FX週間レポート (3月第3週)|米国債券の利回りの緩和につれて、米ドル/円は109.00前後の最近の上昇を統合|

2021年3月15日
FX週間レポート (3月第3週)|米国債券の利回りの緩和につれて、米ドル/円は109.00前後の最近の上昇を統合|

主な点:

  • 米ドル/円:債券の利回りの緩和につれて、109.00前後の最近の上昇を統合
  • ユーロ/ 米ドル:1.1900半ば頃で穏やかに売られたが、短期的な上昇チャネルは強気を支持する
  • 英ポンド / 米ドル:強気は手綱を即時サポートラインの200-HMA以上を維持
  • 中国の混合データの中で豪ドル /米ドルは0.7750を下回る
  • WTI:明るい中国のデータで66ドルを超える差し迫ったハードルとの戦い
  • 金の強気は$ 1,740 / 60を目指す


米ドル/円:債券の利回りの緩和につれて、109.00前後の最近の上昇を統合

米ドル/円は、東京の市場が月曜日の取引開始で、109.00に向かって下落する一方で、初期のアジアセッションの上昇を逆転させる。リスクバロメーターは、コロナウイルス(COVID-19)とリフレ懸念に関する混合シグナルの中でリトレースしているようだが、日本からの明るいデータは、クオートにさらに下振れ圧力をかけている。

米ドル/円の日足チャートは、テクニカル指標が買われ過ぎの読みの範囲内で進み、勢いがほぼ垂直に上昇していることを示している。移動平均は、現在のレベルをはるかに下回っており、20 SMAは約106.85だが、強気の傾きを維持している。4時間足チャートでは、米ドル円がフラットな20 SMAを超えて成長し、移動平均が長くなると強気のスロープが維持されるためにリスクは上向きに偏る。モメンタムインジケーターは正中線より上に進み、RSIは約62に統合される。サポートレベル:108.70 108.30 107.95、レジスタンスレベル:109.25 109.60110.00。

金曜日の米ドル/円は急騰し、米国国債の利回りが1年ぶりの高値を更新した。10年債の利回りは1.642%でピークに達し、1.62%に落ち着いた。DJIAとS&Pが進むにつれ、株価は混合された。しかし、ナスダックは、ハイテクセクターの業績が低迷する中、赤字で取引を終えた。

日本はBSI大規模製造業条件指数を発表した。これは第3四半期の21.6から今年の第1四半期にわずか1.6%上昇した。今週月曜日、日本は1月の機械注文を以前は前年比11.8%でリリースし、第三次産業を発表する。同月の指数、-前月比0.4%と予測される。


ユーロ/米ドル:1.1900半ば頃で穏やかに売られたが、短期的な上昇チャネルは強気を支持する

月曜日の最初のアジアセッション取引中、ユーロ/米ドルは1.1950前後で変動する。ユーロ/米ドルは先週の火曜日から回復の雰囲気にあり、上昇トレンドチャネルの強気パターンを示しているが、MACDの緩和と100-SMA未満の持続的な取引は買いを遅らせている。

ユーロ/米ドルは、1.1970あたり の11月/ 1月のラリーの50%のリトレースメントの前後で、2日連続で売りが入った。日足チャートは、ユーロ/米ドルが20および100 SMAを下回って取引されているため、さらに下落する可能性があることを示している。 200 SMAは強気のスロープを維持し、現在1.1820前後で動的なサポートを提供している。テクニカル指標はマイナスレベルで再び下落を始めた。短期的には、4時間足チャートによると、ユーロ/米ドルはニュートラルになりました。やや強気の20SMAから跳ね返るが、それより下ではしっかりと弱気の長いものになっている。テクニカル指標は正中線のすぐ上で方向性を失う。サポートレベル:1.1920 1.1885 1.1840、レジスタンスレベル:1.1975 1.20201.2070。

利益確定は米ドルに打撃を与えた可能性があり、大半の主要なライバルに対して利益を上げて一日を終えた。

金曜日のマクロ経済カレンダーには、EUの鉱工業生産が含まれ、前年比0.1%上昇し、予想の-2.4%を上回った。米国からは2月の生産者価格指数の発表があった。暫定的な予測によると、3月のミシガン大学の消費者心理指数は2月の76.8から83に急上昇した。月曜日に、米国は3月のNY帝国州の鉱工業生産指数と1月のTICフローを発表する。


英ポンド/米ドル:強気は手綱を即時サポートラインの200HMA以上に維持

金曜日の後半の1.3863からの回復を維持しながら、英ポンド/米ドルは日中安値で変動する。明るいRSI、200 HMAを超える取引の持続、1週間前の上昇トレンドラインは強気をサポートしている。

英ポンド/米ドルは、日足チャートで弱気の可能性が高まっている。過去2日間、20 SMA前後で苦戦し、最終的には下落した。テクニカル指標は下に向かい、勢いはマイナスレベルにあり、RSIも下落している。短期的には、4時間足チャートによると、英ポンド/米ドルはニュートラルなスタンスを維持している。200SMAで底を打ったが、20および100 SMAを下回ると、方向性の強さが欠ける。テクニカル指標は正中線から動かない。サポートレベル:1.3865 1.3820 1.3770、レジスタンスレベル:1.39401.39901.4030。

英国のデータがほとんど落胆したものだったため、英ポンド/米ドルはロンドンの取引時間中に1.3863で底を打った。英国は1月月間国内総生産は-2.9%で、前回の1.2%を下回ったが、予想の4.9%は上回った。同時期の製造業生産は-5.2%でした。貿易収支は17億5600万ポンドで、月間の国内総生産は-2.9%で印刷され、予想の4.9%を上回ったものの、以前の1.2%を下回りました。この数字は、昨年12月以降に受けたロックダウン制限を反映している。今週月曜日、英国はライトムーブ 住宅価格指数の3月のデータをリリースする。


中国の混合データの中で豪ドル /米ドルは0.7750を下回る

豪ドル/米ドルは、中国の混合データと債券の利回りの新たな上昇の中で0.7750を下回り、市場のムードを圧迫し、安全通貨である米ドルを引き上げている。RBAのロウ氏のコメントから、オーストラリアの重みが増していることがわかる。


WTI:明るい中国のデータで66ドルを超える差し迫ったハードルとの戦い

中国の明るいデータに即時の主要なレジスタンス線を突く最近の上昇に続いて、WTIは月曜日の初めに日中1.0%上昇して約66.30ドルで変動する。そうすることで、エネルギーベンチマークは明るいRSI条件と100を超える予測の持続的な取引と-HMAと3月2日からの昇順サポートラインを裏付ける。


金の強気は$1,740 / 60を目指す

金価格はサイクル安から高値を修正しようとしている。日足チャートは、すでに1,700ドルと1,740ドルのレジスタンスのテストが行われているという点で説得力があり、どちらも低サイクル安または大幅な回復高のいずれかにリスクをもたらすことがわかっている。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2020年3月15日
08:15ロウRBA総裁発言AUD
11:00固定資産投資 (前年比) (2月)CNY
11:00鉱工業生産 (前年比) (2月)CNY
11:00中国鉱工業生産 (前年比) (2月)CNY
11:00失業率CNY
11:00統計局記者会見CNY
13:00HIA新築住宅販売戸数 (前月比)AUD
13:30第三次産業活動指数 (前月比)JPY
未定ユーロ圏財務相会合EUR
21:15住宅着工件数 (2月)CAD
21:30ニューヨーク連銀製造業景気指数 (3月)USD
21:30製造業売上高 (前月比) (1月)CAD
火曜日 – 2020年3月16日
05:00ネット長期TICフロー (1月)USD
05:00Westpac消費者信頼感指数NZD
09:30住宅価格指数 (前期比) (Q4)AUD
09:30金融政策委員会議事要旨AUD
13:30鉱工業生産 (前月比) (1月)JPY
16:45消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
16:45フランスHICP (前月比) (2月)EUR
18:00消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
19:00現在のドイツZEWの状況 (3月)EUR
19:00ZEW景気期待指数 (3月)EUR
19:00ZEW景況感指数 (3月)EUR
未定10年物独国債入札EUR
21:30コア小売売上高 (前月比) (2月)USD
21:30輸出価格 (前月比) (2月)USD
21:30輸入物価指数 (前月比) (2月)USD
21:30小売売上高 (前月比) (2月)USD
21:30対外証券投資 (1月)CAD
22:15鉱工業生産 (前年比) (2月)USD
22:15鉱工業生産 (前月比) (2月)USD
23:00企業在庫(前月比) (前月比) (1月)USD
23:00小売業在庫(自動車を除く) (1月)USD
23:30世界乳製品取引価格指数USD
水曜日 – 2020年3月17日
06:30米国石油協会 週間原油在庫USD
06:45経常収支 (前年比) (Q4)NZD
06:45経常収支 (前期比) (Q4)NZD
08:30オーストラリア準備銀行総裁補佐ケント氏の発信AUD
08:50輸出 (前年比) (2月)JPY
08:50貿易収支 (2月)JPY
18:00IEA月次報告USD
19:00コア指数 (前年比) (2月EUR
19:00消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
19:00消費者物価指数 (前年比) (2月)EUR
21:30建築許可 (前月比) (2月)USD
21:30建築許可件数 (2月)USD
21:30住宅着工、変化 (前月比) (2月)USD
21:30住宅着工件数 (2月)USD
21:30消費者価格指数コア (前年比) (2月)CAD
21:30コアCPI (前月比) (2月)CAD
21:30消費者物価指数 (前月比) (2月)CAD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2020年3月18日
03:00金利予測 – 1年 (Q1)USD
03:00金利予測 – 2年 (Q1)USD
03:00金利予測 – 現在 (Q1)USD
03:00金利予測 – 長期 (Q1)USD
03:00FOMC経済見通しUSD
03:00FOMC声明USD
03:00政策金利発表USD
03:30FOMC記者会見USD
06:45国内総生産 (前期比) (Q4)NZD
09:30雇用者数 (2月)AUD
09:30フルタイム雇用変更 (2月)AUD
09:30失業率 (2月)AUD
16:30生産者物価指数 (前月比) (2月)CHF
19:0010年物スペイン国債入札EUR
19:00ユーロ圏賃金 (前年比) (Q4)EUR
19:00貿易収支 (1月)EUR
19:30欧州中銀長期リファイナンシング・オぺEUR
21:00金融政策委員会議決削減 (3月)GBP
21:00金融政策委員会議決ハイク (3月)GBP
21:00金融政策委員会 (3月)GBP
21:00BOE QE合計 (3月)GBP
21:00政策金利発表 (3月)GBP
21:00BOE金融政策委員会議事要旨GBP
21:30失業保険申請件数USD
21:30フィラデルフィア連銀製造業景気指数 (3月USD
21:30フィリー連銀雇用 (3月)USD
21:30新築住宅価格指数 (前月比) (2月)CAD
金曜日 – 2021年3月19日
08:30全国コアCPI (前年比) (2月)JPY
09:30小売売上高 (前月比)AUD
11:30日銀記者会見JPY
11:30日銀記者会見JPY
11:30金融政策決定会合議事要旨JPY
16:00生産者物価指数 (前月比) (2月)EUR
21:30コア小売売上高 (前月比) (1月)CAD
21:30小売売上高 (前月比) (1月)CAD
23:30政策金利発表JPY
土曜日 – 2021年3月20日
1日中日本 – 春分祝日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
05:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
05:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。