「東西FXリサーチ」米国、失業者が若干増加も経済回復早い見通し

2021年3月26日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米国、失業者が若干増加も経済回復早い見通し

マクロデータに先立ち、米ドルは4か月近くの高値を維持し、明るい経済見通しに支えられたままとなった。コロナウイルスワクチン接種プログラムが全国的に加速しているため、投資家は今後数週間から数か月にわたって勢いがさらに高まると楽観視している。より 強い労働市場レポートは、パンデミックからの比較的速い米国の経済回復 にさらにプラス要因となり米国経済を後押しするとみられている。

一方、共有通貨は、COVID-19感染の第3波の経済的影響、パンデミック関連の制限、およびワクチンの展開の遅れに対する懸念によって引き続き圧迫されてる。様々なネガティブ要因の組み合わせにより、ユーロ / 米ドルは1.1800、つまり11月23日以来の最低水準に戻っている。

一方、勢いはマイナスに転じており、通貨ペアは50、100、200の単純移動平均をはるかに下回って取引されていることから、弱気の兆候があるとレポートで述べている。

同氏はさらに、ペアの重要なテクニカルについて、1.1750、1.1690、そして昨年最後に見られた1.16が次の注目すべきレベルと予測している。一部のレジスタンスについては1.1836で、その後1.1875と1.1910までになっていると述べている。

米国労働省によって発表された初期の失業保険受給申請は、州の失業手当を申請する人数の尺度。言い換えれば、それは労働市場の強さの尺度を表す。予想よりも大きい数は、米国経済の強さと方向性に影響を与えるこの市場の弱さを示している。一般的に言えば、減少する数字は米ドルにとってプラスまたは強気と見なされるべきである。

米労働省の18日の発表によると、3月13日までの1週間の新規失業保険申請件数77万件であり、前週の72万5000件から予想に反して悪化した。一方、ロイターでは、新型コロナウイルスのワクチン接種が加速する中で経済活動が再開しており、労働市場は勢いを取り戻していると報道している。また、PNCフィナンシャルのチーフエコノミスト、ガス・ファウチャー氏が労働市場が年内大幅に改善する方向に向かっており、週ごとの数字にとらわれるべきでないと指摘していると述べていることも記事に加えている。

ワクチン接種が加速する中で経済活動が再開しており、労働市場は勢いを取り戻していると報道している。また、PNCフィナンシャルのチーフエコノミスト、ガス・ファウチャー氏が労働市場が年内大幅に改善する方向に向かっており、週ごとの数字にとらわれるべきでないと指摘していると述べていることも記事に加えて いる。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。