FX週間レポート (2月第1週)|ゲームストップの踏み上げによる株式に注目、楽観的な英国のワクチンのニュースの中で英ポンド /米ドルは買い手を引き付ける

2021年2月01日



主な点:

  • • 米ドル/円: テクニカル的バイアスは引き続き強気で104.70近くで統合
  • • ユーロ/米ドル:弱気のトレーダーが毎月のレジスタンスレベルで支配する
  • • 入り混じったワクチン関連のニュース、英国の回復計画のヒントの中で、英ポンド /米ドルは約1.3700で揺ぐ
  • • 豪ドル/ 米ドル:陰気な中国製造業PMIで跳ね返りが0.7650未満に制限される
  • • WTI:弱気のトレーダーは月次の観点から需要ゾーンをターゲットにする
  • • 金は、直近のアセンディング・トライアングル(上昇三角形)の内の1,850ドルを超えるギャップを埋める


米ドル/円:テクニカル的バイアスは引き続き強気で104.70近くで統合

米ドル / 円は金曜日の105.00のレジスタンス(抵抗線)に達した後、104.70近くで統合される。しかし、日足チャートは強気に偏っており、相対力指数は64で推移しており、6月以来の最高水準となっている。50を超える読み取り値は、強気バイアスを示している。

米ドル / 円は、昨年6月以来初めて日足チャートで100SMAを上回って落ち着いた。20 SMAはその下を向きに、テクニカル指標はプラスのレベルで前進し、継続的な前進をサポートしている。短期的には、4時間足チャートによると、ブル(強気)トレーダーは市場で優勢となっている状態です。移動平均線はより高く向かって、テクニカル指標は極端な買われ過ぎの状態からほとんど後退していません。サポートレベル:104.40 103.95 103.50、レジスタンスレベル:104.95 105.20105.50。

米ドルの需要は、リスク回避的なシナリオでの株式の低調を相殺し、米ドル円を押し上げた。さらに、米国債の利回りは上昇し、木曜日に発表された米国のデータを受けて、ベンチマークの10年債の利回りは1.07%に落ち着いた。

日本は1月の東京インフレを発表し、結果は明るく前年比-0.5%であった。12月までの1年間の鉱工業生産は3.2%減少し、予想の-3.5%を上回った。最後に、消費者信頼感指数は、前月の31.8から1月には29.6に縮小した。週の初めに、国は前回49.7であった1月じぶん銀行製造業PMIを発表する。


ユーロ/米ドル:弱気のトレーダーが毎月のレジスタンスレベルで支配する

ユーロは現在、長期的な時間枠で上向きに急上昇した後、ブル(強気)トレーダーは市場で優勢となっている状態です。毎月のレジスタンス(抵抗)が続く限り、価格は流通期間中は弱気のままである可能性がある。1.1900エリアの毎週の需要枠は注目に値する。

ユーロ/米ドルは、フィボナッチレベル間での取引に1週間を費やし、1.2060で11月/ 1月のラリーの38.2%のリトレースメント周辺にサポートが見られた。一方売り手は1.2175のあたりで同様の上昇である23.6%のリトレースメントを擁護した。日足チャートでは、20SMA頂点が高くなるにつれて、ユーロ/米ドルはニュートラルから弱気になり、テクニカル指標は適度に高く正中線より下を目指している間は前述のフィボナッチのレジスタンスに収束される。短期的には、4時間足チャートによると、ユーロ/米ドルは弱気の移動平均の間で取引されているため、上昇は限定的に見えるが、テクニカル指標は正中線のすぐ上で方向性に勢いがない。サポートレベル:1.2095 1.2060 1.2025、レジスタンスレベル:1.2180 1.22251.2260。

ゲームストップ($ GME)のスキャンダルに関連する混乱と証券会社のアプリが取引を停止したため、投資家の注目は株式にとどまった。世界の株価指数は週末に下落し、ウォール街は1月の安値を更新した。ジョンソン&ジョンソンのワクチンがフェーズ3の試験で66%有効であることが証明され、一方でファイザーのCEOは、「将来の変異種株がワクチンを回避する可能性が高い」と述べたため、悲惨な市場ムードはワクチン関連の見出しによって悪化した。ポジティブな面では、新たなコロナウイルスの感染数は、1月の初めに845Kでピークに達した後で、土曜日に報告された約50万人と世界的に減少し続けている。ワクチンの到着が遅れているにもかかわらず、接種が始まっており、免疫が今年の後半に成長を後押しすることが期待されている。


入り混じったワクチン関連のニュース、英国の回復計画のヒントの中で、英ポンド /米ドルは約1.3700で揺ぐ

英ポンド /米ドルは買い手を引き付けて金曜日遅くの引き戻しを振り捨てる。EUのフォンデアライエン氏は、アストラゼネカの追加納入にもかかわらず、ワクチンの困難な状況を伝えている。英国のジョンソン首相、首相のリシ・スナック財務大臣は、記録的な予防接種がイギリスで楽観的な見方を引き起こしているため、予算前の「回復計画」について話し合ってる。

強気の20SMAが引き続きサポートをとなって、より大きなものを上回っているため、英ポンド /米ドルは範囲内で緩和し、日足チャートで強気のスタンスを維持している。テクニカル指標は方向性の強さを失ったが、プラスのレベルにとどまっている。4時間足チャートでは、英ポンド /米ドルは20 SMAを下回り、100 SMAを上回っていることから、どちらも方向性がない。テクニカル指標は正中線の周りにあり、方向性の強さが不足している。12月22日の安値から来る日次の上昇トレンドラインは約1.3625でサポートを提供し、週の安値は1.3609へ。この安値を下回ると、より急落するだろう。サポートレベル:1.3655 1.3605 1.3560、レジスタンスレベル:1.3715 1.37601.3810。英ポンド /米ドルは、英国のカレンダーが不足している中で1週間を統合したが、ポンドはリスク回避に対するドルの需要に対して強い回復力があった。

パンデミックの圧力を緩和することは、英ポンドが高くなりました。1日あたり約70,000人の感染のピークに続いて、毎日の新症例の数は先週平均で25,000人であり、医療システムへの圧力を緩めた。さらに、英国ではすでに800万人近くが第一陣として予防接種を受けており、英国はワクチン接種を受けた上位3か国に含まれている。EU(欧州連合)は、EUとの契約を犠牲にして、英国のアストラゼネカが自国の市場を支持していると非難した後、金曜日にワクチンに輸出制限を課した。月曜日に、Markitは英国の最終的な1月の製造業PMIの発表を予定しており、52.9で変更なしと予測されている。


豪ドル/ 米ドル:陰気な中国製造業PMIで跳ね返りが0.7650未満に制限される

中国のカイシン製造業PMIが1月の51.5の予測を逃したため、豪ドル/ 米ドルの跳ね返りは0.7650を下回っている。オーストラリアドルは、株式の回転とパースでの5日間の封鎖の中で、2018年3月以来の最高値からUターンした後、2月にギャップダウンしました。


WTI:弱気のトレーダーは月次の観点から需要ゾーンをターゲットにする

WTIのブル(強気)トレーダーは、毎月のwトップといった反転フォーメーションをターゲットにしている。WTIは、月次チャートのWフォーメーションに続いて長期的な抵抗線で統合され、下降をネックラインとしてターゲットにするため、短期的観点から熟している。


*金は、直近のアセンディング・トライアングル(上昇三角形)の内の1,850ドルを超えるギャップを埋める

金は日中の損失を統合し、上向きの日中のギャップを埋めために下落する。弱気のMACDが相場のさらなる下落を支持していることを考えると、金の売り手は、新たなエントリーに対する三角形のサポートの明確な中断を待つだろう。

下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年2月1日
06:30 AIG 製造業指数 (1月) AUD
09:30 住宅ローン (前月比) AUD
10:45 Caixin(財新)製造業購買者担当者指数 (1月) CNY
16:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) GBP
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
16:00 小売売上高 (前月比) (12月) EUR
16:30 小売売上高 (前年比) (12月) CHF
17:15 製造業PMI (1月) EUR
17:30 procure.ch PMI (1月) CHF
17:45 イタリア製造業購買管理者指数 (1月) EUR
17:50 製造業購買担当者景気指数 (1月) EUR
17:55 製造業購買部協会景気指数 (1月) EUR
18:00 製造業購買担当者景気指数 (1月) EUR
18:30 製造業購買部協会景気指数 (1月) GBP
19:00 失業率 (12月) EUR
23:45 製造業購買管理者指数 (1月) USD
火曜日 – 2020年2月2日
00:00 ISM製造業雇用指数 (1月) USD
00:00 ISM製造業購買担当者景気指数 (1月) USD
04:10 連邦公開市場委員会メンバー、
ローザングレン発言する
USD
06:30 AIG 製造業指数 AUD
10:30 ロウRBA総裁発言 AUD
12:30 政策金利発表 (1月) AUD
12:30 RBA政策金利声明 AUD
12:35 10年物日本国債入札 JPY
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (1月) GBP
16:45 消費者物価指数 (前月比) EUR
16:45 フランスHICP (前月比) EUR
17:00 スペイン失業変化 EUR
19:00 コア指数 (前年比) (1月) EUR
19:00 国内総生産 (前年比) (Q4) EUR
19:00 国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
未定 世界乳製品取引価格指数 NZD
水曜日 – 2020年2月3日
06:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
06:45 雇用者数 (前期比) (Q4) NZD
06:45 失業率 (Q4) NZD
09:30 建築許可件数 (前月比) (12月) AUD
09:30 Nikkeiサービス業PMI (1月) JPY
10:45 中国Caixin(財新)サービス業PMI (1月) CNY
17:00 ECB金融政策発表 EUR
17:15 サービス業PMI (1月) EUR
17:45 イタリアサービス業購買管理者指数 (1月) EUR
17:50 サービス業購買担当者景気指数 (1月) EUR
17:55 サービス業購買部協会景気指数 (1月) EUR
18:00 マーケット総合PMI (1月) EUR
18:00 サービス業購買部協会景気指数 (1月) EUR
18:30 総合PMI (1月) GBP
18:30 サービス業購買部協会景気指数 (1月) GBP
19:00 消費者物価指数 (前月比) (1月) EUR
19:00 消費者物価指数 (前年比) (1月) EUR
22:15 ADP非農業部門雇用者数 (1月) USD
23:45 マーケット総合PMI (1月) USD
23:45 サービス業購買部協会景気指数 (1月) USD
木曜日 – 2020年2月4日
00:00 ISM非製造業雇用指数 (1月) USD
00:00 ISM非製造業指数 (1月) USD
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
06:45 建築許可件数 (前月比) (12月) NZD
09:00 企業景況感指数 (12月) NZD
09:30 ナショナル・オーストラリア銀行景況感指数 AUD
09:30 貿易収支 (12月) AUD
15:45 SECO消費者信頼感指数 (Q1) CHF
17:30 IHS マークイット 建設業購買部協会景気指数 (1月) EUR
18:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告 EUR
18:30 建設業購買担当者景気指数 (1月) GBP
19:00 10年物スペイン国債入札 EUR
19:00 小売売上高 (前月比) (12月) EUR
21:00 金融政策委員会議決削減 (2月) GBP
21:00 金融政策委員会議決ハイク (2月) GBP
21:00 金融政策委員会 (2月) GBP
21:00 BOE QE合計 (2月) GBP
21:00 政策金利発表 (2月) GBP
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 非農業部門生産性 (前期比) (Q4) USD
22:30 単位労働コスト (前期比) (Q4) USD
金曜日 – 2021年2月5日
00:00 製造業新規受注 (前月比) (12月) USD
04:00 米国 連邦公開市場委員会メアリー・
デイリー委員発言
USD
07:30 ロウRBA総裁発言 AUD
08:30 家計調査・消費支出 (前年比) (12月) JPY
08:30 消費支出 (前月比) (12月) JPY
09:30 RBA金融政策発表 AUD
09:30 小売売上高 (前月比) (12月) AUD
16:00 製造業新規受注 (前月比) (12月) EUR
16:45 非農業部門雇用者数 (前期比) (Q4) EUR
17:30 Halifax住宅価格指数 (前月比) (1月) GBP
17:30 ハリファックス社価格指数 (前年比) GBP
22:30 BOEベイリー総裁発言 GBP
22:30 平均時給(前年比) (前年比) (1月) USD
22:30 平均時給 (前月比) (1月) USD
22:30 非農業部門雇用者数 (1月) USD
22:30 行動者率 (1月) USD
22:30 非農業部門民間雇用者数 (1月) USD
22:30 貿易収支 (12月) USD
22:30 失業率 (1月) USD
22:30 雇用者数 (1月) CAD
22:30 貿易収支 (12月) CAD
22:30 失業率 (1月) CAD
土曜日 – 2021年2月6日
00:00 Ivey購買部協会指数 (1月) CAD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。