FX週間レポート (3月第1週)|米国債の利回りが大幅に低下したにもかかわらず、米ドルは上昇した

2021年3月01日



主な点:

  • • 米ドル/円は106円レベルをテストする
  • • ユーロ/ 米ドルは強気のトレンドラインから飛び出す
  • • 英ポンド/ 米ドル:21日EMAは、英国の刺激策の希望の中で強気筋を擁護
  • • 豪ドル / 米ドルは、低調な中国カイシンPMIで0.7770まで跳ね返る
  • • WTI:強気のトレーダーはイランの見出しをサポートし、景気回復が63.00ドルを目標にすることを望む
  • • 金は50%の平均回帰目標に修正


米ドル/円は106円レベルをテストする

米ドル/円の強気なトレーダーは、今週の多くのデータに先んじて、106の価格帯で堅調に推移している。市場ではCOVID感情がリスクプロファイルの改善をサポートしている 。一方、中国の公式製造業PMIは、今週末の予測を外した。

日足チャートによると、米ドル / 円は強気であり、テクニカル指標は買われ過ぎの測定値の近くで勢いを維持しており、米ドル円はすべての移動平均を上回っている。20SMAは100SMAを大幅に上回り、200SMAを超えを試みている。4時間足チャートでは、テクニカル指標は買われ過ぎの測定値から後退するが、正中線をはるかに上回っており、米ドル/円の強気の移動平均をはるかに上回っている。主に米国国債の利回りが上昇を再開した場合、さらなる上昇が見込まれる。サポートレベル:106.20 105.75 105.30、レジスタンスレベル:106.95 107.20107.60。

米ドルの需要は、ベンチマークと見なされる米国債10年物利回りが1年ぶりの高値である1.61%で週の初めにピークに達した後、1.40%に落ち着いたため、週次決算に先立って米国債の利回りの急激な低下を覆い隠した。

日本は2月の東京のインフレデータを発表し、予想通り、見出しの数字は前年比-0.3%で記録された。生鮮食品の価格を除いたコアリーディングも前年比-0.3%となった。1月の鉱工業生産は前月比4.2%増で、前年比5.3%縮小した。最後に、住宅着工件数は3.1%減少したものの、1月の建設受注は14.1%増加した。日本は今週月曜日、以前は50.6で2月じぶん銀行製造業PMIを発表する。


ユーロ/米ドルは強気のトレンドラインから飛び出す

ユーロ/米ドルは木曜日に1.22を超える上昇を維持できず、金曜日に1.2070で終了し、5月と11月の安値から上昇するトレンドラインの下落を伴う長い上影のある、弱気の兆候である週足の赤いロウソクを形成した。

ユーロ / 米ドルは、11月/ 1月のラリーの38.2%リトレースメントを数ピップス上回っている。ユーロ / 米ドルが1.1951で2月の安値に近づき、ここあたりでサポートレベルの明らかなブレークを見るかもしれない。日足チャートでは、ユーロ/米ドルは方向性のない20 SMAを下回って落ち着いたが、強気の100SMAは2010年1月頃に動的なサポートを提供します。RSIがすでにネガティブな領域に侵入したため、テクニカル指標は急激に下落し、弱気の継続をサポートしている。テクニカル指標が売られ過ぎの測定値に近いままである一方で、ペアが移動平均のすべてを下回っているため、4時間足チャートのように、弱気の可能性は短期的にはより強くなる。サポートレベル:1.2060 1.2010 1.1970、レジスタンスレベル:1.2125 1.21701.2215。

米国債の利回りが大幅に低下したにもかかわらず、米ドルは上昇した。一方、株式は弱気のルートを維持し、ナスダックのみが日中の前倒しを発表した。月末のフローは、金曜日の動きが多少の原因となっている。

米国は1月の貿易収支の暫定予測を発表した。これは837億ドルの赤字で、12月のそれよりわずかに良好であった。同月の個人所得は10%増加したが、個人支出はわずか2.4%の成長だった。2月のミシガン消費者感情指数の最終版は76.8となった。


英ポンド/米ドル:21日EMAは、英国の刺激策の希望の中で強気筋を擁護

月曜日の早朝のアジアセッションの取引の中で、英ポンド/米ドルの売り手は1.3935-40前後で一息ついた。英国のスナク財務相は、英国の企業に50億ポンドの支援を求めている。即時EMA、複数のサポートラインが2日間の下降トレンドをテストする。

テクニカル的な観点から、英ポンド/米ドルは是正的に下落していく。日足チャートでは、英ポンド/米ドルは強気の移動平均を上回っている。20 SMAは、1.3860で動的サポートを提供し、その下でブレークすると、急激な下落する可能性がある。テクニカル指標は買われ過ぎの測定値から急激に後退し、弱気の傾きを維持しましたが、正のレベル内にある。4時間足チャートでは、英ポンド/米ドルは弱気の20 SMAを下回り、強気の100SMAをわずかに上回っている。テクニカル指標は売られ過ぎのレベルに近いままで、勢いは適度に跳ね返りをみせているが、RSIは弱気の傾斜を維持している。サポートレベル:1.3880 1.3830 1.3775、レジスタンスレベル:1.3965 1.40001.4040。

市場はすでに英国でのコロナウイルス予防接種のより良い進捗に価値を見出しており、より早い経済的復活につながる可能性がある。月の最終取引日の利益確定も、ペアが週の半ばにほぼ3年ぶりの高値に達した後に犠牲になった可能性がある。

週末に、英国のスナック財務相の今週の水曜日の予算声明で、パンデミックに見舞われた企業の支援金として50億ポンドの追加助成金の拠出を発表するとニュース筋が示唆した。マークイットは今週月曜日に英国製造業PMIの最終的な数値を発表する。これは54.9で予測されている。イギリスは1月のマネーデータを公開し、住宅ローンの承認は96Kと予想されている。


豪ドル/米ドルは、低調な中国カイシンPMIで0.7770まで跳ね返る

豪ドル/米ドルは高値から下がっており、低調な中国のカイシン製造業PMIで0.7750を超える跳ね返りを維持している。オーストラリア銀行の二重債券購入とリスク回復は、オーストラリアが3週間の安値からの回復をサポートするだろう。US ISMPMIおよびRBAレートの決定が待たれている。


WTI:強気のトレーダーはイランの見出しをサポートし、景気回復が63.00ドルを目標にすることを望む

WTIは、月曜日の初め日中の最高値である69.80ドル(現在は2.0%以上)を中心に変動している。一方、より速い景気回復と刺激的な希望の中でアジアでのリスクが回復するにつれて、エネルギーは金曜日の損失を覆す。また、石油強気筋を支持するのは、イランを取り巻く地政学的緊張である可能性がある。


金は50%の平均回帰目標に修正

金価格は、最近の弱気衝動の大部分を修正した。このレジスタンスレベルでの失敗は、新たな下振れの衝動につながる可能性がある。価格は現在、この時点で下振れの延長の失敗につながる可能性のある弱気筋のコミットメントをテストしている。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年3月1日
06:30 AIG 製造業指数 (2月) AUD
08:50 設備投資 (前年比) (Q4) JPY
09:30 企業売上総利益 (前期比) (Q4) AUD
10:45 Caixin(財新)製造業購買者担当者指数 (2月) CNY
16:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) GBP
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
16:30 小売売上高 (前年比) (1月) CHF
17:15 製造業PMI (2月) EUR
17:30 procure.ch PMI (2月) CHF
17:45 イタリア製造業購買管理者指数 (2月) EUR
17:50 製造業購買担当者景気指数 (2月) EUR
17:55 製造業購買部協会景気指数 (2月) EUR
18:00 製造業購買担当者景気指数 (2月) EUR
18:30 製造業購買部協会景気指数 (2月) GBP
19:00 消費者物価指数 (前月比) (2月) EUR
22:00 消費者物価指数 (前月比) (2月) EUR
22:30 経常収支 (Q4) CAD
23:00 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズ氏の発信 USD
23:45 製造業購買管理者指数 (2月) USD
火曜日 – 2020年3月2日
00:00 ISM製造業雇用指数 (2月) USD
00:00 ISM製造業購買担当者景気指数 (2月) USD
08:30 仕事/求職率 (1月) JPY
08:50 設備投資 (前年比) JPY
09:30 建築許可件数 (前月比) (1月) AUD
09:30 経常収支 (Q4) AUD
12:30 政策金利発表 (3月) AUD
12:30 RBA政策金利声明 AUD
12:45 10年物日本国債入札 JPY
16:00 小売売上高 (前月比) (1月) EUR
17:00 スペイン失業変化 EUR
17:55 失業率 (2月) EUR
17:55 独失業率 (2月) EUR
19:00 消費者物価指数 (前年比) (2月) EUR
22:30 国内総生産 (前月比) (12月) CAD
22:30 国内総生産 (前年比) (Q4) CAD
22:30 国内総生産 (前期比) (Q4) CAD
22:30 国内総生産年率 (前期比) (Q4) CAD
23:30 世界乳製品取引価格指数 NZD
水曜日 – 2020年3月3日
03:00 連邦公開市場委員会メンバーブレイナード氏の発信 USD
04:00 米国 連邦公開市場委員会メアリー・デイリー委員発言 USD
06:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
06:45 建築許可件数 (前月比) (1月) NZD
09:30 経常収支 AUD
09:30 国内総生産 (前年比) (Q4) AUD
09:30 国内総生産 (前期比) (Q4) AUD
09:30 Nikkeiサービス業PMI (2月) JPY
10:45 中国Caixin(財新)サービス業PMI (2月) CNY
10:45 中国総合PMI (2月) CNY
15:45 国内総生産 (前期比) CHF
16:30 消費者物価指数 (前月比) (2月) CHF
17:15 サービス業PMI (2月) EUR
17:45 イタリアサービス業購買管理者指数 (2月) EUR
17:50 サービス業購買担当者景気指数 (2月) EUR
17:55 サービス業購買部協会景気指数 (2月) EUR
18:00 マーケット総合PMI (2月) EUR
18:00 サービス業購買部協会景気指数 (2月) EUR
18:30 総合PMI (2月) GBP
18:30 サービス業購買部協会景気指数 (2月) GBP
未定 OPEC会議 USD
21:30 年予算発表 GBP
22:15 ADP非農業部門雇用者数 (2月) USD
22:30 建築許可件数 (前月比) (1月) CAD
23:45 マーケット総合PMI (2月) USD
23:45 サービス業購買部協会景気指数 (2月) USD
木曜日 – 2020年3月4日
00:00 ISM非製造業雇用指数 (2月) USD
00:00 ISM非製造業指数 (2月) USD
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
01:00 BoE 金融政策委員会テンレイロ委員発言 GBP
04:00 ベージュブック(米地区連銀経済報告) USD
05:15 ニュージーランド準備銀行オア総裁発言 NZD
09:30 小売売上高 (前月比) (1月) AUD
09:30 貿易収支 (1月) AUD
17:30 IHS マークイット 建設業購買部協会景気指数 (2月) EUR
18:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告 EUR
18:30 建設業購買担当者景気指数 (2月) GBP
未定 OPEC会議 USD
19:00 10年物スペイン国債入札 EUR
19:00 小売売上高 (前月比) (1月) EUR
19:00 失業率 (1月) EUR
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 非農業部門生産性 (前期比) (Q4) USD
22:30 単位労働コスト (前期比) (Q4) USD
22:30 労働生産性 (前期比) (Q4) CAD
金曜日 – 2021年3月5日
00:00 製造業新規受注 (前月比) (1月) USD
16:00 製造業新規受注 (前月比) (1月) EUR
17:30 Halifax住宅価格指数 (前月比) (2月) GBP
17:30 ハリファックス社価格指数 (前年比) GBP
22:30 平均時給(前年比) (前年比) (2月) USD
22:30 平均時給 (前月比) (2月) USD
22:30 輸出 USD
22:30 輸入 USD
22:30 非農業部門雇用者数 (2月) USD
22:30 行動者率 (2月) USD
22:30 非農業部門民間雇用者数 (2月) USD
22:30 貿易収支 (1月) USD
22:30 失業率 (2月) USD
22:30 貿易収支 (1月) CAD
23:00 MPC ハスケル委員発言 GBP
土曜日 – 2021年3月6日
00:00 Ivey購買部協会指数 (2月) CAD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:00 米国連邦政府予算 USD
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。