FX週間レポート (3月第5週)|ユーロ/米ドルは4時間足チャートで下落の勢いに苦戦しており、ジョー・バイデン大統領は、就任後最初の100日間で2億回の投与を約束する

2021年3月29日



主な点:

  • • 米ドル/円:リスクオフムードの中で110円を下回る日中の高値
  • • ユーロ/米ドル:ウイルスの苦痛と米中の闘争で1.1800を下回る
  • • 英ポンド/米ドル:50日SMAが即時の上向きを保護する
  • • リスクオフムードの中で豪ドル/ 米ドルは0.7600に向かって下落し、米ドル高
  • • 価格が上下するが続く中、WTIは61.00ドルを超える急激なリバウンドがあり
  • • 金はS&P 500先物を追跡し、1,750ドル未満の軽度の損失を記録する


米ドル/円:リスクオフムードの中で110円を下回る日中の高値

米ドル/円は日中の高値からUターンするものの、4日連続で円安・ドル高になることを維持している。日銀の「意見の要約」は、広範な金融政策の緩和をサポートしている。明るい経済カレンダーの中で、リスク触媒は依然として重要である。

日足チャートによると、米ドル/円は強気であり、強気の20 SMAをさらに上回っているが、長期移動平均線は現在のレベルをはるかに下回っている。モメンタム指標は正のレベル内で安定しているが、RSIは買われ過ぎの測定値内で進行し、上向きの倦怠感の兆候はない。4時間足チャートでは、すべての移動平均が現在のレベルを上回っているが、テクニカル指標は買われ過ぎのレベルで安定している。米ドル円が109.00の価格帯を上回っている限り、110.00のマークを超える可能性がある。サポートレベル:109.40 108.95 108.50、レジスタンスレベル:109.85 110.10110.50。

ヨーロッパの株式はグリーンで取引を終え、初期の損失を逆転させたが、ウォール街は大幅な上昇を記録し、米ドル/円を支えた。また、米国債の利回りは上昇傾向にあり、10年債の利回りは1.67%に落ち着き、市場のムードが改善したことを反映している。日本は金曜日に3月の東京のインフレ率を発表した。年間消費者物価指数は予想0%を下回る-0.2%で記録されたが、生鮮食品とエネルギー価格を除いたコアの測定値は前年比0.2%から0.3%に改善した。週明けに、日本銀行は意見の要約を発表する。


ユーロ/米ドル:ウイルスの苦痛と米中の闘争で1.1800を下回る

ユーロ/米ドルは、感情が悪化するにつれて、金曜日にフェージングしました。ドイツは封鎖が必要で、フランスの医師はICUでのCOVID-19患者の増加を警告しています。月曜日のデータが不足しており、リスクニュースが主要な推進力として残っている。

ユーロ/米ドルは4時間足チャートで下落の勢いに苦戦しており、50、100、200の単純移動平均を下回って取引されている。相対力指数(RSI)は30をわずかに上回っており、売られ過ぎの状況を除いて、さらに下落していることを示している。

新しい2021年のトラフ1.1760でサポートが待っており、11月からのクッションである1.1745がそれに続きます。さらに下に行くと、1.1695と1.16にに達する可能性がある。レジスタンスは、以前ユーロ/ドルはをサポートしていたラウンド数である1.18であり、その後は3月初旬の最低値であった1.1845までになる。さらに上記では、1.1875と1.1905の価格に焦点が当てられている。

デッドキャットバウンス(価格の大幅下落後の一時的な小幅回復)再び。大幅な下落とその後のマイナーな回復、そして新たなダイビングのパターンは、ユーロ/米ドルでは典型的であり、おそらくもう一度繰り返されるだろう。回復を可能にした要因は弱く、すぐに逆転する可能性あり。

EUの指導者たちは、サプライチェーンの損傷が懸念される中、ワクチンの輸出禁止に関するレトリックを和らげる

欧州連合は依然としてEUからの予防接種の出荷を阻止することを可能にしており、ブリュッセルの持ち玉のである 英国の一部所有会社であるアストラゼネカを罰することに特に熱くなっている。

コロナウイルスの症例は旧大陸で増加し続けており、最大の国々の間にも亀裂が生じている。

ドイツは、感染の増加により、フランスから入国者にPCR検査の陰性を提示するように要求する。この動きは、この危機で緊密に協力してきたパリとベルリンの関係に緊張をもたらしている。ドイツのIFOのビジネス環境は、自信を持ってわずかな上昇を示す可能性がある、今週初めに発表された堅調な購買マネージャーのインデックスの後に値が付けられている。

米国では、パンデミックが発生して以来最低の684,000件に米国の失業保険申請数が減少したことで投資家は勇気づけられた。ただし、金曜日に予定されている個人支出と個人所得の数値は、1月の刺激関連の急増の後、2月に減少する可能性がある。連邦準備制度理事会が推奨するインフレ指標であるコアPCEも、引き続き抑制される可能性がある。

もう1つの楽観的な見方は、ジョー・バイデン大統領が就任後最初の100日間に2億回分のワクチンを接種するという公約である。一方、COVID-19感染症は米国で底を打ったが再び増加し始めている。予防接種キャンペーンは全速力で実行されているが、病気を大幅に抑える集団免疫に近づくためへの実行にはまだすることがある。全体として、現在の気分の上昇は一時的なものになる可能性があります。


英ポンド/米ドル:50日SMAが即時の上向きを保護する

英ポンド/米ドルは、2日連続で米ドルが英ポンドに対して上昇した後にクールダウンし、月曜日のアジアの取引セッション中に1.3800に移動する。通常のRSI条件は、10週前のサポートラインからの跳ね返りと50%フィボナッチリトレースメントをサポートする。2月24日からの下降トレンドラインは、上向きへの追加のハードルとなる。

弱気トレーダーは減少したが、現時点では過半数を維持している。4時間足チャートの勢いは改善にもかかわらず下落を続けており、通貨ペアは50、100、200の単純移動平均を下回って取引が続けられている。レジスタンスは3月中旬のサポートである1.38で待機し、続いて範囲の区切りである1.3875が続く。さらに上では、1.3975と1.4010が注目されている。前者のダブルボトムである1.3775でいくつかのサポートが待っており、1.3740と1.3670が続き、後者は3月の底値である。

日が長くなり、イースターが間近に迫っているが、複数の面で世界的な懸念が高まっている中で、いくつかの明るい英国の動向によって、スターリングがさらに強まることを防げない可能性がある。ポンドはユーロに対して上昇しているが、ドルに屈する可能性がある。

3つの前向きな進展がスターリングを後押しする。第一に、英国はワクチン接種キャンペーンが成功する中、経済を再開する次の段階を推し進めている。政府の動きは、医学界や野党からの反発に直面していない。

第二に、英国の小売売上高は2月に2%以上急増し、再開の第1段階の直前の経済の回復力を示している。それは、英国が強塩基から回復し始めているという物語となる。

第三に、EUの指導者たちは彼らのレトリックを和らげ、ワクチンの輸出禁止を平手打ちすることに消極的であるように思われる。これは英国の予防接種キャンペーンを狂わせる恐れがあった。しかし、これは潜在的な問題となる可能性でもある。EU加盟国はブリュッセルに出荷を停止する権限を与え、EUのワクチン接種キャンペーンの停滞に対する不満が高まる中、緊張は依然として高いままでいる。アストラゼネカはニュースでさらに報道される可能性がある。

英ポンド /米ドルの上昇は、市場のムードの改善にも起因しています。これは、米国の急速な接種キャンペーンに部分的に起因している可能性がある。ジョー・バイデン大統領は、就任後最初の100日間で2億回の投与を約束し、世界最大の経済がより早く立ち直り、世界全体をより高く引きずり上げることへの期待を高めた。米国の失業中の請求が1年で最低レベルに下がったことも、楽観的な見方に貢献した。

しかし、米国ではCOVID-19感染が増加している。人口の26%が予防接種を受けており、ウイルスとの戦いはまだ終わっていない。さらに、2月の金曜日の個人支出と個人所得の数値は、より抑制され、気分を弱める可能性がある。別の懸念要因は、取り残されたメガシップによるスエズ運河の閉塞である。いくつかの企業はすでにアフリカ周辺で船舶を迂回させており、配送コストを押し上げ、グローバルなサプライチェーンを混乱させている。

全体として、投資家は米ドルを強める可能性のあるいくつかの懸念がある。


リスクオフムードの中で豪ドル/米ドルは0.7600に向かって下落し、米ドル高

市場のセンチメントが悪化する中、豪ドルは日中の安値付近で米ドルに対して安いままでいる。オーストラリア米ドルのペアのリスクバロメーターの魅力を考えると、最近の苦い感情は金曜日の明るいパフォーマンスに逆らったように見えた。米中の暴言は、ウイルスの苦境を大量の先物と米ドルに結びつける。


価格が上下するが続く中、WTIは61.00ドルを超える急激なリバウンドがあり

今週の話である原油市場で価格が上下は金曜日に続いた。木曜日の57.50ドルを下回る毎週の安値のヒゲ内に戻った後、前月のWTI先物契約は61.00ドルのレベルを超えて急激に回復した。


金はS&P 500先物を追跡し、1,750ドル未満の軽度の損失を記録する

金は静かなセッションの中で日中の安値で跳ね返りを弱める。S&P500先物は0.50%低下し、DXYはギャップアップの開始を維持するのに苦労している。米中貿易への懸念、ヨーロッパとオーストラリアでのウイルスの苦境が市場のセンチメントを圧迫している。中東とアジアからの地政学的触媒は、リスクオフムードを追加する。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年3月29日
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
15:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) GBP
火曜日 – 2020年3月30日
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
15:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) GBP
水曜日 – 2020年3月31日
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
08:50 鉱工業生産 (前月比) (2月) JPY
09:00 企業景況感指数 (3月) NZD
09:30 建築許可件数 (前月比) (2月) AUD
09:30 民間部門信用 (前月比) (2月) AUD
10:00 中国総合PMI (3月) CNY
10:00 製造業PMI (3月) CNY
10:00 中国非製造業購買管理者指数 (3月) CNY
15:00 企業投資(四半期比) (前期比) (Q4) GBP
15:00 経常収支 (Q4) GBP
15:00 国内総生産 (前年比) (Q4) GBP
15:00 国内総生産 (前期比) (Q4) GBP
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (3月) GBP
15:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) (3月) GBP
15:45 個人消費 (前月比) (2月) EUR
15:45 消費者物価指数 (前月比) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) EUR
16:55 失業率 (3月) EUR
16:55 独失業率 (3月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) EUR
18:00 コア指数 (前年比) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) EUR
18:00 消費者物価指数 (前年比) (3月) EUR
21:15 ADP非農業部門雇用者数 (3月) USD
21:30 国内総生産 (前月比) (1月) CAD
21:30 原材料価格指数 (前月比) (2月) CAD
22:45 シカゴ購買部協会景気指数 (3月) USD
23:00 中古住宅販売保留 (前月比) (2月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年4月01日
06:30 AIG 製造業指数 AUD
08:50 大企業全産業設備投資短観 (Q1) JPY
08:50 大企業製造業短観指数 (Q1) JPY
08:50 日銀短観大企業製造業業況判断 (Q1) JPY
08:50 日銀短観大企業非製造業業況判断 (Q1) JPY
09:30 住宅ローン (前月比) AUD
09:30 小売売上高 (前月比) (2月) AUD
09:30 貿易収支 (2月) AUD
10:45 Caixin(財新)製造業購買者担当者指数 (3月) CNY
12:45 10年物日本国債入札 JPY
15:00 小売売上高 (前月比) (2月) EUR
15:30 小売売上高 (前年比) (2月) CHF
15:30 消費者物価指数 (前月比) (3月) CHF
16:15 製造業PMI (3月) EUR
16:30 procure.ch PMI (3月) CHF
16:45 イタリア製造業購買管理者指数 (3月) EUR
16:50 製造業購買担当者景気指数 (3月) EUR
16:55 製造業購買部協会景気指数 (3月) EUR
17:00 製造業購買担当者景気指数 (3月) EUR
17:30 製造業購買部協会景気指数 (3月) GBP
19:00 OPEC会議 USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 建築許可件数 (前月比) (2月) CAD
22:45 製造業購買管理者指数 (3月) USD
23:00 ISM製造業雇用指数 (3月) USD
23:00 ISM製造業購買担当者景気指数 (3月) USD
金曜日 – 2021年4月02日
1日中 アメリカ – 聖金曜日 祝日
1日中 イギリス – 聖金曜日 祝日
1日中 ドイツ – 聖金曜日 祝日
1日中 スイス – 聖金曜日 祝日
1日中 イタリア – 聖金曜日 祝日
1日中 フランス – 聖金曜日 祝日
1日中 スペイン – 聖金曜日 祝日
1日中 オーストラリア – 聖金曜日 祝日
1日中 シンガポール – 聖金曜日 祝日
1日中 カナダ – 聖金曜日 祝日
1日中 ニュージーランド – 聖金曜日 祝日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
21:30 平均時給(前年比) (前年比) (3月) USD
21:30 平均時給 (前月比) (3月) USD
21:30 非農業部門雇用者数 (3月) USD
21:30 行動者率 (3月) USD
21:30 非農業部門民間雇用者数 (3月) USD
21:30 失業率 (3月) USD
土曜日 – 2021年4月03日
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。