FX週間レポート (3月第4週)|日本銀行が国債利回り目標帯を拡大した後に、金曜日の初めに米ドル/円が上昇して、英国は、来年10月まで国の封鎖法を延長する予定

2021年3月22日



主な点:

  • • 米ドル/円はトルコリラの弱気のギャップアップの結果として開場から回復
  • • ユーロ/ 米ドル:弱気はダブルトップからのコントロールを維持
  • • 英ポンド/ 米ドル:売り手は2月初旬の安値に目を向けて1.3820サポート合流点を攻撃する
  • • 豪ドル /米ドルはリスク回避の中で再び0.7700で跳ね返る
  • • 市場センチメントが悪化するにつれて、WTIは61.00ドルを下回る
  • • 1,730ドルを目標とする最近の損失にもかかわらず、金の強気筋は希望を持ち続ける


米ドル/円はトルコリラの弱気のギャップアップの結果として開場から回復

米ドル/円は、トルコリラのボラティリティに関連するギャップアップ(上方向に窓が開くこと)から回復する。レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がトルコのタカ派中央銀行総裁を同氏と同様に高金利考えを批判する人物に交代させる決定を下した後、ボラティリティが始まった。

米ドル/円は今年の高値近くで統合され、日足チャートのテクニカル測定値は弱気の可能性が限られていることを示している。RSI指標は買われ過ぎのレベル内で横ばいであるのに対し、米ドル円は強気の20 SMA(現在107.65)をはるかに超えて成長を続けている。モメンタム指標は買われ過ぎのレベルから緩和するが、正中線をはるかに上回っている。4時間足チャートによると、テクニカル指標がマイナスレベル内でわずかに下がる一方で、フラットな20 SMAキャップが進むにつれて、米ドル/円は下落を拡大する。サポートレベル:108.70 108.30 107.95、レジスタンスレベル:109.30 109.60 110.00。

日本銀行が国債利回り目標帯を拡大し、ETF購入目標を引き下げた後に、金曜日の初めに米ドル/円は前進し、金融政策の柔軟性が高まった。日銀は維持金利を-0.1%に、長期金利をゼロに維持したが、政策声明では、上場投資信託の年間購入目標である6兆円と言及しているほか、長期金利を-025%/ + 025%の間で変動させるというスタンスを微調整した。

米国債の利回りが低下し、日中および世界の指数が渋い雰囲気で取引されたため、米ドル/円は利益を調整した。利回りはその後回復し、訴訟後の米ドル/円で1日を変更せずに終了した。日本は月曜日の初めに、1月の主要経済の最終版を発表する。指数、99.1と予測されている。同月の一致指数は91.7であると予想される。


ユーロ/ 米ドル:弱気はダブルトップからのコントロールを維持

ユーロ/米ドルの強気のトレーダーは、次の日次サポートからの上方修正を求めている一方、弱気のトレーダーは、長期的な観点からコントロールされている。ユーロには、日足チャートでダブルトップになって以来、プレッシャーがかかっている。

ユーロ/ 米ドルは、11月/ 1月のラリーの61.8%のリトレースメントである1.1885をわずかに上回って取引が続けられている。日足チャートでは、20SMAが100SMA以上の弱気な傾きを維持しているため、現在のレベルではリスクは下落に偏っている。テクニカル指標は負のレベル内で方向性がない。4時間足チャートでは、ユーロ/米ドルはすべての移動平均を下回り、方向性のない20 SMAが1.1925でレジスタンスとなっている。技術指標には方向性の強さがなく、正中線付近の勢いがある。サポートレベル:1.1885 1.1840 1.1795、レジスタンスレベル:1.1925 1.19801.2025。

ユーロ/ 米ドルは金曜日に1.1873に下落し、1.1900の数字をわずかに上回って週を終えた。慎重な政策立案者と抑制されたインフレにもかかわらず、経済の復活への期待の高まりが安全な国債を圧迫している。連邦準備制度理事会は一時的な延長を行わないと発表した。IMFは週末に、世界経済の回復が強まる兆候があることを示したが、重大なリスクが残っていると警告した。それにもかかわらず、投資家は安全な国債をショートし続けている。

データ面では、ドイツは金曜日に2月の生産者物価指数を発表した。これは予想どおり前月比の0.7% 上昇となり前年比1.9%に改善されたが、市場の予測を下回った。月曜日に、EUは1月の経常収支を発表し、米国は2月の既存住宅販売を公開する。米国連邦準備委員会のジェローム・パウエル議長は、オンラインイベントで中央銀行のイノベーションに関する仮想パネルディスカッションへの参加予定がある。


英ポンド/米ドル:売り手は2月初旬の安値に目を向けて1.3820サポート合流点を攻撃する

英ポンド/ 米ドルは弱気のMACDの中で2月の上昇の61.8%フィボナッチリトレースメントの3週間前のサポートラインに向かって下落している。2月初旬の水平サポートは弱気筋を誘惑する。強気は、新しいエントリーポイントになるには1.4000を超える決定的な休憩が必要です。

日足チャートによると、英ポンド/ 米ドルは下落するリスクがあり、テクニカル指標は正中線付近から後退し、マイナスレベルで弱気の強さを得ている一方で、英ポンド/米ドルはやや弱気の20 SMAを下回っている。4時間足チャートのようにマイナス面もあり、短期的には、チャンスあり、英ポンド/米ドルはすべての移動平均を下回り、とにかく20ピップスの狭い範囲に限定された。一方、テクニカル指標はマイナスレベル内でしっかりと下落しました。サポートレベル:1.3810 1.3770 1.3720、レジスタンスレベル:1.3965 1.40101.4050。

英国が2月に政府支出が財政をさらに赤字に押し上げたと報告したことが不振を生んだ。公共部門の純借入額は、過去最高の184億1,300万ポンドに急増した。しかし、英国の記録的な赤字は、今年の最初の2か月よりは成長が少なく予想よりも若干大きくなるだろう。利回りが急上昇する中、米国通貨に対する需要が復活し、英ポンド/米ドルの弱気な状況が加わった。

一方、英国のボリス・ジョンソン首相は、来年10月まで国の封鎖法を延長する予定でいる。コロナウイルス法の緊急法案は木曜日に下院で議論される。ワクチンの展開が進んでいるにもかかわらず、英国は依然として経済の再開に苦戦している。


豪ドル/米ドルはリスク回避の中で再び0.7700で跳ね返る

豪ドル/米ドルは0.7700をわずかに上回る安値で跳ね返ったが、脆弱なままである。コロナウイルスの急増、インフレ、トルコ中央銀行の混乱に対する懸念がリスク感情を圧迫している。米連邦準備制度理事会(FRB)は、大手銀行に対する資本面の優遇策である「補完的レバレッジ比率(SLR)」の条件緩和措置を、3月31日で打ち切る。PBOCはローンプライムを維持した料金。


市場センチメントが悪化するにつれて、WTIは61.00ドルを下回る

WTIは、週次オープンで下落した後、日中の安値である約61.00ドルに移動し、1日で0.65%下落した。そうすることで、リスクオフムードが商品に重くのしかかるため、石油ベンチマークは金曜日の回復の動きを伸ばすことができない。


1,730ドルを目標とする最近の損失にもかかわらず、金の強気筋は希望を持ち続ける

金は日中安値で跳ね返るが、11週間前のトレンドラインのレジスタンスに近づく。しかし、金価格は金曜日の短期的な主要抵抗レベルの上昇を拒否した。強気のMACDと10 SMA以上の商品の持続的な取引は 1,731ドルで金の買い手が現れることを期待している。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年3月22日
未定 Westpac消費者信頼感指数 NZD
10:30 PBoC ローンプライムレート CNY
23:00 中古住宅販売戸数 (2月) USD
23:00 中古住宅販売 (前月比) (2月) USD
火曜日 – 2020年3月23日
16:00 平均賃金(含ボーナス) (1月) GBP
16:00 失業保険申請件数 (2月) GBP
16:00 雇用者数(対前3ヶ月) (前月比) (1月) GBP
16:00 失業率 (1月) GBP
20:00 CBI製造業受注指数 (3月) GBP
20:00 MPC委員カンリフ氏の発信 GBP
21:30 経常収支 (Q4) USD
23:00 新築住宅販売戸数 (2月) USD
23:00 新築住宅販売 (前月比) (2月) USD
水曜日 – 2020年3月24日
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
06:45 貿易収支 (前年比) (2月) NZD
06:45 貿易収支 (前月比) (2月) NZD
08:50 金融政策決定会合議事要旨 JPY
09:30 Nikkeiサービス業PMI (3月) JPY
16:00 消費者物価指数 (前月比) (2月) GBP
16:00 消費者物価指数 (前年比) (2月) GBP
16:00 生産者物価指数(原材料価格) (前月比) (2月) GBP
17:15 製造業購買担当者景気指数 (3月) EUR
17:15 サービス業購買担当者景気指数 (3月) EUR
17:30 製造業購買部協会景気指数 (3月) EUR
17:30 サービス業購買部協会景気指数 (3月) EUR
18:00 製造業購買担当者景気指数 (3月) EUR
18:00 マーケット総合PMI (3月) EUR
18:00 サービス業購買部協会景気指数 (3月) EUR
18:30 総合PMI (3月) GBP
18:30 製造業購買部協会景気指数 (3月) GBP
18:30 サービス業購買部協会景気指数 (3月) GBP
19:40 10年物独国債入札 EUR
21:30 コア耐久財受注 (前月比) (2月) USD
21:30 耐久財受注 (前月比) (2月) USD
22:45 製造業購買管理者指数 (3月) USD
22:45 マーケット総合PMI (3月) USD
22:45 サービス業購買部協会景気指数 (3月) USD
23:00 FRBパウエル議長証言 USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年3月25日
02:45 連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD
04:00 米国 連邦公開市場委員会
メアリー・デイリー委員発言
USD
16:00 GfK独消費者信頼感指数 (4月) EUR
17:30 政策金利発表 CHF
17:30 スイス国立銀行金融政策評価 CHF
18:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告 EUR
18:30 BOEベイリー総裁発言 GBP
18:30 連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD
18:30 カナダ中央銀行マックレム総裁発言 CAD
18:30 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
18:30 ラガルドECB総裁 発言 EUR
未定 10年物イタリア国債入札 EUR
21:30 国内総生産 (前期比) (Q4) USD
21:30 GDP物価指数 (前期比) (Q4) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
金曜日 – 2021年3月26日
08:00 米国 連邦公開市場委員会
メアリー・デイリー委員発言
USD
08:30 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (3月) JPY
08:30 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (3月) JPY
16:00 小売売上高コア(前月比) (前年比) (2月) GBP
16:00 小売売上高コア(前年比) (前月比) (2月) GBP
16:00 小売売上高(前月比) (前年比) (2月) GBP
16:00 小売売上高(前年比) (前月比) (2月) GBP
16:00 国内総生産(GDP) (前期比) (Q4) EUR
18:00 景気予測 (3月) EUR
18:00 現況分析 (3月) EUR
18:00 IFO景況指数 (3月) EUR
21:30 良好な貿易収支 (2月) USD
21:30 小売業在庫(自動車を除く) (2月) USD
22:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (2月) USD
22:30 コアPCE物価指数 (前月比) (2月) USD
22:30 個人消費支出物価指数 (前年比) (2月) USD
22:30 個人消費支出価格指数 (前月比) (2月) USD
22:30 個人支出 (前月比) (2月) USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (3月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (3月) USD
土曜日 – 2021年3月27日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
未定 月次連邦財政収支 USD
未定 米国連邦予算 USD
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ 投機的ネットポジション EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。