「東西FXリサーチ」 ロシアのFX市場が成長。日本でもFX取引が昨年より増加

2021年3月04日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ロシアのFX市場が成長。日本でもFX取引が昨年より増加

ロシアの外国為替取引は2021年2月も上昇傾向にあり、前月に比べて5%成長した。一方、モスクワ証券取引所(MOEX)の報告によると、24兆ロシアルーブル(3250億ドル)で、前年の同等額からドルベースでの減少となった。昨日発表された 業界レポートによると、全体として、主要な機関投資家のプラットフォームでの取引量は、スポット通貨取引の継続的な増加によって大部分が支えられていた。

MOEXのFX市場の総売上高は、2021年1月の22.9兆ルーブルから前月比で増加した。前年同月の取引高と比較すると、この数字は2020年2月の24.1兆ルーブルからわずかに減少した。MOEXは声明のなかで、2021年2月の1日の平均取引高は1.19兆ルーブル(162億ドル)に達し、2020年の1.2兆ルーブル(199億ドル)に対してドルベースで約19%減少したと述べた。2021年2月の売上高には、1年前から7.7%増加した7.8兆ルーブル(1,050億ドル)のスポット取引と、16.2兆ルーブル(2,190億ドル)のスワップ取引が含まれている。

モスクワ証券取引所でのOTCデリバティブ取引に対する投資家の関心は、ボラティリティの着実な上昇と、プラットフォームに新しいビジネスをもたらすための複数年にわたる取り組みに支えられて、2021年も引き続き力強い勢いを見せている。最近のレポートによると、MOEXの標準化されたOTCデリバティブ市場は、2021年2月末にボリュームが869億ルーブルに達したため、2.5倍に成長した。モスクワ証券取引所のデリバティブは、ラインナップスワップ、FXスワップ、クロスカレンシースワップ、FXフォワード、および3日から5年満期のオプションを提供している。2021年の最初の月に626,000人以上の個人投資家がロシア最大の機関投資家に集まり、前年の月平均の2倍の口座を開設した。MOEXでは月次報告書で、個人投資家の口座数が1,000万マイルストーンに達したと述べている。

一方、日本でも昨年に比べFX取引が増加している。

日本の小売仲介のGMOクリック証券は、2021年2月にGMOクリックが管理するさまざまなプラットフォームの取引指標を公開した。月次ベースではわずかな回復であるが、需要は前年比で大幅に増加している。

同社の外国為替プラットフォームであるFX Neoの最新の数値によると、 月間総取引高は2月に85.3兆円となり、前月の83.79兆円から回復した。 月間わずか1.8%の回復にもかかわらず、FX需要は昨年に急増した。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。