「東西FXリサーチ」スターリングの今年後半の成長予想

2021年3月11日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

スターリングの今年後半の成長予想

英ポンド/米ドルは水曜日の初めの間に、1.3868の日中安値に下落し、現在1.3865あたり0.15%の下げとなっている。したがって、ケーブルは強気のチャートパターンの上線から後退する。引き戻しは1.3846の200バールのSMAレベルを目指しているが、強気のMACDはペアの今以上の弱さをテストすることもできるが、そうでない場合は、英ポンド/米ドルの売り手は1週間前のサポートラインが現在1.3812を挑戦するだろう。スターリングの弱気筋が1.3812を超えたところにいる場合 、1.3800のしきい値と、2月下旬以降に確立された下降ウェッジパターンの下限(現在は1.3720前後)が注目の鍵となる。

その一方で、現在1.3905であるレジスタンスラインの上方ブレークは、2月の数ヶ月の最高値である1.4243に向けて上昇を引き起こす可能性もある。

オーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)のストラテジストによると、火曜日にポンド対ドルのレートは1.39を超えて回復しようとしており、少なくとも1つの重要な指標で大幅に過小評価されたままだった。英ポンド/米ドルのレートは、1.3820付近の週の始値から急上昇し、1.39を一時的に超えたが、コロナワクチン摂取の早期の接種開始なども起因して英国の経済見通しの改善に期待がかかり、今年後半以降はさらに上昇する可能性がある。

英国では、 財務省の先週の予算で緊急プログラムをさらに数か月延長することで、経済は春と夏に再開するため、GDPの2桁のクリップに相当する財政の追い風の恩恵を受けるだろう。

CBAのシニアFXストラテジストであるエリアス。ハダッド氏は、相対GDPデフレーターに基づく購買力平価は約1.5500でありと述べており、英国の経常赤字は2012年第1四半期以来最小になっている。同氏はこれは、GBPが外国の貯蓄を引き付けるために、基本的な均衡を大幅に割り引いて取引する必要がなくなったことを意味していると解説している。

その結果、英国の成長は今年、先進国で最も速いと広く予測されており、イングランド銀行(BoE)の金利に対する市場の期待は高まっていますが、CBAのハダッドは後者にはまだ「調整の余地がある」と述べている。

ポンドの前向きな推進力には変化がなく、ワクチン接種は他のほとんどの場合よりも早く展開されており、BoEは3月18日の会議で資産購入の漸減を計画する可能性がある。スコティアバンクのチーフFXストラテジストであるショーン・オズボーンは GBPは、今日の水準をクリアすることができれば、1.39から1.40の間の1セントの範囲で取引されて可能性があると述べている。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。