FX週間レポート (3月第2週)|1.9兆ドル規模の新型コロナ対応追加経済対策があって、米ドル円は2021年の最高値である108.50で取引されている

2021年3月08日



主な点:

  • • 市場がファンダメンタルズを比較検討しているため、米ドル/円は約108円のままに
  • • ユーロ/米ドル:強気トレーダーは重要なサポートレベルで増加している。
  • • 英ポンド/米ドル:強気のトレーダーは抵抗の壁に直面する
  • • リスクが逆転して米ドルを上昇し、豪ドル / 米ドルは0.77とバトルへ
  • • WTIは、サウジアラビアのニュースと1.9兆ドルの米国の刺激策があっても、67.00ドルに下落した。
  • • 金は米国の刺激策にサポートされるが、利回りは利益を制限する可能性があります


市場がファンダメンタルズを比較検討しているため、米ドル/円は約108円のままに

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長のコメント後の先週の取引セッションの終わりに米ドルの激しい買い活動があった後、米ドルは週の始まりにG10-FXに少し余裕を取り戻すため、円はある程度の回復力を示している。

米ドル/円は短期的には極端に買われ過ぎだが、この様子は変化しそうにない。4時間足チャートでは、米ドル/円は移動平均から離れ続けており、20SMAは現在107.20へ。テクニカル指標は極端な測定値にもかかわらず上に向かっており、RSIは現在83である。毎週の終値に先立って利益確定が期待されているが、前向きな米国のレポートで前進が拡大する可能性がある。サポートレベル:108.15 107.70 107.25、レジスタンスレベル:108.55 108.90109.30。

米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長の発言を受けて米金利の先高警戒感が強まり、米ドルと円のペアは2021年の最高値である108.50前後で取引されている。木曜日にテレビで放映されたインタビューで、パウエル氏は、進展はあるものの、国はインフレと雇用に関するFRBの目標からまだ遠く離れていると繰り返した。財務省の利回りについて質問に対し、金融政策を変える状態にないことを指摘し、雇用とインフレ目標に向けた実質的な進歩が必要であると付け加えた。 ウォール街は急落し、今週の金曜日にアジアとヨーロッパの指数を引き下げた。一方、国債の利回りは急上昇し、10年債の利回りは、開始前に1.58%に達した後、1.55%になった。

日本は一日の初めに2月の外貨準備高を発表し、その結果は、以前の1,3921億ドルから1,3794億ドルになった。現在、 米国の雇用数に焦点はあてられている。米国からは2月の非農業部門雇用者数レポートが発表される。これはその月に18万2千人の新規雇用の追加が予想されている。また、失業率は6.3%で安定していると予測されてる。


ユーロ / 米ドル:強気トレーダーは重要なサポートレベルで増加している。

ユーロ/米ドルの強気なトレーダーは、月の時間枠で主要なサポートレベルで増加しました。より低い時間枠は、オープンの1時間ごとの10SMAのブレークに関する強気の見通しを示唆している。 ユーロ/米ドルは現在の弱気な衝動で減速しており、上昇はサポートを見ると説得力がある。

ユーロ / 米ドルは、1.1970の価格帯で毎日の安値で取引され、1.1970エリアのフィボナッチレベル付近と2月の安値1.1951付近で推移している。短期的な見通しは、ユーロ/米ドルが非農業部門雇用者数のリリースに向けて後退を拡げる可能性があることを示している。4時間足チャートは、弱気の20 SMAの周りで売りが入り、ペアが下方に加速したことを示している。テクニカル指標はマイナスレベルで下方に転じており、RSIは売られ過ぎの測定値に近く、別の足と一致している。サポートレベル:1.1950 1.1910 1.1870、レジスタンスレベル:1.2020 1.20651.2100。

データに関しては、欧州連合では予防的な封鎖が続いており、一部の国では4月までの延長となっているため、欧州の数字が懸念されており、2つの特定のマクロ経済の数字が警鐘を鳴らした。Markitのデータによると、1月の小売売上高はドイツとEUで急落したが、サービスの生産量は2月も縮小領域にとどまった。EUでのcovid予防接種の進展が遅いことは、悲観的な見通しがさらに続くとみられている。暫定的な推計によれば、ドイツのインフレは回復したが、ユーロ圏のインフレは2月も引き続き抑制された。

米国では、公式のISM製造業PMIが2月に60.8に跳ね上がったが、サービス指数は以前の58.7から55.3に低下した。2月の非農業部門雇用者数レポートによると、米国は37万9千人の新規雇用を追加し、市場の期待を2倍以上に上回ったため、雇用関連のデータは明るい結果となった。それでも、パンデミック前の雇用水準に戻るために、米国にはおよそ960万の仕事がある。

金融政策に関する欧州中央銀行の決定は、来週最も関連性の高いイベントになるだろう。政策立案者は金利を据え置く可能性が高いが、債券利回りの上昇に対抗するために資産購入のペースを上げる可能性があり、それは成長見通しを損なう可能性がある。


英ポンド/米ドル:強気のトレーダーは抵抗の壁に直面する

英ポンド/米ドルは重要な時期に週を開きます。月次チャートは前向きに弱気な見通しを示しているが、4時間チャートは依然として主要な抵抗に対応するために上昇する余地がある。週の見通しが弱気の発散を綴っている間、強気はチャンスを掴む。

英ポンド / 米ドルは1.3900の価格帯で取引されており、短期的には中立から弱気のスタンスとなっている。4時間足チャートは、英ポンド/米ドルが20と100のSMAの周りをホバリングして一日を終えたが、どちらも方向性の強さが不足している。英ポンド/米ドルは現在、弱気の延長を支持して、彼らの下でスピードを落としている。モメンタム指標は100レベルを突破しており、RSIは42前後で推移しており、売り意欲が高まっていることを示しています。強力なサポートレベルは1.3860で、今週は英ポンド/米ドルが底を打ちました。サポートレベル:1.3860 1.3820 1.3770、レジスタンスレベル:1.3950 1.39901.4030。

2月のMarkitConstruction PMIが予想よりも53.3に跳ね上がったため、英国のデータは有望だった。しかし、予想外の上昇は石油価格の高騰によるものであり、OPEC +が4月に生産量を変更しないことにほぼ同意していることを示す見出しに続いて1年ぶりの高値に達した。

しかし、米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は米ドルを押し上げ、利回りが急上昇したにもかかわらず、間もなく利上げが行われることへの期待が冷めた。英ポンド/米ドルは言及された高値から急激に後退し、アメリカの午後に1.3900マークを失った。英国は2月のハリファックス住宅価格のみを公表するため、金曜日は英国のデータの観点からは明るい日になるだろう。


リスクが逆転して米ドルを上昇し、豪ドル / 米ドルは0.77とバトルへ

豪ドル/米ドルは高値から外れており、リスク感情が悪化し、米ドルに対する避難所の需要が高まっているため、0.7700と戦っている。市場が明るい中国の貿易額を無視しているため、マイナスのS&P500先物と債券の利回りの上昇 を抑えている。


WTIは、サウジアラビアのニュースと1.9兆ドルの米国の刺激策があっても、67.00ドルに下落した。

WTIは、月曜日のアジアセッション中に数か月ぶりの高値である67.69ドルに達した後、67.00ドル前後で変動する。エネルギーベンチマークは、サウジアラビアと米国の1.9兆コロナウイルス(COVID-19)援助パッケージに関するファンダメンタルズがその役割を果たしたため、67.00ドルをテストしながら1週間のギャップを縮めた。また、 中国の貿易額が石油価格を強気にしている可能性がある。


金は米国の刺激策にサポートされるが、利回りは利益を制限する可能性があります

金曜日の童子キャンドルによって示される売り手の疲労を確認して、金はアジア取引セッションで上昇した。金は、米国上院がバイデンの1.9兆ドルの刺激法案を可決したことに応じて入札を獲得したように見える。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年3月8日
08:50 経常収支(季節調整なし) (1月) JPY
15:45 季節調整なし失業率 (2月) CHF
15:45 季節調整済み失業率 (2月) CHF
16:00 鉱工業生産 (前月比) (1月) EUR
火曜日 – 2020年3月9日
08:30 家計調査・消費支出 (前年比) JPY
08:30 消費支出 (前月比) JPY
08:50 国内総生産 (前期比) (Q4) JPY
08:50 国内総生産 (前年比) (Q4) JPY
09:00 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) AUD
09:00 企業景況感指数 NZD
09:01 BRC小売売上高 (前年比) (2月) GBP
09:30 NAB企業信頼感指数 (2月) AUD
未定 貿易収支 (米ドル) (2月) CNY
15:30 非農業部門雇用者数 (前期比) (Q4) EUR
16:00 貿易収支 (1月) EUR
19:00 国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
19:00 国内総生産 (前年比) (Q4) EUR
21:00 EIA短期エネルギー見通し USD
水曜日 – 2020年3月10日
02:00 WASDEレポート USD
06:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
06:45 電子カード小売り販売数 (前月比) (2月) NZD
08:30 Westpac消費者信頼感指数 (3月) AUD
09:30 建築許可件数 (前月比) AUD
10:30 消費者物価指数 (前月比) (2月) CNY
10:30 消費者物価指数 (前年比) (2月) CNY
10:30 生産者物価指数 (前年比) (2月) CNY
22:30 コア消費者物価指数 (前年比) (2月) USD
22:30 コアCPI (前月比) (2月) USD
22:30 消費者物価指数 (前月比) (2月) USD
木曜日 – 2020年3月11日
1日中 インドネシア – Isra Wal Miraj 祝日
未定 カナダ銀行政策金利発表 CAD
00:00 政策金利発表 CAD
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
03:00 10年物中期米国債入札 USD
03:01 10年物中期米国債入札 USD
04:00 月次連邦財政収支 (2月) USD
07:00 ロウRBA総裁発言 AUD
09:01 RICS住宅価格指数 (2月) GBP
未定 中国新規借入 CNY
20:00 OPEC月次報告 USD
21:00 OPEC月次報告 USD
21:45 預金ファシリティ率 (3月) EUR
21:45 欧州中銀限界常設貸出ファシリティー EUR
21:45 政策金利発表 (3月) EUR
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 欧州中央銀行記者会見 EUR
金曜日 – 2021年3月12日
1日中 インドネシア – Isra Wal Miraj 祝日
00:00 JOLT求職 (1月) USD
03:30 カナダ銀行シェンブリ副総裁発言 CAD
06:30 製造業購買担当者景気指数 (2月) NZD
08:50 大企業製造業景況判断指数(BSI) (Q1) JPY
16:00 国内総生産 (前期比) GBP
16:00 国内総生産 (前月比) GBP
16:00 国内総生産 (前年比) GBP
16:00 鉱工業生産 (前月比) (1月) GBP
16:00 製造業生産 (前月比) (1月) GBP
16:00 月次GDP(対前3ヶ月) GBP
16:00 貿易収支 (1月) GBP
16:00 非欧州連合貿易収支 (1月) GBP
16:00 消費者物価指数 (前月比) (2月) EUR
16:45 消費者物価指数 (前月比) (2月) EUR
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (2月) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (2月) EUR
19:00 鉱工業生産 (前月比) (1月) EUR
22:30 コアPPI (前月比) (2月) USD
22:30 生産者物価指数 (前月比) (2月) USD
22:30 雇用者数 (2月) CAD
22:30 失業率 (2月) CAD
22:30 卸売売上高 (前月比) (1月) CAD
23:00 NIESR 月次GDPトラッカー GBP
土曜日 – 2021年3月13日
1日中 インドネシア – Isra Wal Miraj 祝日
00:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (3月) USD
00:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (3月) USD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
未定 米国連邦予算 USD
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。