「東西FXリサーチ」米ドルの下落に牽引されユーロ価格は引き続き上昇

2021年4月14日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米ドルの下落に牽引されユーロ価格は引き続き上昇

ユーロ/米ドルに圧力がかかっている。ユーロは米ドルに対して1.19前後の価格帯をうろついている。これには、米国の重要なインフレ率を上回るドル高に圧力をかけられていることが起因している。

ユーロ圏をみると、EUを先導する経済国ドイツの経済指標であるZEW景況感指数 70.7ポイントであり、弱いデータとなっている。大和アセットマネジメントのレポートによると、新型コロナウイルス問題による行動制限の強化で現状指数は低⽔準のままであるが、昨年9月に次いで2000年以来の最低水準にある期待指数が市場予想通り一段と上昇するかどうかが今後の市場センチメントに影響してくると述べている。同レポートでは期待が保たれている限り、リスク資産には追い風になるであろうと加えている。

4時間足チャートが示すように、ユーロ/ドルは一定の範囲で取引されている。勢いは上向きにわずかであり、通貨ペアは200単純移動平均のすぐ上で取引されます。50SMAは強気の兆候である100SMAを上回っている。レジスタンスは4月のピークである1.1920、続いて3月下旬の最高点であった1.1950となる。サポートは1.1860で、現在の範囲の下限であり、1.1820と1.1780が続き、どちらも上昇の途上にある。

誰もが上昇を期待している中のこの価格に 失望し、それが価格行動を引き起こす可能性があるかもしれない。 パンデミックの発生により2020年3月に物価が急落し、「ベース効果」が発生したため、消費者物価指数の前年比予想はすでに上昇している。しかし、先月の生産者価格が月間1%の上昇を示した後、予測はさらに押し上げられた。これは、供給問題のために価格がすでに上昇していることを意味しているだろう。

米ドルは火曜日に発表される3月の米国消費者物価指数リリースに先立ちすでに上昇しており、債券利回りもとともに上昇している。

米国の債務に対する堅調な需要とFRBからの落ち着いたメッセージにより、ドルの上昇要因は、来たるCPIリリースへの期待に過ぎないようにみえる。このような背景から、ドルでの「噂を買い、事実を売る」という反応はもっともらしい結果であろう。ユーロ / 米ドルの場合、それはさらなる上昇の可能性を意味する。ヨーロッパでの問題は引き続き解決されずにいるものの、ユーロの価値は上昇するだろう。

一方で、ワクチン接種キャンペーンの加速と、4月のドイツのZEW経済感情統計からの潜在的に堅固な見積もりへの期待は、ユーロのビッドが続く可能性がある。

全体として、ユーロ/ 米ドルは上昇する余地があり、これは主にドルの下落に牽引されている。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。