FX週間レポート (4月第2週)|米ドル/円:米国の利回りが上昇するにつれて強気トレーダーが支配、米ドルが回復を試みると、ユーロ/米ドルは1.1900を下回る

2021年4月12日



主な点:

  • • 米ドル/円:米国の利回りが上昇するにつれて強気トレーダーが支配
  • • 米ドルが回復を試みると、ユーロ/米ドルは1.1900を下回る
  • • 英ポンド / 米ドル:弱気トレーダーは圧力を維持する可能性が高い
  • • リスク回避の中で米ドルが跳ね返るにつれて、豪ドル/米ドルは0.7600に向かって下落する
  • • WTIは$59〜$60パラメータ間の待機モード
  • • 金:弱気のトレーダーが支配し、毎日のサポートに焦点を当てている


米ドル/円:米国の利回りが上昇するにつれて強気トレーダーが支配

米ドル/円は、週の初めに0.1%上昇して安定している。最近、米国の利回りは上昇傾向にあり、ドルを押し上げている。

米ドル/円の日足チャートは、111円付近からの最新の下落がちょうど修正された可能性があり、強気筋がコントロールを維持していることを示唆している。米ドル円は現在フラットな20DMAを超えて落ち着いたが、それでも長いDMAをはるかに上回っている。テクニカル指標は極端な買われ過ぎの状態を修正し、正中線付近から跳ね返った。短期的には、4時間足チャートによると、米ドル円は20と100のSMAの収束を中心に動くが、テクニカル指標はニュートラルレベル内では方向性がない。サポートレベル:109.50 109.00 108.65、レジスタンスレベル:109.95 110.30110.75。

米ドル/円は金曜日に回復し、109.65で赤字で週を終えた。債権の利回りが日中上昇し、10年債の利回りが1.687%に達したが、その後1.66%に後退したため、米ドル/円は1日最高値の109.95に達した。米国株式の大幅な上昇は、毎週の終値に先立って米ドル/円をグリーンに維持した。米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル総裁からのハト派のコメントは、米国のインフレ率上昇への期待を冷やした。

週の初めに、日本は3月の生産者物価指数(前月比0.4%、前年比0.5%増)、および同月の工作機械注文(前月比36.7%)を発表する。


米ドルが回復を試みると、ユーロ/米ドルは1.1900を下回る

市場の慎重ムードの中で米ドルが回復を試みているため、ユーロ/米ドルは1.1900未満の圧力の下で取引されている。欧州のワクチンに対する懸念は、FRBのパウエル議長の明るいメッセージより大きい。

日足チャートによると、強気の可能性は限定的。ペアは200DMAを上回って落ち着き、強気のスロープを維持し、20DMAは弱気のスロープを下に維持している。テクニカル指標は、強気の強さを失った正中線まで回復した。短期的には、このユーロ / 米ドルは弱気の200 SMA前後で売りが入っているが、短いものよりも上に留まるため、状況は非常に似ている。テクニカル指標は、限られた買い意欲を反映して横ばいである。毎週の最高値である1.1927を超えて延長すると、1.2000の数値に向けて継続することができる。サポートレベル:1.1890 1.1840 1.1795、レジスタンスレベル:1.1930 1.19651.2000。

ユーロ/米ドルは、終値に向かって弱さを維持したため、1.1900の数字をわずかに上回る上昇で1週間を終えた。ウォール街は反発し、指数は過去最高に達したが、国債の利回りは緩和され、安全な米ドルの需要を圧迫した。

マクロ経済カレンダーは週末までに明るく、通貨は感情に翻弄され、後者は依然として米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル総裁の反響を再現しており、大規模な刺激策はここにとどまると繰り返し述べた。ドイツは2月の貿易収支を発表したが、これは191億ユーロの黒字であり、市場の期待を下回っている。 3月の米国生産者物価指数は前年比4.2%上昇し、予想は上回った。

月曜日に、EUは2月の小売売上高を発表し、前月比で1%上昇し、前年比で5.7%下落。米国に関しては、国は連邦準備制度理事会のローゼン・グレンからの演説を予定している。


英ポンド/米ドル:弱気トレーダーは圧力を維持する可能性が高い

英ポンド/米ドルは1.37を維持しようとしており、3月の安値近くで取引されている。米ドルは、FRBが引き起こしたハト派の打撃から反発している。英国のワクチン供給とブレグジット関連の問題に関する懸念が感情に重くのしかかっている。

テクニカル的な観点から、英ポンド / 米ドルはさらに下落するリスクがある。日足チャートは、ペアが弱気の20 DMAを下回って成長し続けているのに対し、金曜日には強気の100DMAを中心に底を打ったことを示している。テクニカル指標はマイナスレベルにとどまり、下落に向かっている。短期的には、4時間足チャートによると、英ポンド/米ドルはすべての移動平均をはるかに下回っており、20のSMAは大きいものよりもしっかりと低くなっています。テクニカル指標は発散し、勢いが進み、RSIが南に向かい、どちらもマイナスレベルにある。それでも、1.3665を下回るブレークは、1.3500の価格帯に向かって南に新しい足を導くだろう。サポートレベル:1.3665 1.3620 1.3570、レジスタンスレベル:1.3750 1.37901.335。

金曜日の英ポンド/米ドルは3月25日以来の最低値である1.3669まで下落したが、1.3700の価格帯で1日を締めくくり、1週間で急落した。4月が始まって以来、英ポンドの弱さはアストラゼネカコロナウイルスワクチンの問題と直接関連しているとみられる。血栓に関連する懸念が生じ、ワクチン接種のペースが遅くなるまで、英国のワクチンの展開は成功したと見なされている。

英ポンドに重きを置くもう1つの要因は、北アイルランドのブレグジットの影響である。英国の連合からの離脱後に合意された議定書は、英国と北アイルランドの間の貿易障壁をもたらした。ユニオニストの暴動は3月下旬からこの地域を襲っており、時が経つにつれて増加しました。

データに関しては、英国は3月の金曜日にハリファックス住宅価格を発表した。これは3月までの3か月間で6.5%上昇した。今週の月曜日にマクロ経済データの公開はない。


リスク回避の中で米ドルが跳ね返るにつれて、豪ドル/米ドルは0.7600に向かって下落する

豪ドル/米ドルは圧力の下で取引されており、米ドルに対する避難所の需要を押し上げる低調な市場ムードの中で0.7600に向かっている。パウエルFRB議長は、米国経済は「変曲点」にあると述べた。オーストラリアドルは先週弱気で終わった。


WTIは$ 59.00〜 $ 60.00パラメータ間の待機モード

原油市場は引き続きレンジバウンドの取引条件を見ている。前月のWTI先物は、過去数日間に優勢で、わずかに赤とわずかに緑の間で変動している$ 59.00〜 $ 60.00の範囲でロックされたままである。


金:弱気のトレーダーが支配し、毎日のサポートに焦点を当てている

金は、H&Sパターンの右肩となる可能性のあるものに制限されている。毎日のサポートは、古典的な衝動、修正、衝動プレイブックのターゲットであり、先週の4時間足チャートで弱気のトッピングパターンをもたらす可能性がある。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年4月12日
18:00 小売売上高 (前月比) (2月) EUR
未定 中国新規借入 CNY
23:30 カナダ銀行企業景況感調査 CAD
火曜日 – 2020年4月13日
02:00 10年物中期米国債入札 USD
03:00 月次連邦財政収支 (3月) USD
07:00 NZIER企業景況感 (Q1) NZD
08:01 BRC小売売上高 (前年比) (3月) GBP
09:00 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) AUD
10:30 NAB企業信頼感指数 (3月) AUD
12:00 中国輸出 (前年比) (3月) CNY
12:00 中国輸入 (前年比) (3月) CNY
12:00 貿易収支 (米ドル) (3月) CNY
15:00 国内総生産 (前年比) GBP
15:00 国内総生産 (前月比) GBP
15:00 月次GDP(対前3ヶ月) GBP
17:30 鉱工業生産 (前月比) (2月) GBP
17:30 製造業生産 (前月比) (2月) GBP
17:30 貿易収支 (2月) GBP
17:30 非欧州連合貿易収支 (2月) GBP
18:00 現在のドイツZEWの状況 (4月) EUR
18:00 ZEW景気期待指数 (4月) EUR
18:00 ZEW景況感指数 (4月) EUR
20:00 OPEC月次報告 USD
21:30 コア消費者物価指数 (前年比) (3月) USD
21:30 コアCPI (前月比) (3月) USD
21:30 消費者物価指数 (前月比) (3月) USD
22:00 NIESR 月次GDPトラッカー GBP
水曜日 – 2020年4月14日
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
07:45 電子カード小売り販売数 (前月比) (3月) NZD
09:30 Westpac消費者信頼感指数 (4月) AUD
11:00 政策金利発表 NZD
11:00 RBNZ政策金利声明 NZD
16:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (3月) EUR
16:00 スペインHICP (前年比) (3月) EUR
17:30 労働生産性 (Q4) GBP
18:00 鉱工業生産 (前月比) (2月) EUR
21:30 輸出価格 (前月比) (3月) USD
21:30 輸入物価指数 (前月比) (3月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年4月15日
03:00 ベージュブック(米地区連銀経済報告) USD
10:30 雇用者数 (3月) AUD
10:30 フルタイム雇用変更 (3月) AUD
10:30 失業率 (3月) AUD
15:00 消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
15:45 消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) (3月) EUR
17:00 消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
17:30 イングランド銀行 信用状況調査 GBP
21:30 コア小売売上高 (前月比) (3月) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数 (4月) USD
21:30 フィラデルフィア連銀製造業景気指数 (4月) USD
21:30 フィリー連銀雇用 (4月) USD
21:30 小売売上高 (前月比) (3月) USD
21:30 製造業売上高 (前月比) (2月) CAD
22:15 鉱工業生産 (前月比) (3月) USD
22:15 鉱工業生産 (前年比) (3月) USD
23:00 企業在庫(前月比) (前月比) (2月) USD
23:00 小売業在庫(自動車を除く) (2月) USD
金曜日 – 2021年4月16日
05:00 ネット長期TICフロー (2月) USD
07:30 製造業購買担当者景気指数 (3月) NZD
11:00 固定資産投資 (前年比) (3月) CNY
11:00 中国国内総生産 (前期比) (Q1) CNY
11:00 国内総生産(GDP) (前年比) (Q1) CNY
11:00 中国国内総生産YTD (前年比) (Q1) CNY
11:00 鉱工業生産 (前年比) (3月) CNY
11:00 中国鉱工業生産 (前年比) (3月) CNY
11:00 失業率 CNY
11:00 統計局記者会見 CNY
15:30 生産者物価指数 (前月比) (3月) CHF
18:00 MPC委員カンリフ氏の発信 GBP
18:00 コア指数 (前年比) (3月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前年比) (3月) EUR
18:00 貿易収支 (2月) EUR
未定 ユーロ圏財務相会合 EUR
21:15 住宅着工件数 (3月) CAD
21:30 建築許可 (前月比) (3月) USD
21:30 建築許可件数 (3月) USD
21:30 住宅着工、変化 (前月比) (3月) USD
21:30 住宅着工件数 (3月) USD
21:30 対外証券投資 (2月) CAD
21:30 卸売売上高 (前月比) (2月) CAD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (4月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (4月) USD
土曜日 – 2021年4月17日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500 投機的ネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジショ
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。