「東西FXリサーチ」市場センチメントと資産バブルの分析方法

2021年3月12日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム


市場センチメントと資産バブルの分析方法

2020年春、コロナウイルスパンデミックし都市が一時的にロックダウンされ、連邦準備制度と米国財務省による金融市場への新たな資本の注入と相まり、金融市場の新しいクラスの小売業者に油を注いだ。 この新しい 市場参加者の波が従来の金融市場へ流動性の波をもたらしている。

ここでは、過去のトレーダーが歴史的な出来事の中での投資感情とそれらの流れを振り返る。

流動性によるオーバーフロー

資本市場では、流動性は常に独自のレベルにある。流動性が豊富な場合、最も破産した企業でさえ、金融資本は資金に流れ込る。ヘルツ(Hertz)の例を考えてみる。

破産 は、企業の資産に価値がなくなる。資産=負債+資本の場合、破産した企業がその資本を一掃し、ゼロの価値に追いやったのは事実であるに違いない。それでも、小売業者はヘルツへの取引を続け、株を押し上げた。

ある意味で、これは連邦準備制度や米国政府などの政策立案者が意図したことといえる。回復可能にするために、パンデミックの惨劇に対して経済を支えている。同様に、資本市場には非常に多くの過剰流動性があるため、企業は短期的には非流動性から、長期的には破産から免れることができる。これは、「コップの底にある穴にもかかわらず、上部はまだあふれている」というアナロジーで要約することができる。

1637年:オランダのチューリップマニア

金融史上最初の、そしておそらく最も有名なバブルは、1600年代にまでさかのぼる。チューリップマニアのピーク時には、実体経済的に使用されていないいくつかの単一のチューリップ球根が、熟練した職人の年収の10倍以上で販売されました(「バブル率」)。参考までに、AMAZONの株式は3,000ドル未満で取引され、アメリカの家族の収入の中央値は60,000ドル近くになったが、この「バブル率」はまだ0.05だった。バブルが持続不可能になるまで、それほど時間はかかりらなかった。投機家は、最低品質の電球でさえも最も安い価格で購入することができなくなった。買いの需要がなくなったときチューリップバブルはほぼ一夜にして破裂し、多くの人は生涯にわたって借金に追われるはめになったチューリップマニアは1636年から1637年にかけて発生したが、400年近く経った今でも、あまりにも多くの小売業者が具体的な経済的用途や価値のない資産について推測した場合に起こる落とし穴について語る時に引用されている。年齢の中央値が31歳の新しい個人投資家が、HERTZのような破産した会社に投資していることからも、人間の本性は変わっていないことがわかる。

1929年:ウォール街大暴落

アメリカの歴史の中で最も有名な市場の暴落は1920年代の終わりに起こり、金ぴか時代として知られる過剰の時代を締めくった。 急激なバブルではなかったものの、劇的な市場の落ち込みとなったダウ工業株30種平均は1929年9月から1932年7月にかけてその価値のほぼ90%を失い、急落は壮観でした。その後の株式市場の暴落による経済の落ち込みは、大恐慌として知られるものになりました。

2000年:ナスダック/ ドットコムバブル

1980年代に始まった規制緩和の時代は、最終的にはテクノロジーとインターネット株の台頭とともに収束した。「新エコノミー」の誕生により、市場は2000年までに目まぐるしい高さまで上昇しました。NASDAQは1995年の初めの743から2000年3月10日の最高値の5048まで上昇した。1999年10月から2000年3月までだけで、指数は2倍になり、「ドットコムバブル」が起こった。9月11日のテロ攻撃によって引き起こされた不況も起因し、ドットコムバブルは崩壊し、2002年後半までに、NASDAQは2000年3月の最高値と比較してその価値の約78%を失った。

2007年:米国住宅市場の崩壊

住宅市場のバブルは、2000年のナスダック/ドットコムバブルの崩壊後に経済を再膨張させるために吹き飛ばされた限り、ユニークなバブルとなった。経済が9月11日のテロ攻撃とその後の不況から回復するのを助けるために、連邦準備制度は金利を引き下げ、市場を流動性で溢れさせまた。これは今日と同様の状況である。不動産価格と住宅建設業者のバリュエーションが高騰し、「フリッパー」として知られる住宅市場に投機家を引き込んだ。例えば、今日のAirBNBなど。

住宅市場のバブルが崩壊したとき、S&P 500住宅建設トータルリターン指数は2005年7月のピークから2008年11月の最低値まで90%低下した。株式と住宅市場の暴落の結果は、大恐慌以来最悪の金融危機となった。

過去から学ぶ

過去の市場をを支配した感情は、金融市場に従事するときに私たちがと同様に、貪欲、恐れ、興奮、失望である

グローバルな相互接続通信の時代において、情報とデータはかつてないほど迅速に世界中に拡散される。これは、取引時に私たちの感情が、グローバル市場ではるかに速く合体して雪だるま式に増える可能性があることを意味している。これは誤った情報に対する心理感情もしかり。取引に重要なことは、バブル、危機、およびクラッシュは、いついかなる時にも起こると言うことを念頭に置き、冷静に市場を見る必要がある。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。