「東西FXリサーチ」ユーロ/米ドルは巨大な失業報告によってスランプが拡大

2020年4月03日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ユーロ/ 米ドルは1.08以下で取引され、今週の金曜日は下落が続いた。 農業以外の給与計算レポートでは、701,000人の雇用の損失が予想を超えて悪化している。ISM非製造業PMIは52.5ポイントも上昇している。

ユーロ / 米ドルは1.0640から1.1150への上昇から50%以上を失い、さらに 新しい安値がつく可能性を高めた。通貨ペアは50、100、および200の単純移動平均を下回って取引されており、相対力指数は30を上回った。サポートは木曜日の安値である1.0820を期待したが、1.0750になった。

COVID-19の全世界での死亡の約半分はイタリア、スペイン、フランスに集中しており、その結果、3月下旬の感染者増加の半分を消し去った。

爆発的に拡大したイタリアでのCOVID-19感染者数だが、死亡数は減少し、新症例はコントロールされているように見えるが、スペインでの死亡率の記録はほぼ毎日記録を更新している。フランスでも、その数は増加し、ここに挙げた 3国では、53,146人の世界死者のうち29,650人を占めている。

旧大陸の指導者たちは、経済的救済をめぐりコロナ債/ヨーロッパの共同債務の発行を要求している。しかしながら、ドイツは反対の陣営をリードしている。欧州委員会の委員長であるドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン国防相は、ユーログループと並んで妥協を模索している。

しかし、急速に発展する不況問題を即座に解決しない限り、ユーロには下落する余地がある。一方、米国の失業者率も悪化し、3月28日までの週の給付請求額は2倍以上の6.648で、予想された最悪の数字よりも悪化する可能性があり、10万人が失業するかもしれない。しかしながら、米ドルが弱気になると、その他世界の通貨も影響を受け、その結果、苦境で選択される米ドルの需要が高まるだろう。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。