「東西FXリサーチ」ワクチン供給減で共通通貨の売りが進む

2021年1月27日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ワクチン供給減で共通通貨の売りが進む

共有通貨を中心とした売りが見られ、ユーロ / 英ポンドは、過去1時間の0.8825地域付近で、8か月ぶりの安値をつけた。水曜日の取引アクションの前半の短い統合に続いて、ユーロ / 英ポンドはセッションで3回続けて安くなり、0.8920-25供給ゾーンからの最近の引き戻しを拡大した。

過去1時間ほどの急激な 急落下は欧州中央銀行 (ECB)政策委員会メンバーであるオランダ中央銀行のクノット総裁によるユーロ高に関するコメントによって引き起こされました。

クノット氏は、ECBは為替レートに注意を払っていると述べ、中央銀行にはさらなる上昇に対抗するためのツールがあると付け加えた。 ヨーロッパでの伝染性の高い新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの展開が遅れたことが起因している。ロイターによると、イギリスの製薬大手アストラゼネカは、水曜日に行われる予定だったコロナウイルスワクチンの供給に関する欧州連合当局者との会合から撤退するとEU当局者からのコメントを報道した。当局者はさらに、EUは今年の第1四半期にEUへのワクチンの配達を減らすという同社の決定についての説明を探していると述べた。アストラゼネカは昨年12月に英政府より、同社と英オックスフォード大学が開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認されており、は急速に広まっている感染力の高い変異種にも現時点で有効とされていた。

これにより、共通通貨を中心に大量の売りが発生し、ユーロ / 英ポンドに下向きの圧力がかかった。

一方、英ポンドは米ドルに対する最近の上昇を強化していると見られ、ユーロ / 英ポンドにほとんど影響がなかった。 日足チャートのテクニカル指標はまだ売られ過ぎの領域にあるとはほど遠いため、 市場に動きを与える経済リリースがない中で、られ、ユーロ / 英ポンドは0.8800をさらに下回る可能性もある。