今日のFXニュース:欧州最大級のウクライナ原発をロシア軍が砲撃制圧したリスク回避が低リスク通貨の円高に影響|東西FXニュース

2022年3月04日
今日のFXニュース:欧州最大級のウクライナ原発をロシア軍が砲撃制圧したリスク回避が低リスク通貨の円高に影響|東西FXニュース


東西FXニュース – 2022年3月4日

文/八木 – 東西FXリサーチチーム

主な点:

  • 脱ロシアでエネルギー高騰の欧州景気懸念で安全通貨の円とドル買い
  • 欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測後退でもユーロ売り
  • 円に続く低リスク通貨としての記録的なスイスフラン高ユーロ安が今日の話題入り

今日2022年3月4日の東京外国為替市場では、ロシア砲撃でウクライナにある欧州最大級の原発での火災のニュースで、リスクオフの安全資産の円高傾向が目立った。

日本時間午前にはロシア軍攻撃によるウクライナの原発火事と同原発制圧のニュースで、緊迫のリスク回避の市場ムードによる低リスク通貨の円買いによる円高が、ユーロだけでなく対ドルにも影響した。

午後になり、鎮火のニュースで過度のリスクオフは少し緩和されたものの、低リスク円と高流動性ドルの安全資産が対ユーロの為替相場で上昇のトレンドは続いた。

その為、今日の東京外為終値の17時頃には、対ユーロでの円高はもちろん、安全通貨同士のドルに対しても日本円は115円44~45銭で、前日同時間比28銭の円高ドル安であった。

国際原子力機関(IAEA)は、ロシア軍の砲撃がありロシア軍が制圧したウクライナ南部のザポロジエにある欧州最大級の原子力発電所で火災が起きていたのは付属の研修施設で、原発の基幹設備への影響は今のところはないと報告し、火災鎮火がウクライナ政府への報告のソーシャルメディアやニュース速報で伝わると、それまでは急激なリスク回避ムードが高まっていたユーロ売りに対する世界最大の対外資本国である日本の低リスク通貨の円買いや、円と同じく低リスク通貨と見做されやすい世界的な銀行を持つ永久中立国のスイスフラン買いと、流動性の高さからユーロに対する安全資産のドル買いなどの投資家の過剰なリスクオフが少し鎮静化されたことが、東京外国為替市場の今日の円相場の動きに大きく影響した。

また、日本時間では昨夜遅くの速報になった欧州中央銀行(ECB)の発表で利上げ期待が後退しており、東京が始まる以前のミューヨーク市場でも、脱ロシア産でエネルギー価格高騰の欧州での景気懸念からもユーロが売られてドルに対して続落していた。

紛争長期化での金融市場不安に加えて、ロシア産天然ガス依存率40%でコロナ後の景気回復が心配される欧州と、英国もボリス首相曰く3%程度ではあるがロシア産のエネルギー依存があったことや米国視点ではE U離脱後も経済的に影響を受けやすいのではという懸念から、ユーロだけでなく英ポンドも売られてドルが買い戻される場面も見られた。

同じくニューヨーク市場時間に、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会発言で金融引き締めに前向き姿勢を見せていたので、ドルが買われていた。

日本時間の今夜19時を過ぎて、朝のロンドン市場でも流動性の高いドルが英ポンドからも買われるドル高ポンド安の動きが見られた。安全資産の円も買われていた為に、同時刻までにも円高ポンド安になっていた。

今日はロシアのウクライナ侵攻で地政学リスクの高いユーロに対して、円と同じくリスク回避用の低リスク通貨として、世界的な銀行を持つEU非加盟の永久中立国のスイスフラン(CHF)も大量に買われたので、東京では一時は1.01スイスフラン台前半の記録的なスイスフラン高ユーロ安で、2015年1月15日にスイス中央銀行がスイスフラン対ユーロの上限額撤廃を決めたことに起因するユーロ暴落のスイスフラン・ショック以来の高水準をつけ話題入りした。この流れは日本時間で今夜の東京外為終了後の欧州市場でも継続し、低リスク通貨の円とスイスフランと流動性の高いドルが安全通貨としてユーロに対して買われた。

今夜、速報で発表のあった欧州ユーロ圏の景気指数は、ドイツで1月の貿易収支が前回の77億ユーロ(修正では66億ユーロ)と予想の55億ユーロを大きく下回った35億ユーロであったほか、EU全体の1月の小売売上高も、コロナ禍の前年同月比では上がっていたが、前月比では下がっていた。フランスの1月鉱工業生産の前月比は上がっていたが、前回がマイナスであった為、地政学リスクでのユーロ売りのトレンドの中で、ユーロ買いでの抵抗になった。同じく今夜発表された英国の経済指標の2月の建設業購買担当者景気指数(PMI)も上がっており、同様の抵抗が今夜の欧州時間の円相場で見られた。

今日のニュース執筆時の2022年3月4日の日本時間(JST)20時20分(ロンドン時間11時20分)付近の、クロス円を中心とした東京前日比の為替レートは下表の通りである。

通貨ペアJST 20:20の為替レート前日比
ドル/円115.36〜115.37−0.36(円高)
ユーロ/円126.74〜126.75−1.68(円高)
ユーロ/ドル1.0985〜1.0987−0.0112(ドル高)
英ポンド/円153.36〜153.42−0.63(円高)
スイスフラン/円125.59〜125.65−0.02(円高)

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。