今日のFXニュース:ロシアのウクライナ侵攻で緊急時に流動性高い通貨の需要も高まる|東西FXニュース

2022年2月25日
今日のFXニュース:ロシアのウクライナ侵攻で緊急時に流動性高い通貨の需要も高まる|東西FXニュース


東西FXニュース – 2022年2月25日

文/八木 – 東西FXリサーチチーム

主な点:

  • 安全資産同士のドルと日本円の現在の為替市場での力関係
  • 欧州経済打撃予想での緊急時の現地通貨のユーロ買いも
  • 米国ではFRBの金利や金融政策にも注目でドル買いが

今日2022年2月25日の午後の東京外国市場の円相場では、ウクライナ情勢の影響が続き、低リスク通貨の円と同じ安全資産であり、緊急時に流動性の高いドルがユーロなどの欧州通貨だけでなく対円でも買われ、朝から円安ドル高に転じていた。

日本の早朝8時半には115円52~54銭の前日17時比91銭の円安ドル高で、東京外為が終わる17時には115円26〜28銭で前日比65銭の円高だった。

しかし、日本の夕方から開いた時差で朝のロンドン市場では、日本時間より9時間遅れのグリニッジ標準時(GMT)で日づけが変わるため、東京と前日比の終値が異なり、GMTでのUSD/JPYの前日終値は115.515で一日レンジが115.146-115.619であったため、日本時間今夜19時15分(ロンドン時間10時15分)には115.312-115.32付近で値動きをしており、GMTの前日終値では僅かな円高レンジにも達する値動きもしている。

海外FXのサーバー時間帯が世界標準時のGMT設定になっている場合には、現在価格は同じ値段でも前日比での円高や円安の観念が異なる場合があるので注意が必要である。

また、欧州での流動性の高さから安値になっていた欧州通貨にも買いが入ったが、世界的な安全通貨としてのドルや円も買われており、ドルや円に対してのユーロが、上がった後にまた下がるという様な、円安ユーロ高と円高ユーロ安の間を切り替わる場面が今日はあった。

日本時間の今日の午後15時59分には、東京外為では129円10〜12銭で前日比22銭の円安ユーロ高になったが、17時54分には128.85〜90銭の前日比3銭の円高ユーロ安に戻り、18時27分になっても128円84〜86銭の前日比4銭の円高ユーロ安で、18時51分には128円88〜89銭の東京前日比と0銭のレンジにもなった。

ウクライナ情勢の緊迫でより世界的に流動性が高いドルがユーロや英ポンドなどの主要通貨に対して買われ、対円でもドル買いが優勢となっていたことも関係していた。

米国時間の昨日にバイデン米大統領は、ロシアに対して追加の強力な制裁と新たな輸出制限を実施すると述べており、欧米とロシアの関係の悪化で世界景気が悪影響を受けるとの見方が強まり、先行きの不透明感から流動性の高いドルが幅広い通貨に対して買われたからである。

そのため、日本時間では今朝未明までの24日のニューヨーク外国為替市場で円相場は反落を始めており、ニューヨークでは115円50~60銭の前日比55銭円安ドル高で取引を終えていた。その後に流れを受けて東京が始まり、欧州市場が始まった。

一方で、ロシア産の天然ガスを欧州に供給する重要なパイプラインがウクライナにあり、経済制裁に伴ってロシア原油の輸出も滞るのではないかとの警戒から原油価格が上昇していたが、ロシアのエネルギーへの依存度が高い欧州経済の打撃が大きいとの見方もあり、ユーロや英ポンドに対してもドル買いの勢いが、低リスク通貨の円買いよりも強まっていた。

また欧州周辺では、投資だけでなく、現地で非常時に流動性の高いユーロ買いが現金用にも入ったという。

昨夜のニューヨーク株式市場では、米軍はまだ軍事介入をしていないことなどから、米国の投資家の間でウクライナ情勢の社会不安で安値になった株を買う動きがあり、株価反発でナスダック総合が3%超高になったこともドル買いにつながった。その流れを受けて、東京市場でも今日はハイテク株を中心とした株を買い戻す動きがあった。

米国では、遠くの戦争よりも近くの金利や金融政策にも注目が集まっており、来週予定の米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言がある他にも、昨日の講演でFRBのウォラー理事が、3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で雇用や物価のデータが強い場合には0.5%の利上げが有力な選択肢との示唆したことも円売りドル買い要因となった。

円高が高止まり傾向を見せたことで投資家の利益確定売りや、持高調整売りも入っていた。

今日のニュース執筆時の2022年2月25日の日本時間(JST)20時1分(ロンドン時間11時01分)の、クロス円を中心とした東京前日比の為替レートは下表の通りである。

通貨ペアJST 20:01の為替レート前日比
ドル/円115.37〜115.38+0.76(円安)
ユーロ/円129.01〜129.01+0.13(円安)
ユーロ/ドル1.1181〜1.1182−0.0064(ドル高)
英ポンド/円154.38〜154.44−0.43(円高)

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。