00小売売上高(前月比) (前年比) (3月)GBP
15:00小売売上高(前年比) (前月比) (3月)GBP
16:15製造業購買担当者景気指数 (4月)EUR
16:15サービス業購買担当者景気指数 (4月)EUR
16:30製造業購買部協会景気指数 (4月)EUR
16:30サービス業購買部協会景気指数 (4月)EUR
17:00製造業購買担当者景気指数 (4月)EUR
17:00マーケット総合PMI (4月)EUR
17:00サービス業購買部協会景気指数 (4月)EUR
17:30総合PMIGBP
17:30製造業購買部協会景気指数GBP
17:30サービス業購買部協会景気指数GBP
22:45製造業購買管理者指数 (4月)USD
22:45マーケット総合PMI (4月)USD
22:45サービス業購買部協会景気指数 (4月)USD
23:00新築住宅販売戸数 (3月)USD
23:00新築住宅販売 (前月比) (3月)USD
土曜日 – 2021年4月24日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。