「東西FXリサーチ」米ドルの反発は短期的、ポンドはユーロより優勢か?

2021年1月13日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米ドルの反発は短期的、ポンドはユーロより優勢か?

米ドルの反発は短命であることが証明され、マイナス金利の軽視が起因となり英ポンドは上昇した。ユーロはイタリアの政治的不確実性の高まりを回避している。

前月と同様に、米ドルのリバウンドの期間はかなり限定的であることが分かり、現在、全面的な米ドルの弱さが新たに見られている。ユーロ圏に対する米国の成長のアウトパフォーマンスへの期待は、FRBが平均インフレターゲットの枠組みに固執し、CPIのオーバーシュートを許容し、金利を維持している限り、弱気な米ドルを疑問視する可能性がある(今年のベースケースそして次に)、深く否定された実質金利は米ドルに重くなります。米国のデータ面では、12月のヘッドラインCPIは本日前年比1.2%にとどまると予想されているが、第2四半期以降はさらに顕著な加速が見込まれる。

ユーロ:イタリアの政治を注目

イタリアでは、最近のニュースの流れは、マッテオ・レンツィ前首相が率いる連立与党が政府を去る予定であり、同氏の辞表が今日提出される可能性があることを示唆している。 エコノミストのパオロ・ピゾーニ氏が論じているように、政府のリスク危機は急速に高まっている。しかし、イタリアの政治的不確実性の高まりは、最近のユーロへの影響はほとんどなく、リスクプレミアムは組み込まれていないと推定されている(ユーロ / 米ドルは、予測に基づいて、短期の公正価値を中心に取引されている)。また、ユーロ/ スイスフランにも下落がみられていない。

英ポンド:下振れリスクの減少

英ポンドは、イングランド銀行総裁のアンドリュー・ベイリー総裁の、マイナス金利のオッズを軽視したコメントから後押しされた。これは、同行が金利をマイナスの領域に引き下げる可能性が低いというINGの見解と一致しており(銀行の収益性の問題と21年第2四半期以降の予想される景気回復のため)、ヨーロッパ連盟よりも英国でのワクチン接種が速いことと相まって、ユーロ / ポンドは目標レベルの0.8800までの下落が予想されている。クロスはユーロ / 米ドルの上昇の恩恵を受けるため、米ドルに対して英ポンドの上昇がより顕著になることが期待している。INGでは2021年末までにGBP / USD1.48になると予測している。