FX週間レポート (1月第4週)|米ドル / 円は強気のトレーダーが支配し、米国の追加景気刺激策を提供する能力に対する懐疑論があり

2021年1月25日



主な点:

  • • 米ドル / 円:強気のトレーダーがフィボナッチ61.8%から支配する
  • • ユーロ / 米ドル:1.22を超えるブレイクアウトは、ドイツのIFO期待値に依存する
  • • 英ポンド / 米ドルは米ドル安につれて1.3700を取り戻すために新たな買い手を引き付ける
  • • S&P 500先物が上昇で、豪ドル / 米ドルは0.7750に向かって跳ね上がる
  • • WTI:リスクが生産量削減の希望に挑戦するため、52ドルを超える控えめなビッドへ
  • • 2週間の負け傾向を終えた後の停滞する金


米ドル / 円:強気のトレーダーがフィボナッチ61.8%から支配する

米ドル / 円は長期的な時間枠でサポートラインを見つけており、月間のレジスタンス(抵抗線)に上向きの継続を期待するのに十分な深さまで引き返している。時間枠全体の強気バイアスは、新鮮な毎日の強気の衝動の見通しとなる。

テクニカルな観点から、米ドル/円は、テクニカル指標がプラスのレベル内で進むにつれてフラットな20 SMAを上回って落ち着いたため、日足チャートではニュートラルから強気となっている。それでも、弱気の移動平均を下回っており、2002年3月の高値からの毎日の下降トレンドラインの下にある。米ドル / 円は、1月のラリーのフィボナッチリトレースメント38.2%である103.70を上回っており、短期的にはニュートラルである。4時間足チャートは、テクニカル指標が正中線付近でフラットであるのに対し、方向性のない移動平均を上回っていることを示している。同じラリーの61.8%のリトレースメントである103.25を下回るブレークでは、急激な減少が予想される。サポートレベル:103.25 102.90 102.55、レジスタンスレベル:104.05 104.40104.80。

株式の弱いパフォーマンスと米国債の利回りの低下にもかかわらず、円高は前進した。数人の民主党議員がジョー・バイデン大統領の計画に反対しているため、パンデミックに関連する懸念と、新たな景気刺激策が相まって懸念材料になっている。ベンチマークの10年債の利回りは1.08%で毎日の安値で落ち着いた。

日本は12月の全国インフレ率を発表した。これは前年比-0.9%から-1.2%に悪化しているが、予想よりわずかに良好だった。生鮮食品の価格を除いたコアリーディングは、-1%。 1月じぶん銀行製造業PMIの暫定予想は、前月の50から49.7に縮小し、50.5の予想を下回った。日本国からは今週月曜日のマクロ経済データの公開はない。


ユーロ / 米ドル:1.22を超えるブレイクアウトは、ドイツのIFO期待値に依存する

ユーロ / 米ドルは、米ドルが大幅に安くなり、1.2200に向かって、より良い入札で取引されている。ドイツのIFO調査が予想を上回った場合、回復ラリーは勢いを増す可能性がある。ジョー・バイデン氏が新型コロナウイルスの感染拡大に対する1兆9000ドル(約200兆円)規模の追加景気刺激策を提供する能力に対する懐疑論は、下振れリスクをもたらす。ユーロ / 米ドルは金曜日に1.2190近くで拒否に直面し、上ヒゲの長い陽線を持つ日足を形成した。これは強気相場の疲労の兆候ある。

ドイツのIFO期待指数は、12月の92.8から1月には93.2に上昇すると見られている。CESifoグループが発表したIFOの期待値は、今後6か月間の現在の状況とビジネスの期待値の初期の指標である。期待のビッグビートは、金曜日の予想以上のドイツ製造業PMIによって最初に示されたコロナウイルスの懸念の復活の中で回復が続くことを示し、ユーロ/米ドルの周りのビッドトーンを強化し、ユーロ/ 米ドルを1.22以上に引き上げる。ドイツのIFOとは別に、欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁と政策立案者のウェイドマン氏によるスピーチも、ユーロ市場にボラティリティを与える可能性がある。プレス時、ユーロ / 米ドルは1.2175近く大きな変化なく取引されている。


英ポンド / 米ドルは米ドル安につれて1.3700を取り戻すために新たな買い手を引き付ける

英ポンド/ 米ドルは、市場ムードを改善するための広範な米ドル売りの中で、新たなビッドを獲得し、1.3700を取り戻す。強気のMACDは、2018年5月以降、新たな高値をつける可能性を示唆している。月次安値は、弱気の参入の鍵を握っている。

英ポンド / 米ドルは、長いものを上回って進む強気の20 SMAを超えて進んでいるため、日足チャートで強気トーンを維持する。テクニカル指標はプラスのレベルに留まるが、方向性の強さはない。4時間足チャートでは、テクニカル指標が正中線の周りを無方向に浮遊している間、英ポンド/ 米ドルは強気の20 SMAを中心に取引されているため、ニュートラルから強気になっている。サポートレベル:1.3670 1.3620 1.3585、レジスタンスレベル:1.3745 1.37901.3830。

12月の小売売上高は予想の1.2%を大きく下回り、0.3%の前月比をわずかに上回ったのみで、英国のデータは低調だった。前年と比較すると、売上高は2.9%増加し、4%の期待を下回った。さらに、同じ月の公共部門の純借入額は予想以上に増加し、333億7500万ポンドになった。

また、ボリス・ジョンソン首相は、初期の証拠は英国のコロナウイルス変異体がより致命的である可能性があることを示唆しており、いくつかの研究はそれが最大30%になる可能性がある可能性があると述べた。感染率の増加と死亡率の上昇は、英国だけでなく、より厳しい制限措置のより長期化を予想している。英国は今週月曜日のマクロ経済カレンダーは何もなく、火曜日の雇用数字に焦点が当たる。


S&P 500先物が上昇で、豪ドル / 米ドルは0.7750に向かって跳ね上がる

豪ドル / 米ドルは、S&P 500先物の上昇を追跡し、世界的な新型コロナウイルスの変異種に対する懸念にもかかわらず、0.7750に向かって跳ね返る。米ドルの取引は広く抑制されており、オーストラリアドル周辺のセンチメントを支えている。


WTI:リスクが生産量削減の希望に挑戦するため、52ドルを超える控えめなビッドへ

WTIは、月曜日のアジアセッションの最中に52.30ドルに達し、0.30%の日中上昇を記録している。イラクからの生産量の削減の示唆といった週末のニュースは石油強気を支持しているが、米国の新型コロナウイルスの追加景気刺激策に対する疑念と、ウイルスの状態の悪化が上向きの動きを阻んでいる。


2週間の負け傾向を終えた後の停滞する金

月曜日に金の動きはほとんど見られず、ドル指数と米国債の利回りは堅調に推移している。金は、1,854ドル近く取引されている。価格は過去2週間で下落した。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年1月25日
17:45 ラガルドECB総裁 発言 EUR
18:00 景気予測 (1月) EUR
18:00 現況分析 (1月) EUR
18:00 IFO景況指数 (1月) EUR
19:45 ドイツBubaマウデラー氏発言 EUR
19:45 ECBのパネッタ氏発言 EUR
22:45 ECBのレーン氏発言 EUR
23:45 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
火曜日 – 2020年1月26日
1日中 オーストラリア – オーストラリアデー 祝日
01:15 ラガルドECB総裁 発言 EUR
08:50 金融政策決定会合議事要旨 JPY
16:00 平均賃金(含ボーナス) (11月) GBP
16:00 失業保険申請件数 (12月) GBP
16:00 雇用者数(対前3ヶ月) (前月比) (11月) GBP
16:00 失業率 (11月) GBP
23:00 S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市)
(前年比) (11月)
USD
水曜日 – 2020年1月27日
00:00 消費者信頼感指数 (1月) USD
06:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
09:30 消費者物価指数 (前期比) (Q4) AUD
09:30 消費者物価指数 (前年比) (Q4) AUD
09:30 NAB企業信頼感指数 (12月) AUD
09:30 トリム平均CPI (前期比) (Q4) AUD
16:00 GfK独消費者信頼感指数 (2月) EUR
未定 10年物独国債入札 EUR
20:00 フランス合計求職者数 EUR
22:30 コア耐久財受注 (前月比) (12月) USD
22:30 耐久財受注 (前月比) (12月) USD
木曜日 – 2020年1月28日
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
04:00 FOMC声明 USD
04:00 政策金利発表 USD
04:30 FOMC記者会見 USD
06:45 貿易収支 (前月比) (12月) NZD
06:45 貿易収支 (前年比) (12月) NZD
08:50 小売業販売額 (前年比) (12月) JPY
14:15 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
17:00 ECBのエンリア氏発言 EUR
未定 10年物イタリア国債入札 EUR
22:00 消費者物価指数 (前月比) (1月) EUR
22:30 国内総生産 (前期比) (Q4) USD
22:30 GDP物価指数 (前期比) (Q4) USD
22:30 良好な貿易収支 (12月) USD
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 小売業在庫(自動車を除く) (12月) USD
22:30 建築許可件数 (前月比) (12月) CAD
未定 10年物イタリア国債入札 EUR
金曜日 – 2021年1月29日
00:00 新築住宅販売 (前月比) (12月) USD
00:00 新築住宅販売戸数 (12月) USD
08:30 仕事/求職率 (12月) JPY
08:30 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (1月) JPY
08:30 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI)
(前月比) (1月)
JPY
08:50 鉱工業生産 (前月比) (12月) JPY
09:30 消費者物価指数 (前年比) AUD
09:30 生産者物価指数 (前期比) (Q4) AUD
09:30 生産者物価指数 (前年比) (Q4) AUD
09:30 民間部門信用 (前月比) (12月) AUD
15:30 個人消費 (前月比) (12月) EUR
15:30 国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
16:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) GBP
17:00 KOF先行指数 (1月) CHF
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) EUR
17:00 国内総生産(GDP) (前期比) (Q4) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (1月) EUR
18:00 国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
18:00 国内総生産 (前年比) (Q4) EUR
18:00 失業率 (1月) EUR
18:00 独失業率 (1月) EUR
22:30 コアPCE物価指数 (前月比) (12月) USD
22:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (12月) USD
22:30 雇用コスト指数 (前期比) (Q4) USD
22:30 個人消費支出価格指数 (前年比) (12月) USD
22:30 個人消費支出価格指数 (前月比) (12月) USD
22:30 個人支出 (前月比) (12月) USD
22:30 国内総生産 (前月比) (11月) CAD
22:30 原材料価格指数 (前月比) (12月) CAD
23:45 シカゴ購買部協会景気指数 (1月) USD
土曜日 – 2021年1月30日
00:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (1月) USD
00:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (1月) USD
00:00 中古住宅販売保留 (前月比) (12月) USD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。