FX週間レポート (3月第2週)|ブラックマンデー、フラッシュクラッシュやWTIはサウジの価格戦争で28ドルを下回り、30%を超える

2020年3月09日



主な点:

  • • 米ドル/円は、101.59のフラッシュクラッシュローから跳ね返り
  • • 米国の利回り曲線全体が1%を下回り、ユーロ/米ドルは14か月ぶりの高値を記録
  • • 米ドル安が広範にある中で、英ポンド/米ドルは1.3100以上で5週間ぶりの高値
  • • 強気が一息ついたため、金は1,700ドルを超えず
  • • WTIはサウジの価格戦争で28ドルを少し下回り、30%を超える


米ドル/円は、101.59のフラッシュクラッシュローから跳ね返り

米ドル/円は、コロナウイルスのリスクと原油価格の急落の中でリスクオフ感情が高まり、数年ぶりの低値である101.59に急落した!スポットは102.00を超えて回復を試みているが、世界株式と財務省の利回りのクラッシュの中で、さらなる上昇はとらえどころのないままとなっている。

2月20日以来、米ドル/円は700ピップス以上下落している!過激な低下にもかかわらず、恐怖感が続き、テクニカル指標全体で売られ過ぎの測定値となっているにもかかわらず、かなりの 損失が発生する可能性がある。金曜日、米ドル/円は8月以来初の105.00未満で取引されたが、105.00を超えて安定した。

105.00前後の実質的なサポートレベルに圧力がかかり、より低くなると損失が大きくなる。潜在的なサポートは、104.75円(2018年3月の安値)に続き、104.40円が続く。米ドル円が105.00円を超えたままの場合、105.50円付近の統合が発生する可能性がある。次のレジスタンスの上は106.20円にあり、次に強い領域は106.60付近である。


米国の利回り曲線全体が1%を下回り、ユーロ/米ドルは14か月ぶりの高値を記録

ユーロ/米ドルは1.1495に上昇し、2019年1月以来の最高水準となった。これは、サウジロシアの価格戦争交渉によって原油価格が暴落し、コロナウイルス主導のリスク回避が強化されたことが起因している。リスクオフ感情は、米国債に対する需要を強化し、イールドカーブ全体を1%未満に押し下げた。

その結果、安全資産の需要が急増し、米国の利回りが低下し、ユーロや円、スイスフラン、金などのその他のセーフヘブンが高くなった。米国の10年利回りは0.5%未満の新記録に達し、30年利回りは生涯最低値の1%未満に低下した。 特に、1か月の割引短期国債(英:Treasury Bill)から30年債までの利回り曲線全体は1%未満の利回りとなっている。フェデラルファンド(FF)金利先物は来週75ベーシスポイントの利下げで市場価格に既に表示されます。

その結果、ヨーロッパでの圧力下でドルが引き続き取引される可能性がある。しかし、ユーロは、欧州中央銀行(ECB)の政策立案者がより多くの金融刺激策を導入する準備を表明することで市場の神経を落ち着かせようとすると、売り注文が増加する可能性が出てくる。


米ドル安が広範にある中で、英ポンド/米ドルは1.3100以上で5週間ぶりの高値

英ポンド/米ドルは、最新のプルバック後も、わずかにプラスを維持している。英ポンド/米ドルは1月の終わり以来最高に急上昇したが、英国のコロナウイルスケースが30%増加する中での最新の後退となった可能性がある。ポストブレグジットの最初の予算も引き続き注目される。

英ポンド/米ドルの4日間のラリーはおそらく月曜日に挑戦されるだろう。ラリーを続けるには、ポンドが壊れて1.3060 / 70(2月中旬の高値)以上の抵抗エリアを維持する必要がある。1日および4時間のチャートは明らかに強気。価格は20日SMAを上回っており、モメンタムは100レベルを超えており、英ポンドにとってプラスの兆候となっている。

1.3070を超えると、1.3100が露出し、次の抵抗レベルは1.3140へ。その抵抗レベルに到達しないと、市場修正のトーンを設定される可能性がある。最初のサポートは1.3020で、その後に1.2900が続く。 1.2860を下回ると、見通しは弱気になる。サポートレベル:1.2990 1.2940 1.2880抵抗レベル:1.3070 1.3120 1.3175

雇用レポートは、2月に給与が273,000増加し、175,000の予想を上回り、失業率が3.5%(50年ぶりの最低値)に戻ったことを示した。温暖な気候が数字を押し上げた可能性があるが、それでも投資家はコロナウイルスの影響に注目しているため、経済データは無関係になる。FRBの緊急金利引下げ後、米国で緩和が見られると、知事としてのアンドリュー・ベイリー氏との最初の会議でイングランド銀行による金利引下げについての憶測が高まっており、現時点ではポンドへの影響はない。

英国のGDPデータは水曜日に予定されているが、ポンドの主要なイベントは英国の予算発表だろう。 コロナウイルスやパニックを超えたより広い視野では、ブレクジット貿易交渉は引き続き英ポンドのリスク要因となる。


強気が一息ついたため、金は1,700ドルを超えず

2012年12月以来の最高値に達した後、金価格は月曜日のヨーロッパのオープンに先んじて反転する。 金の最新のラリーは、月曜日のリスクオフに起因する可能性があり、一方、最近の下降は、世界的な政策立案者がコロナウイルスへの用意があるためかもしれない。


WTIはサウジの価格戦争で28ドルを少し下回り、30%を超える

米国の原油(NymexのWTI先物)の売りへの関心は、今週のブラックマンデー(暗黒の月曜日、英語: Black Monday)に低下し続ける。これは、心理レベルである30ドルの破れのペースでの 売りで、金利が28ハンドルを若干下回った。

経済見通し:

2020年の政策立案者と金融市場の問題は、10年に及ぶ拡大が1年以上にわたって続くかどうかにかかっている。 当社は楽観的な根拠が見える。貿易摩擦による逆風は減少する傾向にあり、ここ数カ月に見られた金融政策と財政政策の広範ではあるが中程度の緩和により相殺されるだろう。


資産の種類ごとの要約

外国為替

2019年の1年間は控えめな米ドル高だったが、2020年は控えめな米ドル安の年になりそうだ。ただし、タイミングが重要となってくる。ユーロが資金調達通貨のステータスを下げるのが難しくなるなか、少なくとも本年初頭には、有意な米ドルの弱さは見られないだろう。しかし、ユーロの次の大きな動きはおそらくより高くなることだろう。

株式

2020年は、経済の安定化と健全な財務状況により、市場は広く支持され、成長から価値へのローテーションのテーマには勢いあると予想される。株式についてはやや建設的であるが、投資家はそのポジショニングを機敏に保つ必要があると考えているだろう。

コモディティ

金のサポートレベルは約1410ドルになると予想される。予測は調整されるが当社は強気の姿勢を維持している。金の12か月の目標は1575米ドルである。



下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年3月9日
08:50 季節調節済み経常収支 JPY
08:50 経常収支(季節調整なし) (1月) JPY
08:50 国内総生産 (前年比) (Q4) JPY
08:50 国内総生産 (前期比) (Q4) JPY
15:45 季節調整なし失業率 (2月) CHF
15:45 季節調整済み失業率 (2月) CHF
16:00 鉱工業生産 (前月比) (1月) EUR
16:00 貿易収支 (1月) EUR
21:15 住宅着工件数 (2月) CAD
21:30 建築許可件数 (前月比) (1月) CAD
火曜日 – 2020年3月10日
09:01 BRC小売売上高 (前年比) (2月) GBP
09:30 NAB企業信頼感指数 (2月) AUD
10:00 ニュージーランド準備銀行オア総裁発言 NZD
10:30 消費者物価指数 (前年比) (2月) CNY
10:30 消費者物価指数 (前月比) (2月) CNY
10:30 生産者物価指数 (前年比) (2月) CNY
15:30 非農業部門雇用者数 (前期比) (Q4) EUR
19:00 国内総生産 (前年比) (Q4) EUR
19:00 国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
水曜日 – 2020年3月11日
02:00 WASDEレポート USD
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
06:45 電子カード小売り販売数 (前月比) (2月) NZD
07:00 オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信 AUD
08:30 Westpac消費者信頼感指数 (3月) AUD
09:30 住宅ローン (前月比) AUD
18:30 国内総生産 (前月比) GBP
18:30 鉱工業生産 (前月比) (1月) GBP
18:30 製造業生産 (前月比) (1月) GBP
18:30 貿易収支 (1月) GBP
18:30 非欧州連合貿易収支 (1月) GBP
19:40 10年物独国債入札 EUR
20:00 OPEC月次報告 USD
未定 秋の予報 GBP
21:30 コア消費者物価指数 (前年比) (2月) USD
21:30 コアCPI (前月比) (2月) USD
21:30 消費者物価指数 (前月比) (2月) USD
23:00 NIESR 月次GDPトラッカー GBP
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年3月5日
02:01 10年物中期米国債入札 USD
03:00 月次連邦財政収支 (2月) USD
08:50 大企業製造業景況判断指数(BSI)(Q1) JPY
09:01 RICS住宅価格指数 (2月) GBP
19:00 鉱工業生産 (前月比) (1月) EUR
21:30 コアPPI (前月比) (2月) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 生産者物価指数 (前月比) (2月) USD
21:45 預金ファシリティ率 (3月) EUR
21:45 欧州中銀限界常設貸出ファシリティー EUR
21:45 ECB金融政策発表 EUR
21:45 政策金利発表 (3月) EUR
22:30 欧州中央銀行記者会見 EUR
金曜日 – 2020年3月6日
06:00 Westpac消費者信頼感指数 NZD
06:30 製造業購買担当者景気指数 (2月) NZD
13:30 第三次産業活動指数 (前月比) JPY
16:00 消費者物価指数 (前月比) (2月) EUR
16:45 消費者物価指数 (前月比) (2月) EUR
16:45 フランスHICP (前月比) (2月) EUR
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (2月) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (2月) EUR
21:30 輸出価格 (前月比) (2月) USD
21:30 輸入物価指数 (前月比) (2月) USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (3月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (3月) USD
土曜日 – 2020年3月14日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会
英ポンド 投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会
金 投機的ネットポジション
USD
04:30 CFTCナスダック100投機的ポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会
S&P500 投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会
豪ドル 投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会
円 投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会
ユーロ 投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。