今日のFXニュース:ウクライナ非常事態宣言で低リスク通貨の円買い円高傾向再び|東西FXニュース

2022年2月24日
今日のFXニュース:ウクライナ非常事態宣言で低リスク通貨の円買い円高傾向再び|東西FXニュース


東西FXニュース – 2022年2月24日

文/八木 – 東西FXリサーチチーム

主な点:

  • ロシア軍事作戦決定とウクライナ侵攻の危機でリスク回避のユーロ安
  • 安全通貨の円と共に緊急時に流動性の高いドルも買われてドル高も
  • ベイリー英中銀総裁の議会発言で一時ポンド売りも

今日2022年2月24日の東京外国為替市場の円相場は、午後からはウクライナ非常事態宣言で再びリスクオフの安全資産としての日本円が買われる円高傾向に転じていた。

今日の午後にロシア軍がウクライナの軍事施設にミサイル攻撃を開始した等のニュース速報で伝わると、ウクライナ情勢危機への市場の緊張感が更に一段と強まり、地理的にウクライナに近い東欧を持つ欧州のユーロが地政学リスクで売られる一方で、世界最大規模の対外純資産を持つ日本の低リスク通貨の円だけでなく、非常時に世界のどこでも使える流動性の高い米ドルも安全資産として買われて、その傾向が今夜の為替相場にも影響している。

それまでにも、米国ではロシアのプーチン大統領が特別軍事作戦を決定し、48時間以内にでも起きかねないウクライナ侵攻の切迫した可能性を米国防総省ペンタゴンが警告していた。ウクライナで一般市民が武器を持つ様な非常事態宣言が出されると、リスクオフでユーロ売りが進み、低リスク通貨の日本円や緊急時に流動性の高いドルが再び買われ始めた。

しかしながら、今朝の午前中の東京外国為替市場では、昨日にもお伝えした通り、それまでは日米金利差や日本の輸入企業の決済用で円が売られてドルが買われていた。

そのため、今日の午後からドルに対してもユーロに対しても円相場上昇にトレンドが変わったのは、ロシア軍のウクライナ侵攻のリスク回避の低リスク通貨としてのファンダメンタル的要素が非常に大きいと分析することができる。

以上のことから、今日の午後のユーロは対円で大きく下落して、一時は128円前半にまで達した。午後14時には128円92~94銭で前日比68銭の円高ユーロ安で、ユーロは対ドルでも下落して1.1244~45ドルで前日比0.52セントのドル高ユーロ安になった。

今夜17時15分になっても、円はドルに対して114円64〜65銭の前日比9銭の円高ドル安、ドルはユーロに対しては前日比0.41セントのドル高ユーロ安、円はユーロに対して129円3〜5銭で前日比57銭の円高ユーロ安である。

今夜日本時間18時半(9時間時差のロンドン時間午前9時半)の朝の欧州市場の時間になっても、リスクオフの円高トレンドは続き、ドルは114円71〜72銭の前日比2銭の円高ドル安で、1ユーロは128円96〜98銭の前日比64銭の円高であり、ドルもユーロに対して1.1241ドルで前日比0.55セントのドル高ユーロ安である。

一方、昨夜一時間以上にも及ぶ長い生中継のあった英中央銀行のベイリー総裁の英財務委員会の議会応答であるが、すでに政策金利が0.5%に上昇後の英国で量的金融緩和で購入済みの資産売却などについては政策金利が1%に達した段階で検討を始めるが、再投資の停止同様というような自動的なプロセスではなく、金融政策への影響が最も少ない時期に様子を見ながら実施をしたいなどと発言し、それまでは期待値で大きく上がっていた英ポンドが、世界ストリーミング生放送中からも一時売りが入って少し下がり始めた。

なぜなら、ベイリー英中銀総裁の発言は、市場の動向によっては政策金利が1%になっても資産売却を見送る可能性もあることなどを示唆したことで、市場が期待していたほどの積極的な金融引き締めをすぐにでも進めるつもりはないのではと受け取られたからである。

そのため、今夜18時半の執筆時には、ユーロとドルに対してはリスクオフの円高で、英ポンドは先方の下落もあった後にリスクオフも加わっての円高ポンド安であると言えよう。

英ポンドは、日本時間で今日の17時15分には154円56〜62銭で前日比1.12円の円高ポンド安、今夜18時半になっても、154円24〜30銭で前日比1.44円の円高ポンド安である。

ただし、日本円と同様に安全資産の米ドルに関しては、今日はかなり僅差であり、今夜18時半には前日比でわずか2銭の円高ドル安であったが、18時55分には逆の僅差の前日比2銭で円安ドル高にも反転し、再び19時には僅か1銭差の円高ドル安の114円72〜73銭に戻るという境界レンジ付近での値動きもしていたので今後の値動きには注意が必要である。

昨日が祝日休業の東京平均前日比と比べると、昨日も通常営業だったロンドン市場時間(GMT)のUSD/JPYの前日終値は114.981で一日レンジは114.405-115.113なので、今夜の同時間帯の円高傾向は時差で朝のロンドン市場でも確認できる。

今日のニュース執筆時の2022年2月24日の日本時間(JST)19時30分(ロンドン市場時間10時30分)の、クロス円を中心とした東京前日比の為替レートは下表の通りである。

通貨ペアJST 19:30の為替レート前日比
ドル/円114.64〜114.66−0.09(円高)
ユーロ/円128.23〜128.26−1.37(円高)
ユーロ/ドル1.1184〜1.1186−0.0112(ドル高)
英ポンド/円154.20〜154.26−1.48(円高)

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。