FXニュース:米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表後の今日の為替相場の反応

2022年4月07日
FXニュース:米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表後の今日の為替相場の反応


東西FXニュース – 2022年4月7日

文/八木 – 東西FXリサーチチーム

主な点:

  • 米金融引き締めと日銀金融緩和で急な円安ドル高後の円高ドル安反発原因を分析
  • 欧州対露追加制裁と米量的緩和案で金融経済不安の株安も今日の為替相場に影響
  • リスク回避と調整買い戻しのユーロレンジ後の今夜のECBの金融政策発表に注目

今日2022年4月7日の東京外国為替市場の円相場の為替レートは、取引時間の9時から17時の安値が123円84銭前後から高値は123円47銭前後の値動き幅37銭程で、今夜17時の東京終値は123円75〜76銭で前日比13銭の円高ドル安であった。

ただし、それ以前の日本時間今朝3時頃に時差で6日の米国ニューヨーク市場では、積極的な金融引き締めを急ぐ米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表後の為替相場の反応で、ドルが再び124円台に近い123円92銭辺りまで一時上昇する円安ドル高だった。

しかし、今日のその後の為替の値動きでは、昨日すでにブレイナードFRB理事の発言で金融政策の内容が予想されており、日米金利差拡大予測で昨日ドル買いのドル高が起きた後であったので、今日は高値になったドルの利益確定売りや持ち高調整売りなどが起きていた。

また、ウクライナ首都キーウ近辺のブチャでのロシア侵攻後の住民被害や戦争犯罪追及要望から米欧の対露追加経済制裁強化でロシアのデフォルトの可能性が高まり、来月からのFRBの量的引き締めは株安に繋がる恐れもある為に、今日は金融不安から日経平均株価を含む世界的な株安や米長期金利が一時低下しており、株安時の円安は悪い円安に繋がるという懸念や「急な円安は良くない」という政府コメントも先日あったことから、東京外国為替市場時間の今朝10時の仲値決済前頃には持ち高調整のドル売りなどで円が買われ、今日の安値の123円47銭付近の円高ドル安に反発した。

その後は調整売りなどで少し戻したが、昨日は日米金利差拡大予想でドル買いの円安が進んでいた為に、前日比では今日の東京終値は円高ドル安となった。

昨日発表の欧州の対露追加制裁ではユーロ圏でロシア産エネルギー問題から、依存率の高いドイツなどの景気経済懸念からリスク回避のユーロ売りの安全資産のドルと円買いが起きていたが、今日は米防総省がロシア軍のウクライナの首都キーウ近辺からの一時撤退を発表したことで、地理的に近い欧州ユーロ圏の地政学的リスクの一時軽減でユーロが買い戻される動きとの一時レンジ市場にもなっていた。

しかし、米国防総省はロシア軍が再配置のために一時退却した可能性も指摘しており、今日も連日の米備蓄原油放出で原油先物が100ドル以下に下がったので、日本の貿易コスト赤字リスク軽減から低リスク通貨の円もユーロに対するリスク回避で買われていた。

そのため、今夜の東京終値17時頃には時差で朝の欧州ロンドン外国為替市場でユーロに対して円がリスク回避用に買われており、東京終値17時には134円83~84銭で前日比14銭の円高ユーロ安であった。

同じ理由で、ユーロは安全資産のドルに対してもレンジ市場があり、東京終値17時は1.0895~96ドルで、前日と同じ横ばいのレンジだった。今夜の東京終値後に時差で朝の欧州市場では、米長期金利がやや低下していたことでユーロ買いドル売りが起きた時間もあったが、ウクライナ危機での安全資産としての世界的に流動性の高いドル買いも根強く、19時には1.0891ドル前後で前日比0.04セントの僅差でのドル高ユーロ安にも転じていたが、19時過ぎには今夜発表の欧州中銀金融政策への期待のユーロ買いもあり、レンジに近い様子見の動きも見せ始めている。

ユーロに関しては、今夜この後に日本時間の20時半頃から欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨の発表を控えており、金融政策の内容によっては今後の為替の値動きに影響を与える可能性があるために、注意が必要である。

日英金利差のある英ポンドも、今日の東京終値17時頃には161円99銭〜162円5銭で前日比23銭の円安ポンド高であった。朝の欧州市場では英国のインフレ経済不安から18時頃には一時円高レンジにも入ったが、19時には再び161円85〜91銭で前日比9銭の円安ポンド高に戻している。

豪ドルは、国際エネルギー機関(IEA)による石油備蓄放出でも低リスク通貨の円の価値が戻った他にも、先月から急上昇していた反動で今日は調整が入り、今日の東京終値17時頃には92円63〜67銭前後で前日比31銭程の円高豪ドル安であった。

今日の東西F Xニュース執筆終了時の2022年4月7日の日本時間(JST)19時20分(英国夏時間(GMT+1)11時20分)付近の、クロス円を中心とした東京外為前日比の為替レートは下表の通りである。

通貨ペアJST 19:20の為替レート東京外国為替市場前日比
ドル/円123.71 〜 123.72-0.17(円高)
ユーロ/円134.80 〜 134.82-0.17(円高)
ユーロ/ドル1.0895 〜 1.0897±0.0000(レンジ)
英ポンド/円161.77 〜 161.83+0.01(円安)
スイスフラン/円132.59 〜 132.65-0.03(円高)
豪ドル/円92.49 〜 92.53-0.45(円高)


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。