「東西FXリサーチ」米ドルと円は短期的には上向きのバイアスで変動

2021年3月17日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米ドルと円は短期的には上向きのバイアスで変動

2021年の初め以来、米ドル/円は、リフレ期待により年初に1%を上回って以来、10年物の米国イールドカーブと歩調を合わせて上昇している。日本(日銀)のイールドカーブコントロール(YCC)政策の枠組みの中で、日本の10年物利回りは世界の他の地域と比較してほとんど変化しておらず、その結果、日米間の金利差の拡大により米ドルと円がより高くなった。

3月19日に予定されている日銀のレビューにより、米ドルと円が一時的に変動する可能性がある。日銀は現在、金融緩和の見直しを行っており、2021年3月19日(金)に調査結果を発表する予定でいる。2%のインフレ目標は依然としてかなりとらえどころのないように見えるため、長期的には金融緩和をより持続可能にすることを目的としている。

日銀が十分にハト派ではないと解釈された場合(YCCの範囲を拡大し、上場投資信託を縮小することにより)、米ドル-円が一時的に変動する可能性があると考えていることを同銀行の為替アナリストは述べている。 逆に、日銀が金融政策をさらに緩和しようとしていると見られる場合、米ドル-円は短期的にさらに上昇する可能性があります。 YCCの範囲を変更せず、より深いNIRPを信頼できる脅威にすることにより緩和されると言われている。

しかし、日銀が急進的な行動をとらない限り(つまり、現代貨幣理論(MMT)のある種の受け入れ、たとえば政府の財政赤字への直接金融)、為替レートに永続的な影響があるとは思えない。

米ドルと円は短期的には上向きのバイアスで変動するとみられている。全体として、USD-JPYは、21年下半期にわずかに修正される前に、短期的には上向きのバイアスで変動すると予測される。修正は、より多くの経済がワクチン接種プログラムを進め、それによって米国の循環的優位性を狭めることによって生じる可能性がある。

S&P 500では過去最高を記録した株式の回復、米国はクーポン販売で1,200億ドルを調達し、債券購入を「大幅に」増加を約束した ECB(欧州中央銀行)は、週末の前に急落した。そして主要サポート後にさらなる金利差が拡大したことで米ドルも反発した。

価格行動は不安定だが、いくつかのトレンドの動きがある。米国財務省の利回り(3年から30年)が6週連続で上昇したことを考慮する必要がある。CRB指数は7週連続で上昇し、1週間のみの下落となっている。今年はこれまでのところでは15.5%以上の上昇である。11月2日の底打ち以来劇的に上昇した後、最近では原油は統合された。

3月の米ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は市場予想を上回る伸びとなり、1年ぶり高水準となった。新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいることや追加経済対策を背景に、景気見通しに対する楽観が強まった。

一方、英ポンド/円はアジアセッション中に上昇し、前日の4日間の安値からの150.80-75付近へ良好なリバウンドをした。ペアは、151.00半ば辺りでのホバリングが最後に見られ、 日本円を取り巻くトーンからサポートされた。

しかし、上昇はフォロースルーを欠いており、英ポンド/円を100SMAを超えるのに苦労した。これに続いて、 152.00マーク付近の短期的な上昇トレンドラインサポートブレークポイントが機能し短期トレーダーにとってのキーとなるだろう。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。